シクロクロスはタイヤで変わる!タイヤ交換するならどれ?

スポーツ自転車「シクロクロスバイク」ってご存知でしょうか。

ロードバイクとmtbのいいとこどりのバイクと呼ばれるのがシクロクロスバイクです。
簡単にご説明しますと荒れた道を走ることができる、ロードバイクみたいなイメージです。

このシクロクロスの走りに関係してくるのが、タイヤです。

今回は、タイヤの知識を踏まえながら、タイヤ交換におすすめなタイヤをご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

クロスバイクのタイヤに空気が入らない場合の対処法!

クロスバイクのタイヤに空気が入らないとき、皆さんはどうされているでしょうか?多分、一番初めに...

毎日1kmを徒歩や自転車を行うだけなのに健康的になる!?

家から駅まで・買い物まで1kmって聞いたら、徒歩と自転車どちらを選びますか?徒歩を選択し、歩...

3キロは自転車にとって長くない。初心者で十分走行可能!

自転車において3キロはどのような距離なのか、運動をしていない人からしてみればよく分からないことでしょ...

ロードバイクのフレーム塗装を補修する!再塗装も考える

ロードバイクに慣れないうちは倒してしまったり、ビンディングペダルを装着しているのを忘れてしまい、降車...

人気のシクロクロス!カンチブレーキで最強を目指せるか?

近年、シクロクロス競技において、ディスクブレーキが使用可能になり、多くの選手がディスクブレーキを搭載...

カンパニョーロのユーラスをインプレしてみた結果とは!?

カンパニョーロのユーラスは、カンパの中でも上位のモデルになります。そのため、価格も10万円を...

ピナレロのプリンスでヒルクライムに出て上位を狙う方法!

皆さんは、ピナレロというメーカーのプリンスという自転車をご存知ですか?「自転車レースに出るの...

速くなる近道!?ガーミン520jの性能と使い方

最近は、スマホの無料アプリも充実してきました。そんな中で、あえて高価なサイコンであるガー...

ロードバイクの新品ホイールに「慣らし」走行は必用なのか?

ロードバイクにおいて、新品タイヤの慣らし走行は良く聞きますが、ホイールはどうなんでしょうか?...

自転車のホイールバランスは自分で取ることが出来るのか!?

簡単にご説明しますとホイールバランスとは、均等にバランスを取れる状態にするためのタイヤとホイールの重...

荷物を身に付ける必要なし!サドルバッグは中型がおすすめ

ロードバイクやMTBは元が競技用なので、物を運ぶという考え方がありません。しかし、全員が...

自転車のブレーキワイヤーが切断する前に自分で交換しよう!

自転車のブレーキワイヤーは消耗品です。新品の自転車を購入したとして、およそ3年で交換が必要です...

トライアスロンのスイム、準備品や泳ぎ方のコツは?

ロードバイクに乗るようになり、レースやトライアスロンに参加する興味が湧いた方はいらっしゃると思います...

自転車の盗難届は防犯登録が必要!防犯登録には期限がある?

皆さんは、自転車を購入するときに防犯登録を行っていますか?あまり知られていませんが、防犯登録...

ピストバイクのクランクを今日から自分で取り付けてみよう!

近年、自転車は様々な種類が販売され、それぞれのニーズに合った乗り方がされています。その中...

スポンサーリンク

シクロクロスバイクを解説!

まず、シクロクロスバイクのタイヤ交換についてご説明する前に、シクロクロスバイクの特徴を見ていきましょう。

シクロクロスは、ロードバイクと同じドロップハンドルを装備していますが、ロードバイクとの違いはタイヤの太さです。

また、ブレーキも砂利などの影響を受けにくいカンチブレーキを採用しています。

ロードバイクの場合、フレームはアルミやカーボンが多いですが、シクロクロスバイクの場合、耐久性を高めるためにクロモリを使用したモデルが多いです。

シクロクロスバイクは、耐久性に優れていることから、荒れた道でも走ることができます。

耐久性に強い自転車といったら、mtbを思い浮かべますが、mtbのタイヤは太くゴツゴツとしているので、転がり抵抗も大きくなります。

そのため、長距離やオンロードには不向きなのです。

シクロクロスバイクの場合、タイヤはmtbほどとはいきませんが、ロードバイクよりは太いタイヤを採用しています。

また、タイヤの溝も深く刻まれているので、パンクに強く転がり抵抗が少ないといった点では、通勤や街乗りにも適しています。

ロードバイクのような見た目で、耐久性の高い自転車が「シクロクロスバイク」です。

シクロクロスバイクが採用しているチューブラータイヤはタイヤ交換が面倒

自転車のタイヤは、路面に唯一接しているパーツです。
そのため、効率よくパワーを伝えるという面でも、最も重要といっても過言ではありません。

自転車のタイヤの構造は、大きく分けて以下の3種類です。

・クリンチャータイヤ
・チューブレスタイヤ
・チューブラータイヤ

この中でシクロクロスバイクの多くが使用するのは、チューブラータイヤです。
チューブラータイヤは、タイヤの外側内面に、チューブが縫い付けられているタイヤのことです。

