フルクラムのレーシング5のハブを分解してグリスアップ

フルクラムはカンパニョーロの子会社で、ホイール専門メーカーです。

アルミリムホイールには、全て「レーシング」の冠が付き、レーシング5はその中でも、下から2番目のグレードです。

また、フルクラムのホイールは、フリーハブのラチェット音が大きいことでも有名です。

それも含めて、ハブのグリスアップが不可欠になります。

そこで今回は、レーシング5のメンテナンスをご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車にホイールカバーを付ける効果と取り付け方をご紹介!

テレビでロードレースなどを観ていると、車輪にカバーの付いた自転車で走っている選手がいます。...

シマノのセミディープホイールwh-rs30~後継やライバルは?

シマノのロードバイク用ホイール「wh-rs30」は、かなり前のモデルなので、現在、市場にはほとんど出...

ビアンキのロードバイクをカスタムしてさらにオシャレに!

チェレステカラーが印象的なビアンキのロードバイク。愛用している芸能人がいたり、数多くの漫画に...

アルミのエアロは希少!メリダリアクト400のインプレを確認

今やどのメーカーもラインナップには欠かせない存在になっているのが、空力性能を重視した「エアロロー...

ロードバイクのタイヤでヒルクライム向きなのはどういうもの?

ロードバイク愛好家に人気の「ヒルクライム」というレースがあります。文字通り、山や丘の上り斜面...

ロードバイクは海外メーカーに限らない!日本メーカーの強み

ロードバイクのメーカーと言えば、自転車文化が根付いておりロードレースが盛んな「ヨーロッパ」。...

ピナレロにも手頃なモデルはあるのか?RAZHAの価格に迫る

ロードバイクはメーカー、ブランドによって価格がまちまちで、同じような装備でも結構差があるものです...

自転車のハンドルをまっすぐにする方法!ハンドルの種類

自転車のハンドルが曲がってしまうと走行しずらくとても危険です。自分で出来る自転車のハンドルを...

アルテグラ・6700のコンポにstiレバーだけ11速にできる?

シマノのコンポは、モデルチェンジをするたびに品番が変わります。【6700】と言えば、セカンド...

スコットのアディクトシリーズをインプレッションしてみた!

スコットは、以前までスコットUSAと言う名前で、数十年前からスイスにメインオフィスを移したブランドで...

注目されない自転車パーツ?「ブレーキレバー」選択は超重要

自転車パーツのなかで、あまり注目されないパーツが、ブレーキレバーではないでしょうか。しかし、...

シマノ・アルテグラは重量以外に評価できるポイントが多い!

自転車の中でも特にロードバイクは重量に気を使うもので、プロレーサーなどは1g単位で軽量化を図ると...

自転車にとって重要な、ホイールのセンター出しについて

スポーツバイクに乗っていると、ホイールのセンター出しという言葉を聞く機会があるかと思います。...

自転車タイヤの空気が抜けてしまう原因!虫ゴム・バルブ交換

自転車の空気がすぐ抜けてしまうことがありませんか?タイヤがパンクしたと思う方も多いのですが、...

デローザの新型プロトスを解剖!重量や剛性等の性能面は?

2017年に、老舗メーカーのデローザからモデルチェンジされた、新型「プロトス」が発表されました。...

スポンサーリンク

フルクラムのレーシング5とは

フルクラムは、カンパニョーロがシマノユーザーにも、自社のホイールを使ってほしいと考え、作られたメーカーと言われています。

創設当初は、シマノのスプロケにしか対応してなかったほどで、シマノへのあからさまな媚売り戦略と揶揄されたそうです。

しかし現在では、そんなイメージは完全に払拭され、世界でも名だたるホイールメーカーになっています。

最近では、カンパの技術を踏襲しつつ独自色も出しており、カンパの子会社であることを知らずに、ユーザーになっている人も多いようです。

フルクラムのアルミホイールは、全て冠に「レーシング」が付き、下位グレードから順に、レーシング「7」・「5」・「クアトロ」・「3」・「ゼロ」になります。

クアトロはイタリア語で数字の「4」のことですが、なぜこれだけがイタリア語なのかは分かりません。

ただ、クアトロは他のホイールとは一線を画すリムハイト35mmのセミディープなので、名前も変えているのかもしれません。

ところで、今回取り上げるレーシング5は、シールドベアリングですね。

本来ならばノーメンテと言われているシールドベアリングですが、定期的にグリスアップした方が良いという話もあります。

フルクラム・レーシング5を選ぶ理由があるか?

フルクラムのレーシング5は、下から2番目のグレードです。

完成車に最初から付属されていれば仕方ないですが、好んでこのホイールに換装するかどうかは微妙です。

まずひとつに、スポークの組み方が上位モデルとは違います。

「2:1(ツートゥーワン)スポーク・レシオ」と呼ばれるスポークの組み方こそが、フルクラムの大きなメリットのひとつです。

具体的には、後輪のドライブ側に倍の数のスポークを配置することで、スポークテンションのバランスを良くする組み方です。

そのことで反応性が良くなり、加速性に優れたホイールになります。

ところが、レーシング7と5は採用していませんので、フルクラムを選ぶ意味がひとつ消えます。

ちなみに、親会社のカンパは、ローエンドモデルまで上位グレードの特殊なスポーク組が採用されています。
だとすれば、フルクラムもできたはずなので、そこは残念です。

また、前項でも触れましたが、ハブのベアリングの種類が違います。

シールドベアリングが悪いというわけではなく、フルクラムはレーシング3などに採用されている、カップ&コーンの方がレベルが高いです。

定期的にグリスアップして、使用していれば何の問題もないですが、レベルの差があるということです。

フルクラム・レーシング5をあえて選ぶのか?

