ビアンキのミニベロは街乗りに最適!愛車を盗難から守ろう!

ビアンキのミニベロは街乗り、通勤に最適です!

その理由をこれからご紹介していきます。

また、現在の自転車の盗難件数は、非常に増えています。

大切な愛車を守るために、盗難対策はきっちりしておきましょう!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車を傷つけずに運びたい!固定するベルトと関連グッズ

遠方に自転車を運ぶ方法は様々ありますが、輪行や車載するときに悩むポイントは自転車をどう傷つけずに運ぶ...

会社までの距離が13キロくらいなら自転車通勤がオススメ

自宅から会社までの距離は、通勤手段や通勤時間が気になるところです。勤め先が近ければ、通勤は苦にな...

高校で自転車競技部に入部したい!費用が高いから諦める?

高校で自転車競技部に入りたいけれど、費用のことを考えてやめてしまう、という学生の方は多いでしょう。...

自転車のペダリングはふくらはぎを効率的に使う方がよい!?

ロードバイクやMTBそしてママチャリなどすべての自転車に共通していることは自転車を漕ぐことで...

ストライダーのスタンドを手作りしたい!どう作れば良い?

ストライダーは、小さなお子様にとってとても楽しい乗り物です。しかし、遊んでいるときは良い...

自転車のスプロケットを交換するとどんな効果がある?

スプロケットは、自転車の後輪に装着されているギアの歯車のことです。多段化されている自転車...

ストライダーの対象年齢は2歳から!レースにも出れる?

「ストライダー」は子供用のペダルなしの二輪車のことで、世界150万人のお子さんが楽しんでいると言われ...

家族と楽しめる趣味!クロスバイクで日帰りツーリング

家族で同じ趣味を共有すると、思い出作りやコミュニケーションがとれていいものです。自転車でツー...

自転車に速度制限ってあるの?速度違反をしたときの罰則って

スポーツ自転車に乗るようになり、スピードが出始めると気になるのが、自転車の速度制限ですよね。...

ウイリーをカッコよくキメたい!効果的な練習方法って!?

マウンテンバイクで挑戦したい技といえばウイリーですよね。ウイリーとは、フロントタイヤを浮かせ...

ランドナーで福岡県を走ろう!福岡県は自転車にやさしい街

ランドナーはロードバイクと見た目は似ていますが、まったく違った自転車になります。ランドナーは...

ツールド沖縄の魅力とは?2016年のレースを振り返ってみた!

皆さんは、沖縄県で毎年開催される「ツールド沖縄」を知っていますか?沖縄では、沖縄の地形を生か...

自転車で移動距離を延ばしたい!有効なトレーニング方法は?

スポーツ自転車に乗り始めたばかりだと、長距離を走ろうと思っても途中で疲れて断念してしまうことがありま...

自転車のブレーキゴムは交換が必要!その種類と交換方法は?

自転車に乗っていて、必ず必要なパーツにペダルやハンドル、タイヤがあります。この他に、必ず装備...

ストライダーとペダル後付け自転車は将来的にどっちがいい?

ストライダーはペダルなしの子供用自転車の代表的な製品で、世界に150万人のユーザーがいると言われ...

スポンサーリンク

ビアンキのミニベロが街乗りに最適な理由①

自転車には、様々なタイプの自転車があります。
一般的なものは、ママチャリやシティバイクになります。

しかし、デザインが好きでない人がいるかもしれません。
だからといって、ロードレーサーはタイヤが弱いし、マウンテンバイクはタフすぎなため、街乗りにはあまり向いていません。

街乗りに向いている自転車は、止まったり発進したり障害物をよけたりしながら乗ることが多いです。

そこで、ビアンキのミニベロは、その点でおすすめです。

ミニベロは、タイヤが20インチくらいで、ママチャリよりも小さいです。
そのため、漕ぎだしが軽くて、信号待ちなどで止まった状態からも軽く発進可能です。

また、ビアンキのミニベロは小型なのですが、安い折りたたみ自転車みたいなものではありません。

早いスピードでの走りが可能で、変速機が充実しているものがほとんどです。
ギアを変えることで、早いスピードでの走りが可能になるのです。

ただ、ミニベロの盗難には、気をつける必要があります。

ビアンキのミニベロが街乗りに最適な理由②

ビアンキのミニベロは、とても軽いので、持ちあげて階段を上がることもできます。

自転車で走っているときに、行き止まりがあって、歩行者のための階段だけがあることがあります。
そんなときでも、小型で軽いミニベロに乗っていれば、楽に持ち上げて階段を上がることができるでしょう。

ただ、持ち運びができることで盗難もされやすいので、気をつけてください。

ミニベロは、小型でも作りがしっかりしているし、価格もそれなりにします。
そんなミニベロは、フレームに軽くて丈夫な素材が使っているため、自転車をもっと軽くします。

ミニベロで、折りたたみのできるタイプなら、自動車に載せるのも楽です。
パンクしてどうしても困ってしまった時に、簡単に自動車に載せられることは、街乗りとしてもメリットになるでしょう。

また、ミニベロは、小回りが効くので、ターンがとてもしやすいです。

街乗りでは、歩道に設置されたポールや歩行者などの、障害物がたくさんあるので、障害物を避けて走る必要があります。

そんなときにミニベロは、小回りがかなり効くため便利です。
小回りが効くので、狭い道でUターンできることも良いでしょう。

ビアンキのミニベロでおすすめなのはミニベロ8!

