ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

自転車の後輪のハブにはたくさんの重要な役割がある

2018.1.19

自転車の車輪の中央にあるハブは、非常に多くの役割を担っています。

ハブは「拠点」「中枢」のような意味で、正に車輪の中枢にあり、放射状に広がるスポークの拠点になっています。

特に後輪のハブには、自転車を動かすために必要な機能が、いくつも組み込まれています。

そこで今回は、ハブの重要性を考え、メンテナンス方法もご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ハンドルにバーエンドバーを取り付け!効果はどうだろう?

スポーツ自転車のハンドルは、大まかに分けて3つの形状があります。 中でも、ストレートな形状...

通勤手当ってどんなもの?自転車通勤に適した距離は?

社会人のあなたは、会社へは何で通勤していますか? 自動車、電車、徒歩、それとも自転車ですか? ...

自転車の「700c」や「27インチ」って何?違いは?

自転車屋さんのサイズ表示でよく見かけるのは、27インチというような「インチ」表示です。 で...

mtbのハブのグリスアップをしてホイールの回転をスムーズに

ハブはmtbのホイールの中央で、スポークの受けになっている部分です。 また、多段化されてい...

bmxでおすすめのハンドルは?幅を狭くする際のカット方法!

bmxをカスタムしませんか!? トリックをしやすくするために、ハンドルをいじってみるのはどうで...

ハンドルのバーテープ交換工賃費を節約しよう!オススメは?

ロードバイクには、ハンドル部分にバーテープが装着されているのが基本ですね。 バーテープは使用し...

名古屋から京都へ!自転車で行けるおすすめのルート!

自転車で外に出掛けると、とても気持ちがよく、リフレッシュできますよね! 名古屋から京都へは距離...

自転車のハブのメンテナンスを行おう!!グリスアップ方法

自転車のハブは自転車を動かす部分で重要なパーツです。 メンテナンスをすることで回転数が上がり、...

学校での自転車の盗難を防止するには?警察も含めた対応を

通学に自転車を使っている人の一番の心配は、自転車の盗難ですよね。 私の通っていた高校でも、盗難...

自転車の発進時に音がするのは故障か?異音の原因を考える

自転車に長く乗っていると、色々と不具合が出てくるものです。 「タイヤがすり減る」「ブレーキ...

自転車のライトは点灯・点滅どっちがいいの?

自転車についているライトは、点灯しっぱなしのものから、点滅しているものがありますよね。 ライト...

クランクとチェーンリングの交換は体格と脚力で決めよう

ロードバイクを購入してサイズを合わせたはずなのに、なぜかしっくりこないなと感じている方はいませんか?...

自転車処分時の防犯登録抹消!防犯登録カード紛失の場合は?

自転車の防犯登録は、持ち主を明確にし、盗まれることを防いだり、盗まれてしまった後の早期発見に役立...

自転車のタイヤに空気をついつい入れすぎちゃう!ダメなの?

自転車のタイヤに空気を入れる時に、『まだ足りていないのかな?』「入れすぎちゃってるかな?」とわからな...

mtbのハブ交換を考える~効果はどのくらいあるのか?

mtbなどのスポーツ自転車は、ホイールに掛かる比重が、とても大きいです。 中でも、中央に鎮...

スポンサーリンク

自転車のハブの役割

自転車のハブの役割は本当に多くありますが、まず大まかに列挙していきます。

見た目にも分かりやすいのは、スポークの受けになっていることです。
ホイールのスポークは全てハブから放射状に張られ、タイヤをはめるリムに固定されます。

次に前輪のハブは、フロントフォークをホイールに支持する場所です。
ハブにフォークを繋げることによって、ハンドルが舵を切れるようになります。

また、後ほど分解方法やメンテナンスをご紹介しますが、ハブは回転体なので、中にシャフト(軸)とベアリングが装備されています。

いかにスムーズに回転させるかが勝負であり、ベアリングの質がホイールのグレードや値段を決める、ひとつの要素になります。

さらに、後輪のハブには、フリーボディが装着されています。

ピストや競輪のトラックレーサーなどのシングルスピード車を除き、後輪ハブには「ラチェット機構」という機能が内装されています。

ペダルを正方向に回したときにしか、力がホイールに伝達されない機能です。

例えば、坂の下りなどでは、漕ぐのを止めれば、ペダルも回転しないので惰性で進めます。
また、ペダルを逆方向に回しても空回りするだけで、自転車はバックしません。

自転車の後輪ハブの要はフリーボディ

引き続き、後輪ハブの役割を挙げていきます。

フリーボディはラチェット機構の他に、外側にギアであるカセットスプロケット(以下スプロケ)を装着させる役目もあります。

スポーツ自転車では、○速用のホイールという表現を耳にすると思います。
多段化されている自転車では、スプロケを何枚も重ねて、フリーボディに装着します。

そのため、フリーボディーの幅によって、取り付けられるスプロケの枚数が変わります。

○速用のホイールというのは、○速のスプロケを取り付けられる幅を持った、フリーボディが装着されているという意味です。

現在、市販されているロードバイク用のホイールは、ほとんどが最多のギア数である11速用になっています。

また、このフリーボディの形がメーカーによって違います。

そのため、ホイールを購入するときに、シマノのスプロケを取り付けるのなら、シマノ対応のフリーボディ。

カンパニョーロのスプロケなら、カンパ対応のフリーボディが付いているホイールを選ばなくてはいけません。

自転車のハブだけ交換するのは可能?

