大人気のピストは乗り方によってタイヤサイズが異なる!?

一般車とされるママチャリと同様の乗り方ができる自転車として大人気なのがピストバイクです。

シンプルな車体構造からさまざまなピストバイクが販売されています。

その中でも、特徴として大きく違っているパーツはタイヤサイズです。

ピストバイクをラインナップしているメーカーによって、好みとしているタイヤサイズは異なります。

今回は、ピストバイクの車体性能とタイヤサイズについて紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

タイヤが減ってきた!自転車のタイヤの寿命ってどのくらい?

自転車は長く乗っていると、ふと気がついたらタイヤがすり減っていた!なんてことはありませんか?タイ...

フルクラムはラチェット音が大きい!?ハブの整備で音量調節

ラチェット音ってご存知ですか?ロードバイクを押して歩いたり、ペダルを止めて空回りさせた時に、...

ロードバイクのタイヤの付け方を深く理解しよう!

ロードバイクのタイヤの付け方は、基本的には一般的な自転車のタイヤの付け方と同じです。一般的な...

自転車の防犯登録の目的は?他県で登録するとどうなるの?

突然ですが、皆さんは、自転車の防犯登録についてどのくらい知っていますか?自転車に乗っているか...

フィアットの自転車(ミニベロ)の口コミとは!?

フィアットといえば、自動車を思い浮かべる方も多いかと思いますが、自転車(ミニベロ)でも非常に高い評価...

自転車での雪道運転は危険で怖い!走行中の注意点とは?

雪道で凍結している道路は非常に滑りやすく、細いタイヤの自転車はなおさら危険です。転倒すると考える...

ロードバイクのタイヤサイズの見方は?何を見れば良い?

ロードバイクを始めとして、自転車のタイヤサイズは規格が乱立しているので、かなりややこしい状態です。...

自転車の防犯登録って義務化されていた!?防犯登録の意味

誰でも簡単に乗ることができ、たくさんの人が乗っている自転車。あなたの自転車は、防犯登録がきちんと...

ヤマト便改正でサイズと重さの上限変更!時間指定できる?

2017年6月に、ヤマト便の配送内容に改正がありました。自転車の配送に利用していた方々にとっ...

自転車で20分の距離なら、サイクルライフを楽しもう!

何の交通手段を利用するにしても、20分の距離がある目的地に行くとしたら、何の交通手段を利用しますか?...

自転車でも通勤手当はもらえる?公務員や一般企業の例

自転車通勤だと、通勤手当は支給されるのでしょうか。公務員の場合には、制度として整備されている...

クロスバイクやロードバイクのサドル盗難被害を防ぐ方法

クロスバイクやロードバイクなどのスポーツ自転車が盗難被害に遭うという話は、残念ながら毎日のように...

道路を走る自転車は邪魔物扱い!?自転車のルールを守ろう

自転車は軽車両扱い、つまり車用の道路を通行することが義務づけられています。しかし、車道を走る...

マウンテンバイクのタイヤはなぜ太い?タイヤを使い分けよう

マウンテンバイクは、道を選ばず、どんな悪路でも突き進めるタフさが魅力の自転車です。そんなマウ...

自転車の様々なパーツを取り扱う東京都の店舗をご紹介

スポーツバイクのホイールやタイヤなどのパーツは、街の自転車屋さんでは中々手に入りにくいです。...

