シマノ・アルテグラ6800とR8000の価格を比較し換装を考える

シマノのロードバイク用コンポ「アルテグラ」は、2017年にR8000系へとモデルチェンジされました。

とは言え、まだ旧モデルであるアルテグラ6800をご使用の方も多いかと思います。

また、型落ちや中古品でアルテグラ6800が安い価格で手に入る可能性もありますので、そういった市場も確認してみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スペシャライズドのターマック!インプレからその特徴を探る

「TARMAC(ターマック)」はスペシャライズドのレース仕様のロードバイクの中では、レースの質を問わ...

ロードバイクの花形!メリダ・リアクト4000のインプレ情報

今回ご紹介するメリダの「REACTO(リアクト)4000」は、エアロロードです。エアロロード...

ロードバイクに乗るとき、なぜヘルメットが必要になるのか

ヘルメットって、被ると頭がぐちゃぐちゃになるし、見た目もあまりカッコよくないから被りたくない。な...

trekのロードバイクを初心者の方はどう選ぶのがいい?

trekを始めとするスポーツバイクメーカーには、初めてロードバイクに乗る初心者の方に向けた、「エント...

ピナレロのロードバイクはどのような人・シーンにおすすめ?

ロードレースの本場ヨーロッパにはロードバイクを扱うメーカー(ブランド)が数多く存在しますが、中で...

アルテグラ・6700のコンポにstiレバーだけ11速にできる?

シマノのコンポは、モデルチェンジをするたびに品番が変わります。【6700】と言えば、セカンド...

メリダ・スクルトゥーラ100の2018は上位にも引けを取らない

メリダのエースロードバイクの「スクルトゥーラ」ですが、アルミフレーム車のフレームに関しては、どの...

ロードバイクのハンドルからくる振動を抑える対策法をご紹介

ロングライドなどで、長距離を走っているロードバイク乗りは、ハンドルからの振動が身体の負担になるのをご...

メリダはマウンテンバイクにおいて29ERを尊重している!

マウンテンバイクのサイズはホイールで表されており、その単位はインチ表記になります。26、...

ロードバイクのトレンドを知る!ピナレロのカタログを読もう

ロードバイクを扱うメーカー、ブランドは毎年のように次年度のカタログを発行します。カタログ...

ロードバイクのメーカーロゴから見る!メーカーの歴史と信念

ロードバイクを選ぶ際に、メーカーのロゴのデザインも気になることと思います。メーカーロゴは...

趣味としてロードバイクに乗りたい!お金はどのくらい必要?

趣味としてロードバイクに乗りたい!でも、どのくらいお金が掛かるかわからないし、どんなものを購...

シマノのクランクセットの互換性!正しく運用するための知識

ロードバイクのカスタムを行う際に、「互換性」という言葉を目にしたり聞いたりすることがあるかと思い...

スペシャライズドのアルミフレーム車を支えるシマノ・105

ロードバイク用のコンポ製造メーカーで、圧倒的に世界一のシェアを誇るのが日本の「シマノ」です。...

日本が誇る東レのカーボン!t700のグレード・注意点って?

自転車のフレームは、今はカーボンが主流と言っても良いでしょう。アルミの味わいも捨てがたいです...

スポンサーリンク

シマノ・アルテグラは価格を抑えて裾野を広げる

シマノのコンポ「アルテグラ6800」は2013年に6700系からモデルチェンジされ、アルテグラがリア11速となった記念すべきモデルです。

近年シマノのコンポはモデルチェンジの周期が固まってきており、最上位グレードであるデュラエースの翌年にアルテグラがモデルチェンジするという流れが続いています。

デュラエースはプロの使用を前提に開発、製造されており、プロのニーズに応えるべく完璧な物を目指しています。

その分価格も他とは一線を画しており、最新モデル(R9100)がセット一式で約23万円、セカンドグレードのアルテグラの2倍以上になります。

ロードバイクの完成車においても、どんなに価格が低いモデルでもデュラエース搭載車は60万円前後であり、とにかく高級なコンポです。

一方、アルテグラはその一線を画すデュラエースを広く世間に知らしめ、シマノのユーザーの裾野を広げる役目があります。

そのため、仕様や技術は忠実に踏襲されますが、素材や製造過程に掛かるコストは抑え気味にして、手の出しやすい価格で提供されます。

シマノ・アルテグラ6800とはどんなコンポ

アルテグラ6800はデュラエース9000系を模範としたモデルであり、リア11速化を始め、多くの最先端技術が踏襲されました。

現在はシマノの全てのコンポが取り入れているクランクの4アーム化や、左右対称形状のデュアルピボットキャリパーブレーキも採用されています。

また、デュラエースにはないフロントギアの46×36Tや、ロングゲージのリアディレイラーも用意されており、軽いギアへの対応もしてあります。

これだけの仕様を携えながら、詳細までは確認できなかったものの、断片的な情報よると前作のアルテグラ6700に比べ大幅な価格アップはしなかったようです。

ここにもシマノの庶民気質というか、アマチュアライダーに寄り添う姿勢が感じられます。

そして、アルテグラは忠実にデュラエースを引き継ぎますので、電動変速式の「Di2」や特別なチェーンリングである「ホローグライド」などは、今でもデュラエースとアルテグラにしかない仕様です。

