ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

ママチャリのクランクの外し方!歯数の変更でギア比も変わる

2017.8.20

ロードバイクのようなスポーツバイクは高価なため、盗難などに遭ってしまうと被害が大きいです。
そのため、買い物などの近場での利用には、ママチャリを愛用している人がいるでしょう。

しかし、性能に不満を持つことがあると思います。
坂が多い場所だと、ギアを変更してペダルを軽くしたいということもあるでしょう。

ママチャリには、変速がついていないので、クランクを交換するしかありません。
そして、クランクを交換するには、外し方を知っておかねばなりません。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

パナソニックの自転車は丈夫で壊れにくい!オススメする理由

自転車の通勤やお子様の送迎など様々な用途で使われる自転車。 せっかく買うなら丈夫で壊れにくく、...

日本一周にロードバイクは適切か?ブログで読み解く旅の準備

自転車での日本一周は、男性なら誰もが夢見たことがあると思います。 「ロマンにあふれる旅」と「旅...

ストライダーのカスタムで「ホイール」を交換する意味とは?

ストライダーにはレースイベントが多数ありますので、ホイールのカスタムをされている方も多いかと思い...

本格的なサイクルウェア以外も自転車通勤に適したものがある

近年は自転車で通勤する方が多くなり、毎日のように片道10㎞、20㎞と走る方も少なくありません。 ...

ロードバイクを快適に!サイクルウェア選び初心者向け指南

ロードバイクのサイクルウェアは、吸水速乾性やストレッチ性に優れ、また、ウェアの形状や機能が自転車に特...

高速道路へ侵入する自転車と道路を逆走してしまう理由とは?

道路法第48条、高速自動車国道法第17条では、「歩行者はもちろん自転車などの軽車両や原動機付き自転車...

クランク交換の料金は一定ではない!賢く依頼するための方法

自転車のクランクにも種類があって性能がそれぞれ異なります。 自分の自転車のクランクを交換したい...

一方通行って、自転車や原付も守らなきゃいけないの?

通学に自転車や原付を使っている大学生は多いのではないでしょうか。 自転車や原付に乗っているみな...

ストライダーのスタンドを手作りしたい!どう作れば良い?

ストライダーは、小さなお子様にとってとても楽しい乗り物です。 しかし、遊んでいるときは良い...

ストライダーにはヘルメットが必須!失敗しないサイズ選び方

ストライダーは、2歳~5歳の子供を対象にした乗り物です。 公道を走ることはできませんが、敷地内...

サイクルウェアとインナーパンツは必要?それとも不要?

最近では、サイクルウェアを着てカッコよくロードバイクに乗っている人も増えてきています。 しかし...

自転車を目的地に発送するため、より安い方法とは

スポーツバイクに乗り慣れてくると「もっと遠くで走りたい!」「イベントに参加してみたい!」って誰しも思...

fsaのクランクを考える。bb30と言って敬遠すべきなのか?

fsaのクランクは、安価な完成車に装備されていることが多いためか、酷評されたり、低評価が目立ちま...

bmxはセッティングが重要!自分に合ったハンドル角度に調整

bmxに乗っていると、ふと「自分が乗っているbmxはこのセッティングでいいのだろうか?」と思うことが...

タイヤサイズで26インチや700cってどのくらいの大きさ?

自転車のタイヤサイズは、様々な表記が入り混じっています。 単位はインチやmm、小数点表記だ...

スポンサーリンク

ママチャリのクランクの外し方①コッタレス抜きを用意

ママチャリのクランクの外し方では、まずは、クランク軸のキャップカバーを外すところから始まります。

もしかすると、キャップがなくなって、すでにボルトがむき出しになっているかもしれません。
もし、キャップカバーを外す場合は、マイナスドライバーや手で外していきましょう。

キャップカバーは、簡単に外せると思います。

それからは、特別な工具が必要になります。
その特別な工具というのは、「コッタレス抜き」と呼ばれるものです。

コッタレス抜きは、ママチャリのクランクを外すのに必須となる工具になるので、必ず用意しなければなりません。

このコッタレス抜きは、ホームセンターや自転車屋さんで購入することができます。
たいていの場合は、1000円前後で、安ければ700円程度で購入できるでしょう。

近くのホームセンターや、自転車屋さんに行く暇がないというのであれば、ネットで購入する手もあります。
その場合は、届けられるまで日にちが必要になりますが、手間をかけることなく購入できるでしょう。

ママチャリのクランクの外し方②コッタレス抜きを使う

ママチャリのクランクの外し方としては、キャップカバーを外したら、次はコッタレス抜きを使いましょう。
コッタレス抜きは、両面使える工具で、先に使うことになるのは六角側です。

六角側は、キャップカバーを外して見えていたボルトにちょうど挿し込めるはずです。
六角側をクランク軸に挿してから、モンキーレンチをなどでコッタレス抜きを回していきましょう。

