ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

ルノーの自転車の評判はいかに!おすすめの自転車はある?

2017.8.10

ルノーと聞くと、自動車メーカーとして思い浮かべる方が多いかもしれませんね。

実は、自転車も発売していて、特に折り畳み自転車の評判が良いのはご存知ですか?

今回は、ルノーの自転車について詳しくご紹介します!

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

自転車の歴史!ブレーキの外れたピストバイクが街中を走る

2000年代はスポーツ自転車の普及が進んだターニングポイントの時代であったといえます。 しかし...

bb30のベアリングサイズは?規格品は使える?

「bb30」は、自転車メーカーのキャノンデールが提唱したbb(ボトムブラケット)の規格です。 ...

自転車のクロモリフレームの特徴って?重量は重いの!?

自転車のフレームで、よく耳にするクロモリフレーム。 いったいクロモリはどんな素材か? また、...

クロモリフレームの特徴やフレーム塗装の方法について

自転車には、アルミやカーボンだけでなく、クロモリのフレームがあることをご存じでしょうか。 また...

初心者必見!自転車のグリップの外し方や交換方法をご紹介!

スポーツ自転車の中でもクロスバイクやmtbは、ハンドルにフラットバーが採用されています。 そし...

自転車を蘇らせる!古い塗装を剥離して再塗装をしよう

自転車は見た目も大事な物で、汚れが目立っていたり塗装が剥げていたりすると、性能的には問題なくてもガタ...

バイパスを自転車で走ることは出来る!?高速道路との違い

バイパスを自転車で走ることは、出来るのでしょうか? そもそも、バイパスとはいったいどんな理由で...

mtbでヒルクライムに挑戦!タイヤ選びのポイント

ヒルクライムとは、自転車レースの一種です。 mtbのほかにも、ロードバイクでもヒルクライムレー...

冬の道路のアイスバーン!自転車用チェーンなどを使うべき?

筆者は現在、北海道在住です。 11月も終わりごろになると、道路の大半は既に雪と氷で覆われ、...

歩道の段差はスポーツ自転車にとっては危険!乗り越え方は?

スポーツ自転車で車道を走っているときに、危険を感じて歩道に入ることがありますよね。 その際...

京都の夜をツーリングしよう!!京都はサイクリングに最適!

京都はシーズンに合わせて、お寺がライトアップされるなど、夜のツーリングや散歩に最適です。 夜だ...

ミニベロの大本命!ブルーノのどのパーツをカスタムする!?

ミニベロといえばブルーノといわれるほど、ブルーノはミニベロに力を入れている自転車メーカーです。 ...

定番のシマノ製!ハブのメンテナンスに必要なグリスの選び方

ハブのメンテナンスは頻繁に行うものではないのですが、定期的にチェックが必要な部分でもあります。 ...

カンパニョーロのゾンダのメンテナンス~ハブを分解する

カンパニョーロのホイールと言えば、グレードを問わずコスパに優れています。 初心者から上級者まで...

ツールで躍動するメリダスクルトゥーラ!アルミの400は?

メリダの主力ロードバイクの一つである「スクルトゥーラ(SCULTURA)」は、現在ワールドツアーに参...

スポンサーリンク

ルノーの折り畳み自転車、ウルトラライト7がとにかく軽いと評判!

ルノーの自転車は、自動車メーカーでありながらとても評判が良いです。

ルック車という、従来のルノーの自転車の概念を変えた自転車と言えば、2016年に発売したウルトラライト7です。

ウルトラライト7は、低価格で購入出来る、とても軽量の折り畳み自転車です。

その重量はなんと、7.4キロです。
折り畳み自転車の平均的な重量は、12キロ~13キロなので、それらのおよそ半分の重量なのです。

そして、ウルトラライト7の強みと言ったら、ロードバイクでも多用されている軽量のアルミフレームの高い信頼性と走行性能です。

14インチの小径車は、不安定な走行をすることが多いですが、ウルトラライト7はその点を比べると、安定した直進が可能です。

また、シングルスピードは一般的に踏み出しが重いという弱点がありますが、その点を克服しています。

そして、折り畳む際も軽い力で行うことが出来ます。

折り畳んだ状態は、69センチ/33センチ/59センチと、とてもコンパクトで、駅のロッカーにも入る程のサイズになります。

ロードバイクを持っている人も、通勤や旅行で持ち歩く際には、ウルトラライト7を使うなんてのも良いかもしれませんね。

ウルトラライト7を超えると評判の、折り畳み自転車に注目!

先ほどは、2016年に発売されたルノーのウルトラライト7をご紹介しましたが、2017年に発売されたマグネシウム6はウルトラライト7を超える折り畳み自転車だと評判です。

マグネシウム6は、軽さに特化した最新素材のマグネシウムフレームを採用し、ウルトラライト7の7.4キロを下回る6.9キロという超軽量を実現しました。

マグネシウムの素材を活かしたフレームカラーは、独特な光沢感を放ち、美しさを引き立てます。

銅の1/4、アルミニウムの2/3の軽さを有しているマグネシウムは、比強度・比剛性においても銅やアルミと比べ、優れています。

振動吸収性にも優れているので、さまざまなシーンで快適な乗り心地を発揮してくれるでしょう。

また、価格は5万円台というコストパフォーマンスの素晴らしさです。

折り畳んだ状態のサイズは、55センチ/35センチ/57センチと、ウルトラライト7同様、コインロッカーにすっぽりと収納出来るサイズです。

また、マグネシウムという素材は、酸化やサビの心配をする方も多いかもしれませんが、塗装の前に防腐食処理を行っているので、通常の使用で酸化やサビが出てくる心配はないので安心です。

ルノーのマグネシウム6の評判が良いのは、こだわりが徹底されているから!

