ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

アンカーのロードバイクは価格で勝負?激安で購入できる?

2018.11.17

仮に、定価30万円のアンカーのロードバイクが10万円で販売されていたら、何でも「激安」と言えるのでしょうか?

また、定価20万円の物が18万円にしかなっていなくても、「激安」と評価されることがあるのはなぜでしょうか?

今回は、そんな謎をひも解いていきながら、ロードバイクの激安価格について考えてみます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

デュラエース9000のハブで手組みホイールが組めるのか?

シマノのロードバイク用コンポの最高峰であるデュラエースは、現在R9100番まで進化を遂げています。 ...

歴史を彩る名作揃い!ピナレロ「ドグマ」を中古品で購入する

ピナレロと言えば「DOGMA(ドグマ)」と言えるほど、ドグマはすっかりフラッグシップモデルとして...

ツールドフランスの自転車の価格は一体いくらなの?

ロードバイクのレースと言ったら、ツールドフランスは外すことが出来ません。 メーカーもこのレース...

ピナレロにはレースモデル以外も!アングリルのインプレ情報

ロードバイクのインプレ情報を見ていると、ハードルの高さを感じさせるメーカー、ブランドがあるもので...

ロードバイクのヘルメットのお手入れ方法と修理って!?

ロードバイクはスピードが出るので、事故の時の衝撃は、ママチャリとは比べ物になりません。 ヘルメ...

トレックのロードバイクを種類別に知りたい!

ロードバイクは見た目には同じに見えても、細かく種類分けがされています。 フレームの素材、使用さ...

ピナレロにも手頃なモデルはあるのか?RAZHAの価格に迫る

ロードバイクはメーカー、ブランドによって価格がまちまちで、同じような装備でも結構差があるものです...

ピナレロの礎を築いた!2019年プリンスがフルモデルチェンジ

ピナレロの2019年モデルですが、ホームページにも製品が記載されるようになり、その陣容が明らかに...

ロードバイクのタイヤの取り外しと取り付けを自分で!

ロードバイクはメンテナンスありきとよく言われますが、まず自分で行えるようにしたいのは、タイヤのパンク...

最近のbianchiのロードバイクの評判はどうなのか?

bianchiは現存する世界最古の自転車ブランドですが、1970年代に倒産をしており現在は一つのブラ...

メリダのエースロードバイクスクルトゥーラが2018年大躍進!

メリダが機材を提供するワールドチームの「バーレーン・メリダ」が、2018年のツール・ド・フランスでチ...

スコットのアディクトを試乗してみよう!評判とは!?

スコットアディクトは、ツール・ド・フランス(世界最高峰の自転車レース)でプロが好んで使用するほど、高...

trekのロードバイクは安いのか?ロードの市場価格とは?

自転車は足代わりとしては、一番庶民的な乗り物です。 免許がいらない気軽さと、安い価格で購入でき...

ロードバイクのサドルは重量にこだわる必要があるのか?

ロードバイクはロードレースの機材であるために、いかにして軽量化をするかが重視されています。 た...

メリダのスクルトゥーラ100のカスタム!おすすめ製品

ロードバイクはカスタムありきと言っても過言ではなく、何も交換せずに一台が寿命を全うする方がレアかもし...

スポンサーリンク

ロードバイクにおける「激安価格」とは?

「激安」という言葉の意味を調べてみると、「市場の平均価格(相場)に比べ著しく価格が低い様子」とあります。

例えば、カーボンフレームのミドルグレードの完成車の相場が40万円だとすると、30万円で販売しているメーカーの製品は「激安」と判断されるはずです。

フレームの素材や細かい技術は、企業秘密であり明かされない部分もありますので、本当の意味で同じグレードかどうかの判断は難しいです。

そのため、同グレードというのは曖昧な部分もありますが、付属パーツやトップグレードとの比較から、素材がどの程度ランクダウンしているのかで、大体の判断を付けることになります。

今回はアンカーのロードバイクを上記の視点で見ていきますが、あくまでも価格だけの判断で、コスパは考えないことにします。

また、ロードバイクは定価販売が基本なので、「激安」という言葉は、何かしらの要因で値引き販売された場合に使われることもあります。

そのため、今回はアンカーのロードバイクの値引き販売の状況も確認し、激安価格の機種もご紹介します。

アンカーのロードバイクは相場に比べ激安なのか?

