ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

わずらわしいmtbのブレーキ鳴き、その原因と解決方法は?

2018.2.27

mtbに乗っている時、ブレーキが嫌な音で鳴り、不快な思いをしたことはありませんか?

ブレーキ鳴きなど、自転車の音に関するトラブルは数多く、一度は頭を悩まされる問題です。

今回は音のトラブルの中でもmtbのブレーキ鳴きについて、代表的な要因と解決策をご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

自転車で右折レーンを走ることはNG!?複雑な自転車の交通法

自転車に乗る方が増えたと同時に、交通ルールを正しく守っていない方も多いように感じます。 あまり...

就活用の履歴書の趣味欄でサイクリングをアピールしたい!

就活を控えた高校生や大学生にとって、履歴書の趣味欄が悩みの種という方も多いですよね。 趣味はサ...

自転車の発進時にガタガタするなら自転車の回転部に注目!

快適な走行を楽しめる自転車は普段から大活躍していることでしょう。 買い物に行ったり、観光に行っ...

チェーンスタビライザー搭載!シマノ「ULTEGRA RX」

シマノのリアディレイラーに「ULTEGRA RX」というモデルのリアディレイラーがラインナップさ...

自転車の空気の入れ方を学ぼう!英式バルブの場合

自転車は、タイヤの空気圧が適正がどうかが走りに大きく関係するので、タイヤの空気圧を気にする方は多いで...

スペーサーを使用する2種類のカスタムを紹介!幅5ミリがカギ

自転車で5ミリ幅のスペーサーというと、個人的には思い浮かぶものが2つあります。 フロントフ...

ビアンキのロードにサイズ43はあるの?小柄だと無理なのか?

イタリアメーカーのビアンキで、サイズが「43」というとロードバイクにはありませんので、MTBとク...

ラレーのミニベロ、rsrと、その後継車rscってどんな自転車?

ラレーのミニベロは、街中を走るときでも、ひときわ目を引くデザインです。 おしゃれに敏感な方にも...

自転車にとって重要な、ホイールのセンター出しについて

スポーツバイクに乗っていると、ホイールのセンター出しという言葉を聞く機会があるかと思います。 ...

自転車のハンドルが重いと感じたら?ヘッド部をグリスアップ

自転車のベアリングは、大きく分けて5箇所の回転部分があります。 ベアリング部には、定期的なグリ...

自転車のステッカー・シールのはがし方のテクニック!

自転車に貼ってあるステッカーやシールって、本当にはがしにくいですよね。 跡が残らないようにする...

エンド幅の測り方を覚えてホイールのカスタマイズを行う

スポーツバイクには「エンド幅」と呼ばれる部位があり、これが合わないと車輪を取り付ける事が出来ませ...

自転車のブレーキゴムは交換が必要!その種類と交換方法は?

自転車に乗っていて、必ず必要なパーツにペダルやハンドル、タイヤがあります。 この他に、必ず装備...

MTBのフロントフォークのオイル漏れを直そう!修理費用は?

フロントフォークがオイル漏れしている事はありませんか? 「故障しているかも」と不安になる事もあ...

自転車のギアチェンジの様子がおかしい!対処法はある?

長く自転車に乗っていると、さまざまなトラブルがありますよね。 特に、ロードバイクなどは趣味...

スポンサーリンク

mtbのブレーキパッドの擦り減りによるブレーキ鳴き

まず、ご紹介するブレーキ鳴きの原因は、mtbのブレーキパッドの擦り減りです。
ブレーキパッドは金属の台座にゴムのパッドが付いた構造をしています。

このブレーキのパッドがホイールのリムを挟み込むことで、ホイールの回転を止めるようになっています。

そして、ホイールを止めるためにゴムのパッドがリムを挟んでいる瞬間、ブレーキパッドとリムの間には大きな摩擦力が生まれています。

この摩擦力によって、ブレーキパッドのゴム部分は、消しゴムと同じように徐々に削れていきます。
ブレーキパッドのゴム部分が削れていくと、最後に露出するのは台座である金属部分です。

その金属部分が露出した状態でブレーキをかけると、金属と金属がこすれ合うような、「ガリガリ」「キーキー」といった音が鳴ります。

これが、ブレーキ鳴きの考えられる1つの原因です。

こんな状態を放置したままにすると、ブレーキパッドの台座である金属がリムを削ってしまい、リムが割れてしまう恐れがあります。

そのため、こういった場合は早めにブレーキパッドの交換をすることで、ブレーキ鳴きは収まり、ブレーキパッドの台座がリムを削ることもなくなります。

mtbのブレーキに異物が刺さっていることによるブレーキ鳴き

路面にはガラス片など様々な異物が落ちており、タイヤがこれを回転によって巻き上げることで、ブレーキシューに刺さる場合があります。

このブレーキシューに異物が刺さった状態でブレーキをかけると、異物がリムと擦れ、ブレーキ鳴きが発生します。

こういった場合の具体的な解決方法をご紹介します。

まず、mtbのブレーキの前後どちらのホイールからブレーキ鳴きがするのかを確認します。
そして、ブレーキ鳴きがする側のブレーキのワイヤーを開放します。

こうすることでブレーキの左右のアームが別々に動くので、ブレーキシューの摩擦面が確認しやすくなります。
摩擦面を確認し、小石やガラス片などの異物が刺さっていた場合は、ラジオペンチなどで取り除きます。

