ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

トレックのエアロロードバイク「マドン2.1」を振り返る

2018.5.29

トレックの主力ロードバイクの一つである「マドン」シリーズに、かつてアルミフレームの「マドン2.1」がありました。

アルミとしては希少なエアロ形状のロードバイクながら、10万円台半ばという手の出しやすい価格になっていました。

現在(2018年)はラインナップにありませんが、中古品市場には多くありますので、気になっている方もいらっしゃることでしょう。

そこで今回は、マドン2.1を振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

自転車やロードバイクで接触事故を起こしちゃった!

自動車やバイクに乗っている方なら、いつでも接触事故には気を付けていると思いますし、免許を取得する上で...

軽量フレーム!スカンジウムロードバイクの魅力を探ろう!

自転車のフレームに使われるのは、アルミ・カーボン・スチールの3種類ですが、それぞれに特徴を持ち、使わ...

ピストバイクをカスタムしよう!ハンドル交換を徹底解説!

ピストバイクはシンプルな構造であるため、変速のある自転車に比べると見た目がスッキリしています。 ...

ピナレロのロードバイクで安い機種!?お得に買う方法とは?

ロードバイクは一般的な製品の相場からすれば高い部類になりますので、少しでも安い価格で手に入れたい...

ロードバイクのタイヤの太さは25cが主流!23cは終わったのか

ロードバイクのタイヤの太さは、23cから25cへと移り変わりつつあります。 23cの需要がなく...

scottのカーボンロードバイク・foilのインプレを知りたい

scott(スコット)は、世界で初めて1kgを切るカーボンフレームを開発したメーカーです。 そ...

メリダの「リアクト4000」のコスパに溢れる魅力とは?

メリダがロードバイクを提供するUCIワールドツアーチームの「バーレーン・メリダ」が、レースでも使...

メリダ・スクルトゥーラ5000のインプレを確認!買いなのか?

メリダのスクルトゥーラは中心的な存在であり、ラインナップの数が多いのでどれを選んだらよいのか迷う...

ロードバイクのメーカーロゴから見る!メーカーの歴史と信念

ロードバイクを選ぶ際に、メーカーのロゴのデザインも気になることと思います。 メーカーロゴは...

流れは来ている!シマノホイールのディスクブレーキモデル

ロードバイク界にも、近年ついにディスクブレーキ化の波が押し寄せてきています。 プロロードレース...

ラレーのロードバイク「crn」か「crf」で迷ったら?

ロードバイクを購入するときに、欲しいメーカーは決まったけど、ラインナップが豊富な場合、何を選んだ...

自分でできる!シマノシフターのギアワイヤー交換手順

シマノなどの電動変速システムが浸透してきましたが、今も大半のバイクはワイヤーシフターによる変速機...

人気自転車メーカービアンキのプロジェクト3の今は!?

ビアンキは、イタリアンバイクの老舗メーカーです。 以前は高級ロードバイクのイメージが強かったの...

富士山で自転車レース!2013年に創設されたKOH CUPって何?

富士山は、2013年に世界文化遺産に登録され、日本の象徴とも言える山です。 その富士山で2...

シマノ・ホイールの購入に!カタログを見る際の参考情報

日本が世界に誇るパーツメーカーと言えば「シマノ」ですが、取扱品が多岐に渡りますのでカタログを持っ...

スポンサーリンク

トレック「マドン2.1」はエアロロードバイクでは珍しいアルミフレーム

トレックのロードバイクと言われれば「マドン」と答える方も多いかと思いますが、「エモンダ」が登場するまではレースモデルと言えばマドンでした。

総合的なレーシングバイクという位置付けでしたが、エモンダの登場でエアロロードに定着した感じです。

2015年を境にして多くのグレードが姿を消し、2018年モデルは最高グレードの「9」シリーズのみとなりました。

マドンは以前よりカーボンひと筋でしたが、2013年にアルミロードバイクの「2」シリーズを進化させて、マドンのラインナップに加えました。

シマノ・105をメインコンポにレースモデルのホイールを合わせた「マドン2.3」と、ホイールのグレードが少し抑えられた「マドン2.1」が発売されました。

上位グレードの「マドン5~7」と同じカムテール形状のチューブとフロントフォークを採用し、ケーブル類をフレーム内蔵としています。

価格は10万円台半ばというエントリーグレードの域ながら、上位グレードの技術を多く盛り込み、ロードバイク最初の一台にエアロロード、という選択肢を与えてくれたシリーズでした。

