コアなファンが多いイーストンホイールとエコーハブについて

自転車は、自動車ならではの爽快感が味わえます。
みなさんはどのようなホイールを使っていますか?

中には「ホイールを変えたいな」とお思いの方もいると思います。

だいたいの方は、シマノなどの有名どころに交換することでしょう。

しかし、今回はちょっと違うホイールを使いたい人に向けて、ハブにもこだわりがあるイーストンホイールについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ストライダーは自転車への移行をスムーズにしてくれる乗り物

ストライダーはペダルのない自転車で対象年齢が2歳からのため、小さなお子さんが自転車に乗る前の練習...

ロードバイクホイールの交換方法~どこで買う?効果は?

ロードバイクの性能を上げたいと思って世間の意見を参考にしようとすると、多くのロード乗りがホイールの交...

フルクラムのレーシングゼロのcultベアリングは良く回る?

フルクラムのレーシングゼロはアルミリムホイールの最高峰です。最高峰というだけあって、色々と特...

トライアルバイクにも搭載できる!シマノのデオーレxt!

シマノのコンポーネントはロードバイクで有名ですが、マウンテンバイクのコンポーネントを作っているこ...

自転車での雪道運転は危険で怖い!走行中の注意点とは?

雪道で凍結している道路は非常に滑りやすく、細いタイヤの自転車はなおさら危険です。転倒すると考える...

自転車の発進時にガタガタするなら自転車の回転部に注目!

快適な走行を楽しめる自転車は普段から大活躍していることでしょう。買い物に行ったり、観光に行っ...

ミニベロで通勤できる?ビアンキとブルーノを比較してみた!

近年では、エコブームや健康志向の高まりを受けて、自転車で通勤する方も目立ってきています。...

自転車のブレーキは前輪の方が制動力が強いので要注意!

自転車のブレーキは、前輪と後輪にそれぞれ一つづつ装着されています。「どちらが重要か?」の...

ロードバイクのハンドル振動を抑えたい!原因と対策法は?!

ロードバイクに乗っているとハンドルの振動が気になりませんか?ハンドルの振動は長距離走行する場...

エンド幅135mmの自転車に、130mmホイールの取り付けは可能?

クロスバイクに乗っていると、走行性能をアップさせる目的で、ロードバイク用のホイールを履かせるといった...

軽量ホイールの選び方!一番初めに替えるならどのホイール?

軽量ホイールを使用すると、漕ぎだしが軽かったり、登り坂が楽に登れたりして、更にサイクリングが楽しくな...

スペシャライズド製サドルの選び方とローミンの最新モデル!

ロードバイクのサドルは、走りの快適さを左右する重要なパーツです。自分に合うサドルを探し求めて...

シマノのstiを修理・交換するための分解方法と注意点は?

ロードバイクに乗っていると、性能をもっとアップグレードさせたくなったり、メンテナンスを自分で行いたく...

雪道を自転車で走る危険性!!雪道用タイヤの特徴とは?

雪道を自転車で走るのはとても危険なので、出来れば走らないほうが良いです。しかし、通学などで自...

ツールド日光で写真を撮ろう!観戦の時に注意することは?

みなさん、ツールド日光はご存知ですか?日光にサイクリストが集まり行われるイベントです。...

スポンサーリンク

従来のイーストンホイールは?

今までのイーストンホイール、みなさんはどのような印象をお持ちでしょうか?

硬くて走りがいがあることは今も昔も変わりませんが、やはり昔は軽さを追求したがゆえ、エアロ機能の低さが目立っていたかと思います。

また、シマノやカンパニョーロなどと比べたときの値段の高さも目立っていたところでしょう。

昔の様々なレビューを見ていくと、高いわりにカーボンホイールを使用しているEC90シリーズの巡行性が悪い、などの評価もあったようです。

しかし、「EASTON Sports Lab」と呼ばれる研究室による数々の実験により、この評価を覆すことのできる結果が出ました。

その結果でできたのが、2015年にフルボディチェンジした「EC90 AERO 55」です。
ハブやリムを改良することで、エアロ性能や巡行性に強いカーボンホイールを生み出すことができたのです。

このEC90 AERO 55がどのように優れているのか、またなぜ優れているのか、その理由も検証していきたいと思います。

イーストンホイールの特徴は何!?

EC90 AERO 55について検証する前に、まずはイーストンホイールの概要をご紹介しましょう。

イーストンのホイールは、EA70・EA70SL・EA90SL・EA90SLX・EC90SL・EC90エアロ55といった製品が中心となっており、左から順番に、だんだん価格と機能性がアップしていきます。

EC90エアロ55だとフロント16万5千円、リア18万5千円程度の価格になります。
EA70だとフロント1万9千円、リア3万5千円程度の価格でしょう。

なお、記載されている数字はリムハイトとは関係ありませんので、ご安心ください。

少々値段は高いかと思われますが、この理由はハブやリムなどといった細かい製品も含めて、全ての製品が従業員によるハンドメイドで作られているからです。

機械が発展しているご時世ですが、ハンドメイドで作ることによって機械では対応しきれない細かい作業が可能となりますので、本当にディテールに優れています。

それではどのようなディテールが、イーストンホイールでは施されているのでしょうか。

イーストンホイールのここがすごい!ハブを改善!

