ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

ミニベロをロードバイクに近付ける?ドロップハンドル化

2017.10.9

ミニベロをドロップハンドル化するカスタマイズは珍しいことではなく、街でもネットでも良く見かけます。

また、完成車にもドロップハンドルを採用した多くのミニベロロードがありますので、理にかなった改造であることは確かです。

しかし、少なからずハードルもあるようですから、確認していきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

プジョーの自転車のタイヤの交換!さて、どのタイヤを使う?

フランスの人気ブランドであるプジョーの自転車は、日本では一時期、姿を消していたのですが、2012年く...

自転車ベルトドライブの特徴!異音がしたら要注意!!

自転車のベルトドライブをご存知ですか? ベルトドライブ自転車はチェーンと違い、さまざまな特徴が...

「落ち着いた」サイクルウェアでスローな街乗りを楽しもう!

サイクルウェアは、ロードバイクなどに乗車する際には最適な服装であり、それは間違いありません。 ...

自転車のネジのサビ取り方法と、自転車を長持ちさせるコツ

あなたの自転車、部分的にサビていませんか? 自転車のサビは放っておくと大変です。 自転車...

意外に簡単!ブレーキディスクの歪みを修正する方法とは

オートバイでは、一般的なブレーキディスク(ブレーキローター)を使ったディスクブレーキですが、自転車の...

大学生で自転車に乗れない人もいる!効果的な練習方法

生活に身近な自転車ですが、小学生の頃、擦り剥きながら練習した思い出がある方も多いのではないでしょうか...

自転車のグリップシフトを修理?それとも交換しますか?

自転車のグリップシフトは、以前はMTBやクロスバイクに採用されていたこともありました。 現在は...

自転車界に新風を吹き込む!スペシャライズド「セコイア」

ロードバイクは基本的にはレースに使用する自転車というコンセプトなので、フレーム形状も組みわせてあ...

ビアンキの小径車のエントリーモデル~ミニベロ7の評判は?

イタリアの老舗自転車メーカーであるビアンキは、ロードバイクからシティサイクルまで、数多くの種類の...

シマノのブレーキレバーの調整方法!交換のメリットって?

皆さんはブレーキレバーを交換したいと思ったことはありますか? ブレーキレバーにも様々な種類...

サドルカバーを付けて雨の日の自転車ライフを快適にしよう!

雨の日でも自転車に乗る方は多いかと思いますが、サドルが濡れていると、うっとうしいですね。 また...

自転車のサドルは重さを気にしなくてよい?大切なことは?

自転車のサドルのカタログや通販の製品説明欄には、必ずと言ってよいほど重さが記載されています。 ...

スペシャライズド製サドルの選び方とローミンの最新モデル!

ロードバイクのサドルは、走りの快適さを左右する重要なパーツです。 自分に合うサドルを探し求めて...

クランクとチェーンリングの交換は体格と脚力で決めよう

ロードバイクを購入してサイズを合わせたはずなのに、なぜかしっくりこないなと感じている方はいませんか?...

ロードバイクのサドルの高さを股下の長さで?微調整が必要

スポーツタイプの自転車のサドルの高さを決める際に、自分の股下の長さに任意の係数を掛けて導きだすという...

スポンサーリンク

ミニベロとは?

まず、ミニベロという自転車について簡単に説明します。

ミニベロは正式な定義はないのですが、おおむね、タイヤサイズ24インチ以下の自転車のことを指すと言われています。

ただ市販車を見ると、ミニべロに分類されているのは、ほとんどがタイヤサイズ20インチですので、今回は20インチを対象にします。

車輪径が小さいので高速走行や悪路は苦手であり、ロードバイクのような遠乗りには向いていません。

しかし、コンパクトで小回りが利くこと、漕ぎ出しが軽いので、ストップ&ゴーの多い街乗りには最適です。

折り畳み式自転車も、ホイール径は20インチのミニベロが多いですね。

各メーカーの完成車を見ていると、2つの種類に分かれていると言えます。

泥除けやキャリア、スタンドを標準装備したママチャリ寄りのスぺックを持つものと、タイヤ以外はほとんどロードバイクやMTBと変わらないスペックのスポーツ自転車タイプがあります。

今回はドロップハンドル化を目指しますが、大いに参考にできるスペックを持つミニベロがありますので、のちほどご紹介します。

ミニベロをドロップハンドル化する意味

では、ミニベロをドロップハンドル化する話ですが、冒頭にもお話したように、数多くのミニベロロードが存在しますので、無理なカスタマイズではありません。

大げさに意味など考えなくても、「もう少し前傾姿勢で乗りたい」「見た目がかっこいい」「ミニベロだけど遠出をしたい」など、この辺の理由が多いように感じます。

ドロップハンドルはロードバイクに採用されているように、スピードを出すためのハンドルなのですが、疲労軽減という側面もあります。

フラットバーに比べると持ち手が多くなりますので、手の疲れは、だいぶ軽減されます。

また、乗車姿勢が前傾になるとはいえ、フラットな部分を握ればアップライドになりますし、本家のロードでもドロップ部を握ることは少ないので、デメリットはあまりないように感じます。