軽量かつタイヤとチューブのズレによる抵抗が少ないため、タイヤのグリップを最大限に引き出してくれるでしょう。

また、異物を踏んでしまった場合でも急激な空気の抜けを防ぐことができます。

このようなトータル面から、シクロクロスバイクで競技する選手のほとんどがチューブラータイヤの採用を行っています。

しかし、チューブラータイヤは交換時の取り付け取り外しが非常に固く、タイヤ交換に苦戦する方も多いです。

また、装着時にリムセメントを用いるため、メンテナンスが面倒であるといったデメリットが存在します。

最近では、チューブレス対応のシクロクロスバイクのモデルも増えてきました。

普段使いに使用するのであれば、チューブレスタイヤの方が、メンテナンスのことを考えると楽かもしれませんね。

シクロクロスバイクに、チューブレスタイヤという選択

ロードバイク用のチューブレスタイヤが普及していくのと同時に、シクロクロスバイクもチューブレスタイヤに対応したモデルが増えてきました。

最近では、シクロクロス競技でも、チューブレスタイヤにタイヤ交換をしている選手を見る機会も増えています。

チューブレスタイヤはその名前の通り、チューブを使用しないタイヤのことです。

一般的なタイヤ内にチューブを入れて使用する、クリンチャータイヤよりも、タイヤのグリップ力には優れています。

チューブが元々ないタイヤですので、リム打ちパンクもしにくいこともメリットの1つです。
また、チューブラータイヤのように、着脱時にリムセメントを使用することはありません。

そういった点から、チューブラータイヤよりもメンテナンス性は高いといえます。

もし、これからシクロクロスバイクを検討されているのであれば、チューブレスタイヤを選択するのも1つの方法です。

ただ、クリンチャーやチューブラーと比べると、まだまだ種類が少なく選択肢が少ないのが残念な点です。

シクロクロスバイクのタイヤ交換に、おすすめのメーカーは?

ここでは、タイヤ交換を考えている方に、シクロクロスタイヤのおすすめメーカーをご紹介していきます。

○Challenge(チャレンジ)

Challenge(チャレンジ)は世界的にも数少ない、ハンドメイドでチューブラータイヤを製造している会社です。

Challenge(チャレンジ)が手がけるタイヤの中には、レース用の高級チューブラータイヤOMCの生産も手がけています。

ハンドメイドでこだわりのあるタイヤは、乗り心地のよさと性能の高さに人気があります。

Challenge(チャレンジ)ではシクロクロスバイク用のタイヤも数多く用意されています。

○KENDA(ケンダ)

KENDA(ケンダ)は、自転車のみならず自動車のタイヤも手がける、総合タイヤメーカーです。

シクロクロスタイヤのトレッドパターンは、大まかに2~3種類と、少ないですが確実に路面をキャッチするグリップ力の高さは、高い評価を得ています。

○Vittoria(ヴィットリア)

シクロクロスタイヤとしては、クリンチャーとチューブラーの2種類がありますが、Vittoria(ヴィットリア)では断然チューブラーが優位です。

タイヤサイドにノブが付いていることで、安定したコーナリングを可能にしています。

オンロードで楽しむなら、タイヤ交換はどれがおすすめ?

シクロクロスバイクのタイヤは、必ずしもチューブラータイヤを選択しなければいけないわけではありません。

ご紹介したように、最近ではチューブレスタイヤに対応したシクロクロスバイクが増えてきています。
一番は自分の使用する用途に合わせてタイヤを選ぶことが大切です。

ここまで、シクロクロスバイクのタイヤの構造の選択についてお話しましたが、ここでは、用途によってどのような選択肢があるのか、タイヤの種類についてご紹介していきましょう。

シクロクロスバイクのタイヤは、荒れた路面でも走れるよう、mtbと同じゴツゴツとしたブロックタイヤを採用しています。

ですが、街乗りなどに使用する目的だった場合、このブロックタイヤだと大きな路面抵抗を生んでしまいます。

そこで、街乗りなら、「セミスリックタイヤ」にタイヤ交換するのがおすすめです。
セミスリックタイヤなら溝も十分に深いため、排水性も高く耐パンク製を強化しているタイヤも多くあります。

グリップ力にも優れているので、オンロードには最適のタイヤといえます。

シクロクロスをオールラウンダーに乗るなら、おすすめはグラベルタイヤ!

オフロードもオンロードも快適に走れるおすすめなタイヤが、「グラベルタイヤ」です。

一般的なシクロクロスに装着されているブロックタイヤとの違いは、グラベルタイヤはオンロードでの走行も良い性能をもっていることです。

グラベルタイヤの特徴は、細かい連続したノブが並んだセンタートレッドです。
また、ブロックタイヤに比べ、ノブが低いことも特徴です。

ブロックタイヤのようにノブが高いと、クッション性は高くなりますが、路面抵抗は大きくなります。
かえってこのグラベルタイヤは、ノブが低いことでセミスリックタイヤに似た走行感を作り出します。

また、サイドに並べられた4角のノブはコーナリングで高いグリップ力を発揮します。

ノブが低い代わりに、一般的なタイヤよりも平らな断面形状になっています。
このことで、より接地面積を広く取り、グリップ力をアップさせます。

シクロクロスバイクをオンロードでもオフロードでも楽しみたい方におすすめのタイヤです。
ぜひ、タイヤ交換の際、参考にしてみてください。

シクロクロスバイクのタイヤの選択

ここまでご紹介したように、シクロクロスバイクのタイヤはチューブラーでブロックタイヤが一般的です。

ですが、シクロクロスをオンロードで楽しみたい方や、オフロードで楽しみたい方、それぞれ乗り手によって用途は変わってきます。

ご紹介した内容を参考に、自分に合うタイヤを見つけてみてくださいね。