ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

シマノのセミディープホイールrs30とrs330はどんな人向き?

2018.1.14

スポーツ自転車にとって、ホイールは走りの質を決める上で、かなり大きなウェイトを占めています。

特に、ロードバイクのホイールは種類が多いですが、そんな中、シマノも高いシェアを誇るメーカーのひとつです。

今回取り上げるrs30は、すでに製造していませんが、後継ホイールに受け継がれているように、人気のホイールでした。

そんなrs30に加えて、今回は後継ホイールも確認していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

路肩と路側帯2つの違いは?自転車はどこを走行すればいい?

自転車の交通ルールが厳しくなったと同時に、自転車はどこを走るのが正しいのか。 疑問に思う方も少...

スペシャライズドはエアロのパイオニア!ハンドルにも注目

スペシャライズドはMTBでその名を世界に広めたメーカーですが、近年はロードバイクが主流になっています...

ロードバイクのタイヤは機能だけでなくおしゃれも考えたい

ロードバイクのタイヤは、走行中のトラブルを考えると命に関わりかねませんので、安全性や機能性を重視して...

mtbの改造をしたいのならブログを参考にしてみるといい!

持っている愛車の自転車を改造して、「より快適に」または、「おしゃれ」にして乗りたいと考えている方もい...

mtbでウィリーを習得しよう!練習法とコツは!?

ウィリーとは、自転車などの二輪車で、前輪を浮かせた状態で走行する技になります。 ウィリーができ...

mtbのハンドルの適正幅とは?ハンドルカットに挑戦しよう!

mtbのハンドルはフラットバーといって、まっすぐなタイプのハンドルです。 また、ハンドル幅を決...

自転車の後輪ブレーキシューの交換する手順とは?

自転車の消耗品で一番に思い出すのはタイヤですよね。 その次の消耗品っていえばブレーキシューです...

日本一周に自転車で挑戦の前に!ブログを参考にしよう

自転車で日本一周を走りたい、そんな思いがあっても、自転車で日本一周は漠然としすぎていて、なにが必要な...

使わなくなった自転車のタイヤなどのゴミはどう処分する?

使用しなくなった自転車の処分は、どうするか悩まれる方もいるのではないでしょうか? 自転車は、様...

簡単確実!ストライダーのホイール塗装方法を詳しく解説!

ストライダーは構造が簡単であるため、様々なカスタマイズが楽しめるのも魅力です。 既存のパーツを...

ロードバイクのサドル高は低めがよいのか?理想はある?

ロードバイクは乗車姿勢が極めて重要なので、それに合わせたサドルの高さや角度、前後位置なども最適なポイ...

アルテグラのクランクと他メーカーのクランクの重量差は?

シマノでは、セカンドグレードとして扱われているアルテグラ。 コンポの顔として扱われるのはクラン...

自転車の歴史!ブレーキの外れたピストバイクが街中を走る

2000年代はスポーツ自転車の普及が進んだターニングポイントの時代であったといえます。 しかし...

ヤフオクでトラブル!?不良品の自転車を落札しないために

ヤフオクを利用したことはありますか? 中古自転車や自転車関連のアイテムなども出されていて、欲し...

トライアスロンのスイム、準備品や泳ぎ方のコツは?

ロードバイクに乗るようになり、レースやトライアスロンに参加する興味が湧いた方はいらっしゃると思います...

スポンサーリンク

シマノrs30はどんなホイール?

rs30はシマノのコンポ「デュラエース」が、まだリア10速だった時代に販売されていたホイールです。

そのため、もちろん8・9・10速対応のホイールです。

現在は、後継のリア11速対応のrs31やrs330が販売されており、rs30のコンセプトは受け継がれています。

シマノのアルミクリンチャーモデルの中では低グレードで、完成車ではエントリーモデルに装備されるようなホイールです。

リムハイトが30mmとセミディープなので、他の低~中レベルのホイールの中では、一線を画す存在です。

セミディープリムの分重量がかさみますが、思ったほどの重さは感じないようです。

また、シマノのホイールは全体的に剛性が低く柔らかめの乗り心地が特徴ですが、セミディープのため、ある程度の剛性が確保されています。

そのため、レース用には無理ですが、トレーニング用のホイールとして、普段使いをしている人も多いようです。

rs30は、さすがに最近ほとんど見かけませんが、ディープリムのホイールに興味がある方は、rs31やrs330も検討してみてください。

ディープリムホイールは横風に注意

ディープリムホイールは、リムハイトが高いので、覆い隠されている部分が多くなります。
室内で行われるトラック競技などでは、ホイール全面を覆い隠すディスクホイールが使われます。