あとは、ブレーキワイヤーを元に戻し、作業完了です。

ブレーキシューに異物が刺さっていることによるブレーキ鳴きの場合も、先にご紹介したブレーキシューの擦り減りによるブレーキ鳴きと同じく、放置することでリムの削れが進む恐れがあります。

ですから、早めに確認し異物を取り除くことをお勧めします。

mtbのブレーキの片効きによるブレーキ鳴き

mtbに搭載されているブレーキの種類としては、Vブレーキというものが多いです。

このブレーキの構造は、2本の別々のアームがワイヤーによって引かれ、ブレーキシューがリムを挟むことで自転車を停止させる、というものです。

通常、この2本のアームの可動域はスプリングによって均一に調整され、左右のブレーキシューが同時にリムと接触するようになっています。

しかし、ブレーキ本体の精度や使用に伴う衝撃などによって、左右の可動域のバランスが崩れることがあります。

バランスが崩れた状態である時、ブレーキをかけると左右のブレーキシューは同時にリムに接触せず、ブレーキ鳴きの原因となります。

このようにしてブレーキ鳴きが起きている場合、ブレーキアームの稼働を調整することで音鳴きが解消されます。

具体的にご説明すると、それぞれのアームの外側にあるボルトを、締めたり緩めたりすることで調整が可能です。

このボルトは、締めるとスプリングが強まりアームが外側に、緩めるとスプリングが弱まりアームが内側へと動きます。

片側ばかりを締め込んだり緩めたりせず、両側のテンションを均一に近づけて調整を行います。

mtbのホイールが歪んでいることによるブレーキ鳴き

mtbのブレーキ鳴きが起きている場合、ブレーキ側ではなくホイール側に問題がある場合もあります。
それは、ホイールの歪みによるブレーキ鳴きです。

先にもご説明したように、ブレーキは2つのブレーキシューでリムを挟んでホイールの回転を停止させます。

通常、リムは2つのブレーキシューのちょうど真ん中を回転し続けるため、ブレーキをかけない限りブレーキシューとリムは接触しません。

しかし、ホイールが衝撃などによって歪んでしまった場合、リムが水平でないためにブレーキシューと断続的に擦れあってしまいます。

この状態で走行すると、ブレーキを掛けていないにも関わらず、リムとブレーキシューが擦れあうことによる摩擦音がする場合があります。

こういったブレーキ鳴きの場合は、ホイールの振れ取りという作業が必要になります。

具体的には、スポークのテンションを調整しリムを水平にするのですが、専門の工具、そして、調整技術が必要になるため、多くの場合はプロショップに持ち込むことをお勧めします。

ホイールが歪んだ状態で乗車を続けると、歪みが増幅し、大きな歪みの場合はホイールを交換する必要に迫られる場合もあります。

ディスクブレーキから音鳴きがする場合

Vブレーキに代わる新たな仕組みのmtbのブレーキとして、ディスクブレーキというものがあります。

ディスクブレーキはVブレーキと構造が異なり、ブレーキパッドが金属のローターを挟み込むことで制動力を生みます。

このディスクブレーキがブレーキ鳴きをしている場合の原因として、代表的には次のようなものが考えられます。

1つ目に、パッドに原因がある場合です。

ディスクブレーキのパッドに汚れの付着、異物の噛み込みがある場合、ブレーキをかけるとローターとの間に異音を生みます。

こういった場合は、パッドを洗浄する、千枚通しなどで異物を取り除く、こういったことでブレーキ鳴きが解消されます。

2つ目に、ホイールがずれている場合。

ディスクブレーキはローターがホイールに、ブレーキ本体がフォークに取り付けてあります。

そのため、ホイールがフォークに対してずれて固定されていると、ローターとパッドが平行でないため、「シャ、シャ」と断続的に音が鳴る場合があります。

このような場合、ホイールを一度フォークから外し、正しいセッティングを行うことで解消されます。

ブレーキ鳴きの原因がわからない時

mtbを初めとして、自転車にまつわる音の問題は多く、原因の特定や改善が困難である場合も少なくはありません。

ブレーキで音が鳴っていると思いきや、別の原因による音がフレームを伝わってブレーキの音のように聞こえる、という場合もあります。

そのため、自分で調べてみてもわからない場合は、プロショップに持ち込むことが最善の解決策と言えます。

また、Vブレーキの音鳴きに関して、ブレーキシューとリムとの相性によってはどうしてもブレーキ鳴きしやすくなる場合があります。

この場合、シマノなどからブレーキ鳴きしにくいことを売りにしたブレーキシューなども販売されていますので、そういった製品に交換してみることも1つの解決策です。

また、ブレーキシューのセッティングを、自転車の進行方向に対して後ろ側を、やや「ハ」の字に開く形、いわゆる「トーイン」と呼ばれる形にセッティングすることで、ブレーキ鳴きの軽減が図れます。

ブレーキ鳴き、対処は早めがオススメ!

mtbのブレーキ鳴きについて、代表的な原因と対処法をご紹介しました。

どのような原因でブレーキ鳴きが起きているにせよ、放置することで、より悪化する場合があります。

ブレーキは自転車を止める重要な部品ですので、楽しく乗るためにも安全な状態を保つことをお勧めします。

 - マウンテンバイク, まだまだ知りたい自転車のあれこれ, 自転車全般