ロードバイクのタイヤ等を処分したい!!処分方法は??

ロードバイクや自転車のタイヤあらゆるパーツは消耗品ですから、いつか処分しなければならないときが来ます。

そういった場合、処分方法はどうしたらいいのか?

自転車のさまざまな処分方法を調べてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

今はなきgiantのロードバイク「ocr3」!その性能はいかに?

ロードバイクは多かれ少なかれ毎年のようにリニューアルがされますし、ニューモデルも出るので、非常にサイ...

SHIMANOのコンポをCLARISから105にグレードアップ!効果は?

SHIMANO(シマノ)のCLARIS(クラリス)といえば、エントリーグレードの完成車に装備され...

自転車ホイールの歪みを見逃すな!チェック方法とは!?

自転車に乗っていて、なんだか走りにくい・・・なんて経験ありませんか?もしかしたら、それは...

知らなくてはもったいない。イーストンのホイール「ea90」!

イーストンは、創業は1922年のアメリカで、スポーツ用品を幅広く扱うメーカーです。つまり自転...

自転車のブレーキレバーの交換!取り付け方法と調整のやり方

自転車に必ず必要な装置の中には、ブレーキを効かすためのブレーキレバーがあります。必要な装置で...

ステムを交換してロードバイクのポジションを自分好みにする

ロードバイクは個体差もありますが、基本的には前傾姿勢で運転するものです。これにはフレーム...

シュワルベの耐パンクタイヤ「マラソン」の特徴と適正空気圧

どんな自転車も、乗っているといつかは引き起こしてしまうパンク。皆さんも自転車に乗ったことがあるな...

オリンピックの自転車競技で日本人が弱いと言われる理由

オリンピックや自転車競技の大会を観戦していて、欧米人が強く、日本人が弱いのを目の当たりにすることがあ...

ロードバイクのタイヤの太さは25cが主流!23cは終わったのか

ロードバイクのタイヤの太さは、23cから25cへと移り変わりつつあります。23cの需要がなく...

ロードバイクのシフターは角度を調整して姿勢を変える!

ロードバイクに乗るときの姿勢で乗り方や体への影響が変わってくることをご存知ですか?この姿...

ロードバイクが転倒した!どこに影響が出る?修理できる?

ロードバイクを始めたばかりですと、ママチャリなどの一般的な自転車よりも扱いが難しいので、転倒したり、...

ピナレロのグランフォンドの礎「ROKH」をインプレ情報で回顧

ロードバイクのラインナップは、一つのシリーズの中にグレード別に機種を用意するか、シリーズ自体を多...

ロードバイクのホイールをメンテナンス!振れ取りって何?

ロードバイクのメンテナンスや整備を行っていくうちに出てくる「振れ取り」という言葉があります。...

グリップシフトとトリガーシフトの違いは!?優秀なのは?

クロスバイクの場合、ギアの変速操作を行うのにシフターで変速を行います。グリップシフトとトリガ...

自転車のブレーキ音、キーという異音の原因は!?

自転車からの異音に、悩まれている方も多いのではないでしょうか?特に気になるのが、ブレーキをか...

スポンサーリンク

ロードバイクのタイヤ等の処分方法は?①

ロードバイクのタイヤ等の処分方法をご紹介します。

一番安く済む方法は、持ち込みできるゴミ処理場へ自分で持って行く方法です。
料金は、物の重さで変わるので、回収を依頼するより安くなることが多いです。

古くて重い自転車でも、数百円かかるだけです。
ただ、ゴミ処理場に行くには、車がないと難しいところがあります。

ゴミ処理場の場所や受付時間は、ネットなどで調べましょう。
身分証明書を持って行ってくださいね。

それから、自治体の回収サービスを使う方法もあります。
自治体の回収サービスの自転車の回収は、事業者より安いことがほとんどです。

次に、粗大ゴミでの回収を使う方法です。
前もって連絡しないといけませんが、遠くまで自転車を運ぶ必要がないので、ゴミ処理場が近くにないなら、粗大ゴミの回収を使うのをおすすめします。

少し費用はかかりますが、民間の事業者にお願いするよりはとても安く自転車を処分できます。
ただ、自治体の回収日があるので、急いで自転車を処分したいのなら、おすすめできません。
急いでいない人にとっては、おすすめの方法です。

ロードバイクのタイヤ等の処分方法は?②

ロードバイクのタイヤ等の処分方法の続きを書いていきます。

次に、民間の回収事業者にお願いする方法があります。
回収業者にお願いするときは、自転車の単品だけでも回収してくれるのか、確認したほうがいいでしょう。

出張費プラス回収物ごとの値段を設定している回収業者もあります。
回収事業者にお願いすると、自分が希望する日程や時間帯に自転車を回収してもらえるのがメリットです。
忙しい人にも便利です。

粗大ごみシールを準備する必要もないので、楽に処分ができます。
また、処分場に自転車を運ぶ必要もないので、手間が省けます。

いろんな処分の方法をご紹介してきましたが、なんといっても最も安い処分の方法は、処分場に自分で持って行くことです。

ただし、まだ使える自転車なら、自治体によっては、リサイクルとして預かる場所を設けていることがあります。
自治体に確認して、使わなくなった自転車を活かせる方法があるかどうか、聞いてみると良いでしょう。

ロードバイクタイヤの処分は燃えるごみ??燃えないごみ?