カスタマイズには現状のパーツとの組み合わせや、互換性はしっかりと確認しなければいけませんので、後ほど説明します。

ミニベロをドロップハンドル化するために完成車に学ぶ

では、ミニベロをドロップハンドル化する上で、スペックを参考にしたい1台をご紹介します。

【GIOS(ジオス):PANTO(パント)】

イタリアの人気自転車メーカー・GIOS(ジオス)のミニベロです。

トップチューブが上の方に付いているダイヤモンドフレームで、もちろんドロップハンドルです。

コンポにリア10速のシマノ・ティアグラを採用しており、STIレバー装備です。

チェーンホイールは52-36Tのノーマルクランク、カセットスプロケットは11-25Tのクロスレシオですから、まるっきりロードバイクと変わらないギア比です。

タイヤも太さが1インチなので、ロードと同じキャリパーブレーキで十分ということでしょう。

フレームのジオメトリは当然違いますが、あとはどこをどう見ても、ロードバイクそのものなのです。

パントは元からドロップハンドルですが、もしこのようなスペックのミニベロであれば、フラットバーからのドロップハンドル化は至って簡単です。

ハンドルを交換して、STIレバーを取り付けるだけで完了です。

もし、STIレバーを否定したいという場合は、ブレーキレバーだけドロップハンドル用に交換して、シフターは既存のものを活かすやり方でも大丈夫です。

ミニベロのドロップハンドル化でSTIレバーを使うか否か?

ミニベロが上記のパントのように、完全なロードバイクのスペックであれば、何の苦労もいらないドロップハンドル化ですが、スペックが違うと少し考えなくてはいけません。

ドロップハンドル化にあたり、STIレバーを使う前提で話を進めますが、まず、ギアが何速あるのか確認してください。

もし、7速以下であると、シマノのSTIレバーは8速用からしかありませんので、基本は不可です。

しかし、公式ではありませんが、8速用のシフターで7速のギアを操作できているらしいので、7速以上ならSTIレバーを使用できると考えて良さそうです。

ただ、ミニベロはフロントシングルの車種も多いので、そうであれば、レバーもリア分の片側だけで良いのです。

しかし、今のSTIレバーは基本セット売りです。

そのため、フロントシングルの場合は、現状のシフターでブレーキレバーのみ、ドロップハンドル用に交換するのが賢明です。

また、お持ちのミニベロがMTB用のコンポだと、話はややこしくなります。

8速なら8速用、9速なら9速用のSTIレバーで動かせるはずなのですが、互換性が分かりませんので、無責任ではありますが、こればかりははっきり言って実際に動かしてみないと何とも言えません。

ドロップハンドル化はブレーキにも注意

ミニベロをドロップハンドル化するにあたって、もうひとつの問題はブレーキです。

何度も言いますが、ドロップハンドル化にあたって、STIレバーを使用するという前提でのお話です。

STIレバーはロードバイク用なので、基本はキャリパーブレーキを想定して作られています。
カンチブレーキは、STIレバーで引けますが、Vブレーキが微妙です。

クロスバイクのドロップハンドル化で、よく出てくるテーマですが、使える・使えないの大論争になります。

理屈的には、ワイヤーの引き幅がVブレーキの方がキャリパーよりも大きいので、まともに作動するかどうか微妙ということなんですが、普通に使えているとの報告も多いです。

また、アームの短いミニVブレーキは自転車屋さんが作業をしてくれることもあるので、問題なく使用できると判断しても良いです。

あとは、カンチブレーキですね。

Vブレーキが普及する前のMTBの主力ブレーキでしたが、今でもSTIレバーのシクロクロス車などに使用されます。

現状、Vブレーキが付いているのであれば、その台座に取り付けられますので、結局はカンチブレーキが一番のおすすめかもしれません。

ドロップハンドル化するとカスタマイズが止まらなくなるかも

ミニベロのドロップハンドル化についてお話しましたが、ちょっと煩雑になってしまったので、最後にもう一度まとめておきたいと思います。

①今のミニベロのギア数を確認
②7速以上ならSTIレバーの使用を考える
③フロントがシングルギアの場合は、ブレーキレバーのみドロップハンドル用にして、シフターは現状維持
④MTB用のコンポが装備されている場合は、STIレバーとの互換性を確認してから行う
⑤Vブレーキ装備の場合は、ミニVブレーキかカンチブレーキに交換する

大まかにまとめると、こんな感じです。

今回は「ドロップハンドルにはSTIレバー」という、私の勝手な思い込みを前提にしたカスタマイズの話をしました。

もちろん、ドロップハンドル化したからといって、必ずしもSTIレバーにこだわる必要はありませんし、そもそもSTIレバーは高価です。

また、ドロップハンドル化してしまうと、他にも色々な箇所をいじりたくなってくるものなので、完成車の価格を上回るようなカスタマイズにもなりかねません。

そのため、十分に検討してから行うようにしていただきたいと思います。

ミニベロのドロップハンドル化は正当なカスタマイズ!

今回は、ミニベロのドロップハンドル化について話をしました。

現在のミニベロの市販車は、どちらかというとスポーツ自転車風味が強いので、ドロップハンドル化は比較的容易だと思います。

ただし、互換性の保証がないカスタマイズになる可能性もあるので、その辺の覚悟は必要になります。

しかし、それも自転車をいじることの醍醐味のひとつとも言えるので、あまり危険じゃない範囲なら、やってみるのも良いと思います。

 - 自転車全般