ハンドルにバーエンドバーを取り付け!効果はどうだろう?

スポーツ自転車のハンドルは、大まかに分けて3つの形状があります。

中でも、ストレートな形状のフラットバーハンドルは扱いやすかったり、ブレーキを掛けやすいメリットがあります。

しかし、持ち手がいつも一緒なので、手が疲れるのが欠点です。

そのために取り付けたいのが、バーエンドバーです。
持ち手を増やすのが目的ですが、それ以外にも効果がありそうなので、確認してみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

徒歩と自転車と車と原付バイクの距離と時間について考える

みなさんは生活していてお出かけする際、移動手段というものについてあれこれと考える機会は多いのではない...

自転車は有酸素運動!30分で消費するカロリーはどのくらい?

誰でも乗れる、身近な乗り物と言ったら「自転車」ですね。自転車は運動の中でも負担が少なく続けや...

自転車の発進時にガタガタするなら自転車の回転部に注目!

快適な走行を楽しめる自転車は普段から大活躍していることでしょう。買い物に行ったり、観光に行っ...

サスペンションの役割!ママチャリには必要ない?

サスペンションが付いた自転車と言えば、マウンテンバイクが思い浮かびます。中には、ママチャリで...

「いいね!」をもっとゲット!自転車タイヤは塗装で変わる!

流行語にもなった「インスタ映え」。SNSに自転車をあげる人もいるでしょう。少し覗...

自転車ベルトドライブの特徴!異音がしたら要注意!!

自転車のベルトドライブをご存知ですか?ベルトドライブ自転車はチェーンと違い、さまざまな特徴が...

サドルカバーを付けて雨の日の自転車ライフを快適にしよう!

雨の日でも自転車に乗る方は多いかと思いますが、サドルが濡れていると、うっとうしいですね。また...

ロードバイクはステムの長さを適正にすることで楽になる!

ロードバイクの人気が高まっていますが、長く続けられずにやめてしまう人もいます。また、初め...

ロードバイクのタイヤ交換をしよう!固いタイヤをはめるコツ

自転車は、定期的なタイヤ交換が必要なのはご存知かと思いますが、特にロードバイクは、普通の自転車よりも...

自転車の正しいギアチェンジのタイミングを知ろう

自転車は、ママチャリでもロードバイクでもクロスバイクでもギアが付いており、坂道だと軽いギアにするとい...

ピスト自転車のカスタム!クランクの外し方とつけ方は?

ピスト自転車は、カラフルなパーツや個性的なフレームが多く、構造も簡単でカスタムしやすい自転車です...

ツールド日光で写真を撮ろう!観戦の時に注意することは?

みなさん、ツールド日光はご存知ですか?日光にサイクリストが集まり行われるイベントです。...

自転車の後輪のブレーキ鳴きは耐えられない!改善方法は?

自転車でブレーキを掛けた時に、音が鳴るのを経験したことがある方は多いと思います。原因は数...

ブレーキのキュルキュル音の原因と対策!大切なのは購入前

自転車に乗っていると、ブレーキをかけた時にキュルキュル音が聞こえる事があると思います。こ...

ママチャリ運転時のお尻の痛みはサドルの調整で軽減できる!

ママチャリを買って以来、何もいじらずに乗り続けている方も多いかと思います。それが悪いとい...

スポンサーリンク

スポーツ自転車に取り付けられているハンドルの形状

バーエンドバーの取り付けの話の前に、スポーツ自転車のハンドル形状について、おさらいしておきます。

まず、ロードバイクに取り付けられているのが、ドロップハンドルです。

ロードバイクはロードレースの機材用に開発されていますので、高速域でいかに長時間走れるかを重視しています。

ドロップハンドルは、空気抵抗を減らすため、前傾姿勢が取れるようになっています。

また、長時間走行でも疲れにくいように、持ち手にバリエーションがあります。

先端のブラケットポジションが基本ですが、水平部分も握れますし、ドロップ部を握れば、最もスピードが出ます。

MTBはどうでしょうか?

