bb30変換アダプターでfsa製のクランクをシマノ製に交換する

「bb30」と聞くと、あまり良いイメージを持たれていない方も多いかと思います。

「異音」というキーワードが付いて回るわけですが、なぜでしょうか?

bb30を提唱したキャノンデールの完成車に付属するクランクを製造しているのは、台湾のパーツメーカー「fsa」です。

しかし、このfsaは同時に、別のクランクに対応させる変換アダプターも製造しているという、奇妙な図式もあります。

今回は、謎が多い、この問題を取り上げてみます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ロードバイクのギアを使いこなそう!アウタートップで異音?

ロードバイクのギアを、正しく使えていますか?フロント変速も上手く使いこなしたいものですよね。...

シマノでも別格のデュラエースクランクを徹底分析!

ロードバイクにおいて動力の要とも言えるクランクは、ビジュアル面からもコンポの「顔」と評されること...

自転車のペダルが空回りする!どうやって修理するの?

自転車に乗っていて、ペダルが空回りした経験はありますか?動力を伝えるペダルが回らないとなると一大...

クロモリのMTBはいかが?アンカーXNC7のインプレ評価を確認

今回ご紹介するアンカーの「XNC7」は、クロモリをフレーム素材に使用したMTBです。スポーツ...

自転車カバーの選び方やサドルカバーの作り方をご紹介!

自転車をお持ちでも屋根付きの車庫に置いている方だけではないと思います。また、自転車で買い物や...

メリダ・スクルトゥーラ5000のインプレを確認!買いなのか?

メリダのスクルトゥーラは中心的な存在であり、ラインナップの数が多いのでどれを選んだらよいのか迷う...

ロードバイクのカーボンフレームは修理値段も高い!?

高価ではありますが、高い衝撃吸収性を持ちながら軽量なため、カーボンフレームのロードバイクは人気があり...

ロードバイクのタイヤにチェレステカラーを選択するのは?

ロードバイクのタイヤの色は、言うまでも無いかもしれませんが圧倒的に「黒」が多いです。黒には黒...

高級レースモデル!そのピナレロのロードバイクの価格は?

スポーツバイクの専門店で、壁の上部の方に高級感を漂わせながら展示されているメーカーのロードバイク...

クロモリロードバイクを軽量化してデメリットをなくそう!

ロードバイクのフレーム素材は多種類あります。その中でもクロモリは使用されているモデルこそ少な...

ロードバイクのトレンドを知る!ピナレロのカタログを読もう

ロードバイクを扱うメーカー、ブランドは毎年のように次年度のカタログを発行します。カタログ...

ロードバイクのフレームを作るために溶接は便利で必要!

自転車のフレームはスチールでできていますよね。そのフレームを繋げているのは、溶接という加工方...

自転車のハンドルが重いと感じたら?ヘッド部をグリスアップ

自転車のベアリングは、大きく分けて5箇所の回転部分があります。ベアリング部には、定期的なグリ...

ロードバイクホイールのリム高が高くなるとどんな効果がある

ロードバイクのレースでリム高の高いホイールを見ることがあると思いますが、見た目がカッコよく憧れている...

アンカーはレーシングブランド!RS9のインプレ評価が証明

ブリヂストン・アンカーは乗り心地のよさや、扱いやすいというインプレ評価が多いので、快適性重視のモ...

スポンサーリンク

bb30を他の規格に変換するアダプターが市販されている理由

まず、bb30とは何だ?という話からしていきましょう。

bbは、フレームとクランクを繋ぐパーツ「ボトムブラケット」の略です。

bb30というのは、ボトムブラケットの規格のひとつで、アメリカの有名ブランド「キャノンデール」が開発したものです。

「30」はシャフトの太さが30mmという意味で、それまで24mmに統一されていた部分に、キャノンデールが一石を投じた形です。

また、bb30はフレームへの取り付け方法でも、新たな仕様なりました。

従来では、フレームのシェルにネジ山が切ってあり、そこにねじ込むようにして、取り付けられていました。

しかし、bb30はフレームにネジ山を切らず、直接圧入する方式にしました。

フレームメーカーとしては、ネジ山を切る必要がなくなればコスト削減になりますから、当然のごとく賛同し、bb30は全盛を迎えます。

しかし、ベアリングがむき出しになっていることから、ホコリや水分が付着しやすくグリス流れも起こるので、異音が発生しやすいという欠点が露呈します。

そして、bb30の対応クランクから別メーカーへの交換が頻発したために、それに対応するアダプターが発売されるに至っています。

bb30推進に、キャノンデールと共に尽力した台湾のパーツメーカー「fsa」も、経緯はどうあれ、アダプターを作らざる得なくなったと聞いています。

bb30からの交換が多いメーカーは?

日本が世界に誇る、自転車パーツメーカーといえば「シマノ」です。

スポーツ自転車のコンポーネントでは、現在も世界のトップシェアを守り続けています。

そして、シマノはコンポを販売しているメーカーの中では、唯一と言っても良いですが、bb30に一度も手を出していません。

継続的に採用しているかどうかは別として、カンパニョーロやSRAMは使用していた時期がありました。

独自の路線を守り続けたシマノがたどり着いたのが、現在の「ホロ―テックⅡ(2ピースクランク)」と呼ばれる規格です。

それまでは、bbのほうに付属していた回転軸を、右クランクに付属させ、左クランクで支持するというのが2ピースクランクです。

嵌合部分が少なくなることで剛性が高くなり、bb自体の軽量化も図れるという優れものです。
このホロ―テックⅡ仕様の2ピースクランクを、bb30対応のフレームで使用したいという要望が多いので、変換アダプターが多種類に渡って販売されているわけです。