フルクラムのレーシング5を見送る要因のもうひとつに、上のグレードに当たる「レーシング3」が優秀過ぎるという理由もあります。

上位モデルと同じ2:1スポークレシオを採用していますので、ここからいよいよ名前通りに、レーシーな仕様になってきます。

また、ベアリングの受けが特殊加工されているので、ハブの回転がスムーズになっています。
グリスアップや玉押し調整などは少し面倒ですが、その分、良く回るハブです。

総重量も最軽量クラスではありませんが、レーシング5よりは100g程度軽いです。

しかも、レーシング5はワイドリム化されています。
その分、リムに重量が加算されていますので、走りの軽さは100gの数字以上に段違いです。

価格はレーシング5よりも2万円ほど高いですが、これだけ性能に差があれば、それはレーシング3を勧めることになります。

実際にホイールの比較をしているサイトなどでも、初心者の方の最初のホイール交換におすすめなのは、圧倒的にレーシング3になっています。

レーシング5は、グレードアップの際に、飛び越されてしまう存在というわけです。

レーシング5のメンテナンスはハブのグリスアップが肝心

ここまでの話ですと、レーシング5に何の価値もないような印象を、持たれてしまったかもしれませんが、決してそんなことはないです。

あくまでも、フルクラムらしさがあるかどうかと、上位グレードと比較した場合の話です。
3万円前後の価格帯の製品で比べれば、決して見劣るものではありません。

そのため、完成車にレーシング5が付属されているからといって、明日にも交換しなければいけないようなことはありません。

しっかりとメンテナンスをすれば、それなりの走りはしてくれます。

ホイールのメンテナンスは、ハブ内部の清掃とグリスアップですね。
特にレーシング5は、シールドベアリングなので、ハブの分解は比較的簡単にできます。

しかし、ハブの分解清掃を行う前に、後輪はカセットスプロケットを取り外す必要があります。
これには専用の工具が必要になりますが、今後のことも考えて、購入しておきましょう。

【シマノ:ロックリング締付け工具 TL-LR15】
参考価格:¥1,700

カセットを固定しているロックリングを外すための道具です。
締め付け工具と書いてありますが、当然、外すときにも使えます。

【バイクハンド チェーン式フリーホイール外し YC-501A】
参考価格:¥800

カセットは固定しないと、クルクル回ってしまうので、先に付いているチェーンで固定する道具です。
あとは、モンキーレンチがあれば、カセットは外せます。

レーシング5のグリスアップ手順

フルクラム・レーシング5からカセットスプロケットを外すと、そこにフリーホイールがお目見えします。

ナットで固定されているので、レンチで時計回りにひねって外します。

シャフトは軽く叩けば、簡単に抜けます。

このときに、いくつかの部品が順番に取り付けてあるので、写真を撮るかメモっておくかすると、戻すときに困らないです。

フリーホイールを外すと、中にラチェット機構の歯車があります。

この部分から発生する音が、「ラチェット音」と呼ばれているものです。

構造上、音は鳴るのですが、もし大きな音がして不快だと思ったら、少し多めにグリスアップしておきましょう。

ただ、あまり多いと、爪が歯車に引っかからずに空転してしまうので、ほどほどにしておきます。

そして、その歯車の所にシールで覆われている部分があるのですが、これがハブのシールドベアリングです。

本来であれば、ベアリングを水やごみから保護するためにシールで覆っているわけですから、外してメンテナンスする必要はないです。

しかし、完全に密封できるわけでもなく、グリス抜けが発生していることもあるようなので、せっかくですからグリスアップしておきましょう。

シールは金属とゴムでできているので、曲げないように注意しながら、細いドライバーでこじ開けます。

中のベアリングをパーツクリーナーで清掃してから、グリスアップします。

レーシング5のフリーホイール内のグリスアップ

フルクラム・レーシング5のハブ内部のグリスアップは上記手順で終了ですが、外したフリーホイール側のメンテナンスも行います。

先端にラチェット機構の爪が付いているので、これを外します。

輪っか状の針金で固定されているので、壊さないように慎重に。
外すと、中にまたシールドベアリングがあります。

ここはハブよりもシールをはがすのが困難なので、もし無理だと思ったら、やめておきましょう。

あとは、爪にグリスを塗って再度組み付けて、シャフトにも少しグリスを塗って戻します。

シールドベアリングはカップ&コーン方式と違って、玉押し調整がいらないので、元通りにナットを締め付けるだけで完了です。

なお、前輪のハブはフリーホイールがないだけで、グリスアップの手順は同じです。

レーシング5を活かすためにもグリスアップしましょう

レーシング5は、決して粗悪なホイールではありません。

フルクラムの上位モデルが優秀過ぎて、存在がかすんでしまっているんですね。

ちゃんとメンテナンスをすれば、それなりの性能は発揮されますので、グリスアップや清掃を定期的に行ってください。