ロードバイクのホイールにおいてロングライド向けとは?

ロードバイクというのは実に面白い乗りもので、自分の用途によって、車体やパーツを選べる楽しさがあります。

今回は、中でもツーリングなどで長距離を乗る、ロングライド向けのホイールについてお話をします。

ひと口にロングライドと言っても、シチュエーションや路面の状態が違い、奥が深そうですので、確認してみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車は安全に乗ろう!アルミフレームの修理ってできるの?

ママチャリでも、スポーツ自転車でも、安くて軽量なアルミフレームをお使いの方は多いと思います。...

ロードバイクのタイヤ交換をしましょう!後輪は特に注意

ロードバイクに長い期間乗っていると、タイヤの消耗が気になってきます。滑りやすくなったとか、ブ...

どこを見て判断する?メリダ・スクルトゥーラ4000の評価

ロードバイクを購入する際は、その機種の評価が気になると思います。良い評価があれば購入への...

ボントレガーのサドル「アフィニティ」は自分に合うのか?

「ボントレガー」を知っている人は相当なスポーバイク好きか、「トレック」ユーザーですね。ボ...

PINARELLOは新時代に突入した!MARVELが今に残した伝統とは

PINARELLO(ピナレロ)のロードバイクは、以前のシリーズを復活させたり、○○の後継機などと...

アンカーはレーシングブランド!RS9のインプレ評価が証明

ブリヂストン・アンカーは乗り心地のよさや、扱いやすいというインプレ評価が多いので、快適性重視のモ...

フラットハンドルにバーエンドバーを~取り付け方も知りたい

MTBやクロスバイクは、ハンドルが一本棒のフラットバーです。ハンドル操作がしやすく、ブレ...

存在意義はある!「メリダ・ライド400」が評価されるわけ

メリダは近年レースへの力の入れようがハンパではなく、ことロードバイクにおいてはその傾向が顕著に出...

シマノ・アルテグラグレードのホイールの位置付けは?

シマノ・アルテグラと言えば、ロードバイク用のコンポや釣り具を思い浮かべる方は多いかと思いますが、...

タイヤサイズで26インチや700cってどのくらいの大きさ?

自転車のタイヤサイズは、様々な表記が入り混じっています。単位はインチやmm、小数点表記だ...

ハンドルからの振動対策!これでロードバイクの悩みを解決!

ロードバイクで走行中、ハンドルからの振動が気になる方も多いはずです。路面から伝わる、ハンドル...

自転車のブレーキシューは消耗品!値段は?交換時期は?

自転車のブレーキは命を預かっていると言っても過言ではなく、日常のメンテナンスや消耗品の交換に気を...

シマノホイールWH-R500の後継R501は厳しい評価通りなのか?

ロードバイクのエントリーグレードの完成車に付属していることが多いシマノのホイールに、「WH-R5...

ロードバイク用ホイールでカンパのシロッコはどうか?

カンパニョーロのアルミリムホイール「シロッコ」は、リムハイト35mmのセミディープリムです。...

スペシャライズドのアルミフレーム車を支えるシマノ・105

ロードバイク用のコンポ製造メーカーで、圧倒的に世界一のシェアを誇るのが日本の「シマノ」です。...

