リアディレイラーとプーリーの仕組み!調整を行ってみよう

変速機が付いているスポーツバイクなら、ほとんど装着されている、リアディレイラーとプーリー。

このリアディレイラーは変速をスムーズに行う役割があります。

一見難しそうな、リアディレイラーとプーリーの調整ですが、やってしまえばそれほど難しいものではありません。

調整方法について、ご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ストライダーは2歳の女の子でも「アリ」と言えるのか?

ストライダーは2歳から乗れるペダルなし自転車で、世界150万人のお子さんが愛用していると言われて...

タイヤはネットで買うと安い!でも自分で取付けできないかも

自転車のタイヤを交換するとき、ネット通販のページで価格を調べることがあると思います。また、そ...

日本一周にロードバイクは適切か?ブログで読み解く旅の準備

自転車での日本一周は、男性なら誰もが夢見たことがあると思います。「ロマンにあふれる旅」と「旅...

自転車のフレームがサビてしまうのを防ごう!サビの危険性

自転車のフレームなどのパーツがサビてしまうことがあります。そう、自転車はサビやすいのです。...

シマノのハブをメンテナンスしよう!グリスアップの方法は?

皆さんは、ご自身が乗る自転車のメンテナンスを定期的にしていますか?また、近年の自転車ブームで...

ロードバイクホイールの交換方法~どこで買う?効果は?

ロードバイクの性能を上げたいと思って世間の意見を参考にしようとすると、多くのロード乗りがホイールの交...

2歳からペダルなし自転車「ストライダー」で慣れさせよう!

2歳という年齢は自分で歩けるようになって行動範囲が広がってくる頃で、そろそろベビーカーの卒業を考える...

ホイールのフリーハブとスペーサーの関係性を徹底解明!

完成車に乗っていると、さらに速度を上げたり楽な走りを実現するために、ホイールを交換したいと考える人が...

痛い原因はクロスバイクのサドル?柔らかいのが良いのか?

クロスバイクはスポーツバイクの入門編的存在なので、ママチャリからの乗り換えが多くなります。そ...

スギノのクランクを例にしてクランクの外し方を徹底的に解説

現在のロードバイクのクランクは、六角レンチさえあれば簡単に取り外せます。しかし、古いロードバイ...

自転車の後輪ブレーキシューの交換する手順とは?

自転車の消耗品で一番に思い出すのはタイヤですよね。その次の消耗品っていえばブレーキシューです...

タイヤなどの自転車パーツの重量を軽量化する意味とは?

一般的に、「自転車は軽量化するほど良い」と耳にすることがあります。それに伴い、自転車も重量が...

自転車で速くなりたい!速い人たちは何が違うのか!?

スポーツ自転車に乗り慣れてくると、「速く走りたい」そんな思いがふつふつと湧いてくるでしょう。...

自転車のハブの交換はできるのか?効果はあるのか?

自転車のハブは、車輪の中央に付いている小さな部品ですが、実に重要な役割をいくつも持っています。...

ストライダーのホイールをカスタムすると重量が重くなる?

ストライダーは対象年齢が2歳~ということもあり、車体がコンパクトで重量もとても軽くなっています。...

スポンサーリンク

リアディレイラーを調整する必要はあるのか

スポーツバイクを購入した当初のリアディレイラーは、ショップできちんと調整されています。
そのため、変速もスムーズに行うことが出来ます。

しかし、長く乗っていると、ワイヤーによる伸びが出たり、リアディレイラーの位置ズレが起こり、変速が鈍くなることがあります。

更に、酷くなるとチェーンが外れて落ちてしまい、フレームなどに傷を付ける可能性だって考えられるのです。
一番最悪なのは、後輪がロックして転倒なんてこともありえます。

自転車に乗っている際、変速がスムーズに行えないと、結構ストレスを感じるものです。

特にロングライドでの長距離走行や、ヒルクライムで変速がスムーズに出来ないと、疲労感を増してしまうことになるでしょう。

また、リアディレイラーには、プーリーと呼ばれる、チェーンを引っかける部分のパーツが付いています。
リアディレイラーの調整にはプーリーも関係してくるので、それぞれ見ながら調整を行って行きましょう。

リアディレイラーの調整は基本を理解していれば難しいものではありません。

そこで、調整の基本をご説明する前にプーリ―についてもう少し詳しく知っておきましょう。

そもそもリアディレイラーのプーリーって?

