シクロクロスはタイヤで変わる!タイヤ交換するならどれ?

スポーツ自転車「シクロクロスバイク」ってご存知でしょうか。

ロードバイクとmtbのいいとこどりのバイクと呼ばれるのがシクロクロスバイクです。
簡単にご説明しますと荒れた道を走ることができる、ロードバイクみたいなイメージです。

このシクロクロスの走りに関係してくるのが、タイヤです。

今回は、タイヤの知識を踏まえながら、タイヤ交換におすすめなタイヤをご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ストライダーに乗る際にヘルメットの着用がなぜ必要なのか?

子供用のペダルなし自転車「ストライダー」は、世界150万人のお子さんに愛用されていると言われてい...

自転車の後輪ブレーキシューの交換する手順とは?

自転車の消耗品で一番に思い出すのはタイヤですよね。その次の消耗品っていえばブレーキシューです...

自転車で痩せよう!1時間走るとダイエットに効果はある?

自転車はダイエットにもおすすめのスポーツです。ダイエット目的の場合、自転車で1時間走るとどれ...

ラレーのミニベロ、rsrと、その後継車rscってどんな自転車?

ラレーのミニベロは、街中を走るときでも、ひときわ目を引くデザインです。おしゃれに敏感な方にも...

自転車が盗まれたら?盗難届を出すときに鍵となる防犯登録

自転車の盗難被害は、とても多いことをご存知ですか?万全の対策を取っていたとしても、自分の自転...

自転車を蘇らせる!古い塗装を剥離して再塗装をしよう

自転車は見た目も大事な物で、汚れが目立っていたり塗装が剥げていたりすると、性能的には問題なくてもガタ...

肩幅や身長の平均値だけではない!自分だけの自転車選び

ロードバイクを購入する際に、サイズの間違ったものを選ぶと、購入した後に後悔する事があります。...

自転車はどうしたら止まるの?ブレーキの種類と原理!

自転車がその機能を果たすためには、いくつかの動作が必要になります。自転車の機能とは、走ること...

意外と知らない交通ルール!自転車は停止線を守って走ろう

マンガやアニメの影響で、ロードバイクに乗る人が増えています。しかし、自転車人口が増えた影響か...

自転車で右折レーンを走ることはNG!?複雑な自転車の交通法

自転車に乗る方が増えたと同時に、交通ルールを正しく守っていない方も多いように感じます。あまり...

女性で身長170cmは普通?!ヨーロッパの自転車事情

食の欧米化や生活スタイルの変化で、日本人の平均身長は昔と比べて高くなりましたね。女性でも足が長く...

サドルカバーを付けて雨の日の自転車ライフを快適にしよう!

雨の日でも自転車に乗る方は多いかと思いますが、サドルが濡れていると、うっとうしいですね。また...

ブルックスのサドルの値上げは人々の目にどう映ったのか?

ブルックスは革のサドルの製造に長い間関わってきました。老舗のブランドと言っても過言ではないでしょ...

スペシャライズドのmtbは評価が高くてラインナップも豊富!

スペシャライズドが創業したのは1974年です。自転車メーカーの中には1885年に創業したメー...

シマノのクランクギアの「フロントシングル化」を徹底解説!

ロードバイクのカスタマイズとして、「フロントシングル化」が流行しています。フロントシング...

スポンサーリンク

シクロクロスバイクを解説!

まず、シクロクロスバイクのタイヤ交換についてご説明する前に、シクロクロスバイクの特徴を見ていきましょう。

シクロクロスは、ロードバイクと同じドロップハンドルを装備していますが、ロードバイクとの違いはタイヤの太さです。

また、ブレーキも砂利などの影響を受けにくいカンチブレーキを採用しています。

ロードバイクの場合、フレームはアルミやカーボンが多いですが、シクロクロスバイクの場合、耐久性を高めるためにクロモリを使用したモデルが多いです。

シクロクロスバイクは、耐久性に優れていることから、荒れた道でも走ることができます。

耐久性に強い自転車といったら、mtbを思い浮かべますが、mtbのタイヤは太くゴツゴツとしているので、転がり抵抗も大きくなります。

そのため、長距離やオンロードには不向きなのです。

シクロクロスバイクの場合、タイヤはmtbほどとはいきませんが、ロードバイクよりは太いタイヤを採用しています。

また、タイヤの溝も深く刻まれているので、パンクに強く転がり抵抗が少ないといった点では、通勤や街乗りにも適しています。

ロードバイクのような見た目で、耐久性の高い自転車が「シクロクロスバイク」です。

シクロクロスバイクが採用しているチューブラータイヤはタイヤ交換が面倒

自転車のタイヤは、路面に唯一接しているパーツです。
そのため、効率よくパワーを伝えるという面でも、最も重要といっても過言ではありません。

自転車のタイヤの構造は、大きく分けて以下の3種類です。

・クリンチャータイヤ
・チューブレスタイヤ
・チューブラータイヤ

この中でシクロクロスバイクの多くが使用するのは、チューブラータイヤです。
チューブラータイヤは、タイヤの外側内面に、チューブが縫い付けられているタイヤのことです。

