ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

シマノのロード用クランク一覧!効率のよいカスタムのために

2019.1.12

シマノのロードバイク用クランクには、アーム長やチェーンリングの歯数構成などにより様々な種類があります。

また、連動性があるため関連パーツも多いので、交換時には互換性にも注意しなければなりません。

そこで今回は、シマノのロードバイク用クランクを一覧にしてご紹介していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ロードバイクのホイールで5万円以下のおすすめを紹介

ロードバイクは、自転車の中でもかなり高価なものです。 名の通ったメーカーのものなら最低でも10...

フィジークのサドル バーサスは様々な人に合せて選択できる

あなたは現在使っているサドルに満足していますか? 自転車用サドルの大手メーカーの一つであるフィ...

チネリのカーボンハンドルネオモルフェのインプレ評価を知る

老舗自転車メーカーが多いイタリアの中でも、安定した実績を持っているのが「チネリ」です。 フラッ...

ビアンキローマ4のタイヤを自分好みにカスタマイズする!

イタリアの老舗ブランドであるビアンキのクロスバイクは、爽やかなカラーと安定した乗り心地で、少々高額な...

レースを目指すならこれ!シマノ・RS700のインプレ評価

ロードバイクのコンポと言えば、日本が世界に誇る自転車パーツメーカー「シマノ」であり、世界でもトッ...

すこぶる快適!メリダ・スクルトゥーラ400のインプレ評価

メリダのロードバイク「スクルトゥーラ」は、近年連続してツール・ド・フランスを走っている機体です。...

ロードバイク購入後の点検を忘れずに!どこをチェックする?

ロードバイクを始めて購入される方も、そうでないかたも、忘れてはいけないのがロードバイクの定期的な...

トレックのロードバイクの転換期は2015モデル!その理由とは

トレックのロードバイクは、2015年モデルで大きな転換期を迎えました。 それは、現在総合レーシ...

ロードバイクのタイヤをamazonで購入するという選択は?

amazonは100円以下の日用雑貨から1億円のロボットまで、世の中のありとあらゆる製品を取り扱う超...

merida ride80の2017モデルの進化!買って後悔しないためには

世界でも第2位の規模を誇る自転車メーカーであるmeridaがリリースするエントリーロードモデルが、m...

デローザの新型プロトスを解剖!重量や剛性等の性能面は?

2017年に、老舗メーカーのデローザからモデルチェンジされた、新型「プロトス」が発表されました。 ...

ロードバイクメーカーの特徴の違い!地域別・価格帯別・特徴

ロードバイクを選ぶ際にまず最初に考えるのは、価格とメーカーではないかと思います。 予算を決めて...

SHIMANO・CLARISはロードバイクのコンポとして必要十分か?

SHIMANOのロードバイク用コンポにはグレードがあり、CLARIS(クラリス)は正規グレードで...

シマノのリア9速、10速コンポは11速に比べ何が違うのか?

現在のロードバイクのコンポはリア11速が主流であり、統計を取ったわけではないですが、圧倒的に多い...

価格だけではない!メリダ・スクルトゥーラ2000を振り返る

メリダのロードバイクには、かつてシマノ・ソラをメインコンポとするカーボンフレーム車、スクルトゥー...

スポンサーリンク

シマノのクランクセットの特徴!アーム長とは

それでは、まず「ロードバイクのクランク」についてご説明します。

クランクは先端にペダルを取り付ける棒状のパーツで、それを回すことによって、チェーンを介して駆動力を車輪に伝えます。

シマノのロードバイク用クランクは、右クランクに回転軸が付属しており、BB(ボトムブラケット)というパーツを通してフレームに装着し、左側のクランクで固定をします。

シマノのクランクは、棒状のパーツ「アーム」の先が4つに分かれている「4アーム」仕様で、その4本のアーム上に仮想の円を描き、その線上にチェーンリングが取り付けられています。

そして、クランクの中心部からペダル軸までを「アーム長」といいますが、この長さが足の回転半径になりますので、体格やペダルの漕ぎ方によって適正が違ってきます。

そのため、シマノでは2.5mm間隔でアーム長が用意されていますので、のちほど一覧でご紹介します。

シマノのクランクセットのチェーンリング!歯数構成は

スポーツバイクではクランクのことを「クランクセット」と呼びますが、フロントギアである「チェーンリング」が付属しているので、「セット」となっています。

「セット」という言葉から連想して、ペダルが付属していると勘違いされるのですが、ロードバイクのペダルは別売りで、クランクのセット品ではありません。

チェーンリングはフロントギアですが、クランクの種類によって歯数の構成が変わります。

ロードバイクのフロントギアは2速が基本で、外側(アウター)の大きい歯車が重い方のギア、内側の小さい歯車が軽い方になります。

ちなみに、自転車の変速はフロントとリアギアの組み合わせから、ギア比が出ることで車輪の回転数が決まりますが、リアギアの歯車は小さい方が重く、大きい方が軽いギアになります。

なお、一覧にまとめたところでもう一度お伝えしますが、シマノにはフロント3速用のクランクもあります。

シマノのロードバイク用クランク一覧①リア11速コンポ

それでは、ここからシマノのロードバイク用クランクを一覧形式でまとめていきます。

クランクは「コンポセット」の1パーツであり、シマノのコンポにはグレードがあるので、今回はグレード別にご紹介します。

それではまず最上位グレード「デュラエース」からお伝えしていきます。

【Dura-Ace(デュラエース)】

〇最新モデル型番

FC-R9100

◆リア対応スピード

11速

◆チェーンリング歯数構成(アウター×インナー)