それでボルトが緩んで、やがて外れるはずです。
しかし、それだけでクランクが外れるわけではありません。

ボルトによってクランクを固定しているわけなのですが、クランクは軸にきつくはまっているので、もう一手間必要です。

そのため、今度はコッタレス抜きの反対側を使います。
つまり、六角側の反対側です。

反対側をクランク軸に挿して、手で回して締めていきましょう。
やがて、突き当たりまで届くはずです。

それからモンキーレンチを使って、さらに締めていきましょう。
しっかりとはまっていたクランクが外れるはずです。

ママチャリのクランクの外し方③チェーンカバーを外す

ママチャリのクランクの外し方は、ただクランクを外せば良いわけではありません。

チェーン側、つまり右側を見れば分かるのですが、ママチャリ特有のパーツであるチェーンカバーがついているからです。

チェーンのない左側であれば、コッタレス抜きでクランクを外すことができるのですが、チェーンのある右側は、チェーンカバーを少し外さないといけません。

それでもクランクを交換するだけであれば、チェーンカバー全体を外す必要はありません。

チェーンカバーを見ると、クランクの回りに丸い切れ目があることに気づくことでしょう。
その丸い切れ目は蓋であり、ネジ1本で固定されているだけです。

ドライバーでネジを外してしまえば、チェーンカバーの蓋を取ることができます。
その蓋を取ってしまえばチェーンリングが見えるようになり、右側のクランクを外せるようになります。

つまり、右側のクランクを外すには、チェーンカバーの丸い蓋も外さなければならないというわけです。

クランクを交換するメリット

ママチャリのクランクの外し方は、キャップカバー・ボルト・チェーンカバーの蓋・クランクという順番です
必要な工具は、コッタレス抜き、モンキーレンチ、ドライバーでした。

それだけで取り外せるわけですが、取り外したままでは、自転車を走らせることができないため、新しいクランクをつけなければなりません。

そこで、新しいクランクをつけるメリットについて考えてみましょう。

最初に考えられるのは、綺麗なクランクを装着できることです。
サビついたクランクではなくて、綺麗なクランクにすることで、自転車に乗ることが楽しくなることでしょう。

そして、素材を変更することもできるので、たとえば、アルミのクランクにすれば、軽量化することができるでしょう。

軽量化することで自転車の走行性能が向上します。

チェーンリングの歯数を増やすことで、ペダルが重くなり、一漕ぎで進む量を増やすことができるようになります。

要は、ギア比が変わるということです。

ギア比は、前のギア(クランク)と後輪のギア(スプロケット)のギザギザの歯数の割合です。
前ギア÷後ギアでギア比を出すことができます。

このギア比が高いと一回の漕ぎ量で進む距離が長くなります。

このようにチェーンリングの歯数が増えるとギア比に影響が出るのです。

それは変速機能のないママチャリでは、クランクを交換することでしかできないことで、歯数の変更は、クランク交換の最大のメリットになります。

ただし、ペダルが重くなるので、変速がない場合は漕ぎ出しが大変になります。

チェーンリングを変更する場合はチェーンの長さに注意

ママチャリのクランクの外し方をマスターして、新しいチェーンリングにすることで、問題が出てくることがあります。

それは、チェーンの長さです。
チェーンリングの歯数を変えることで、チェーンの長さが不足したり、長すぎたりするのです。

つまり、歯数を変更するなら、チェーン調整が必須になります。
歯数を多くする(チェーンリングを大きいものに変える)と、チェーンが足りなくなります。

そうなると、新しいチェーンを持ってこなければならないのですが、ママチャリの場合はチェーンが短かったとしても、チェーン交換の必要性がない場合があります。

なぜなら、ママチャリには、チェーン引きがあるからです。
そのため、チェーンが足りない場合は、チェーン引きを緩めてください。

そうすると、リアホイールを前のほうに移動できるようになります。

それで、リアのギアとチェーンリングの距離が短くなるので、チェーンの短さをカバーできる可能性があるわけです。

大きなチェーンリングに交換した場合は、チェーン引きをしても、チェーンの長さがどうしても足りなくなるのでチェーンを交換しましょう。

チェーンの交換

ママチャリの古いチェーンの外し方は、チェーンカッターを使うだけです。
チェーンを切断して、それから取り除いてしまいましょう。

チェーンカッターを使う隙間がないという場合は、チェーンカバーの後ろ部分を外してください。
チェーンカバーのチェーン引き付近は、ネジ1本で固定されており、外せるようになっています。

チェーンカッターは、チェーンリングやクランク側ではなく、リア側から使ってください。

チェーンを切断して取り除いて、それからチェーンカバーの隙間に新しいチェーンを入れていくわけですが、チェーンの長さを想像してから入れましょう。

現在のチェーンの長さを参考にして、それより長くするか、短くするか考えておいてください。

このようにして、新しいチェーンの長さを考えることは、チェーンカバーに覆われているママチャリでは大切なことです。

長さを考えてから、新しいチェーンをチェーンカバーに入れていきましょう。

その作業は多少面倒なのですが、チェーンカバー全体を外すには、BBを外さなければならず、その手間よりはチェーンを通すほうが簡単なので、チェーンを押したり自転車を傾けたりして、なんとか入れていきましょう。

そして、チェーンの長さが十分であることを確認してからリア側で止めて、さらに、チェーン引きによる調整で、チェーンを適切な長さにしていきましょう。

クランクの交換で快適なママチャリに

自転車の改造というのは、パーツの交換になるわけですが、ママチャリにおけるクランクの交換は意外と効果があります。

最初のクランクが量産型ということもあるのですが、アルミのクランクにするだけで軽量化できますし、剛性を向上させることができます。

つまり、ペダルを踏み込む力を逃がさず、走行に生かすことができるようになります。

また、チェーンリングの大きさを変更することで、走行性能を大きく変更できるので、興味のある人はぜひクランクを交換してください。

 - 自転車全般