シマノのロード用クランク一覧!効率のよいカスタムのために

シマノのロードバイク用クランクには、アーム長やチェーンリングの歯数構成などにより様々な種類があります。

また、連動性があるため関連パーツも多いので、交換時には互換性にも注意しなければなりません。

そこで今回は、シマノのロードバイク用クランクを一覧にしてご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

必ず持っておきたい!シマノプロチェーンカッターの使い方

自転車のパーツの中でも、一番に酷使されているチェーン。人の力を車輪に伝えるための大切なパーツ...

ロードバイクのフロントフォーク塗装をやってみよう

自転車のフロントフォークは、ハンドルと前輪を繋いでいますが、フレームと一体化していると思っていま...

自転車のブレーキシューは消耗品!値段は?交換時期は?

自転車のブレーキは命を預かっていると言っても過言ではなく、日常のメンテナンスや消耗品の交換に気を...

電動自転車の後輪ブレーキの異音は日頃の点検で事前に察知!

電動自転車は、体力に自信のない方でも、手軽に乗れるのでとても便利ですね。通常の自転車の約2分の1...

シマノでも別格のデュラエースクランクを徹底分析!

ロードバイクにおいて動力の要とも言えるクランクは、ビジュアル面からもコンポの「顔」と評されること...

ロードバイクのタイヤを白色にするのはアリ?性能面と見た目

みなさんはロードバイクの見た目って気にしていますか?性能も大事ですが、見た目も気になりますよ...

ロードバイクのライト選びで外せない!ガチでおすすめTOP10

ロードバイクを購入後、絶対に必要なものの一つにライトがあります。ロードバイクは基本、車道の端を走...

ロードバイクのハイエンドクラスについて、違いを見てみよう

ロードバイクには、価格ごとにクラスが分かれており、10万円前後で購入できるエントリーモデルから、10...

フロントフォークにオイル漏れが!オイル漏れ時の対処法は?

自転車に使用されているフロントフォークですが、フォーク内にはオイルが使用されています。ここは、...

自転車のブレーキ調整方法をトラブル別で紹介!後輪に注目

自転車には、さまざまなブレーキが使用されており、ブレーキの種類によって調整方法が異なります。...

ロードバイクのホイールバランスを調整!どんな効果がある?

ロードバイクのメンテナンスの中で、「ホイールバランス」の調整があります。円形のリムは、必ずし...

初心者必見!ロードバイクのシフトアップのタイミングは!?

ロードバイクのシフトアップや、シフトチェンジのやり方やタイミングって教わったことありますか??...

自転車のホイールバランスは自分で取ることが出来るのか!?

簡単にご説明しますとホイールバランスとは、均等にバランスを取れる状態にするためのタイヤとホイールの重...

ブレーキのディスクは交換時期がある?どの位で交換すべき?

最近では、マウンテンバイクだけでなくロードバイクやクロスバイクにも、ブレーキにディスクを用いたシステ...

ピナレロの象徴「ドグマ」!完成車に見る凄まじさとは?

ピナレロ不動のフラッグシップモデルと言えば、「DOGMA(ドグマ)」シリーズです。ビッグ...

スポンサーリンク

シマノのクランクセットの特徴!アーム長とは

それでは、まず「ロードバイクのクランク」についてご説明します。

クランクは先端にペダルを取り付ける棒状のパーツで、それを回すことによって、チェーンを介して駆動力を車輪に伝えます。

シマノのロードバイク用クランクは、右クランクに回転軸が付属しており、BB(ボトムブラケット)というパーツを通してフレームに装着し、左側のクランクで固定をします。

シマノのクランクは、棒状のパーツ「アーム」の先が4つに分かれている「4アーム」仕様で、その4本のアーム上に仮想の円を描き、その線上にチェーンリングが取り付けられています。

そして、クランクの中心部からペダル軸までを「アーム長」といいますが、この長さが足の回転半径になりますので、体格やペダルの漕ぎ方によって適正が違ってきます。

そのため、シマノでは2.5mm間隔でアーム長が用意されていますので、のちほど一覧でご紹介します。

シマノのクランクセットのチェーンリング!歯数構成は

スポーツバイクではクランクのことを「クランクセット」と呼びますが、フロントギアである「チェーンリング」が付属しているので、「セット」となっています。

「セット」という言葉から連想して、ペダルが付属していると勘違いされるのですが、ロードバイクのペダルは別売りで、クランクのセット品ではありません。

チェーンリングはフロントギアですが、クランクの種類によって歯数の構成が変わります。

ロードバイクのフロントギアは2速が基本で、外側(アウター)の大きい歯車が重い方のギア、内側の小さい歯車が軽い方になります。

ちなみに、自転車の変速はフロントとリアギアの組み合わせから、ギア比が出ることで車輪の回転数が決まりますが、リアギアの歯車は小さい方が重く、大きい方が軽いギアになります。

なお、一覧にまとめたところでもう一度お伝えしますが、シマノにはフロント3速用のクランクもあります。

シマノのロードバイク用クランク一覧①リア11速コンポ

それでは、ここからシマノのロードバイク用クランクを一覧形式でまとめていきます。

クランクは「コンポセット」の1パーツであり、シマノのコンポにはグレードがあるので、今回はグレード別にご紹介します。

それではまず最上位グレード「デュラエース」からお伝えしていきます。

【Dura-Ace(デュラエース)】

〇最新モデル型番

FC-R9100

◆リア対応スピード

11速

◆チェーンリング歯数構成(アウター×インナー)

50×34T・52×36T・53×39T・54×42T・55×42T

◆アーム長(mm)