ルノーのマグネシウム6は、折り畳み自転車として、とても評判が良いです。

その秘密は、徹底したこだわりにあります。

●素材への追及

軽量でシンプル、スマートな素材デザインを実現するため、素材にこだわっています。

メインのフレームは、マグネシウム、主要部分のパーツはアルミニウム、スポークにはステンレスが使用されています。

タイヤは軽量タイヤで、ネジやチェーン類などの細かいパーツにも防錆びメッキ加工が施されています。

これらのこだわった仕様により、サビなどに負けることなく長い期間美しさを保つことが出来るのです。
また、マグネシウムを際立たせるために特殊塗料を使用するなど、徹底的なこだわりっぷりです。

●軽さへの追及

先ほどご説明したように、メインのフレームは主にマグネシウムが採用されています。

マグネシウムは、軽さに特化した素材なので、レーシングカーのホイールなどにも使用されることがあります。
軽量化によって、携帯性も上がりコンパクト設計ということもあって、女性でも片手で持ち運ぶことが出来ます。

●走りへの追及

コンパクトなタイヤでありながらも、なめらかな走行と快適なスピードを生み出します。
通勤や通学、街乗りなど、さまざまな場面に対応することが出来る自転車です。

折り畳み自転車だけじゃない!ルノーのおすすめ自転車!クロスバイク編

先ほどは、ルノーの折り畳み自転車の実力について詳しくご紹介しましたが、評判が良いのは折り畳み自転車だけではありません。

そこで、次にご紹介するのは、クロスバイクです。

クロスバイクは、街中を走るだけではなく、少し長い距離なのにも使える、オールマイティーな自転車です。
わかりやすく言うと、ロードバイクとマウンテンバイクの中間の自転車といったところでしょう。

馴染みのあるフラットタイプのハンドルなので、操作もしやすく姿勢も前方をしっかりと見ながら走行出来るます。

そのため、歩行者などが多くいる道を通る、通勤や通学にはピッタリです。

中でも人気なのが、6段変速のルノー CRB7006Sのクロスバイクです。

ブルーやグリーンの鮮やかなカラーの車体のところどころにフランスのトリコロールカラーの模様が入っていて、とてもおしゃれです。

男性だけでなく、女性もおしゃれに乗りこなすことが出来るでしょう。

21段変速のクロスバイク、ルノーAL-CRB7021は、バーエンドがついています。
そのため、振動を抑えるので、手が疲れにくいでしょう。

ネイビーとホワイトのカラーがあり、シンプルでセンスの光るデザインになっています。

折り畳み自転車だけじゃない!ルノーのおすすめ自転車!ロードバイク編

続いては、ロードバイクのご紹介です。

ロードバイクも、折り畳み自転車に負けないくらい評判が良いです。

ロードバイクは、街中を走行するというより、本格的に長い距離をより速くを走りたいという方に、おすすめです。

細めのタイヤとドロップハンドルによって、軽く踏み込むだけで加速し、ハンドルの持ち位置を変えられることで、身体への負担を軽減します。

そのため、長距離もぐいぐい走ることが可能です。

中でも、ゴルディーニモデルの21段変速ロードバイクは、魔術師と呼ばれたアメデ・ゴルディーニが手掛けたもので、ブルーとホワイトのさわやかなコントラストが象徴的なモデルです。

細いフレームが、スポーティーさを演出しています。

変速性能は21段変速であり、ハンドルバーシフターでギアチェンジが可能なので身体へのストレスを軽減してくれるでしょう。

エントリーとしても最適で、フレームサイズが460mmと小さめなので、女性にもおすすめ出来るロードバイクです。

このさわやかなルノーのロードバイクで、海沿いを走ったら気持ち良いこと間違いなしでしょう。

折り畳み自転車だけじゃない!ルノーのおすすめ自転車!ミニベロ編

最後にご紹介するのは、ミニベロです。

ルノーのミニベロは、おしゃれとの評判があります。

ミニベロとは、小さいコンパクトな自転車です。
漕ぎ出しが軽い小径のタイヤなので、街乗りに最適で、おしゃれな見た目は注目されること間違いなしです。

軽量で折り畳み可能なミニベロもあるので、さまざまな場所に持っていくことが出来ます。

中でも、ルノークラシックのミニベロは、20インチ6段変速で、レトロでかわいらしいと大人気です。
落ち着いた色味のレッド、オレンジ、ブルーの3色があります。

ギアチェンジも簡単なので、小さいお子さんでも乗れるでしょう。

また、別売りのフロントバスケットを付ければちょっとしたお買い物にも行けます。

また、ルノーのクラシック藤風バスケット付きミニベロは、藤風のバスケットがついており、深みのあるグリーンとホワイトの2色があります。

可愛らしさだけでなく、機能も充実したい方にはおすすめです。

ルノースペシャルオファーモデルは、20インチ6段変速で、メタリックブルーとシンプルなホワイトの2色が展開されている人気のモデルです。

シンプルで独創的なフレーム形状が味わい深いデザインになっています。

ルノーの自転車に乗ってみよう!

今回は、ルノーの自転車について詳しくご紹介しましたが、気になるものはありましたか?

ルノーの自転車は、デザイン・性能ともに、他社自転車メーカーに負けず劣らずの実力があります。

自転車の購入を検討している方は、是非ルノーの自転車も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 - メーカー, 自転車全般