トレックの「マドン2.1」は扱いやすさで初心者人気が高かった

近年のトレックのロードバイクに共通していることですが、「扱いやすさ」を重視している傾向があります。

当時の「マドン2.1」もインプレを見ると、乗り心地がよいとまでの評価は少ないですが、エアロ特有の扱いにくさは感じ取れませんでした。

現在も、多くの完成車に採用されている「H2フィット」というジオメトリで、ヘッドチューブが長く、首や背中に負担の掛からない楽な姿勢での乗車が可能なのです。

また、フロントフォークやシートステイのエンド部分がしっかりとした作りなので、スピードを出しても車体がぶれずに安定感がある、という評価が多かったです。

そういった乗りやすさに加え、アルミらしくペダルを強く踏み込んだ時の加速力のよさが、強調されています。

ですから、レースに興味を持ってロードバイクを始める、というビギナーの方に対しておすすめされている傾向が見られました。

トレックの「マドン2.1」はハードな乗り心地のロードバイクだった

現在のトレック「マドン」シリーズはプロが使用するバリバリのレースモデルですが、そのインプレにすら、衝撃吸収性の高さと乗り心地のよさが伝えられているほどです。

しかし、「マドン2.1」はアルミフレームということで、剛性が高く硬いフレームだったようです。

これもインプレでの評価になりますが、筆者が最も気になったのは「路面の石つぶ一つ一つまで感じられる」という試乗者の感想でした。

これはかなりダイレクトに振動や衝撃が伝わってくる、ということを示しており、オブラートに包んではいますが、乗り心地はよくないと言っているのと同じです。

タイヤが現在のロードバイクの主流である25cではなく23cということもあり、かなりハードな乗り心地だったと推測されます。

ただし、これは優劣の問題ではなくエアロロードの特徴の一つですし、加速力や疾走感を味わう上で乗り心地まで求めるのは、このグレードでは酷かもしれません。

タイヤをワンサイズ太く25cにして乗っている方もいましたので、そういったカスタムでカバーする、という手もあります。

トレックのマドン2.1の中古市場での価格評価は?

エアロロードバイクは、現在もなおカーボンフレーム車が主役です。

近年は人気のモデルになりましたので、各メーカー共にラインナップにエアロロードが見られます。

しかし、アルミフレームは少なく、代表的なところではスペシャライズドの「アレー」、スコットの「スピードスター」、メリダの「リアクト400」といったところです。

これらは、ほぼマドン2.1と同じ価格帯で展開されています。

そして、マドンのアルミフレームはもう中古品でしか手に入りません。

オークションサイトでは2015年モデルが定価の半値以上で取引されるなど、軒並み好調に推移しているように見えます。

また、大手中古自転車販売店では、2015年モデルが約12万円で販売されていました。(2018年4月の情報)

定価が約16万円(税込)ですから、中古としてこの価格設定はかなり強気で、需要が高いのかもしれません。

中古のロードバイクはサイズを選べないですし、アフターフォローもほとんどありませんので問題点はありますが、旧モデルに興味のある方は、一考の価値ありですね。

トレックのアルミロードバイクで2018モデルのおすすめ

マドン2.1は定価、約16万円とお伝えしましたが、その価格帯のアルミフレームですと、2018年モデルのロードバイクは「エモンダALR5」になります。

約18万円なので少し高くなりますが、レース仕様でコンポが105ですので選択肢としては、これになるでしょう。

完全なエアロ形状ではありませんが、シャキッとした硬さで反応のよいところは、マドンに通じるところがあります。

しっかりとした剛性の高さがありながら、エモンダのコンセプトである「クラス最軽量」を実現しています。(56サイズ8.5㎏)

これはアルミのレーシングバイクとしては中々に実現が難しいことなので、トレックの卓越した技術が垣間見えます。

また、剛性と軽さのバランスを取ることで、エモンダにはマドン2.1では実現できなかった乗り心地のよさも加味されています。

筆者も試乗させて頂いたことがありますが、加速のスムーズさと衝撃吸収性の高さに感心しました。

マドン2.1の中古品を見据えている方には少し価格のハードルが高いですが、予算を上げられるようであれば、検討して頂きたいです。

トレック「マドン」シリーズの2018モデル

トレックのマドン2.1は惜しまれつつ市場を去った感じですが、最後に現在の「マドン」を確認しておきましょう。

2018年モデルはハイエンドの「9.9」、ミドルグレードの「9.5」、そしてエントリーグレードの「9.0」です。

長年に渡りこだわりを持っているカムテール形状のチューブに、ケーブル類が1ミリも外に露呈していない完全内蔵式です。

上位グレードはハンドルとステムが完全に一体化しており、とにかく細部まで空力性能の向上につとめています。

また、エンデュランスモデルの「ドマーネ」やMTBにも採用されている衝撃吸収システム「IsoSpeed」を搭載しています。

余りにも画期的過ぎて「恐ろしい」という表現をする専門家さえいるシステムを、エアロロードバイクに持ってくるのが、トレックの凄さです。

先述通り、マドン2.1は硬さが目立ち乗り心地は犠牲になっていましたが、さすがにカーボンの高級ロードだけあり、その辺りも抜かりなしというところです。

9.9は軽く100万円を超えますし、9.0はエントリーグレードと言えども50万円以上の代物ですから、さすがに2.1との単純比較はできませんが、一度は乗ってみたい機体ですね。

トレックはマドン2.1で得た教訓をエモンダのアルミ車に活かしている

今回はトレックの「マドン2.1」をご紹介しました。

希少な存在だったエアロ形状のアルミロードとして僅か3シーズンの展開でしたが、現在の中古市場を見ても、人気の高さがうかがえます。

硬すぎる、という欠点はあったようですが、それを現在の主力レースバイク「エモンダ」に教訓として活かしている流れが、トレックの真摯なもの作りを表しています。

 - TREK, TREK ロードバイク, メーカー, ロードバイク