このように、後輪のハブには、様々な機能や役割があります。

それだけに、ある程度のグレードは確保しておきたいのですが、ハブだけのグレードを上げるのは、中々難しいです。

ハブ単体で購入することは可能ですが、交換するとなれば、ホイールを一度解体して組み直すことになります。

しかし、ホイールを手組みするには、部品代はもちろん、専用の工具も必要になります。

また、自転車の走行機能に大きく影響が出る部分なので、高い精度が求められます。

そのため、ある程度自転車に精通して、カスタマイズの経験も豊富じゃないと、手を出せる代物ではないんですね。

ですから、ハブを交換するには、ショップにホイールの手組みをお願いすることになるでしょう。

ハブの品質によりますが、中位レベルの1個5千円程度のものに交換するとします。

リムは現行のものを活かし、スポークとニップル(スポークをリムに固定する部品)は新調します。

そうなると、部品代と工賃で、前後合計で3万円程度掛かります。

仮に、リムも交換するとプラス約1万円です。

こうなると、有名メーカーで評価の高い完組ホイールが購入できる価格になってしまいます。

それならば、新しいホイールを購入すれば良いことになるので、ハブだけの交換は、少し現実味がない話になります。

自転車の後輪ハブをメンテナンスして復活させる

最初に買ったロードバイクが10万円前後であったとすれば、ホイールのレベルは高くないと思ってもらって、まず間違いありません。

ホイールに4~5万円も掛けていたら、一体どんな素材で、フレームを作っているのか不安になりますからね。

だからといって、すぐにホイールを交換するという決断も、難しいと思います。
そこで、やっていただきたいのが、ハブのメンテナンスです。

先述しましたが、ハブにはベアリングとシャフトが組み込まれているので、メンテナンス次第では、この回転力を改善できます。

また、ペダルを止めてもホイールが回っている状態や、逆回転させたときに、自転車の後輪はハブから音がします。

表現するとすれば、「カラカラ」「カタカタ」みたいな甲高い音です。

これがラチェット機構特有の音で、メーカーによって、大きさが違ったりします。
有名メーカーではシマノは小さめ、カンパ、フルクラムは大きめです。

構造上の音なので故障ではありませんが、大きいと不快に感じる人もいると思います。
そういう人は、この音を小さくするのも、ハブのメンテの一環だと思っておいてください。

後輪ハブの分解手順

では、後輪のハブを分解していきましょう。

なお、今回は後輪のみ手順をご紹介しますが、前輪はフリーボディがないだけで、手順は同じです。

まずは、工具を確認します。
スプロケを外すので、専用のスプロケ固定工具とロックリング外し、モンキースパナが必要です。

ハブの分解自体は、六角レンチ(アーレンキー)とスパナで行います。

自転車のメンテには六角レンチを頻繁に使用するので、1セット持っておくと良いでしょう。

スプロケは先端のロックリングに専用の工具を装着し、スプロケが回らないように工具で固定します。

固定したら、モンキーレンチで先端のロックリング外しを、反時計回りに緩めます。

きつく締めこまれているため、空回りしたり滑ったりするとケガしますので、十分に気を付けて、できれば軍手をして作業してください。

スプロケを外すと、お目見えするのがフリーボディです。

先端のロックナットをスパナで緩めて、シャフトを抜き取ります。

ロックナットと玉押しと呼ばれるリング状のパーツを外すと、中に小さなボールがいくつか入っているのが見えます。

このボールは1個ずつ単体で入っている場合と、連結されてひとつの輪になっている場合があります。

いずれにしても、フリーボディ側と反対側のボールを両側共に一度取り除き、シャフト・玉押しと共に、パーツクリーナーで清掃します。

話が前後しますが、ハブには細かいパーツが、たくさん付いています。

そのため、組み付けるときに困らないように、外した順番通りに並べておきましょう。

ハブのグリスアップと玉押し調整

なお、自転車のフリーボディの内部にもベアリングが内蔵されていますが、分解することはおすすめできません。

シャフトとボールを抜いたハブの本体は、古いグリスでベトベトになっているので、パーツクリーナーで拭き取ります。

拭き取り終わったら、先ほどボールが入っていたカップの部分に、新しいグリスを塗り付けていきます。

ここで注意したいのは、粘度が低いグリスですと、すぐに飛び散ってしまいます。
それでは、グリスアップした意味がなくなりますので、ある程度粘度のあるグリスを選んでください。

グリスを塗ったら、フリーボディと反対側から、ボールを戻していきます。
戻したら、玉押しで蓋をして抑えながら、フリーボディ側のボールを並べます。

両側のボールを戻したら、シャフトに軽くグリスを塗って、手で仮止めします。

あとは、スムーズに回転するように調整していきます。

フリーボディと反対側のナットを締めながら調整しますが、ガタガタと緩んだり、逆にゴリゴリと鈍い回転でもダメです。

シャフトがスムーズに回転し、ガタつきがない場所を見付ければ完了です。
あとは、スプロケを戻したら、後輪ハブのメンテナンスは終了となります。

ハブのメンテナンスは必要不可欠です

今回は自転車のハブについて、特に駆動輪である後輪を中心に考えてみました。

ハブの性能で、ホイールの善し悪しの何割かが決まると言っても、過言ではありません。

交換はちょっと厳しいですが、メンテナンスは不可欠ですので、すぐにでも行ってみてください。

 - 自転車全般