ホイールはスポークが空気抵抗を受けやすいので、それを覆い隠してしまうことで、抵抗の軽減させるのが目的です。

しかし、ディスクホイールは横風に弱いので、屋外で風にあおられるようなシチュエーションでは使用できません。

これに似た発想で作られているのが、ディープリムホイールです。
そのため、横風に弱い性格は同じで、特に低速で走っているときの横風が危険です。

実際に知人から、車道でトラックなどが横を通ると、風圧であおられて危険な思いをしたという話を、何回か聞いたことがあります。

そのため、通勤などで街乗りがメインという用途には、向かないことになります。

シマノのrs30やrs31は重量があって漕ぎ出しも重いので、ストップ&ゴーが多い街中は、余計に不向きと言えるでしょう。

シマノrs30のメリット

rs30のような、リムハイトがあるホイールは低速では、あまり大きな効果を発揮できませんが、高速になるとメリットが出ます。

リムがノーマルハイトに比べて重いので、回転を上げるにも下げるにも、大きな力を擁します。

これはどういうことかというと、スピードを上げるまでに時間が掛かるが、下がるにも時間が掛かるということです。

すなわち、スピードの維持ができるということになります。

ホビーレーサ-の間では時速30km/hをどのくらい維持できるかで、熟練してきたかどうかを判断するなどと言われています。

元々のロードバイクのコンセプトを考えれば、いかに高速で長く走れるかが重要であり、その意味では貢献できるホイールと言えます。

しかも、シマノのrs30や31は2000gにも迫る重いホイールですから、脚にしっかりと負荷を掛けて走ることができます。

ロードレースのトレーニングなどの目的では最適といえ、レースで軽いホイールに履き替えれば、より軽くペダルを回せるようになっているでしょう。

シマノrs30は特殊なホイール

シマノrs30のようなホイールは、アルミリムで作ると重量がかさむので、軽量第一主義的なロードバイク用ホイ-ルでは選択肢が少ないです。

グレードが上がり、カーボンリムになれば珍しくありませんが、アルミリムでは各メーカーせいぜい1種類といったところです。

現在のシマノのラインナップを見てもrs30の後継である、rs330があるだけです。

他の有名メーカーでも思いつくところでは、カンパニョーロの「シロッコ」、フルクラムの「レーシング・クアトロ」くらいです。

いずれも、ホイール自体のレベルがrs330より少し上ですが、コンセプトは同じようなものです。

やはり、アルミディープリムの位置付けは、ディープリムの入門編で、カーボンリムへのステップアップのためのトレーンニングホイールと見られています。

ただし、カーボンのディープリムホイールは驚くほど高額です。

20万円は下らないと思ってもらって良いですし、30万円以上もざらにあります。

レースでの決戦ホイールとして用いられることが多いようですから、私のようなホビーライダーには、少しハードルが高すぎる高嶺の花的存在ですね。

後継ホイールrs330の凄さ

前項で、ディープリムホイールがレースでの「決戦ホイール」の用途があると言いました。

その意味では、rs30の後継であるrs330は、シマノの上位モデルのレース仕様ホイールにしか採用されていないテクノロジーが踏襲されています。

「オプトバルテクノロジー」というスポークの組み方が、レース仕様の技術です。

左右のスポークテンションを均一にするために、リアのスポークをフリー側2:1反フリー側の本数で組む方法です。

これによって動力の伝達が高まりやすくなりますし、テンションが均一になる分「振れ」が出にくくなります。

また、rs330はハブにも工夫が凝らされており、スポークの受けになるフランジが大口径化されています。

これによって、ホイールの横剛性が強くなり、パワーが逃げてしまうのを防いでくれています。

このことからも分かるように、重量があるのでレースに使用はできなくても、レースに向けたトレーニングには、改めて最適であると言っておきます。

rs30のようなホイールの用途

最後に、シマノrs30のような(セミ)ディープリムホイールに向く、用途や人を整理しておきましょう。

まず、将来ロードレースを目指す人には、トレーニング用として最適です。

価格を話していませんでしたが、rs330は現在2万円前後ですので、ガンガン乗って乗り潰すくらいの感覚で良いかもしれません。

脚力に自信のある人は、巡航速度のアップに貢献してくれるホイールです。
適度に重量があるので、さらに筋力がアップするのではないでしょうか。

ヒルクライム向きではないので、平地がメインという人に向くホイールです。

あとは、見た目重視という場合も、ディープリムは良いですね。

これは冗談ではなく、モチベーションを上げるのもロードバイク乗りには大切なことなので、見た目は重要なんですね。

さらには、とりあえずシマノのホイールを体験してみたいという人も、コスパの高さは折り紙つきなのでおすすめできます。

まとめてみますと、レース志向が強い人に向くホイールです。

普段使いでは、車道を走る際に少し危険性もあるので、慎重に検討した方が良いです。

ディープリムの第一歩に

今回はシマノのrs30のような、ディープリムホイールを取り上げました。

中々選択肢に入って来にくいホイールだとは思いますが、後継のrs330はディープリム入門編としては、コスパの高いものです。

用途がやや限られてしまいますが、レースを目指す人は積極的に考えてみてください。

 - ホイール, 自転車のパーツ, 自転車全般