165・167.5・170・172.5・175・177.5・180

◆参考価格(税抜)

¥58,779(50×34T・52×36T・53×39T)

¥61,151(54×42T・55×42T)

【ULTEGRA(アルテグラ)】

〇最新モデル型番

FC-R8000

◆リア対応スピード

11速

◆チェーンリング歯数構成(アウター×インナー)

46×36T・50×34T・52×36T・53×39T

◆アーム長(mm)

165・170・172.5・175

◆参考価格(税抜)

¥26,660(46×36T)

¥27,253(50×34T・52×36T・53×39T)

【105(イチマルゴ)】

〇最新モデル型番

FC-R7000

◆リア対応スピード

11速

◆チェーンリング歯数構成(アウター×インナー)

50×34T・52×36T・53×39T

◆アーム長(mm)

160・165・170・172.5・175

◆参考価格(税抜)

¥15,563(全タイプ共通)

シマノ・ロードバイク用クランク一覧②リア11速以外

ここでは、シマノのリア11速以外のグレードのクランクを一覧でご紹介します。

【TIAGRA(ティアグラ)】

〇最新モデル型番

FC-4700

◆リア対応スピード

10速

◆チェーンリング歯数構成(2速・アウター×インナー、3速・アウター×ミドル×インナー)

2速:50×34T・52×36T

3速:50×39×30T

◆アーム長(mm)

165・170・172.5・175(2速、3速共通)

◆参考価格(税抜)

2速:¥12,444

3速:¥13,102

【SORA(ソラ)】

〇最新モデル型番

FC-R3000

◆リア対応スピード

9速

◆チェーンリング歯数構成(2速・アウター×インナー、3速・アウター×ミドル×インナー)

2速:50×34T

3速:50×39×30T

◆アーム長(mm)

165・170・175

◆参考価格(税抜)

・2速

¥9,898(チェーンガードなし)

¥10,226(チェーンガードあり)

・3速

¥11,211(共通)

【CLARIS(クラリス)】

〇最新モデル型番

FC-R2000

◆リア対応スピード

8速

◆チェーンリング歯数構成(2速・アウター×インナー、3速・アウター×ミドル×インナー)

2速:50×34T

3速:50×39×30T

◆アーム長(mm)

165・170・175

◆参考価格(税抜)

・2速

¥7,550(チェーンガードなし)

¥7,863(チェーンガードあり)

・3速

¥8,489(チェーンガードなし)

¥8,083(チェーンガードあり)

シマノ・ロードバイク用クランク一覧③正規グレード以外

ここまではシマノの正規グレードに認定されている、ロードバイク用コンポのクランクをご紹介しました。

シマノのコンポには正規グレードの他に、安価な完成車に使用されるグレードや、どこのグレードにも属さないノングレード品もありますので、一覧にまとめてご紹介します。

【TOURNEY(ターニー)】

〇最新モデル型番

FC-A070

◆リア対応スピード

7、8速

◆対応BB(ボトムブラケット)

BB-UN26(スクエアテーパー)

◆チェーンリング歯数構成(2速・アウター×インナー、3速・アウター×ミドル×インナー)

2速:50×34T

3速:50×39×30T

◆アーム長(mm)

170

◆参考価格(税抜)

・2速

¥5,384(チェーンガードなし)

¥5,476(チェーンガードあり)

・3速

¥6,734(チェーンガードなし)

¥6,825(チェーンガードあり)

ここからはノングレード品になります。

【FC-R350】

◆リア対応スピード

9速

◆対応BB

BB-UN26(スクエアテーパー)

◆チェーンリング歯数構成(アウター×インナー)

52×39T

◆アーム長(mm)

165・170・175

◆参考価格(税抜)

¥10,270(チェーンガードなし)

¥10,788(チェーンガードあり)

【FC-R200】

◆リア対応スピード

8速

◆対応BB

BB-UN26(スクエアテーパー)

◆チェーンリング歯数構成(アウター×インナー)

50×34T

◆アーム長(mm)

165・170・175

◆参考価格(税抜)

¥4,855(チェーンガードなし)

¥5,375(チェーンガードあり)

【FC-RS510】

◆リア対応スピード

11速

◆対応BB

正規グレードと同じ

◆チェーンリング歯数構成(アウター×インナー)

50×34T

◆アーム長(mm)

165・170・172.5・175

◆参考価格(税抜)

¥11,929

シマノクランクのカスタムに向けての注意事項!

ここまで、シマノのロードバイク用クランクを一覧形式でご紹介してきました。

非常に種類は多いですが、シマノはリア対応スピードの違うコンポ同士の互換性を認めていませんので、コンポのパーツはリアの対応スピードが全て同じもので合わせる必要があります。

また、一覧の中で対応BB(ボトムブラケット)を記載したクランクは、FC-RS510を除き完全に別仕様なので、互換性は全くありません。

そして、クランクはチェーンリングだけの交換も可能で、PCD(ギア取付ピッチ径)という数値が合えば換装できます。

シマノのロードバイク用クランクのPCDは2速が110mm(FC-R350のみ130mm)、3速がインナー74mm、ミドル・アウター110mmと規格がほぼ統一されていますので、取り付けが可能です。

アーム長とチェーンリングの歯数に注意する

今回は、シマノのロードバイク用クランクをご紹介しました。

一部を除きBBとの互換性は問題ないので、あとはアーム長とチェーンリングの歯数構成を考えてください。

軽いギアを多用したいのであればチェーンリングの歯数は少ない方が良いですし、アーム長は適正値の±2.5mm前後がおすすめになります。