軽量かつタイヤとチューブのズレによる抵抗が少ないため、タイヤのグリップを最大限に引き出してくれるでしょう。

また、異物を踏んでしまった場合でも急激な空気の抜けを防ぐことができます。

このようなトータル面から、シクロクロスバイクで競技する選手のほとんどがチューブラータイヤの採用を行っています。

しかし、チューブラータイヤは交換時の取り付け取り外しが非常に固く、タイヤ交換に苦戦する方も多いです。

また、装着時にリムセメントを用いるため、メンテナンスが面倒であるといったデメリットが存在します。

最近では、チューブレス対応のシクロクロスバイクのモデルも増えてきました。

普段使いに使用するのであれば、チューブレスタイヤの方が、メンテナンスのことを考えると楽かもしれませんね。

シクロクロスバイクに、チューブレスタイヤという選択

ロードバイク用のチューブレスタイヤが普及していくのと同時に、シクロクロスバイクもチューブレスタイヤに対応したモデルが増えてきました。

最近では、シクロクロス競技でも、チューブレスタイヤにタイヤ交換をしている選手を見る機会も増えています。

チューブレスタイヤはその名前の通り、チューブを使用しないタイヤのことです。

一般的なタイヤ内にチューブを入れて使用する、クリンチャータイヤよりも、タイヤのグリップ力には優れています。

チューブが元々ないタイヤですので、リム打ちパンクもしにくいこともメリットの1つです。
また、チューブラータイヤのように、着脱時にリムセメントを使用することはありません。

そういった点から、チューブラータイヤよりもメンテナンス性は高いといえます。

もし、これからシクロクロスバイクを検討されているのであれば、チューブレスタイヤを選択するのも1つの方法です。

ただ、クリンチャーやチューブラーと比べると、まだまだ種類が少なく選択肢が少ないのが残念な点です。

シクロクロスバイクのタイヤ交換に、おすすめのメーカーは?

ここでは、タイヤ交換を考えている方に、シクロクロスタイヤのおすすめメーカーをご紹介していきます。

○Challenge(チャレンジ)

Challenge(チャレンジ)は世界的にも数少ない、ハンドメイドでチューブラータイヤを製造している会社です。

Challenge(チャレンジ)が手がけるタイヤの中には、レース用の高級チューブラータイヤOMCの生産も手がけています。

ハンドメイドでこだわりのあるタイヤは、乗り心地のよさと性能の高さに人気があります。

Challenge(チャレンジ)ではシクロクロスバイク用のタイヤも数多く用意されています。

○KENDA(ケンダ)

KENDA(ケンダ)は、自転車のみならず自動車のタイヤも手がける、総合タイヤメーカーです。

シクロクロスタイヤのトレッドパターンは、大まかに2~3種類と、少ないですが確実に路面をキャッチするグリップ力の高さは、高い評価を得ています。

○Vittoria(ヴィットリア)

シクロクロスタイヤとしては、クリンチャーとチューブラーの2種類がありますが、Vittoria(ヴィットリア)では断然チューブラーが優位です。

タイヤサイドにノブが付いていることで、安定したコーナリングを可能にしています。

オンロードで楽しむなら、タイヤ交換はどれがおすすめ?

シクロクロスバイクのタイヤは、必ずしもチューブラータイヤを選択しなければいけないわけではありません。

ご紹介したように、最近ではチューブレスタイヤに対応したシクロクロスバイクが増えてきています。
一番は自分の使用する用途に合わせてタイヤを選ぶことが大切です。

ここまで、シクロクロスバイクのタイヤの構造の選択についてお話しましたが、ここでは、用途によってどのような選択肢があるのか、タイヤの種類についてご紹介していきましょう。

シクロクロスバイクのタイヤは、荒れた路面でも走れるよう、mtbと同じゴツゴツとしたブロックタイヤを採用しています。

ですが、街乗りなどに使用する目的だった場合、このブロックタイヤだと大きな路面抵抗を生んでしまいます。

そこで、街乗りなら、「セミスリックタイヤ」にタイヤ交換するのがおすすめです。
セミスリックタイヤなら溝も十分に深いため、排水性も高く耐パンク製を強化しているタイヤも多くあります。

グリップ力にも優れているので、オンロードには最適のタイヤといえます。

シクロクロスをオールラウンダーに乗るなら、おすすめはグラベルタイヤ!

オフロードもオンロードも快適に走れるおすすめなタイヤが、「グラベルタイヤ」です。

一般的なシクロクロスに装着されているブロックタイヤとの違いは、グラベルタイヤはオンロードでの走行も良い性能をもっていることです。

グラベルタイヤの特徴は、細かい連続したノブが並んだセンタートレッドです。
また、ブロックタイヤに比べ、ノブが低いことも特徴です。

ブロックタイヤのようにノブが高いと、クッション性は高くなりますが、路面抵抗は大きくなります。
かえってこのグラベルタイヤは、ノブが低いことでセミスリックタイヤに似た走行感を作り出します。

また、サイドに並べられた4角のノブはコーナリングで高いグリップ力を発揮します。

ノブが低い代わりに、一般的なタイヤよりも平らな断面形状になっています。
このことで、より接地面積を広く取り、グリップ力をアップさせます。

シクロクロスバイクをオンロードでもオフロードでも楽しみたい方におすすめのタイヤです。
ぜひ、タイヤ交換の際、参考にしてみてください。

シクロクロスバイクのタイヤの選択

ここまでご紹介したように、シクロクロスバイクのタイヤはチューブラーでブロックタイヤが一般的です。

ですが、シクロクロスをオンロードで楽しみたい方や、オフロードで楽しみたい方、それぞれ乗り手によって用途は変わってきます。

ご紹介した内容を参考に、自分に合うタイヤを見つけてみてくださいね。