ミニベロ8には、ビアンキのファッション性と機能性が備わっています。
細いフレームはアルミ製なため、軽くて丈夫です。

ミニベロ7よりもギア比が高く、ミニベロ9より初心者に向いているため、ミニベロを初めて買う人におすすめです。

また、スポーツ自転車は、色の展開が毎年変更があったりします。
そのため、気に入った色の時は、早めに購入する必要があります。

ミニベロ8は、20インチですが、実際には22インチくらいあります。
レース向けのミニベロも22インチくらいなため、ミニベロ8の走りが素晴らしいのが納得できます。

さらにこのミニベロ8には、種類があります。

ミニベロ8ドロップは、ロードバイクに使用されるハンドルで、握る位置を変えれば長距離でも疲れずに走れます。
さらにドロップハンドルなので、姿勢が低くなって速度も出ます。

逆に低速の走りが難しく、小回りは効きにくいです。

長距離や速さを求める人に向いているでしょう。

ミニベロ8フラットは、マウンテンバイクやクロスバイクに使用されるハンドルです。
姿勢が低くならないため、視界が広いです。

低速の走りに向いていて、ハンドル操作も楽なため、短距離を走る人におすすめです。
街乗りや軽い遠出にも便利で、ファッション性と機能性を備えた素晴らしいモデルです。

では次に、ミニベロの盗難防止についてご紹介していきます。

大切なミニベロを守る!盗難を防止するには!?

ミニベロだけではなく、自分の大切な自転車が盗まれることは、とても悲しいことです。
自転車を自分好みにカスタムすると、唯一無二の存在になります。
まるで、相棒のような感じです。

このように愛着を持って接していた自転車が盗まれるとどうしていいのか分からなくなります。
そのため、自転車を停めるときは、かなり気をつけています。

このように盗難にあわないために、「盗まれにくいミニベロの駐輪方法」についてご紹介していきます。

まずは、ループできるワイヤー錠とスチールプレート製の鍵を準備してください。
そして、ワイヤー錠をサドルのレールに通してください。

ビアンキのミニベロのロードバイクやママチャリとの大きな違いは、「シートポストが簡単に抜ける」ことです。
クランプを緩めると、簡単にサドルとシートポストを盗めるのです。

そのため、シートポストを守るようにワイヤーを通してください。
ワイヤーを通す隙間のないサドルがあるので、注意しましょう。

それから、ホイールにもワイヤーを通してください。
ワイヤー錠の長さが足りなくなるため、シートポストは下げます。

このようにすれば、犯人に盗難するのが難しく感じさせることができるでしょう。

盗難防止には地球ロックが有効!

先程の鍵のかけ方の続きです。

地球ロックという鍵のかけ方があります。
この地球ロックで鍵をかけると盗難にあう可能性を少なくできることでしょう。

地球ロックっていうのは、鍵の名前ではありません。
地面に固定されているものに鍵を括りつけて動かないようにする鍵のかけ方のことです。
このように地球ロックをすると、鍵を壊さない限りは自転車を盗むことができません。

強固なロックをしても、地球ロックをしていないと、ロックが付いたまま自転車を持ち去ることが可能なので、地球ロックを必ずするようにしてください。

外出先では、電柱、標識、ガードレール、木の幹、強固な柵、などとロックしましょう。
地球ロックに使用する鍵は、もう一つ用意したスチールプレート製の鍵です。
このスチールプレート製の鍵でホイールと電柱などに括りつけましょう。

ただし、スチール製と言っても、100%盗難されない駐輪方法というものはありません。

このように二重に鍵をかけることで、自転車の盗難にあう可能性を低くできることでしょう。

マナーを守って、「できるだけ短い時間」で駐輪して、ビアンキのミニベロなどの愛着をもった自転車を盗難から守りましょう。

自転車の盗難に効果があるアイテム

ビアンキのミニベロに乗って街を走ると気持ちが良いです。
しかし、街中には沢山の人がいます。

盗難にあう可能性も少なくありません。
そこで、盗難から守る鍵をご紹介していきます。

●U字ロック
自転車の盗難を防ぐのに人気があります。
また、そのセキュリティと見た目からも、盗難を防ぎます。

多関節ロックは、頑丈なので、慣れてない泥棒はこのロックを見ると、盗難するのをあきらめるでしょう。
切るとしても、かなり時間がかかるため、プロの業者でもこのチェーンには警戒します。

ワイヤーカッターでも切れないのに、楽に持ち運べるのもメリットです。

●盗難防止アラーム
80デシベルのアラームで、泥棒を他の人から注目させて盗難をやめさせます。
自転車をロックする際、盗難防止アラームをかけて、Bキーを2秒以上押せば起動します。

パスワードを入力せずに、自転車を動かそうとすると、アラームが鳴ります。
誤って使用することも防止するため、感度を3つの段階にわけることもできます。

かなり値段が安くて効果のあるアイテムは、盗難防止ブザーです。
たくさんの種類がありますが、ほとんどのものは振動を感知して、大きな音を出すものになります。

大切な自転車を盗難から守ろう

ミニベロに限らず、自転車の盗難被害はとても多いのです。

そんな盗難被害を防ぐために、今回ご紹介した方法を取り入れてみましょう。

もし盗難されてしまっても、自転車が見つかる確率はとても低いので、最善の盗難対策はしておくべきでしょう。