また、bb30仕様完成車に付属していることの多いfsaのクランクは、性能の低さが多く指摘されています。

そのことも相まって、ますますシマノ製のクランクに舵が切られていくのでしょう。

fsaは優れたパーツメーカー

さて、度々出てくるfsaというメーカーですが、決してモノ作りのレベルが低いメーカーではありません。

ヘッドパーツなどでは、高級自転車にも採用されているほど、技術を認められています。

また、誰も着手していなかった時代に、カーボン製のクランクを開発しています。

カーボンはフレームやハンドルには使われていましたが、クランクに使用するという概念は、fsaが初めて取り入れたものです。

現在でも販売が継続されていますが、目が飛び出るくらいの高額なので、シェアの拡大には至っていません。

さらには、コンパクトハンドルを開発したのも、fsaと言われています。

以前のドロップハンドルはもっと大きく、今以上に前傾姿勢がきつくなるものでした。
今では、コンパクトの方が主流ですから、使い勝手が良いのは明らかです。

しかし、当時は固定観念もあったのか、コンパクトなハンドルを作るメーカーはありませんでした。

そういった革新的な発想や確かな技術を持っているので、操業わずか20数年で、世界に名の知れるパーツメーカーにまで、のし上がってきたのです。

しかし、そんなfsaでも、なぜかbb30規格の完成車に付属してくる、クランクの評価だけは低いのです。

変換アダプターを使用すれば、それだけ重量がかさむというのに、他メーカーのクランクに交換したい人が多いのです。

fsaのbb30対応クランクの使用感

fsaのクランクの評価が低い原因のひとつに、変速性能があるようです。

クランクにはチェーンリングが付いていますが、これがフロントギアの歯車です。

フロントの変速は、このチェーンリングをフロントディレイラーで操作します。

しかし、fsaはフロントディレイラーの生産はしていないので、そもそも他メーカーのディレイラーで変速することになるのです。

これで変速性能が低いというのは、少しフェアじゃない気がします。

「なら、fsaだってフロントディレイラーを作れば良い」と言われれば、ぐうの音も出ませんが、クランクだけで、変速性能は語れないということです。

私はfsaのクランクを常用したことはありませんが、試乗は何回かしたことがあります。

「ゴッサマー」や「オメガ」だったと記憶していますが、全く変速に違和感は感じませんでした。

長い期間使っているのとは、感覚が違うでしょうが、少なくとも交換をするレベルではないと感じました。

試乗したフレームにアダプターを噛ませている気配はなかったので、bb30規格だったと思われますが、感触は悪くなかったですよ。

bb30からホロ―テックⅡへ~fsaのアダプターで変換する

そうは言っても、やっぱりシマノ製にしたいという要望は、よく分かります。

私の持論ですが、特にドライブトレインはメーカーを統一したいと考えていますので、クランクの交換はむしろ賛成です。

シマノ製のクランクに交換するには、先述したように、bbも同時に交換しなくてはいけません。

シマノのホロ―テックⅡは専用の取り付け工具も必要ですし、フレームの規格がbb30であるならば、古いbbを外す工具とアダプターも必要です。

※bbはこの辺り…
【シマノ:SM-BBR60 BSA 付属/TL-FC25】参考価格:¥2,200

【シマノ:DURA-ACE BB-R9100】参考価格:¥4,000
上が105・アルテグラグレード、下がデュラエースです。

※変換アダプター
【fsa(エフエスエー):ボトムブラケット スペア アダプター BB30】参考価格:¥2,100

※旧bb取り外し工具
【パークツール:BBベアリングツールセット シャフト径30mmφ用】参考価格:¥5,100

※新bb取り付け用工具
【ParkTool(パークツール):ボトムブラケットツール】参考価格:¥3.500

ホロ―テックⅡ専用の純正品もありますが、こちらの方が評判が良いです。

変換アダプターの圧入がカギ

では最後に、fsaのアダプターを使用して、bb30規格のフレームでシマノ製の2ピースクランクを運用する手順をご紹介します。

まず、古いbbとクランクを取り外します。

クランクは左側のボルトを、10mmの六角レンチで外します。

左のクランクで右を支持しているので、この時点で軸を叩けば、右のクランクも外れます。

次はbbを外しますが、前項でご紹介した、取り外し工具を使います。

使用方法は説明書を見ていただきたいですが、おそらくbb30に戻ることがなければ、生涯たった1回しか使用しないものです。

それでこの価格はどうだと思われるなら、ショップで外してもらうことも考えましょう。

恐らく、外すだけなら、同程度の価格で収まるはずです。

bbが外れたら、次はアダプターを圧入していきますが、本来なら、これも専用工具が必要です。
しかし、これに関しては私も経験がありますが、自作工具で安上がりに済ませるのが賢明です。

多くの記事でも、写真や動画付きで自作工具を紹介しているので、参考にしてください。

また、「ロックタイト」という接着剤が付属しているので、アダプター全体に塗ってから圧入してください。

圧入できたら、新しいbbを専用工具で取り付けます。

このとき、bbに付属しているアダプターを先端に取り付けてから、工具で締め付けるようにしてください。

あとは、新しいクランクを取り付けて終了です。

クランクは極めて重要なパーツ

今回は、bb30規格のクランクを、シマノ製に交換することを考えてみました。

交換ありきではありませんが、ドライブトレインを統一するという観点から、交換を推奨しました。

古いbbを外すのと、アダプターの圧入さえクリアできれば、そこまで難しい作業ではありません。

クランクは自転車の「命」とも言える部分ですから、納得のいくものを選択していただきたいと思います。