ビアンキのエンデュランスロードバイクインフィニートを探る

ロードバイクには時代によって流行がありますが、今の市場人気は長距離走行に向くとされる「エンデュランスモデル」です。

元々はレースモデルですが、スプリント性能に優れたガチガチなフレームと違い、快適さが重視されているので幅広い層に受け入れられます。

ビアンキのエンデュランスロードのハイエンドモデル「インフィニート」も、市場人気が非常に高い1台です。

今回はそんなビアンキのインフィニートに迫ってみます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

幅寄せやトラックの視界に要注意!ロードバイク走行の注意点

ロードバイクで街中を走る方を多く見かけるようになった近頃、正しい交通法を知る必要があると思います。...

カンパニョーロのゾンダのメンテナンス~ハブを分解する

カンパニョーロのホイールと言えば、グレードを問わずコスパに優れています。初心者から上級者まで...

カンパニョーロホイール徹底分析!筆者のおすすめはこれ!

カンパニョーロは世界的な自転車パーツメーカーで、特にロードバイクのホイールでは長きに渡りトップシェア...

メリダのエース「スクルトゥーラ」をインプレからひも解く

世界第2位の出荷台数を誇る台湾の自転車メーカー「メリダ」は、ロードレースの世界でも頂点が見えてきまし...

スペシャライズド「VENGE ELITE」の性能!その実力を検証

近年のロードレースでの活躍もあり、空力性能に長けた「エアロロードバイク」の需要が高まっています。...

ロードバイクメーカーの特徴の違い!地域別・価格帯別・特徴

ロードバイクを選ぶ際にまず最初に考えるのは、価格とメーカーではないかと思います。予算を決めて...

手ごろな本格レースバイク!アンカー「RS8 エリート」!

アンカーの「RS8 エリート」は、上位モデルのRS9と同じプロフォーマットによって設計されたロー...

日本にもアルミ再興の流れが!アンカーのロードバイク・RS6

今回はアンカーのロードバイク「RS6」を取り上げます。世界的に再興ムードが高まっているア...

便利機能満載のシマノの自転車用リュック!シリーズ毎の特徴

通勤ライドからロングツーリング、果てはセルフディスカバリーアドベンチャー王滝に代表される、マウンテ...

scottのspeedsterは2016年モデルで大きく変わった!

scottのアルミロード【speedster】は、2016年にモデルチェンジしました。ア...

ロードバイクのタイヤの太さを考える~28cは太過ぎる?

近年、ロードバイクのタイヤは、太いほうにシフトしてきています。25cが主流になり、長距離走行...

スペシャライズド・ヴェンジの戦歴は凄いが市場の評価は?

現在のロードバイク界において欠かせない存在になっているのが、「エアロロード」です。空力性能を...

ロードバイクのスポーク調整をしよう!!やり方と注意点

ロードバイクに乗っている皆さん、きちんとホイールバランスを取っていますか??ホイールバランス...

メリダのロードバイクが安く買える?アウトレット品とは

ロードバイクを販売している店舗で、「アウトレット」と称したセール品を見ることがあると思います。...

ロードバイクの補助ブレーキを外すタイミングはいつ?

ロードバイクは、基本的にドロップハンドルです。それに伴って、ブレーキとシフターが一体型となってい...

スポンサーリンク

ロードバイクのエンデュランスモデルとは?

ロードバイクのエンデュランスモデルは、「パリ~ルーベ」に代表される「北のクラシック」のような石畳のコースを走るレース向けに開発されたものです。

ガタガタの路面から来る衝撃をフレームで受け止めるような形状であったり、特殊な素材で振動を除去します。

中には標準より太いタイヤを採用している機種もあり、安定感を重視しています

また、上体を起こし気味にするジオメトリになっており、アップライドな姿勢で乗車できるので、長距離走行にも疲れが出にくくなっています。

レースモデルとして開発されていますが、このように身体に優しい性格なので、レース志向のない方や、初心者にも人気があります。

ビアンキにもハイエンドモデルの「インフィニート」、超ロングセラーの「ヴィアニローネ7」など人気のエンデュランスモデルが目白押しです。

今回取り上げるインフィニートは、ビアンキ独自の振動除去材である「カウンターヴェイル」を初めて使用した機種として話題になりました。

今では多くの上位機種に採用されていますが、多くのプロライダーと共同した実験によって製品化された優れものです。

ビアンキ・インフィニートはレパルトコルサストア限定!