それを考えても、デュラエースに注目が集まりがちですが、アルテグラの存在意義もシマノにとって非常に大きいものと言えます。

シマノ・アルテグラ6800の価格

それではここで、アルテグラ6800の価格をご紹介しますが、既にシマノの公式のカタログには掲載がありませんので、当時の販売店情報になります。

また、のちほど新型のR8000と比較をしますので、なるべく条件を合わせるために、下記の決まりに沿ってご紹介します。

・コンポセットのパーツ:デュアルコントロールレバー、フロントディレイラー、クランクセット、BB(ボトムブラケット)、リアディレイラー、カセットスプロケット、ブレーキ、チェーン

・機械式変速

・クランクのギア:53×39T

・キャリパーブレーキモデル

・フロントディレイラー:直付け、リアディレイラー:GS(ロングケージ)

・スプロケット:11-28T

・BB:プレスフィット

それではご紹介します。(価格は税込)

「アルテグラ6800」セット価格:¥104,735

◆デュアルコントロールレバー:¥35,387

◆フロントディレイラー:¥4,298

◆クランクセット:¥27,025

◆BB(ボトムブラケット):¥3,081

◆リアディレイラー:¥8,927

◆カセットスプロケット:¥8,248

◆ブレーキ:¥14,015

◆チェーン:¥3,754

R8000登場後のアルテグラ6800の市場価格

冒頭でもお伝えしたようにシマノ・アルテグラ6800は、2017年にR8000にモデルチェンジされており、現在製造はされていません。

しかし、販売されている店舗も見られ、中にはセット販売もあります。

楽天市場には前項でお伝えした通りのパーツを一式にしたセットが、2018年11月の情報では、約8.5万円(税込)で販売されています。

また、単品での購入も可能で、クランクが2.6万円など、型落ち価格と言える割引率で販売されています。

そして、中古品市場にもアルテグラ6800がいくつか見られます。

中古自転車販売店大手の「サイクルパラダイス」には、クランクが約1.7万円、ブレーキが9千円などで販売されています。

ギアやブレーキは消耗品でもあるので、中古は状態を確認したいところですが、お近くに販売店がある方は足を運んでみてください。

シマノ・アルテグラ最新モデル「R8000」の価格

ここまでシマノ・アルテグラ6800を確認してきましたが、ここからは最新モデルR8000についてお話ししていきます。

まずは、6800との価格の比較をしてみますので、カタログ掲載価格を一覧にまとめました。(価格は税込)

「アルテグラR8000」セット価格:¥115,993

◆デュアルコントロールレバー:¥37,409

◆フロントディレイラー:¥5,559

◆クランクセット:¥29,433

◆BB(ボトムブラケット):¥3,226

◆リアディレイラー:¥9,772

◆カセットスプロケット:¥9,887

◆ブレーキ:¥15,655

◆チェーン:¥5,052

どのパーツを見ても約10%ほど6800よりも高額になっていますが、進化しているのは確かですので、コスパが落ちているということはありません。

特にクランクやリアディレイラーは性能はもちろんですが、見た目にも大きく変化しておりモデルチェンジ感が十分に感じられます。

シマノ・アルテグラ6800とR8000の互換性

ロードバイクのコンポは連動性がありますので、グレード一式のセット導入が推奨されます。

しかし、アルテグラ6800はR8000が発表された2017年まで現役だったわけですから、まだ新しい世代の部類です。

そのため、セット一式の交換は価格的にも、到底もったいないという方も多いかと思います。

そこで、部分的導入を考えていくわけですが、その際は互換性に注意が必要ですのでお伝えしておきます。

互換性はフロント変速とリア変速に分けて考えると明確になります。

フロントですが、流れはコントロールレバー→フロントディレイラー→クランクで、「レバーとフロントディレイラー」、「フロントディレイラーとクランク」の互換性があれば、6800にR8000を部分導入できます。

まずレバーとフロントディレイラーですが、これはシマノによって互換性が保証されていますので、新旧全ての組み合わせで使用可能です。

次に、フロントディレイラーとクランクですが、R8000のフロントディレイラーは新旧両者のクランクと互換性がありますが、6800のフロントディレイラ―はR8000との互換性がなく、正常な動作が保証されていません。

そのため、クランクだけをR8000に交換することはできず、同時に交換することが必要になります。

一方リア変速ですが、流れはコントロールレバー→リアディレイラー→カセットスプロケットになります。

そして、リアは全ての流れで互換性が保証されていますので、どのパーツでも組み合わせは自由です。

ネットにはメーカーの互換性を超えたカスタムを行い、成功している例も紹介されていますが、それはたまたま作動しただけで、互換性があるとは言えません。

そのため、それが元でトラブルがあってもそれは全て自己責任ですので、そこは注意して行ってください。

アルテグラ6800からR8000へのカスタムがおすすめ

本文でお伝えしたように、アルテグラ6800はまだ入手可能ですが、互換性を考えますと今後はR8000の導入をおすすめします。

十分に進化の跡が見られる上で、最低限の価格アップに留めている印象ですので、決して損にはならないはずです。

その際は、互換性にくれぐれも注意してください。