CATEGORY

ホイール

  • 2019年9月28日

デュラエースのハブを使用して手組みホイールを組む!

手組みホイールを愛用している方には、シマノ・デュラエースのハブを使用してきた方もいらっしゃると思います。しかし、コンポがR9100にモデルチェンジした段階で手組み用のハブはラインナップから外れてしまい、現在は一世代前の9000系のハブが販売されている状況です。詳しい理由などは公表されていませんが、推測するには興味深い話題ですので、今回は手組みホイール全体のことなども合わせてお話ししていきます。

  • 2019年8月1日

ロードバイクホイールの王道カンパニョーロ!グレード別一覧

ロードバイクは完成車で購入するにしても、フレーム買いをするにしてもパーツをカスタムしながら自分好みに仕上げていくのが醍醐味の1つです。中でも本分であるスピードを左右するパーツとしてホイールの存在は大きく、真っ先にカスタムが推奨されるパーツでもあります。中でもイタリアの「カンパニョーロ」はプロから一般ユーザーの最初のホイール交換に至るまで、グレードを問わず、誰が使用しても評価が高い王道メーカーです。今回はそんなカンパニョーロのロードバイク用ホイールをグレード別にご紹介するとともに、ホイールの選び方についてもご紹介します。

  • 2019年2月8日

【ロードバイクホイール交換】最初のカスタムにおすすめ8選

ロードバイクを最初に購入する際はすぐに走り出せる完成車の状態が多いのですが、一般的には付属パーツを交換しながら1台に長く乗っていくというスタンスになります。そのパーツの交換ですが、ロードバイクの本分でもあるスピードを左右するホイールが効果を直線的に体感できるので、最優先されることが多くなります。ロードバイクのホイールはそういった理由もあり需要が高いので、各メーカーが参入しており、ラインナップもとても豊富です。そのため、最初の交換ともなりますと選択を迷う局面も出てくるかと思います。そこで今回は、筆者がおすすめするホイールをご紹介していきますので、参考にしてみてください。

  • 2019年1月21日

シマノのロードバイク用ホイールWH-R501は価格通りの評価?

シマノのロードバイク用ホイール「WH-R501」は、シマノで唯一の8、9、10速用です。また、最も価格が安いモデルでもあり、比較的安価な完成車に付属していることも少なくありません。これからロードバイクを始める、また始めたばかりという方ですと目にする機会も多いホイールかと思いますので、今回はWH-R501について詳しくお話ししていきます。

  • 2019年1月13日

シマノ・ホイールの購入に!カタログを見る際の参考情報

日本が世界に誇るパーツメーカーと言えば「シマノ」ですが、取扱品が多岐に渡りますのでカタログを持っておくと製品が確認しやすく何かと便利です。今回はシマノのカタログ掲載品の中でもホイールにスポットを当て、シマノ独自の技術や特別な用語などをご説明します。また、おすすめのホイールもご紹介します。

  • 2019年1月11日

シマノはホイールのC17ワイドリム化に積極的ではないのか?

近年ロードバイクタイヤの幅は、主流が23C(23mm)から25C(25mm)へ移り、さらには28C(28mm)も珍しくないところまできています。それに伴いホイールも、タイヤをはめる部分である「リム」の幅を広げるワイドリム化が進み、C15からC17へという流れになっています。ただ、シマノは他メーカーよりもワイドリム化がスローなので、今回はその理由なども確認してみましょう。

  • 2019年1月4日

シマノホイールを激安価格で購入する!どこで?注意点は?

ロードバイクのホイールは交換した効果が分かりやすいこともあり、カスタムの優先順位が高いパーツです。しかし、品質と価格が比例しますので、グレードアップにそれなりの出費が伴います。そのため、激安価格などで購入できればありがたいですし、他のパーツのカスタムに回せる余裕もできます。そこで今回はシマノを例に挙げ、定価よりも安い価格で購入できる方法や場所を検証していきます。

  • 2018年12月30日

エントリーの雄!シマノ・ホイール「WH-R501」のコスパ検証

ロードバイクは「人力最速の乗り物」と言われるほどスピードに特化しており、その要となるのがホイールです。シマノは世界四大メーカーの一つとも言われ、プロからアマチュアまで幅広く使用されています。今回は、中でも初心者や経験の浅い方向けとされるエントリーグレードの「WH-R501」をご紹介します。

  • 2018年12月28日

シマノのロード用ホイールの重量差!重量だけが全てでない

ロードバイクにとってホイールというのはスピードや乗り心地と深い関わりがあり、グレードの差を強く感じる部分です。グレード差は主に価格と重量に顕著に表れ、重量は特に気にする方が多い要素です。今回は日本のみならず、世界でもトップシェアを誇るシマノのホイールについて、重量を中心に見ていきます。

  • 2018年12月24日

シマノのロードバイクホイールを価格帯別にまとめる

ロードバイクのカスタムで優先順位が高いと言われるホイールですが、決して安い価格ではないので慎重に検討したいところです。その際には日本ではトップシェアを誇るシマノのホイールが視野に入ると思いますが、ラインナップの種類が多いので迷うとも聞いています。そこで今回はシマノのホイールを価格別にご紹介します。