それではまず、「アンカーのロードバイクの価格が相場に比べてどうか」、という視点からお話を進めていきます。

アンカーのロードバイクにはフレーム別に、カーボン、アルミ、クロモリがあります。

中でもクロモリフレームは、取扱いメーカー(ブランド)が少ないので、今回は対象外とさせて頂きます。

まずカーボンフレームですが、フラッグシップモデルである「RS9」は、フレームセットで350,000円(税抜き)、シマノ・デュラエース電動変速Di2完成車が780,000円(税抜き)となっています。

フラッグシップモデルとしては、激安とまで言えるかは微妙ですが、少なくともデュラエースDi2のフルコンポの完成車は他メーカーに比べ安価です。

また、セカンドグレードの「RS8」、「RL8」はフレームセットで20万円を切っていますので、他メーカーにはあまりこの価格帯にフレームセットが無いですが、これは安いと判断して差し支えないかと思います。

次にアルミフレームですが、ハイエンドの「RS6 EQUIPE」が、シマノ・105のフルコンポで185,000円(税抜き)、最低価格の「RL3 DROP EX」が105,000円です。

これは相場とあまり差はなく、ほぼ平均的です。

先ほども触れましたが、今回はあくまで価格だけの比較になりますが、アンカーのロードバイクの価格は上記のような判断になります。

ロードバイクが激安価格になる仕組み

今回は、アンカーのロードバイクを「激安」という視点から考えています。

続いては、何らかの要因で激安価格で販売される、いわゆるセール品についてお話しします。

冒頭でもお話ししましたが、ロードバイクは定価での販売が基本であり、年中セール品があるわけではありません。

セール品は6月~10月辺りに、「型落ち」と呼ばれるものが多めに出回る可能性があります。

メーカ―は毎年、早いところでは6月から次年度モデルを順次発表していき、9月末辺りから販売店に卸していきます。

販売店は次年度モデルを仕入れないわけにはいきませんので、この期間の内に現役モデルの在庫を処分する必要があります。

この現役モデルのことを型落ちと呼び、定価ではさばけないのでセール品になるという仕組みです。

また、店頭ディスプレー用の展示品や、試乗車もお店が仕入れた製品には変わりなく、シーズンが過ぎれば販売しなくてはなりません。

ただ、そういった物は普通に在庫をしていたものに比べ、傷や汚れが付いてしまっている可能性が高いので、値引き率も大きくなります。

アンカーのロードバイクは激安価格になりにくい?

多くのメーカーでは、ボディカラーや装備品の一部変更でも、2018モデル、2019モデルなどと年度ごとに区切り、モデルチェンジ感をアピールします。

そのため、毎年のようにニューモデルが存在するので、型落ちも多く発生します。

しかし、実はアンカーのロードバイクは大きな仕様変更(フルモデルチェンジ)などが無い限り、年度を区切るようなことをせず、継続販売することが多いです。

そのため、型落ちが皆無ではありませんが、他のメーカーに比べれば少ないですし、割引率も小さいので、激安価格とは言いにくいところです。

また、アンカーは新モデルの発表が例年少し遅めで、10月末~11月になることもあり、2018年10月の段階では発表会はまだ行われていません。

ですから、11月以降にまだ型落ちが発生する場合もありますので、今後も継続して確認は必要かと思います。

アンカーの型落ちロードバイクの現状

それでは、実際にアンカーのロードバイクに、型落ちが発生しているかどうか調べてみましたのでご紹介します。

なお、2018年10月時点での情報となります。

状況が継続するとは限りませんのでご了承ください。

筆者が調べた2018モデルの型落ちを、以下に一覧でまとめます。(価格は税抜)

【RS9 シマノ・デュラエースDi2完成車】

定価:¥750,000→¥663,000

【RS8 EQUIPE】

定価:¥255,000→¥224,400

【RL6 SPORT】

定価:¥155,000→¥136,400

これは特定の店舗の価格ですが、数店舗確認しましたが割引率に大きな差は無く、アンカーの型落ち品の相場と見てよいかと思います。

値引き率の大きいメーカー(ブランド)ですと20%以上、時期にもよりますが30%でも珍しくありませんので、やはりアンカーは激安というところまではいかないのが現状のようです。

激安価格を求めるなら正規販売店以外にも目を向けてみる

前項では、アンカーのロードバイクを激安価格で購入するのは、少し難しいと言わざる得ない状況をお伝えしました。

ただ、型落ちなどのセール品は、事前に詳しい情報をネットやチラシなどで公表しない店舗もありますので、お近くの販売店を小まめにチェックすることをおすすめします。

そして、型落ちよりもさらに安い価格を求めるとなると、あとは中古品ということになります。

中古品の場合は、定価20万円を10万円で販売していたとしても、仮に10年使用した物であれば激安と言えるかどうかは微妙です。

しかし、前オーナーの使用状況によっては目立った傷や汚れはもちろん、使用感するあまりないような良品もあります。

また、事情は様々だと思いますが、中古販売店には未使用品が並ぶこともあります。

残念ながら今回の調査でアンカーの未使用品を見付けることはできませんでしたが、他メーカーの物は何台か確認しました。

文字通り誰も手を付けていない物が中古品と変わらない価格であるならば、これは激安と呼んで差し支えないでしょう。

激安とまでは言えない

今回はアンカーのロードバイクについて激安価格なのかどうか?

また、激安価格での販売がされているのかを確認しました。

いずれにしても、激安というには少し遠い感じで、価格で勝負というブランドでは無いのかもしれません。

ただし、本文でもお伝えしましたが、セール品は情報がはっきりと出ないこともありますので、お店で直接確認することをおすすめします。

 - ロードバイク