バーレーンメリダがツールドフランスで使用したバイク分析!

2018年のツールドフランスは、7月7日から7月29日までの計21ステージで開催され、数多くの名勝負が繰り広げられました。

ヴィンツェンツォ・ニバリ選手率いるバーレーンメリダは、エースのニバリ選手の不運の落車によるリタイアにより、苦しい展開となりましたが、最後まで奮闘しました。

この記事では、そのバーレーンメリダが使用したロードバイクを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

新庄クリテリウム2011年大会!災害のための備えに自転車を

新庄クリテリウムは、毎年、楽しみにされている方も多いですよね。2011年の、新庄クリテリウム大会...

アルミでカーボンの乗り味!?アンカー「RL6 SPORT」

アンカーの「RL6 SPORT」は、ロングライドで活躍するエンデュランス系アルミロードバイクです...

素敵なロードバイクに乗りたい!身長160cm以下で選ぶコツ

ロードバイクを乗っている人って、スリムで長身!というイメージですよね。素敵なローディーに憧れ...

徹底比較!ロードバイクのタイヤをチューブラータイヤに!?

自転車のタイヤで一般的なのが、「クリンチャータイヤ」と呼ばれるタイヤです。クリンチャータイヤは、...

今ロードバイクを買うならこれだ!メリダ「スクルトゥーラ」

ロードバイクの機種が多くシリーズ化されているメーカーでは、中心になる主力のバイクが存在します。...

シマノのロード用ホイールの重量差!重量だけが全てでない

ロードバイクにとってホイールというのはスピードや乗り心地と深い関わりがあり、グレードの差を強く感...

ラレーのロードバイク「crf」のホイールのレベルは?

クロモリフレームのロードバイクを探していると、高確率でヒットするメーカーのひとつに「ラレー」があると...

最初のホイール交換に最適!シマノ・WH-RS500のインプレ評価

シマノのロードバイク用ホイールに、かつて「WH-6800」という人気のアルミリムホイールがありま...

多くの勝利を収めるピナレロにエンデュランスモデルはある?

「エンデュランスモデル」というと、レース志向が薄いモデルと見られがちですが、れっきとしたレースモ...

ピナレロのロードバイクは高い?手ごろなアルミバイクを紹介

ピナレロのロードバイクは高価で、初心者の方には敷居が高いイメージがあると思います。しかし、ピ...

ロードバイクで日本一周の旅!ブログにはどんな内容を書く?

ロードバイクで日本一周に挑戦している方って、意外にもたくさんいます。日本一周の記録をブログに...

スペシャライズドのターマックエリート2018に旧世代感は?

スペシャライズドを代表するロードバイクの1つである「ターマック」は、グランツールを始め世界の大レース...

ロードバイクのライト選びで外せない!ガチでおすすめTOP10

ロードバイクを購入後、絶対に必要なものの一つにライトがあります。ロードバイクは基本、車道の端を走...

ロードバイクのホイールの大きさを知る上で重要なこととは?

自転車のホイールの大きさといえば、一般的には外周部分の直径を表します。ところが、製品に記載さ...

コルナゴのアルミロードバイク「モンド」の重量を考察する

イタリアの名門「コルナゴ」は高級ロードバイクのイメージが強いですし、実際に高価なモデルの人気が高いで...

スポンサーリンク

バーレーンメリダってどんなチーム?

