ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

人気自転車メーカービアンキのプロジェクト3の今は!?

2017.9.18

ビアンキは、イタリアンバイクの老舗メーカーです。

以前は高級ロードバイクのイメージが強かったのですが、近年では、マウンテンバイクやミニベロ、人気のクロスバイクなどの自転車の販売も強化しています。

ビアンキの特徴とも言える鮮やかなエメラルドグリーンは、女性にも人気で、街中でも人目を惹くカラーです。

性能面、価格帯も多くのファンから慕われているビアンキ。
その中でも昔ながらのプロジェクト3は、今でも人気があります。

そのプロジェクト3は、現在どのようにして手に入れることができるのでしょうか。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

s-works・allezのインプレ!アルミ最高峰モデルといえるのか

今や、ロードバイクといったらカーボンが主流ですが、アルミならではのキビキビとした軽快感も捨てがたいも...

ロードバイクのホイールで8速用は変速数を上げられるのか?

現在市販されているロードバイク用ホイールは、全てリア11速対応になっています。 しかし、201...

ロードバイクタイヤの使用目的別おすすめランキング!

ロードバイクに乗っていると、「その性能をもっと生かしたい」、「より性能が良いロードバイクにしたい」な...

ロードバイクのブレーキはどこのメーカーにすべきなのか?

ロードバイクのブレーキは「コンポーネント(以下コンポ)」の中の一部品であり、完成車では基本的に他の部...

ピナレロ・ドグマF10はプロ専用か?インプレ評価を検証

ピナレロの現在のフラッグシップモデルと言えば「ドグマF10」です。 インプレ情報には「スーパー...

fsaのクランクの評判は?他社メーカーとの互換性はある?

自転車は様々なメーカーによって造られています。 fsaもそのメーカーの一つですが、シマノやカン...

ロードバイクのヘルメットのお手入れ方法と修理って!?

ロードバイクはスピードが出るので、事故の時の衝撃は、ママチャリとは比べ物になりません。 ヘルメ...

メリダのスクルトゥーラ400は入門用のロードとして高評価

台湾の大手自転車メーカー「メリダ」が送り出す、オールラウンドな性格が特徴のロードバイクが、「スク...

トレックのロードバイクで安い価格の物をどう評価する?

ロードバイクはプロがレースの機材として使用することもあり、価格の安い物が認められない風潮があります。...

ロードバイクのタイヤが太くなっている!フレームに入るの?

近年、ロードバイクのタイヤが太めにシフトしています。 ホイールやフレームもそれに対応してきてい...

フラットバーロードを徹底解説!街中最速って本当なの?

みなさん、フラットバーロードというものをご存知ですか? フラットバー?ロードバイク?なんの...

ロードバイクはハブ調整でホイールの回転力がよみがえる!

ロードバイクはレース機材のため、メンテナンスありきの自転車です。 その中でもホイールは走りの質...

メリダのロードバイクはコスパ良し?真相を価格から追究する

メリダのロードバイクは、完成車状態でのコストパフォーマンスが高いことで知られています。 しかし...

カンパニョーロの新型コンポ「ケンタウル」や「H11」の特徴

カンパニョーロのコンポーネント「ケンタウル」が10速から11速化されましたね。 性能や価格も、...

ピナレロにも安い価格の機種はある!安く購入できる手段も

今回は、ピナレロのロードバイクについて主に価格面を中心にお話ししていきます。 何人もの歴史的な...

スポンサーリンク

話題の自転車、ビアンキのプロジェクト3ってどんなバイク?

イタリアの自転車老舗メーカーであるビアンキから販売されているプロジェクト3は、多くの人々に愛されているシクロクロスバイクです。

ビアンキは、自転車メーカーで最古と言われており、1885年に初めて自転車制作を始めたとされています。

レースにも多くの自転車を提供していたことから、ロードバイクのイメージが強いのですが、クロスバイクも多く産出しており、ラインナップも豊富です。

1990年に開発されたプロジェクト3は、現在はすでに販売終了していますが、2017年の現在でも人気の車種で、多くのライダーがあらゆるパーツなどを交換し、愛用しています。

主に交換しているパーツは、サスペンションフォークや、タイヤとチューブ、ワイヤー、チェーンなどが多いようですね。

また、ビアンキ独特ののエメラルドグリーンのボディは、「チェレステカラー」と呼ばれ、ビアンキの象徴となっています。

この色が女性たちに大きな人気となり、話題を呼んでいます。

人気自転車のビアンキプロジェクト3の特徴とは?

人気の高い自転車のビアンキのプロジェクト3の最も魅力的な特徴は、その鮮やかなエメラルドグリーンのボディかもしれません。

「チェレステカラー」として知られているビアンキのシンボルカラーとされ、明るい若草色です。

この色に多くの女性たちが魅せられ、自転車に女性が興味を示すようになりました。

ビアンキのプロジェクト3は、シクロクロスバイクとして有名な自転車です。

シクロクロスバイクとは、ダートを走れるロードバイクのことです。
考え方によっては、MTBの走破性にロードバイクのスピードが加わったモデルとも言えるでしょう。

よく間違えられるのがクロスバイクで、クロスバイクはMTBとロードバイクの良いところを取って足して2で割ったような中間の自転車のことです。

名前が似ているため、間違えやすいですね。

そして、シクロクロスバイクは、自転車用のサイクリングロードの走行から、山などの悪路での走行、公園や市街などの走行など、あらゆる場面での快適な走りができるような設計になっています。

