ルックの自転車は高級!ブログではどう評価されている?

LOOK(ルック)は、フランスに本拠を置く自転車メーカーです。

スキー用品の製造会社として発足しており、その強みを生かしたビンディングペダルで、一世を風靡したこともあります。

レースの世界ではロードバイクもさることながら、トラック競技でもオリンピックで、数多くの金メダルに貢献しています。

今回は、そんなルックについて、インプレを掲載しているブログなども参考にしながら、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

シマノのクランクはアルテグラ以上でレベルが各段に上がる!

クランクはロードバイクのコンポの中でも、機能、見た目どちらの面からも、「顔」とも言える中心的な存...

伸びたチェーンを装着し続ける危険性!交換のタイミングは?

自転車は、様々なパーツが消耗品だということをご存知でしょうか。もちろん、チェーンもその1つで...

ピナレロの礎を築いた!2019年プリンスがフルモデルチェンジ

ピナレロの2019年モデルですが、ホームページにも製品が記載されるようになり、その陣容が明らかに...

ブリヂストンタイヤに注目!重量がレースを左右する?

ロードバイクレーサーにとって、タイヤは最も重要なパーツです。特にヒルクライムを楽しむライダー...

メリダのスクルトゥーラ400は入門用のロードとして高評価

台湾の大手自転車メーカー「メリダ」が送り出す、オールラウンドな性格が特徴のロードバイクが、「スク...

存在意義はある!「メリダ・ライド400」が評価されるわけ

メリダは近年レースへの力の入れようがハンパではなく、ことロードバイクにおいてはその傾向が顕著に出...

fsaのクランクを考える。bb30と言って敬遠すべきなのか?

fsaのクランクは、安価な完成車に装備されていることが多いためか、酷評されたり、低評価が目立ちま...

ロードバイク用ホイールでカンパのシロッコはどうか?

カンパニョーロのアルミリムホイール「シロッコ」は、リムハイト35mmのセミディープリムです。...

クロスバイクに乗る人のブログから、trekの評判を検証する!

クロスバイクは、自転車通勤から週末サイクリングまで、幅広い目的をかなえてくれる自転車です。そ...

自転車界に新風を吹き込む!スペシャライズド「セコイア」

ロードバイクは基本的にはレースに使用する自転車というコンセプトなので、フレーム形状も組みわせてあ...

自転車が近くに放置されている場合、処分すると罪になる?

自分の家やマンションの敷地内、あるいはその周辺に誰のものかわからない自転車が放置されている場合、どの...

毎日乗る自転車のママチャリ!どのメーカーがおすすめ!?

新しくママチャリの購入を考えている方、どこのメーカーがいいか、どの種類がいいか、たくさんあってひとつ...

電動コンポで達成感もひとしお!アルテグラdi2の取り付け

アルテグラdi2は電動コンポになっています。そのため、変速ワイヤーがありません。ブレ...

惜しまれつつ去ったビアンキのクロスバイクcieloを振り返る

ビアンキのクロスバイク「cielo(シエロ)」は定番だったのですが、2018年シーズンより、ライ...

トレックのロードバイクのおすすめ!総重量より大切なこと

ロードバイクには「軽さは正義」なんて言葉もあるほど、重量が大切な乗り物です。今回取り上げる世...

スポンサーリンク

ルックの売りはペダルとカーボンフレームの自転車

1951年に創設したルックですが、スキー用品の製造会社でした。

転機が訪れたのは、ロードバイク用のビンディングペダルを開発したことです。

1984年に発表されたビンディングペダルは、その後、ベルナルド・イノーのツール・ド・フランスの総合優勝に大きく貢献しました。

そこで有用性も認められ一世を風靡、現在もビンディングペダルにおいては、世界で大きなシェアを持っています。

パーツだけではなく、自転車本体でも、1986年にフルカーボンフレームを発表しています。

フォークまでカーボンにしたロードバイクの市販車は世界初と言われており、現在こそ主流ですが、相当早い時期からカーボンに目を付けていたことがうかがえます。

今でも、その潮流は続いており、ほぼカーボン一筋といえる物作りをしています。

カーボン素材からカーボンチューブを自社工場でハンドメイドできる、数少ないメーカーのひとつです。

そのため、価格的には高級ブランドの域であり、フレームだけで100万円するような機種も見られます。

それでもブログを読んでみると、多くの日本人の方が、ルックの自転車を所有しています。
中でも人気なのは、ロードバイクですね。

ルックのブログ掲載数No.1の自転車!

