ママチャリのクランクの外し方!歯数の変更でギア比も変わる

ロードバイクのようなスポーツバイクは高価なため、盗難などに遭ってしまうと被害が大きいです。
そのため、買い物などの近場での利用には、ママチャリを愛用している人がいるでしょう。

しかし、性能に不満を持つことがあると思います。
坂が多い場所だと、ギアを変更してペダルを軽くしたいということもあるでしょう。

ママチャリには、変速がついていないので、クランクを交換するしかありません。
そして、クランクを交換するには、外し方を知っておかねばなりません。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ママチャリの選び方!内装3段と外装6段の違いって?

ママチャリはシティサイクルとも呼ばれ、もっとも利用されている自転車です。通勤・通学にも便利な...

ペダルなし自転車!ミニグライダーとストライダーを比較する

最近は子供用のペダルなし自転車が流行っており、公園などを歩いていると、乗っているお子さんを見かけ...

自転車にとって重要な、ホイールのセンター出しについて

スポーツバイクに乗っていると、ホイールのセンター出しという言葉を聞く機会があるかと思います。...

自転車店で値段交渉はNG?スポーツ車を少しでも安く買う方法

ロードバイクが気になり金額を見て、「高いっ!」と感じた方もいるのではないでしょうか。そう、ロ...

独自性の強い「SELLE(セラ)SMP」のサドルの種類と選び方

サドル大国イタリアの中でも、独特な形状で我が道を行くメーカーが「SELLE(セラ) SMP」です...

大学生で自転車に乗れない人もいる!効果的な練習方法

生活に身近な自転車ですが、小学生の頃、擦り剥きながら練習した思い出がある方も多いのではないでしょうか...

ママチャリのスポークの特徴とテンション調整方法をご紹介!

ママチャリに乗っていて、気がついたらスポークが折れてしまっていた、という経験はありませんか?...

履歴書の趣味欄でロードバイクをアピールして就活に活かそう

履歴書の趣味欄に、どんなことを書いてアピールすればいいのか悩まれる方も多いはずです。もし、ロ...

シマノのインソール!ピッタリサイズで痛みは解消できる?

シマノから発売されているカスタムフィットインソール。熱成型により、乗る人の足の形とサイズにピッ...

子供に乗らせたいのは?三輪車それともストライダー?

筆者が子供の頃は子ども用の乗りものと言えば、三輪車~自転車(補助輪付き)の流れしかなかった気がし...

ジオスのミグノンを改造し快適な自転車にカスタマイズする!

イタリアの自転車メーカーであるジオスのミグノンは、今話題の小径車ミニベロと呼ばれる自転車です。小...

ミニベロの大本命!ブルーノのどのパーツをカスタムする!?

ミニベロといえばブルーノといわれるほど、ブルーノはミニベロに力を入れている自転車メーカーです。...

自転車タイヤのチューブレスタイヤのメリット・デメリット

自転車タイヤでチューブレスタイヤをご存知ですか??今回はチューブレスタイヤの特徴を調べてみた...

シマノ製コンポ装備自転車のギア比とギア交換の必要性

シマノといえば、シティサイクル~ロードバイク等の競技用自転車までコンポーネント(コンポ)類のパーツに...

初心者でもできる!?グリップシフトのワイヤー交換方法

自転車で走っている際、変速機能がうまく作動しないと感じたことはありませんか?このような場合は...

スポンサーリンク

ママチャリのクランクの外し方①コッタレス抜きを用意

ママチャリのクランクの外し方では、まずは、クランク軸のキャップカバーを外すところから始まります。

もしかすると、キャップがなくなって、すでにボルトがむき出しになっているかもしれません。
もし、キャップカバーを外す場合は、マイナスドライバーや手で外していきましょう。

キャップカバーは、簡単に外せると思います。

それからは、特別な工具が必要になります。
その特別な工具というのは、「コッタレス抜き」と呼ばれるものです。

コッタレス抜きは、ママチャリのクランクを外すのに必須となる工具になるので、必ず用意しなければなりません。

このコッタレス抜きは、ホームセンターや自転車屋さんで購入することができます。
たいていの場合は、1000円前後で、安ければ700円程度で購入できるでしょう。

近くのホームセンターや、自転車屋さんに行く暇がないというのであれば、ネットで購入する手もあります。
その場合は、届けられるまで日にちが必要になりますが、手間をかけることなく購入できるでしょう。

ママチャリのクランクの外し方②コッタレス抜きを使う

ママチャリのクランクの外し方としては、キャップカバーを外したら、次はコッタレス抜きを使いましょう。
コッタレス抜きは、両面使える工具で、先に使うことになるのは六角側です。

六角側は、キャップカバーを外して見えていたボルトにちょうど挿し込めるはずです。
六角側をクランク軸に挿してから、モンキーレンチをなどでコッタレス抜きを回していきましょう。