スポンサーリンク

ロードバイクの走りの質はホイールによるところが大きい

ロードバイクは、走りに特化した自転車ですので、走りの質が求められます。

走りの質を決める要素の中でも、かなりのウエイトを占めているのがホイールです。

タイヤも含め、車輪と言っても良いですが、とにかく駆動の要であることは間違いありません。

ロードバイクのホイールは、パーツの中でも高価な部類に入ります。

そのため、初心者の方が購入することの多いエントリーグレードには、安価なホイールが採用されています。

ホイールは、軽ければ軽いほど価格が上がっていく仕組みですので、安価なものは必然的に重くなります。

空気抵抗を最も強く受ける部分なので、重ければ、さらに強い抵抗にさらされます。

また、単純に漕ぎ出しも重くなりますし、坂の上りなどでは、かなり苦労することになります。

さらに、ホイールに関しての重要な要素のひとつに「硬いか柔らかいか」という基準があります。

後述しますが、硬いホイールは変形しないので、動力の伝達には長けています。

しかし、乗り心地が良くないので、長距離などを乗るロングライド向けではありません。

一方、柔らかいホイールはクッション性があって乗り心地は良いですが、たわんでしまうので、パワーをロスします。

このように、ホイールは性質によって一長一短なところがあるので、選択するのが難しくなります。

ロングライド向けかどうかはこれで判断する

ロードバイクのホイールの性質を決める二大要素は、「重量」と「剛性」です。

重量は少し触れましたが、軽ければ有利になるシーンが多いのは確かです。

ただし、ホイールは手に持って軽いのと、走らせて軽いのとは意味が違います。

ホイールの重量で、走りの軽さに関係してくるのは、外周部分である「リム」の重さです。

トータルの重量が同じホイールでも、リムの重量が違えば、走りの質は変わります。

リムが軽いと、ゼロストップからの漕ぎ出しや坂の上りが楽です。

また、加速力に長けていますので、すぐトップスピードに乗れます。

そのため、スプリントレースやヒルクライムなどの短距離レースでは、絶対の強さを発揮します。

その反面、スピードに乗ってから速度を維持するのが難しくなり、常にペダルをクルクル回しているような感覚なので、ロングライド向けではなくなります。

リムの重さは素材の違いが大きく、フレーム同様カーボンはアルミに比べて、かなり軽くなります。

ロードバイクのホイール剛性とは

ロードバイクのホイールにおいて、重量と共に大きなカギを握るのは「剛性」です。

剛性とは、物質が変形しにくいことを指しており、高低で表現されます。

剛性が高いと言えば変形しにくいということであり、「硬い」と言い替えても良いでしょう。

反対に、剛性が低いと言えば変形しやすいということになり、「柔らかい」とも表現できます。

硬いホイールは変形しないので、ペダルを漕いだ力をダイレクトに動力にすることができます。

その分、とても反応が良くなり、加速力に長けたホイールになります。

しかし、クッション性がないため、地面からの振動は結構伝わってきますので、乗り心地は良くありません。

地面からの振動は、後からジワジワ効いてきますので、硬いホイールはロングライド向けとは言えなくなります。

一方、柔らかいホイールは変形しやすいので、ペダルを漕いだ力が逃げてしまい、加速する力は劣ります。

しかし、たわみますからクッション性は良く、衝撃吸収性が高くなるので、乗り心地は良くなります。

このように、ホイールは剛性で、こうも大きく特徴が変わるものなのです。

ロードバイクのホイール剛性を決める要素

ロードバイクのホイールの剛性はリムの硬質や高さ、スポークの張り方や素材などで決まります。

リムの硬質はメーカーによって違いが大きく、有名どころではシマノが柔らかめ、カンパニョーロは普通、フルクラムは硬めです。

リムの高さはアルミリムでは、あまり違いがありませんが、50mmを超えるような「ディープリム」になると剛性は強くなります。

リム自体が加重を受け止め、屋台骨であるスポークに負荷が掛からないので、ホイール全体が変形しずらくなります。

また、スポークも硬いアルミ製であれば、全体の剛性が高くなります。

そのため、剛性と重量の要素を絡めて、自分の用途に合ったホイールを選ぶことになります。

レースに使用するのか、趣味のツーリングか、はたまた通勤・通学などの街乗りなのか。

用途によって、様々な選択肢が視野に入ってくるということです。

今回はロングライド向けのホイールがテーマですので、次項より、どんなものが向いているのかをお話していきます。

ロングライド向けのホイールに求められる要素

前項までに、何度かロングライド向けかどうかについてお話しているので、ここでまとめておきます。

ロングライドはロードバイクでの長距離走ですから、何より大切なのは、いかにして疲労を軽減するかです。

その中で、ホイールが担う役割は、衝撃吸収性とペダルを漕ぐ力のセーブです。

先述した通り、地面からの振動はあとから効いてきますので、吸収性に優れるホイールに越したことはありません。

そのため、硬すぎるホイールは、ロングライドには不向きになります。

しかし、ここが難しいのですが、あまり柔らかいホイールですと、今度はパワーロスをするのでスピードの維持が難しくなります。

これは重量にも関係してくる話なので、例を挙げてお話します。

ゴルフボールとピンポン玉は、大きさは同じくらいですが、重さや硬さが全く違います。

この2つの「玉」を同じ力で転がすと、最初は軽い方のピンポン玉が勢いよく転がっていきます。

しかし、途中からピンポン玉は失速し、硬くて重いゴルフボールに追い抜かれてしまいます。

これがホイールにも当てはまる原理であり、スピードの維持が必要な場面では、必ずしも軽いだけが有利なわけではないということです。

また、ロングライドでは柔らかさは重要ですが、パワーロスをしてしまう分、常にペダルを漕ぐのに力を入れておかなくてはならなくなります。

ロングライド向けのホイールとは

ひと口にロングライド向けのホイールと言っても、日常生活の中で通勤や通学に使う場合と、趣味でツーリングなどに出向く場合などでも違ってきます。

前項の話は、どちらかと言えば、信号の少ない平坦な舗装路を、ひたすら同じスピードで走るようなツーリング向きの話です。

そのため、趣味のロングライドでは、剛性が少し高めで、重量の軽すぎないホイールが向くという結論になります。

しかし、ロードバイクを通勤などに使う場合は、また違ってきます。

街乗りの場合は、ストップ&ゴーが多いので、漕ぎ出しが重くなる硬いホイールは不向きでしょう。

道中には坂道もあるでしょうから、硬すぎるホイールはキツイです。

また、舗装路であるとしても、公道は段差や砂利などがありますから、振動はそれなりに来ます。

そのため、生活の足としてロングライドをする場合は、軽さを優先し、剛性を押さえ気味にしたホイールが良いでしょう。

ロングライド向けとひと口に言っても…

今回はロードバイクにおいて、ロングライド向けのホイールを考えてみました。

重量と剛性のバランスが大切で、どちらかにでも寄り過ぎてしまうと不向きになると分かりました。

また、何より優先されるのは疲れないということなので、衝撃吸収性は重視したほうが良いですね。

さらには、どんなロングライドをするかによっても違いますので、自分の用途に合わせることも重要です。