シマノロード用コンポセットの値段を知り効率よくカスタムを

シマノのロードバイク用コンポにはグレードがあり、互換性などを考えるとコンポセットとして一式で運用することに越したことはありません。

完成車にはセット一式で導入されていることも多いですが、しかし、カスタムとなると一式導入は値段の問題などもあり難しいところもあります。

そこで今回は、コンポセットやパーツ単品の値段について考えてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ロードバイクのタイヤの寿命を考える~交換時期はいつなのか

ロードバイクに乗っている皆さんは、タイヤの寿命を考えたことがあるでしょうか?タイヤは唯一地面...

eliteのvolanoとmisuroセットで室内トレーニングしよう!

elite(エリート)のvolano(ヴォラーノ)は音がとても静かなローラー台で、騒音に注意しな...

【就活応援】趣味がロードバイクの場合の履歴書への書き方!

就職活動で必須となるのが、履歴書ですね。送った履歴書によって企業先にいい印象を持たれたり、反...

ロードバイクの運転による消費カロリーって?

ロードバイクは、効率よくカロリーを消費できるスポーツです。効果が出やすいコツは頑張りすぎず、...

メリダのエアロロード「リアクト6000」の実力?ライバルは?

今回は今のロードバイク界にはなくてはならない存在である、空力性能を重視したエアロ形状のロードバイ...

メリダ・スクルトゥーラ4000にバーレーン・メリダの勇姿あり

2018年のツール・ド・フランスにおいて、メリダがスポンサーを務めるワールドチーム「バーレーン・...

アルテグラDi2!これぞ変速の進化!電動11速化の過去未来

アルテグラDi2。電動で11速のギアが思うがままに変わってしまう夢のようなコンポーネント…ロ...

ロードバイクを扱うメーカーのバイクに対する評価を知る!

ロードバイクを扱うメーカーは世界中にあり、しかも大半のメーカーのものが日本でも手に入りますので、「迷...

メリダのリアクト4000は乗りやすいとの評価が多数!実際は?

メリダのリアクトは、ワールドチーム「バーレーン・メリダ」も実戦で使用するエアロロードです。...

トレックのロードバイクの転換期は2015モデル!その理由とは

トレックのロードバイクは、2015年モデルで大きな転換期を迎えました。それは、現在総合レーシ...

センチュリオンの自転車といえばマウンテンバイク!評判は?

センチュリオンという自転車メーカーをご存知ですか?最近日本でも注目され始めたドイツのメーカー...

人気のスペシャライズド シラス、こんな改造がおすすめ!

スペシャライズドのシラスはクロスバイクの代表的な車種です。コストパフォーマンスに優れた人気の...

自転車のフレーム塗装に傷があったら要注意!そのリスクとは

長く自転車に乗っていれば、フレーム塗装が剥がれたり傷が生じてしまうこともありますよね。このよ...

シマノのアルテグラ、10速から11速へのコンポ変更は有効か?

シマノのアルテグラが10速6700系から11速6800系になって数年経ちましたが、まだ6700系を搭...

女性で身長170cmの場合のロードバイクは女性モデル?

最近、各メーカーでは、女性限定モデルのロードバイクが充実してきました。しかし、ノーマルモ...

スポンサーリンク

シマノのコンポセットの内訳

複数のパーツを総合しコンポセットとして扱うシマノのロードバイク用コンポには、6つの正規グレードがあります。

その全体像ですが、グレードが上がるに連れてリアの変速段数が増え、重量が軽くなり、値段が上がるという図式です。

コンポは自転車を前に進める機構である「ドライブトレイン」とブレーキの総称であり、同じグレードの物を集めた一式をコンポセット、グループセットなどと呼びます。

そして、一般的なコンポセットに含まれるのは、以下のパーツになります。

◆デュアルコントロールレバー(STIレバー)

◆クランクセット(クランク+チェーンリング)

◆フロントディレイラー

◆リアディレイラー

◆カセットスプロケット

◆BB(ボトムブラケット)