それでボルトが緩んで、やがて外れるはずです。
しかし、それだけでクランクが外れるわけではありません。

ボルトによってクランクを固定しているわけなのですが、クランクは軸にきつくはまっているので、もう一手間必要です。

そのため、今度はコッタレス抜きの反対側を使います。
つまり、六角側の反対側です。

反対側をクランク軸に挿して、手で回して締めていきましょう。
やがて、突き当たりまで届くはずです。

それからモンキーレンチを使って、さらに締めていきましょう。
しっかりとはまっていたクランクが外れるはずです。

ママチャリのクランクの外し方③チェーンカバーを外す

ママチャリのクランクの外し方は、ただクランクを外せば良いわけではありません。

チェーン側、つまり右側を見れば分かるのですが、ママチャリ特有のパーツであるチェーンカバーがついているからです。

チェーンのない左側であれば、コッタレス抜きでクランクを外すことができるのですが、チェーンのある右側は、チェーンカバーを少し外さないといけません。

それでもクランクを交換するだけであれば、チェーンカバー全体を外す必要はありません。

チェーンカバーを見ると、クランクの回りに丸い切れ目があることに気づくことでしょう。
その丸い切れ目は蓋であり、ネジ1本で固定されているだけです。

ドライバーでネジを外してしまえば、チェーンカバーの蓋を取ることができます。
その蓋を取ってしまえばチェーンリングが見えるようになり、右側のクランクを外せるようになります。

つまり、右側のクランクを外すには、チェーンカバーの丸い蓋も外さなければならないというわけです。

クランクを交換するメリット

ママチャリのクランクの外し方は、キャップカバー・ボルト・チェーンカバーの蓋・クランクという順番です
必要な工具は、コッタレス抜き、モンキーレンチ、ドライバーでした。

それだけで取り外せるわけですが、取り外したままでは、自転車を走らせることができないため、新しいクランクをつけなければなりません。

そこで、新しいクランクをつけるメリットについて考えてみましょう。

最初に考えられるのは、綺麗なクランクを装着できることです。
サビついたクランクではなくて、綺麗なクランクにすることで、自転車に乗ることが楽しくなることでしょう。

そして、素材を変更することもできるので、たとえば、アルミのクランクにすれば、軽量化することができるでしょう。

軽量化することで自転車の走行性能が向上します。

チェーンリングの歯数を増やすことで、ペダルが重くなり、一漕ぎで進む量を増やすことができるようになります。

要は、ギア比が変わるということです。

ギア比は、前のギア(クランク)と後輪のギア(スプロケット)のギザギザの歯数の割合です。
前ギア÷後ギアでギア比を出すことができます。

このギア比が高いと一回の漕ぎ量で進む距離が長くなります。

このようにチェーンリングの歯数が増えるとギア比に影響が出るのです。

それは変速機能のないママチャリでは、クランクを交換することでしかできないことで、歯数の変更は、クランク交換の最大のメリットになります。

ただし、ペダルが重くなるので、変速がない場合は漕ぎ出しが大変になります。

チェーンリングを変更する場合はチェーンの長さに注意

ママチャリのクランクの外し方をマスターして、新しいチェーンリングにすることで、問題が出てくることがあります。

それは、チェーンの長さです。
チェーンリングの歯数を変えることで、チェーンの長さが不足したり、長すぎたりするのです。

つまり、歯数を変更するなら、チェーン調整が必須になります。
歯数を多くする(チェーンリングを大きいものに変える)と、チェーンが足りなくなります。

そうなると、新しいチェーンを持ってこなければならないのですが、ママチャリの場合はチェーンが短かったとしても、チェーン交換の必要性がない場合があります。

なぜなら、ママチャリには、チェーン引きがあるからです。
そのため、チェーンが足りない場合は、チェーン引きを緩めてください。

そうすると、リアホイールを前のほうに移動できるようになります。

それで、リアのギアとチェーンリングの距離が短くなるので、チェーンの短さをカバーできる可能性があるわけです。

大きなチェーンリングに交換した場合は、チェーン引きをしても、チェーンの長さがどうしても足りなくなるのでチェーンを交換しましょう。

チェーンの交換

ママチャリの古いチェーンの外し方は、チェーンカッターを使うだけです。
チェーンを切断して、それから取り除いてしまいましょう。

チェーンカッターを使う隙間がないという場合は、チェーンカバーの後ろ部分を外してください。
チェーンカバーのチェーン引き付近は、ネジ1本で固定されており、外せるようになっています。

チェーンカッターは、チェーンリングやクランク側ではなく、リア側から使ってください。

チェーンを切断して取り除いて、それからチェーンカバーの隙間に新しいチェーンを入れていくわけですが、チェーンの長さを想像してから入れましょう。

現在のチェーンの長さを参考にして、それより長くするか、短くするか考えておいてください。

このようにして、新しいチェーンの長さを考えることは、チェーンカバーに覆われているママチャリでは大切なことです。

長さを考えてから、新しいチェーンをチェーンカバーに入れていきましょう。

その作業は多少面倒なのですが、チェーンカバー全体を外すには、BBを外さなければならず、その手間よりはチェーンを通すほうが簡単なので、チェーンを押したり自転車を傾けたりして、なんとか入れていきましょう。

そして、チェーンの長さが十分であることを確認してからリア側で止めて、さらに、チェーン引きによる調整で、チェーンを適切な長さにしていきましょう。

クランクの交換で快適なママチャリに

自転車の改造というのは、パーツの交換になるわけですが、ママチャリにおけるクランクの交換は意外と効果があります。

最初のクランクが量産型ということもあるのですが、アルミのクランクにするだけで軽量化できますし、剛性を向上させることができます。

つまり、ペダルを踏み込む力を逃がさず、走行に生かすことができるようになります。

また、チェーンリングの大きさを変更することで、走行性能を大きく変更できるので、興味のある人はぜひクランクを交換してください。