それではビアンキの「インフィニート」を詳しくご紹介します。

インフィニートの正式な製品名は【INFINITO CV】で、CVは「カウンターヴェイル(Countervail)」の略です。

ディスクブレーキとキャリパーブレーキモデルがあり、それぞれにフレーム単体と完成車があります。

完成車はシマノのロードバイク用コンポ「105」と「アルテグラ」のミックスで、「レパルトコルサストア」限定モデルです。

レパルトコルサストアはビアンキの厳しい審査を通過した特別なお店で、限定モデルはこの店舗でなければ扱えません。

現在日本には、約100店舗のレパルトコルサストアがあります。

ビアンキが機材を提供しているワールドツアーの「チーム・ロットNL・ユンボ」の選手が、2017年の北のクラシックにインフィニートで出場しています。

プロが使用しているレースモデルが、最高額でも45万円(ディスクブレーキ搭載の完成車)で購入できるとあって、一躍人気モデルとなりました。

ビアンキ・インフィニートのスペック

ビアンキの「インフィニート」をご紹介しています。

次は完成車のスペックを見てみましょう。

カーボンフレームにフルカーボンフォークで、フォークにもカウンターヴェイルを挿入しています。

コンポはシマノの105とアルテグラのミックスで、STIレバーとリアディレイラーがアルテグラ、残りが105です。(キャリパーブレーキモデル)

ホイールはフルクラムの「レーシング5」で、ディスクブレーキモデルもフルクラムのホイールを採用しています。

日本の市場で購入できるフルクラムのロードバイクバイク用ホイールとしては、下から2番目のグレードです。

タイヤはヴィットリアの「ルビノ・プロ」で、ロングライドにも向くオールラウンドのタイヤです。

これはかなり評判の良いタイヤなので、申し分ないですね。

ここまでのスペックを見る限りでは、正直に言いますとさほどコスパは高くありません。

これは、キャリパーブレーキモデルのフレーム単体が30万円、完成車が38万円ですから、8万円でパーツを組むとなると致し方ないところです。

個人的な意見ですが、せめてホイールはもうワンランク上のものを組み合わせて欲しかったですね。

インフィニートはオールラウンドのロードバイク

次は、ビアンキ・インフィニートのジオメトリを確認しましょう。

エンデュランスモデルだけあり、パッと見てすぐに目に入ってくるのは、ヘッドチューブの長さです。

500サイズの比較では、レースモデルのスペシャリッシマと比べ25mmも長くなっています。

ヘッドチューブは太めのチューブでかなりがっちりとしており、フロントの剛性をしっかりと確保している印象です。

しかし、エンデュランスモデルといえどもプロレースに投入されている機材だけあり、トップチューブは短くないですし、チェーンステイは短めです。

この辺りはどちらかと言えばレーシーな仕様になっていますので、反応が良く加速力も期待できる形状です。

バランスが取れているジオメトリなので、様々な用途に活用できるオールラウンダータイプのロードバイクといっても差し支えないでしょう。

ビアンキインフィニートのインプレ

インフィニートはビアンキ初の「カウンターヴェイル」搭載車だけに、インプレもその効果を探ろうとするものが目立ちます。

あるインプレでは、道路の上に絨毯を敷いて走っているようだと伝えていました。

衝撃が遠くの方から少しだけ伝わってくる感じで、相当しっかりと吸収している感覚があるそうです。

また、これもカウンタヴェイルの恩恵なのか、エンデュランスロードバイクとしては例を見ないほどの加速力を伝えるインプレが目立ちます。

性格上、悪路や石畳などで速く走れるのは当然としても、平坦な舗装路での加速力や巡航性にも長けているのは少々驚かされます。

先ほども少し触れましたが、やはりこれだとホイールはグレードアップしておきたいですね。

用途にもよりますが、フレームが衝撃を大幅に吸収してくれるので、個人的にはホイールは少し硬めにしてさらなる反応の良さを追求したいところです。

剛性の高さに定評のあるフルクラムの「レーシング・ゼロ」や、マビックの「キシリウム・エリート」あたりがおすすめです。

逆にさらなる快適性を求めるなら、シマノの「WH-R9100 C24」が候補ですね。

インフィニートに次ぐビアンキのエンデュランスロードバイク

インフィニートを紹介してきましたが、最後にビアンキの他のエンデュランスモデルも確認しておきましょう。

カーボンフレームのエントリーモデルとなるのが「INTENSO(インテンソ)」です。

カーボンよりも数倍衝撃吸収性に長けた「ケブラ―繊維」を、フロントフォークとシートステイに織り込んでいます。

ジオメトリ表の数値はインフィニートと全く同じなので、こちらもオールラウンダーとしての活躍ができるでしょう。

エントリーグレードなので致し方無いですが、ホイールとタイヤが少し残念な感じなので、カスタマイズの余地があります。

次にご紹介するのはアルミフレームですが、カーボンライクな造形美を持つ「IMPULSO(インプルソ)」です。

ヘッドチューブとトップチューブを溶接した後に、何度も一体型成型を繰り返すことで剛性を高めています。

この一体型成型により、前三角の流線形が非常に美しく仕上がっており17万円そこそこのロードバイクとは思えない高級感があります。

ビアンキはアルミフレーム自体が少ないですが、アルミを希望されるなら文句なくおすすめできる1台です。

インフィニートは選んで納得の1台!

今回はビアンキのインフィニートを紹介しました。

エンデュランスレーシングモデルの名に恥じない、オールラウンダーで特別なバイクと感じました。

個人的にはフレーム単体から自分好みのパーツを合わせてみたいと思いますし、実際にそういう方が多いと聞いています。

それだけの価値がありますし、長く乗り続けたいロードバイクですね。