◆ブレーキ

◆チェーン

販売の形態は、これらを総合してのセット販売と、修繕やカスタム用として単品での販売もされています。

ロードバイクの完成車にはグレードのコンポセットが一式で導入されることが多いですが、どのグレードにも属さないノングレード品が一部装備されているケースもあります。

しかし、今回はコンポセットの値段がテーマなので、ノングレード品には触れないことをあらかじめご了承ください。

シマノのコンポセットの値段①デュラエース

それではシマノのロードバイクのグレード別、最新モデルのコンポセットの値段(カタログ掲載定価)をご紹介します。

全てをなるべく同じ状況で比較するため、以下の条件をつけました。

◆機械式(ワイヤー式)変速

◆フロント2速

◆キャリパーブレーキ仕様

◆クランクセットのギアは50×34T

◆フロントディレイラーは直付け

◆リアディレイラーはSS

◆カセットスプロケットは最軽ギア(アウター)の歯数が一番多いもの

◆BBはプレスフィット

それでは上位グレードから順にご紹介します(値段は税抜)。

【Dura-Ace(デュラエース)リア11速】コンポセット:¥222,171

デュアルコントロールレバー:¥54,226

クランクセット:¥58,779

フロントディレイラー:¥11,787

リアディレイラー:¥22,652

カセットスプロケット:¥27,393

BB(ボトムブラケット):¥4,434

ブレーキ:¥37,677

チェーン:¥5,223

さすがに他とは一線を画すハイエンドモデルだけあり、コンポセットとしてまとめてみると迫力のある値段になります。

これが基準ではないですが、デュラエースからいくら値段が下がっていくのかを見ていくと、一つの目安にはなります。

シマノのコンポセットの値段②リア11速モデル

続いてご紹介するシマノのコンポセットの値段は、デュラエースと同じくリア11速の上位グレードになります。

【ULTEGRA(アルテグラ)】コンポセット:¥107,647

デュアルコントロールレバー:¥34,638

クランクセット:¥27,253

フロントディレイラー:¥5,147

リアディレイラー:¥9,048

カセットスプロケット:¥9,155

BB(ボトムブラケット):¥2,987

ブレーキ:¥14,505

チェーン:¥4,644

【105(イチマルゴ)】コンポセット:¥69,533

デュアルコントロールレバー:¥23,450

クランクセット:¥15,563

フロントディレイラー:¥3,942

リアディレイラー:¥5,222

カセットスプロケット:¥5,605

BB(ボトムブラケット):¥2,987

ブレーキ:¥9,296

チェーン:¥3,468

アルテグラはデュラエースを広く一般のユーザー層にアピールするという役目がありますので、デュラエースの半値以下で提供されており、性能も限りなく近いと言われています。

そして、105はレースモデルではありますが、幅広い用途にも対応する汎用性の高さがセールスポイントなので、値段と性能のバランス、いわゆるコスパはシマノでも最高クラスと評されています。

シマノのコンポセットの値段③リア10速モデル

続いてご紹介するシマノのロードバイク用コンポセットの値段は、リア10速以下のモデルになります。

【Tiagra(ティアグラ)リア10速】コンポセット:¥56,916

デュアルコントロールレバー:¥23,546

クランクセット:¥12,444

フロントディレイラー:¥3,421

リアディレイラー:¥4,306

カセットスプロケット:¥3,860

BB(ボトムブラケット):¥1,688

ブレーキ:¥6,785

チェーン:¥2,554

ここからはリアの変速数が変わってきますので、互換性などの問題もあり単品での導入が難しくなってきます。

そうなるとセットの値段からして、一式導入は頑張って105までグレードアップする手もありかと思います。

ただし、ティアグラは現在のシマノのモデルチェンジの周期を考えると、2019年に行われる順番です。

まだ予測に過ぎませんが、リア11速やクランクのホロ―テック化などの可能性がありますので、その内容を見てから判断したいところです。

シマノのコンポセットの値段④リア8速、9速モデル

次にご紹介するコンポセットの値段は、シマノの中でもロードバイクの入門編に位置付けられているグレードになります。

【SORA(ソラ)リア9速】コンポセット:¥50,694

デュアルコントロールレバー:¥21,652

クランクセット:¥10,226

フロントディレイラー:¥2,867

リアディレイラー:¥3,294

カセットスプロケット:¥2,678

BB(ボトムブラケット):¥1,688

ブレーキ:¥5,735

チェーン:¥2,554

【Claris(クラリス)リア8速】コンポセット:¥39,423

デュアルコントロールレバー:¥15,400

クランクセット:¥7,863

フロントディレイラー:¥2,114

リアディレイラー:¥2,421

カセットスプロケット:¥2,021

BB(ボトムブラケット):¥1,688

ブレーキ:¥5,362

チェーン:¥2,554

入門編ということもあり、ロードバイクではエントリーグレードの完成車に付属していることが多いので、グレードアップ目的のカスタムとしてこの2つを選ぶことは少ないかと思います。

しかし、クロスバイクなら一転して上位グレードのコンポになります。

フラットバーハンドル用のシフターやブレーキレバーも用意されていますので、カスタムに最適です。

シマノのコンポセットの値段⑤電動変速「Di2」モデル

最後にご紹介するのは、シマノではデュラエースとアルテグラにしかない、電動式変速の「Di2」です。

一般的な機械式変速と別なパーツは、レバーと前後のディレイラーだけですが、コンポセットの値段を出すために、改めて全てのパーツをご紹介します(条件は同じ)。

【デュラエースDi2】コンポセット:¥306,655

デュアルコントロールレバー:¥67,552

クランクセット:¥58,779

フロントディレイラー:¥40,362

リアディレイラー:¥65,235

カセットスプロケット:¥27,393

BB(ボトムブラケット):¥4,434

ブレーキ:¥37,677

チェーン:¥5,223

【アルテグラDi2】コンポセット:¥140,984

デュアルコントロールレバー:¥33,282

クランクセット:¥27,253

フロントディレイラー:¥22,319

リアディレイラー:¥26,839

カセットスプロケット:¥9,155

BB(ボトムブラケット):¥2,987

ブレーキ:¥14,505

チェーン:¥4,644

Di2はフロントディレイラーのトリム操作まで自動で行いますので、手で操作する必要がありません。

変速性能は値段だけの価値は十分というところで、滑らかさが機械式とは全く違います。

長い目で見れば上位グレードの方がコスパが高い!

今回は、シマノのロードバイク用コンポセットの値段を確認しました。

値段と性能や耐久性とのバランスを考えるとおすすめは105以上で、長いスパンでのコスパは上位モデルの方が高くなります。

本文でも触れましたが、デュラエースとアルテグラは性能に大きな差がないという評価も多いので、アルテグラにして他の部分のカスタムに費用を回すという手もありです。