50×34T・52×36T・53×39T・54×42T・55×42T

◆アーム長(mm)

165・167.5・170・172.5・175・177.5・180

◆参考価格(税抜)

¥58,779(50×34T・52×36T・53×39T)

¥61,151(54×42T・55×42T)

【ULTEGRA(アルテグラ)】

〇最新モデル型番

FC-R8000

◆リア対応スピード

11速

◆チェーンリング歯数構成(アウター×インナー)

46×36T・50×34T・52×36T・53×39T

◆アーム長(mm)

165・170・172.5・175

◆参考価格(税抜)

¥26,660(46×36T)

¥27,253(50×34T・52×36T・53×39T)

【105(イチマルゴ)】

〇最新モデル型番

FC-R7000

◆リア対応スピード

11速

◆チェーンリング歯数構成(アウター×インナー)

50×34T・52×36T・53×39T

◆アーム長(mm)

160・165・170・172.5・175

◆参考価格(税抜)

¥15,563(全タイプ共通)

シマノ・ロードバイク用クランク一覧②リア11速以外

ここでは、シマノのリア11速以外のグレードのクランクを一覧でご紹介します。

【TIAGRA(ティアグラ)】

〇最新モデル型番

FC-4700

◆リア対応スピード

10速

◆チェーンリング歯数構成(2速・アウター×インナー、3速・アウター×ミドル×インナー)

2速:50×34T・52×36T

3速:50×39×30T

◆アーム長(mm)

165・170・172.5・175(2速、3速共通)

◆参考価格(税抜)

2速:¥12,444

3速:¥13,102

【SORA(ソラ)】

〇最新モデル型番

FC-R3000

◆リア対応スピード

9速

◆チェーンリング歯数構成(2速・アウター×インナー、3速・アウター×ミドル×インナー)

2速:50×34T

3速:50×39×30T

◆アーム長(mm)

165・170・175

◆参考価格(税抜)

・2速

¥9,898(チェーンガードなし)

¥10,226(チェーンガードあり)

・3速

¥11,211(共通)

【CLARIS(クラリス)】

〇最新モデル型番

FC-R2000

◆リア対応スピード

8速

◆チェーンリング歯数構成(2速・アウター×インナー、3速・アウター×ミドル×インナー)

2速:50×34T

3速:50×39×30T

◆アーム長(mm)

165・170・175

◆参考価格(税抜)

・2速

¥7,550(チェーンガードなし)

¥7,863(チェーンガードあり)

・3速

¥8,489(チェーンガードなし)

¥8,083(チェーンガードあり)

シマノ・ロードバイク用クランク一覧③正規グレード以外

ここまではシマノの正規グレードに認定されている、ロードバイク用コンポのクランクをご紹介しました。

シマノのコンポには正規グレードの他に、安価な完成車に使用されるグレードや、どこのグレードにも属さないノングレード品もありますので、一覧にまとめてご紹介します。

【TOURNEY(ターニー)】

〇最新モデル型番

FC-A070

◆リア対応スピード

7、8速

◆対応BB(ボトムブラケット)

BB-UN26(スクエアテーパー)

◆チェーンリング歯数構成(2速・アウター×インナー、3速・アウター×ミドル×インナー)

2速:50×34T

3速:50×39×30T

◆アーム長(mm)

170

◆参考価格(税抜)

・2速

¥5,384(チェーンガードなし)

¥5,476(チェーンガードあり)

・3速

¥6,734(チェーンガードなし)

¥6,825(チェーンガードあり)

ここからはノングレード品になります。

【FC-R350】

◆リア対応スピード

9速

◆対応BB

BB-UN26(スクエアテーパー)

◆チェーンリング歯数構成(アウター×インナー)

52×39T

◆アーム長(mm)

165・170・175

◆参考価格(税抜)

¥10,270(チェーンガードなし)

¥10,788(チェーンガードあり)

【FC-R200】

◆リア対応スピード

8速

◆対応BB

BB-UN26(スクエアテーパー)

◆チェーンリング歯数構成(アウター×インナー)

50×34T

◆アーム長(mm)

165・170・175

◆参考価格(税抜)

¥4,855(チェーンガードなし)

¥5,375(チェーンガードあり)

【FC-RS510】

◆リア対応スピード

11速

◆対応BB

正規グレードと同じ

◆チェーンリング歯数構成(アウター×インナー)

50×34T

◆アーム長(mm)

165・170・172.5・175

◆参考価格(税抜)

¥11,929

シマノクランクのカスタムに向けての注意事項!

ここまで、シマノのロードバイク用クランクを一覧形式でご紹介してきました。

非常に種類は多いですが、シマノはリア対応スピードの違うコンポ同士の互換性を認めていませんので、コンポのパーツはリアの対応スピードが全て同じもので合わせる必要があります。

また、一覧の中で対応BB(ボトムブラケット)を記載したクランクは、FC-RS510を除き完全に別仕様なので、互換性は全くありません。

そして、クランクはチェーンリングだけの交換も可能で、PCD(ギア取付ピッチ径)という数値が合えば換装できます。

シマノのロードバイク用クランクのPCDは2速が110mm(FC-R350のみ130mm)、3速がインナー74mm、ミドル・アウター110mmと規格がほぼ統一されていますので、取り付けが可能です。

アーム長とチェーンリングの歯数に注意する

今回は、シマノのロードバイク用クランクをご紹介しました。

一部を除きBBとの互換性は問題ないので、あとはアーム長とチェーンリングの歯数構成を考えてください。

軽いギアを多用したいのであればチェーンリングの歯数は少ない方が良いですし、アーム長は適正値の±2.5mm前後がおすすめになります。

 - ロードバイク