ロードバイクタイヤの処分は燃えるごみになるのか燃えないごみになるの?ということですが、それは自治体によって違います。

そのため、市役所のホームページでチェックしましょう。

タイヤを60cmくらいに切って、燃えるゴミ、あるいは燃えないゴミで出すことになります。

自転車屋でタイヤを替えるなら、古いタイヤを処分してもらえます。
しかし、自分でタイヤを替えるなら、古いタイヤは自分で処理しないといけません。

購入したお店で引き取ってもらえますが、自分で処分するならタイヤの縁に金属ワイヤーが入っているので、そのままでは捨てることができないので注意しましょう。

一般ゴミとして処分する方法をご紹介します。
まず、タイヤの中央に切れ目を入れて、そこからハサミを入れて、縁まで切ります。

縁からワイヤーに沿って20cmくらい切ったら、ワイヤーを持ってタイヤを足で踏んでワイヤーを剥がしましょう。

ワイヤーは金属ゴミとして処分します。
タイヤは短く切り、燃えないゴミで出してください。

ただし、地域でゴミの分類が異なることがあるので、確認が必要です。

いらなくなったロードバイクを処分したいときは!?

タイヤなどの処分ではなく、いらなくなったロードバイクを処分したいときの方法です。
使えるロードバイクは業者に買い取りをしてもらいましょう。
ロードバイクの需要は高いため、ロードバイクを高く買い取ってもらうことができることもあります。

壊れていない場合は、また売ることができるため、買取してくれる業者はたくさんいます。
処分するのにお金が全くかからないばかりか、買い取ってもらうのでお金をもらうことができます。

ロードバイクを業者に買い取ってもらうことは、一石二鳥の処分方法と言えますね。

もし、ネット販売をしたいと思っているのなら、時間や手間がかかるということを知っておいてください。
取り引き相手の顔が見えないので、お金に関わるトラブルが起こることも少なくありません。

ロードバイクは一般的な自転車より、価格がとても高くなります。
そのため、たくさんの人が、値段が安い中古のロードバイクを買おうと考えています。

使用したロードバイクは中古になるので、値段が安くなります。
そのため、少しでもロードバイクを安く購入したい人には、人気があります。
ということで、ロードバイクの中古市場の需要も高いのです。

ロードバイクを処分したい!高く売るには??

ロードバイクを買い取ってくれるのは、自転車専門店・不用品回収(買取)業者・リサイクルショップなどです。

自転車の販売・中古買取をする業者ではロードバイクも買ってくれます。
不用品回収(買取)業者は、買取ができない自転車をそのまま回収してくれるので処分するのにも便利です。

リサイクルショップでもロードバイクを買い取ってくれるのですが、ロードバイクのことをよく知っている店員はあまりいません。

そのため、適切な値段で買い取ってもらえないことがあります。
ロードバイクの買い取りは、3万〜20万円くらいです。

これは目安なので、同じロードバイクでも違う値段になることがあります。
ロードバイクが新品に近ければ近いほど買い取ってくれる値段が上がります。

高値で売りたいなら、数社の業者に見積もりをお願いして比べてみましょう。
少しでも高く売るには、自転車の状態を正確に伝えるのがポイントになります。
使用期間、購入時期、などを店員に伝えましょう。

また、売る前に自転車のタイヤなどの汚れを掃除しておきましょう。
高価な自転車でも、汚れが目立つようだと買取の値段に差し障ります。

ロードバイクを処分したい!業者選びのポイント

業者を選ぶときは、許可証がある業者を選びましょう。
優良業者と悪徳業者は、許可番号の記載で違いが出ます。

品物の売り買いをする業者は、都道府県から許可を貰う必要があります。
優良業者はきちんとホームページに許可番号を載せています。

それから、店員の対応が丁寧かどうか、そして査定額、もチェックしましょう。
防犯登録は、どうすればいいのか疑問に思いますよね。

自転車を買い取りしてもらうなら、防犯登録を抹消する必要があります。
防犯登録が抹消できていないなら、それが買い取ってもらう値段に関係してきます。

抹消の手続きは、防犯登録した店、交番や警察署でしてもらえます。
もし防犯登録を抹消していなければ、買い取ってもらう値段が低くなります。

また、窃盗を疑われることもあります。
最近、ロードバイクの窃盗事件がたくさんあります。

ロードバイクは本体・タイヤなどのパーツが、高い値段で売れるのでターゲットにされやすいです。
防犯登録を抹消していないと、窃盗事件にまきこまれることがあります。

お世話になったロードバイクを捨てて処分するのではなく、再利用として買取してもらえれば、最高ですね。

使わなくなった自転車でも売れる可能性が

ロードバイクなどの自転車の処分を考えている人は、一度買い取りに出してみてはいかがでしょうか??

ロードバイクは、需要が高く人気があるので、売れる可能性は大いにあります。

処分する方法のひとつとして、考えてみてください。