スポンサーリンク

各メーカーで販売されているピストバイクのタイヤサイズとは

ママチャリをから乗り換え時に一番推奨される自転車はピストバイクとされています。

その理由は、ピストバイクには変速機が搭載されておらず車体の構造が限りなくママチャリに近いからです。

ただし、多くのピストバイクにはフリーコグと固定コグの2種類がリアホイールに取り付けられています。

ママチャリと同様の走りができるのは、フリーコグを使用している場合となります。

ピストバイクはこすぱのよさからライダーにとても人気な車体となっており数多くラインナップされています。

一般的には、購入当初のピストバイクに取り付けられているタイヤサイズはロードバイクと似ています。

ピストバイクは、ストリートにおいて速い走行ができるように設計されているためです。

ピストバイクをラインナップしているメーカーの中でも人気とされるのがモデルがCinelliのTipo Pistaです。

CinelliのTipo Pistaに取り付けられているタイヤは、DUROの700x25Cのタイヤが取り付けられています。

このように、購入当初のピストバイクには700x25Cのタイヤが多く取り付けられているためカスタムが欠かせません。

タイヤのサイズは細い方がよいピストバイクによる自転車通学

ママチャリと同様の構造をしているため自転車通学にもおすすめされるのがピストバイクです。

ピストバイクは、至ってシンプルでありペダルを漕ぐことで速度を調整します。

つまり、変速機など煩わしいものが一切搭載されていないピストバイクはペダルを漕げれば誰しもが乗れる自転車なのです。

ピストバイクで自転車通学を行う場合ですが、多くの人はフリーコグを使用することなります。

フリーコグに設定することにより、ペダルを漕いでいる時だけクランクが回転することになります。

つまり、構造としてはママチャリと同じなので平坦や坂道を問わずどのような道にも対応できます。

一方、固定コグを使用している人も少数派としていますが自転車通学には不向きとされてます。

自転車通学をする場合は、できるだけ高速域の速度を出せた方がよい場面が多いです。

そのため、自転車通学に使用するピストバイクのタイヤサイズは700×25Cが推奨されています。

ピストバイクのタイヤサイズを700×25Cにすることで、ロードバイクのような走り心地になります。

もう少し速さが欲しいという場合には、700×23Cを検討してもよいかもしれません。

自転車通勤でピストバイクを使用する際のタイヤサイズは28C

自宅から勤め先まで自転車通勤をされている人は数多くいる中で、ピストバイクに乗っている少数派も確実にいます。

自転車通勤においては、ピストバイクではなくロードバイクやクロスバイクの方が適しているとイメージされます。

確かに、ロードバイクやクロスバイクの方が高速域を出せるため自転車通勤を行う際には最適とされます。

では、あえてピストバイクになぜ乗っているのかについては単純に乗りやすいからという理由が多いです。

自転車通勤で使用されるのは、フリーコグではなく固定コグあるため高速走行が可能は可能です。

ただし、固定コグはホイールの回転に合わせてクランクが常に回転するため扱いが難しいとされています。

それでも、ロードバイクやクロスバイクの変速に比べると断然扱いやすく把握しやすいからです。

自転車通勤でピストバイクを使用される場合、タイヤサイズを700×28Cを基準に取り付けます。

700×25Cのタイヤを取り付けている時よりも速度は若干落ちますが、安定性は向上します。

自転車通勤を行うライダーの年齢層は幅広いため、速度よりも安定性を重視した方がよいとされます。

サイクリングを行う場合のタイヤサイズは25Cがおすすめ

サイクリングを行う時に使用される自転車としてピストバイクも数多くのライダーに好まれています。

単独走行を基本とするサイクリングですが、時には複数人で集団走行をすることになります。

その際、ライダー全員がピストバイクであるというのが一番推奨されますが現実はそううまくはいきません。

ロードバイクやクロスバイクなど高速走行を得意とする車体が必ず1台以上含まれます。

それにより、巡航速度はピストバイクだけの時とは異なり若干速くなります。

しかし、例え予想を上回る巡航速度となってもピストバイクでは速度域を合わせることができます。

そのために、サイクリングにおいてピストバイクを使用する場合は固定コグに設定しているライダーが多くいます。

ピストバイクをサイクリングで使用する場合におすすめされるタイヤサイズは700×25Cとされています。

ピストバイクのタイヤサイズとして700×25Cのタイヤサイズが一番固定コグと相性はよいとされているからです。

ただし、700×25Cはロードバイクで多く使用されるタイヤサイズのため速度は出せますがすぐにパンクします。

道中でパンク修理などを行いたくないライダーは、700×28Cのタイヤサイズにしておくことが推奨されます。

好みのタイヤサイズで走行できるピストバイクで行うポタリング

自転車を趣味としているライダーの多くがサイクリングを行っていますが、少し違ったものにポタリングがあります。

サイクリングとポタリングの明確な差というものはありませんが、意味合いが少し違います。

サイクリングについては、単独または複数人で走行し走行速度の制限は特に設定されていません。

一方、ポタリングにおいては単独または複数人で低速域から中速域を基準委走行することとされています。

つまり、サイクリングに比べポタリングの方が初心者ライダーであってもペースは合わせやすいです。

ポタリングでは、フリーコグを主に使用することになりゆったりとした速度で巡行することになります。

そのため、ピストバイクでポタリングを行う際のタイヤサイズはライダー好みでよいとされています。

つまり、細いタイヤが好きなライダーは細いタイヤを太いタイヤが好きなライダーは太いタイヤを装着します。

ポタリングでは、高速域で走行することはないためタイヤさいずにより速度減少は関係ありません。

ポタリングにおけるピストバイクは、性能よりも楽しさを重視した方がよいです。

ピストバイクはタイヤのサイズによってパンク頻度が高まる

通勤や通学の移動手段だけでなく、サイクリングやポタリングにおいても活躍するのがピストバイクです。

しかし、ピストバイクは乗り方によってはロードバイク以上のパンク頻度を経験する可能性があります。

ロードバイクは、変速機により速度域を自由に変更できるためライディングポジションはさほど変わりません。

ピストバイクは、前傾姿勢に近づけることで速度域は速くなってくるためライディングポジションは変わってきます。

実際にピストバイクに乗ると、高速域を出すときはより前傾姿勢になり低速域ではアップライドの姿勢となります。

このように、ピストバイクにおいては変速機がないため効率的に空気抵抗を減らせるかが重要となります。

そのため、多くの場合前傾姿勢により車体前方へ荷重がかかる状態のまま走行することになります。

その際に、タイヤサイズがロードバイクと同様の700×25Cを取り付けているとパンク頻度は高くなります。

ピストバイクで前傾姿勢を想定するならば、700×28Cまたは700×30Cのタイヤサイズが推奨されています。

これぐらいのタイヤサイズにしておくことで、姿勢による荷重はほとんど関係なくなり走りに集中することができます。

ピストバイクのタイヤサイズは一般的には700×25Cが基準

ピストバイクの車体性能とタイヤサイズについてご紹介しました。

ピストバイクを使用する目的に応じてタイヤサイズは異なりますがあくまでも目安です。

実際に乗るライダーが、しっくりこない場合はタイヤサイズを変更した方がよい場合もあります。

ただし、ピストバイクのタイヤサイズは700×25Cが基準とされています。

700×25Cを基準に好みのタイヤサイズを模索しましょう。