ここまで、主にリアディレイラーの調整についてお話してきました。
では、今度はプーリーについてお話していきましょう。

リアディレイラーのところに付いている歯車、それがプーリーですね。
一見目立たないプーリーですが、大きな役割を持っています。

プーリーは、ガイドプーリーとテンションプーリーの2つ存在しています。
ガイドプーリーの役割は、チェーンを脱線させて変速させることです。

リアディレイラーと同様、変速するためには、必要なパーツだったのです。

テンションプーリーの役割はチェーンのテンションを一定に保つ役割をしています。
チェーンが、どのギア比になっても、一定のテンションを保てるのは、このテンションプーリーのおかげだったのです。

そして、このプーリーですが、お手軽にカスタマイズできるパーツとして注目を集めています。

それでは、改めて調整方法をご紹介していきます。

リアディレイラーとプーリーの調整を行ってみよう①

まず、リアディレイラーの仕組みについて簡単にご説明します。
リアディレイラーの変速の仕組みは、ワイヤーを引っ張ったり緩めたりすることで変速を行います。

では、早速本題となる、リアディレイラーとプーリーの調整方法をご紹介していきましょう。
ディレイラーの調整方法は、様々なやり方があります。

まずは、簡単なワイヤー調整から行っていきましょう。

リアディレイラーは、ワイヤーを引っ張ったり、緩めたりすることで変速を行っています。
そのため、ワイヤーが伸びてしまっていたり、きちんと張られていないと変速はスムーズに出来ません。

そうなってしまったら、リアディレイラーのワイヤーを引っ張ってあげることで、解消出来ます。

調整する際は、最もワイヤーが緩んでいるであろう、一番歯数が小さいギアであるトップギアに変速しておくことです。

なぜなら、トップギアでワイヤーが張っている状態にすれば、他のギアで緩むことはなくなります。
そのため、ある程度の変速はスムーズに出来るようになります。

トップギア側の調整が出来ましたら、次はワイヤーを実際に固定していきましょう。

リアディレイラーとプーリーの調整を行ってみよう②

次に、ワイヤーを引き、ボルトにワイヤーの固定を行っていきましょう。
この時、注意するのが、ワイヤーを引きすぎないようにするということです。

また、ワイヤーの固定を短めにしてしまうと、ギアとレバーの位置がズレてしまう可能性があります。

ワイヤーを固定後、ロー側のガイドプーリーの位置を決めていきます。

ローギヤ側の調整ネジで、ガイドプーリーがローギヤの真ん中下に来るように合わせていきましょう。
その際、アジャスターボルトで、ガイドプーリーがスポークに当たらないか確認しましょう。

次に、レバーを一番ローギヤ側にして、ホイール側にチェーンが落ちないかチェックをして下さい。
チェーンが落ちないことを確認できたら、これでギアの限界位置が決まります。

最後に、ローギヤ、トップギヤにスムーズに入るか確認します。
ここまで出来れば、あとは変速の微調整のみになります。

リアディレイラーのトップギア、ローギアの位置が決まったら、次に行う調整は変速機の調整です。
その際、ケーブルアジャストボルトで、細かな調整を行います。

リアディレイラー調整のポイント

新しいリアディレイラーはアジャストボルトのテンションが全く締め込まれていません。
調整をした後でも、変速がスムーズに行えないときは、アジャストボルトのテンションを確認してみて下さい。

このアジャストボルトというものは、スプロケットとガイドプーリーの距離を調整することができます。

ボルトを締めるとプーリーがスプロケットに近づくといった動きをします。
逆に言うと、ボルトを緩めるとスプロケットから離れていきます。

プーリーがスプロケットに寄れば寄るほど、変速がスムーズに行えるようになります。
ですが、ここで詰めすぎると逆にチェーン詰まりを起こしやすくなります。

そのため、ここでの微調整が、気持ちのよい変速が出来るポイントになります。

リアディレイラーの構造はシンプルながら、やりがいがある調整です。
変速が上手くいかなくなったら、リアディレイラーの調整は欠かせません。

リアディレイラー調整は覚えておいて損は無い調整方法のひとつです。
ぜひ、参考にしてみて下さい。

プーリーのご説明をした中で、プーリーのカスタマイズに触れましたが、その効果はどんなものがあるのでしょうか。

次でご紹介していきましょう。

プーリーの大型化はメリットがあるのか!?

リアディレイラーの部分を見ると、スプロケから、ガイドプーリー、テンションプーリーとなる部分がS字状になるのを確認できるかと思います。

ここのS字カーブがきつくなるほど、抵抗が強くなり、ロスが生まれるといわれています。

プーリーのカスタマイズでよく目にするのが、大型化です。
プーリーを大型化すると考えると単純にS字カーブが緩くなり、チェーンにかかる抵抗が減るというわけです。

S字カーブを緩めることで、抵抗を減らすという目的のため、プーリーの大型化は注目されています。
プーリーを大型化することで、走行がスムーズになったといった声も聞きます。

これだけを見ると、大型化にした方がいいと思うかもしれませんが、プーリーの大型化にもデメリットがあります。

○プーリー大型化のデメリットは?

中には、全く変速性能は変わらないといった方もいるようですが、変速性能は少し落ちるでしょう。
他のデメリットを上げると、調整が難しくなり、フレームによっては使えない場合もあることです。

大手メーカーがプーリーを大型化しない理由は、構造的な問題と、調整が難しいからだと考えられるでしょう。

リアディレイラーの調整に挑戦してみよう

多くのスポーツバイクなら、リアディレイラーとプーリーは装着されているはずです。

この2つは、変速をスムーズに行うために、重要なパーツになります。

リアディレイラーの調整は、シンプルながら奥が深い調整です。

一度覚えてしまえば、何度でも調整することが出来るので、リアディレイラー調整は覚えておくといいでしょう。