それではハンドメイドによって作られた、イーストンホイールの特徴や性能について挙げていきます。

スポークは丸く、さらに本数が多いので、同じ価格帯のホイールと比べるとエアロ性能はあまりよくないと言われていました。

しかし、2015年にハブなどを進化させることで、ホイールを重くせずにエアロ性能を上げることに成功しました。

この技術を生み出すことができたのも、イーストン社の高い技術とハンドメイドによる細かい作業があるからこそです。

また、軽いのに乗り心地がとにかく硬いことも、イーストンホイールの特徴の1つでしょう。

イーストン社がテンションゲージで走らせることによって、スポークの幅を均等にしていることがこの硬さの秘訣です。

ホイールへの妥協を許さないメーカーの底力を感じ取れますね。

また、「日常的に使えるカーボンホイール」として、名高いものがEC90 SLクリンチャーです。

クリンチャー化することで、普通ならどうしても耐久力を上げるために重量化するのですが、やはりここはイーストン。

自分たちの持つ技術を寄せ集めることによって、軽いカーボンホイールを製作しました。

そして、このイーストンホイールが最も輝ける場所は、ヒルクライムでしょう。
どんなに急勾配の坂であっても、あまり力を使わずにスイスイ登ることができます。

EC90エアロ55を詳しく!!

さて、イーストンホイールの素晴らしさがわかってきたでしょうか。

次にイーストンホイールの中でも特に優れた商品であり、2015年にフルモデルチェンジを果たしたEC90エアロ55についてみていきましょう。

まずイーストンホイールの特徴である硬さはもちろんですが、その硬さが尋常じゃないです。
そのため、リアルに自分がホイールになっているかのような地面のリアルな感触が、直に伝わってきます。

さらに漕ぎ出しも硬いのに軽いゆえにスムーズです。
漕ぎ初めの踏ん張りがないので、疲れることもなくグングン加速していきます。

気持ちよく走っているときに信号に引っかかると、萎えてしまうのではないでしょうか。

そんなときもEC90エアロ55ならすぐに加速できるので、青になった瞬間にまた風になったかのような爽快感を味わえます。

そして、このEC90エアロ55の素晴らしい加速度を語るときに外せないもの、それがECHOハブです。

次の項目ではこのECHOハブについてご紹介します。

イーストンホイールのハブはとにかく回る!!

「ハブなんて変えたところで、何も変わらないよ。それよりもリムやスポークでしょ!」と思う方は多いでしょう。

確かにリムやスポークのほうが、変えてすぐに走行スピードを実感できますが、ハブを変えることも怠ってはいけません。

イーストン社が3年間かけ、イーストンホイールが満足のいくホイールとなるために、こだわりにこだわりを重ねて作り上げた傑作であるこのECHOハブ。

特徴は、とにかく回転数が早いことです。
この回転速度の速さこそが、とんでもない加速度を作り上げているのです。

また、回転時に荷重のかかる部分とベアリング部分との距離を短くすることで、ベアリングにかかる摩擦を減少させてくれます。

リアハブボディに埋め込まれてある2つのベアリングを外側に配置していて、さらにベアリングの位置にもこだわりがあります。

他のハブと比べて、ECHOハブはベアリングの位置が95mmとかなり広いです。
このようなこだわりから、力強く硬い走行を実現させています。

また、メンテナンスが難しいと言われているハブですが、ECHOハブは分解がとても簡単なのでメンテナンスの心配もありません。

ただし、いくら簡単に分解できるから大丈夫と思ってメンテナンスをおろそかにすると、すぐにベアリングを傷めてしまいますので要注意です。

イーストンホイールはハブだけじゃない!

イーストンホイールのこだわりであるEC90シリーズは、ECHOハブだけではありません。
リムにもこだわりがあるのです。

まず、リムハイトが38mmと絶妙な幅なので、硬くても軽いホイールを保つことができます。
何度も言ってしつこいとは思いますが、これもイーストン社の高い技術力あってこそです。

また、リムの幅は28mmとかなり広く、おそらくロード用ホイールの中では最も広いのではないでしょうか。

さらに、左右のサイドウォールをほとんど平行にしたボックス型の断面とあわせることで、空力性能とリム剛性を高めています。

さらに、組み立て剛性も、フロントがニップルホールを左右にふることで広げられたハブブラシを採用しています。

リム幅を28mmにしたことにより、今の流行っている幅広タイヤが持っている機能を最大限に引き出してくれています。

イーストンホイールへのこだわり

イーストンホイールの良さが少しでも伝わったでしょうか。

このサイトでは様々なことをご紹介しましたが、やはり実際に乗ってみて実感しなければわからないことも多いかと思います。

このサイトを読んで少しでもイーストンホイールの性能、またECHOハブを味わってみたいと思いましたら、すぐにでも買ってみて地面の滑りを直に感じることができる不思議な感覚を体験してみてください。