女性でも乗りやすい自転車を意識して、ビアンキも様々な改善を加え、現在、販売されている後継車にその特徴も引き継がれていると考えられています。

昨今増えているミニベロなどの小径車にも、プロジェクト3の特徴は大いに活かされていると言われています。

軽くて走りやすい自転車で、また初心者にも気軽に購入できるコストパフォーマンスの良い自転車が多く販売されるようになりました。

自転車の魅力が十分!ビアンキのプロジェクト3の人気の秘密

1990年に販売され、圧倒的な人気を誇った自転車が、ビアンキのプロジェクト3でした。

ビアンキのプロジェクト3は、自転車の名門として知られている老舗メーカーが、総力を挙げて開発したとされる人気モデルです。

ビアンキの伝統と技術は、時代を超えても評価が高く、ビアンキファンに愛され続けています。

その証拠に、1990年に販売されたプロジェクト3も、その後、数年にわたって、モデルチェンジを繰り返し、2017年の現在は、販売されていないにもかかわらず、いまだに絶大な人気を誇っています。

ネットオークションなどでたまに見かけることがありますが、それでもなかなか手に入れることができないのが現状です。

ビアンキを数年前から知っているファンにとってみれば、プロジェクト3は、現在でも、パーツを交換することで、十分に価値があり、乗ってみたい車種なのです。

その証拠に、プロジェクト3を手に入れようとしている国内の自転車店は多く存在しており、在庫が確保できた途端に、売り切れてしまう状況が続いています。

人気の理由は、ビアンキのシンボルカラーであるチェレステカラーであることと、軽快に走れるシクロクロスバイクであることでしょう。

初心者だけでなく、女性にも手軽に購入しやすい10万以下で販売されていることが多いことも、人気の秘密です。

自転車購入のポイント!ビアンキのプロジェクト3の価格は?

ビアンキの主力自転車とも言われたプロジェクト3ですが、残念ながら、2017年の現在は、すでに販売はされていません。

しかし、ビアンキの根強いファンの声から、1990年から数年後までに販売されていたモデルが、次々とネットオークションなどで見かけられるようになりました。

プロジェクト3に付随していたもともとのパーツを交換しているものがほとんどですが、その交換したパーツを含めても、現在のクロスバイクやロードバイクと比べると、かなり安価な金額で販売されています。

サスペンションフォークを新品のリジットフォークに交換していたり、タイヤとチューブ、ワイヤーやアウター、チェーンなどを新品に交換しても、8万円ほどで販売している自転車店もありました。

しかし、ネットオークションなどでも、かなり人気なので、すぐに売り切れてしまうケースがほとんどで、必ず手に入れたい人にとっては、なかなか困難な車種と言えるでしょう。

万が一、見つけることができたら、早めに購入しておき、その後に様々な改造を行うのもおすすめです。

各パーツは、ほとんどシマノ製の新品で交換可能なので、改造して乗ることは十分に期待できます。

10万ほどの予算を組めば、末永く乗れる自転車として、活躍してくれるはずです。

自転車選びの注意点!ビアンキのプロジェクト3の性能

憧れの自転車として、ビアンキのプロジェクト3を購入した人はとても多いです。

まず、イタリアの天空の色として話題になったチェレステカラーのプロジェクト3に一目ぼれした人がほとんどだと聞きます。

その上で、ビアンキの伝統、それまでの実績を考えると、ぜひ乗ってみたいと思うのでしょう。

プロジェクト3は、その細いながらも安定感のあるタイヤで、初心者にも安心な走りを提供します。

また、オートマチックの切り替えがついており、自動車のように回転スピードに合わせて、勝手にギアチェンジしてくれるのです。

信号や障害物が多い市街を走る時も、問題なく走行でき、一方で、山道などの悪路でもタフな走りを見せてくれるので、どんな場面でも、安定した自転車と言えます。

肝心のブレーキも、強力な制動力で、雨、雪、泥道などでの悪条件での走行も心配いりません。

コストパフォーマンスが良い自転車であっても、やはり老舗メーカーの製品は、性能が違いますね。

初心者や女性にはおすすめの自転車と言われる原点がここにあるのです。

人気の自転車、ビアンキのプロジェクト3の今後

1990年代に大きな話題となった人気の自転車、ビアンキのプロジェクト3は、先ほどもお伝えしたとおり、2017年の現在は、販売されていません。

しかし、プロジェクト3の人気はまだまだ健在であり、このモデルを惜しむ人は多く存在し、ビアンキ社も、プロジェクト3の後継車を次々と発表しています。

現在のモデルで人気が高いカメレオンシリーズは、プロジェクト3と同様に、細いタイヤですが、安定した走りができ、初心者におすすめです。

また、上級モデルでは、ローマと言うディスクブレーキ搭載のモデルがあります。

山道や悪路などでの走行も気にならない安全性の高いモデルとして、評価されています。
プロジェクト3の影響を強く受けているのが、シエロシリーズかもしれません。

品質の良いパーツを使用しているけれど、コストパフォーマンスが良く、女性におすすめの自転車です。

プロジェクト3は、女性に特に人気が高い車種だったため、そこに着眼し、クロスバイクやミニベロなどの小径車をその後、多く開発することに成功しました。

市街地や公園などを気軽にポタリングできる車種が多く販売されたのです。

そして、今でもネットオークションなどで注目度が高いプロジェクト3は、その人気と性能を今後にも活かして、自転車業界を盛り上げることでしょう。

幻と言われる自転車、ビアンキのプロジェクト3

1990年代に生まれた自転車、ビアンキのプロジェクト3ですが、市場に出た時の話題は大きなものでした。

シンボルカラーと言われたチェレステカラーは、多くの人々を魅了し、それまで自転車に興味を持たなかった女性を惹きつけたことは誰にも想像できなかったでしょう。

2017年現在も、ネットオークションなどで絶大な人気を誇っているプロジェクト3は、今後の自転車業界にも大きな影響を与え続けるに違いありません。

 - ロードバイク