MTBのレースにおいて重要視されるのは、ハンドルの操作性と地面へのグリップ力です。

操作性は言うまでもないですが、地面に押し付けるようにして操縦するためには、手のひらを下向きにしてハンドルを握る必要があります。

その意味でMTBは、ストレートなフラットバーが採用されています。
しかし、持ち手が変わらず、手への疲労は低減できませんので、長時間走行には向きません。

バーエンドバーはクロスバイクに取り付けられていることが多い

クロスバイクは、MTBとロードバイクの良さを取り入れた機種です。

フラットバーハンドルですが、MTBのように、オフロードを走ることが想定されているわけではないので、また別の理由が考えらえます。

クロスバイクは街中で乗ることが多いので、操作性という意味では、ストレート形状の方が良いでしょう。

また、ブレーキがドロップハンドルと比較すると、格段に掛けやすいです。
これは街乗り車としては、非常に重要な要素です。

そして、もうひとつ考えられるのは、乗車姿勢です。

先述しましたが、ドロップハンドルは前傾姿勢になりやすいですが、フラットバーはそこまで前傾になりません。

そのため、視界が開けますので、自動車や歩行者に気を配る必要のある場所では、フラットバーの方が向いていることになります。

ただ、クロスバイクはMTBに比べて軽量ですし、ロードバイクと同じ700cのタイヤが取り付けられているので、長距離走行にも対応できます。

そこで取り付けたいのが、持ち手を増やすバーエンドバーということになります。

バーエンドバーのメリット・デメリット

バーエンドバーは、フラットハンドルに水平部分以外の持ち手を作るという発想で、取り付けられるものです。

先ほども少し触れましたが、フラットな部分を握ると手のひらが下向きになります。

ここで考えていただきたいのは、なにげなく歩いているときに、手のひらが、どの方向を向いているかです。

無意識であれば、手のひらが、横向き(体に向いている)なはずです。

そのため、下向きは本来不自然な向きなので、手や手首に負担が掛かるのです。

私も以前、クロスバイクを所有していたときに、長時間走っていると「あ~持ち替えたい!」と思った経験が何度もありました。

そういえば、ドロップハンドルのブラケットやドロップ部を持つときは、手のひらが横向きになっていますよね。

これを、バーエンドバーで代用しようという話になります。

さらにメリットとすれば、少し上向きの角度で取り付けられるので、坂の登りや立ち漕ぎのときに力が込めやすくなります。

反面、デメリットは、バーエンドバーを握っているときは、ブレーキに手が届きません。

これは、ドロップハンドルで水平部分を握っているときに、ブラケット部のレバーに届かないのと同じ理屈です。

また、近年はハンドルのエンドではなく、中央付近に取り付けている人もいます。

バーエンドバーはセンターに取り付けても効果大

バーエンドバーは文字通り、ハンドルの両端に取り付けるものですが、近年センターに取り付けている人が見られます。

これは、前傾姿勢の強化が目的で、肘ごと上体をバーに預けるような感覚になります。
そのため、トライアスロンバイクに見られる、DHバーと同じ効果が得られます。

本来のバーエンドバーの趣旨とは少し離れますが、とっさの急ブレーキに対応できますし、スピードアップの効果もあります。

ただし、操作性は著しく落ちるので、直線道路限定になってしまいそうですが…

いずれにせよ、バーエンドバーは、手軽に取り付けられる割には、費用対効果が高いと言えます。

ハンドルへのクランプ径さえ気を付ければ、長さや形状は選び放題ですし、六角レンチ1本あれば、だいたい取り付けられます。

価格も、1,000円~高くても3,000円前後ですから、失敗を恐れずに気軽に行えるカスタマイズです。

ブルホーンハンドルを考える

実は、バーエンドバーを取り付けたフラットバーハンドルに、そっくりな見た目のハンドルがあります。

「ブルホーンバー」と呼ばれるハンドルで、牛の角のように先端が前に突き出た形状をしています。

角の部分はドロップハンドルと同じ握り方になるので、手首への負担は少ないです。
ただ、水平部分が極端に短いものなどもあるので、形状には注意が必要です。

また、ドロップハンドルやフラットバーに比べれば、かなりマイナーです。

しかし、バーエンドバーと同じ効果が最初から得られるのなら、一考の価値アリではないでしょうか?

バーエンドバーは、最適なポジション出しをしているものに後付けするわけですから、肩幅よりも外に来ますので、多少無理があります。

しかし、ブルホーンバーは角部分でポジションを決めるので、肩幅にきちんと合わせられます。

ハンドルの交換になりますので、バーエンドバーよりは費用が掛かりますが、面白いカスタマイズだと思います。

フラットバーハンドルにおすすめのバーエンドバー

最後に、フラットハンドルに取り付けする、おすすめのバーエンドバーをご紹介します。

【FOGLIA(フォグリア):バーエンドバー】
参考価格:¥1,800

2本1組になっています。
バーエンドバー単体としては、Amazonで一番評価の高い製品です。

持ち手の部分が85mmと、短めで賛否両論ありますが、バーエンドでもセンターバーとしても、おおむね満足しているレビューが多いです。

【BBB:バーエンド クラシック BBE-07】
参考価格:¥3,000

長さが150mmありますので、かなり前に突き出たブルホーンバー的な感じになります。

また、先端が上向きに曲がっているので、非常に握りやすいです。
センターバーとして取り付けている人も多いようです。

【ERGON【エルゴン】:GP3 ロング】
参考価格:¥5,900

こちらは、フラットハンドル用のグリップに、バーエンドバーが付属しているタイプです。
バーエンド部の長さは、85mmと短めです。

グリップは衝撃吸収性に長けた、クッション性のあるコンフォートモデルです。

バーエンドバー部分はラバー製で、握り心地に優れています。
しかも角度調整ができるので、自分好みのポジション出しが可能です。

フラットハンドルにグリップは必需品とも言えるので、一石二鳥の良い製品です。

見た目だけじゃなく実用性も高い!

今回は、バーエンドバーについて考えてみました。

フラットバーハンドルで長距離を乗る人には、かなりおすすめのカスタマイズです。

また、センターバーとして利用すれば、スピードアップも期待できます。
適度な価格で取り付けられますので、検討してみてはいかがでしょうか。