では、ルックの自転車のラインナップを紹介します。

ロードバイク・MTB・トラックとあり、主力は種類が豊富なロードバイクです。

エアロ・レース・エンデュランスと棲み分けされているので、選択するほうとしても、分かりやすいと思います。

完成車は少なく、ほとんどがフレームセットでの販売になっています。
ただ、ブレーキやクランクが付属している、珍しいセットもあります。

ルックの自転車は、3ケタの型番で表されています。

百の位が世代、十の位がグレード、一の位が製造方法となっています。

十の位は数字が大きい方がグレードが高く、一の位は「5」がカーボンラグ製法、「6」が一体成型のモノコックを表しています。

ロードバイクのフラッグシップモデルは、エアロロードの【795 AEROLIGHT】です。

レーシングカーのデザイナーまでもが開発に携わっているほど、空力性能を極めた究極のエアロロードという触れ込みです。

ブログのインプレを見てみると、エアロロード特有の動力が伝達されるペダル周りなどは高剛性を保ち、レーシー仕様であることをうかがわせます。

しかし、フォークやリアの部分で剛性が幾分抑えられている分、快適性も加味されているとのことです。

この辺りが、ツール・ド・フランンスやパリ~ルーベといった、長距離かつ過酷なレースを開催しているフランスのメーカーだなという感じです。

レースライダーのブログでは795シリーズの評価が高い

「795 AEROLIGHT」は、さすがにルックのフラッグシップモデルだけあり、クランク・ブレーキ・ステムが付属しているとはいえ、約70万円の高級モデルです。

エアロロードの特徴のひとつである、ダイレクトマウントのブレーキシステムは、ブログで制動力不足を指摘するライダーも見られました。

その点からすると【795 LIGHT】は、スタンダードモデルの位置付けであり、通常のキャリパーブレーキを使用しています。

使用されている素材とジオメトリは同じなので、AEROLIGHTとは、ほぼブレーキの差だけと考えて良いでしょう。

それだけで、見た目も走行感も、だいぶ変わると言いますので、個人の好みで分かれるところです。

実際に、元自転車競技のライダーの方のブログを読みましたが、甲乙つけがたい評価とのことでした。

ただ、レースなどに使う汎用性としては、フォークやリアステーにマウントがある、スタンダードな「795 LIGHT」の方が優位だとは思います。

ルックの自転車でブログ評価が最も高い1台!

ルックの自転車をご紹介していますが、ロードバイクの795シリーズはトップオブトップのため、ホビーライダーには正直、手が届きにくいですね。

その点で検討してみたいのが、1世代前の【675】シリーズです。

フレームセットで約30万円ですので、決してエントリーグレードではありませんが、価格面だけ見れば、グッと現実味が出てきます。

十の位が7になっていることからも分かるように、カーボンの素材が、少しグレードダウンはしています。

しかし、これも多くの人がブログでインプレをしていますが、振動吸収性の高さは折り紙つきです。

私が読んだブログの中で、様々な要素を加味した総合的な評価では、最も高い支持を受けていたのが、この「675」シリーズと感じました。

レーシーモデルと位置付けられていますが、795に比べるとトップチューブが短めで、チェーンステーが長めに取ってあります。

ヘッドアングルから見ても、アップライドな乗車姿勢が可能になっていますので、オールマイティに使える1台です。

フレームセットの他に、シマノ・アルテグラ、105をメインコンポに据えた完成車も販売されています。

ルックのエンデュランスロード

ここまでは、ルックの自転車の中でも、高級感のあるレーシーモデルを見てきました。

ここでは、長距離走行を意識した、エンデュランスモデルを確認してみます。

【765】シリーズになりますが、カーボンチューブに特殊な加工を施しています。

カーボンよりも衝撃吸収性に優れるファイバー製の素材を、フロントフォークとチェーンステーの中間に積層させています。

これにより、剛性を損なわずに、衝撃吸収性を高めることに成功しています。

795などを経験しているライダーにとっては、素材のグレードダウンが気になるところでしょう。

しかし、ブログを読んでいる限りでは、エンデュランスモデルに合わせた弾力性や吸収性があるので、別物と考えれば良いと評価されています。

ジオメトリも、どこを見ても完全に乗り心地重視ですので、これからルックの自転車に乗り始めるという方の、最初の1台に最適でしょう。

ルックはトラックレーサーにも注力している

ルックの自転車の中で、異彩を放つ存在なのが、トラックのジャンルです。

トラック競技において圧倒的なシェア率を誇っているのが、ルックのトラックレーサーです。

他メーカーが力を入れ出したことから、少し下がったとはいえ、まだまだ大きなシェアを持っていることは確かです。

トラック競技に精通している専門家のブログによると、トラック競技は国の代表ということもあり、スポンサーという概念があまりない。

そういったしがらみがない分、選手が自由にバイクを選べる環境にあり、性能が高いルックが選ばれているということでした。

ルックのこだわりと言えるトラックレーサーは、市販車にも受け継がれていて、世間の流れとは関係なく、常に進化させてきています。

現在は、カーボンフレームの【CR564P】に加えて、アルミフレームの【AL464P】、クロモリの【AC364】もラインナップされています。

いずれも、公道を走れるようにブレーキ台座が付いています。

特にアルミやクロモリフレームは、ルックの自転車としては相当に安価な部類なので、トラック競技の練習用には最適です。

さすがにジオメトリが攻撃的過ぎて、街乗りには向かないと思いますが…

ルックは上級者への入り口

今回は、ルックの自転車をロードバイク中心にご紹介しました。

はっきりしたジオメトリになっているので、用途別にきっちり棲み分けができるという印象でした。

上位モデルは少し汎用性に欠けますが、それだけスペシャリティを持っているということです。

最初の1台としては、ハードルが高いかもしれませんが、上級への階段を一歩上がるために、ルックを検討してみてはいかがでしょうか。