はじめに、バーレーンメリダチームについて簡単にご紹介します。

バーレーンメリダは、2017年に発足した中東籍のUCIワールドツアーチームです。

その名の通り、チームのスポンサーはバーレーン王国の企業による共同出資団体です。

バーレーン王国は、ペルシャ湾に浮かぶバーレーン島を中心とした島々からなる国家です。

国土は非常に小さく、東京23区に伊豆大島を足したほどの面積しかありません。

しかし、石油関連の産業や、中東の金融センターとしての役割により、高い経済水準を誇ります。

そのような、バーレーン王国の経済力により、バーレーンメリダチームは、プロサイクリングチームの中でも指折りのリッチなチームです。

チームのエースは、イタリア人オールラウンダーの、ヴィンツェンツォ・ニバリ選手です。

チームの至上目的は、ツールドフランスに代表されるような、ビッグレースでの勝利です。

それを実現するために、ニバリ選手をバックアップする強力なアシスト選手をチームに迎ています。

そのため、バーレーンメリダは、プロトンの中でも最強格のチームとして君臨しています。

バーレーンメリダがツールドフランスで使用した主力バイク「REACTO TEAM-E」

では、バーレーンメリダが2018年のツールドフランスで使用したバイクをご紹介します。

チームのエースであるニバリ選手や、平坦なステージにおいては「REACTO TEAM-E」を使用しました。

「REACTO TEAM-E」は、メリダがラインナップするエアロロードバイクの、フラッグシップモデルです。

そのバイクに、フルクラムの「Speed 40T」というチューブラーホイールを合わせて使用しています。

メインコンポーネントは、シマノのデュラエースDI2ですが、クランクには「SRM」のパワーメーター付きのクランクが取り付けられています。

ニバリ選手のバイクには、ツールドフランスを含む、3大グランツールを制したことを表す、スペシャルペイントが施されています。

また、ニバリ選手の「REACTO TEAM-E」のサドルは、チームのスポンサーのプロロゴのサドルではなく、フィジークのサドルを、表皮を張り替えて使用しています。

さらに、ペイントの簡略化や、軽量チタン製クイックリリースの使用などにより、軽量化が突き詰められています。

ツールドフランスの石畳ステージ攻略のための「SCULTURA TEAM-E」

次に、石畳のステージや山岳ステージで使用された「SCULTURA TEAM-E」をご紹介します。

「SCULTURA TEAM-E」は、メリダの軽量オールラウンドモデル「SCULTURA」シリーズのフラッグシップモデルです。

コンポーネントやホイールなどのパーツは、先に述べた「REACTO TEAM-E」とほぼ同様です。

しかし、「REACTO TEAM-E」のボトルケージには、フルカーボンのLeggeroボトルケージが使用されているのに対し、「SCULTURA TEAM-E」にはより一般的な、Custom Race PLUSボトルケージが採用されています。

これは、石畳のステージ対策のひとつであると考えられます。

おそらく、フルカーボンのLeggeroボトルケージは、軽量な分、ボトルのホールド力や破損のリスクの大きさなどの面で、Custom Race PLUSボトルケージに劣るため、石畳のステージではCustom Race PLUSボトルケージが選ばれたのでしょう。

ちなみに、ツールドフランスを走るプロサイクリングチームが使用するロードバイクのフレームの価格は、それ単体で50万円以上するフレームも、めずらしくありません。

しかし、バーレーンメリダが使用する「REACTO TEAM-E」および「SCULTURA TEAM-E」は、フレーム単体で30万円前後と、フラッグシップモデルの中ではお手ごろな価格です。

バーレーンメリダが使用した新作TTバイク!「WARP TT」

バーレーンメリダが、ツールドフランスのタイムトライアルステージで使用したバイクが「WARP TT」です。

ホイールは、リアホイールにディスクホイールの「Speed 360T」を使用し、フロントホイールはメーカーロゴが廃されたチューブレスのエアロホイールを使用しています。

このロゴなしのホイールは、カンパニョーロの「BORA WTO 77」であるようです。

わざわざサポート外のホイールを使用する理由は、タイムトライアルにおいて負荷の大きいフロントタイヤに、転がり抵抗が少ないチューブレスタイヤを使用するためでしょう。

タイムトライアル用であるため、チェーンホイールのギアは58T-44Tと、非常に大きなギアを使用しています。

なお、クランクは通常のバイクと同じく「SRM」社製のクランクを使用しますが、「WARP TT」には、市販されていないアルミのクランクが取り付けられています。

なお、このTTバイクの日本での発売は、まだアナウンスはありません。

プロ支給品のスペシャルタイヤ!「COMPETITION PRO LTD」

バーレーンメリダがツールドフランスで使用するロードバイクには、コンチネンタルのチューブラータイヤが取り付けられています。

コンチネンタルのタイヤには、ブラックチリコンパウンドというテクノロジーが用いられています。

これにより、タイヤのゴム本来のしなやかさを保ちつつ、高いレベルの対磨耗性能を実現しています。

使用するタイヤは、通常のステージでは、「COMPETITION PRO LTD」というモデルです。

しかし、コンチネンタルから発売されているタイヤのカタログを見ても、「COMPETITION PRO LTD」はラインナップされていません。

これは、「COMPETITION PRO LTD」がプロ支給品であり、レースに合わせてメーカーが特別に生産しているからです。

市販品との大きな違いは、チューブにあります。

市販品に使用されるチューブは、扱いやすいブチルチューブですが、「COMPETITION PRO LTD」には、管理が難しい分、乗り心地に優れるラテックスチューブが使用されています。

今年のツールドフランスでディスクブレーキが「使われなかった」わけ

2018年のツールドフランスでバーレーンメリダが使用したバイクは、全てリムブレーキモデルでした。

制動力に優れるディスクブレーキの使用が認められ、なおかつ、「REACTO TEAM-E」「SCULTURA TEAM-E」の両モデルにディスクブレーキの用意があるにもかかわらず、なぜディスクブレーキを使用しなかったのでしょうか。

これは、チームのエースであるニバリ選手が、リムブレーキのロードバイクを使用するためです。

なぜなら、レース中にニバリ選手がパンクし、なおかつ即座に交換用のホイールが用意できない場合、チームメイトが自分のホイールを渡す必要があるからです。

ディスクブレーキとリムブレーキの間には、ホイールの互換性はないため、エースのニバリ選手のために、チーム全員がリムブレーキを使用する必要があるのです。

では、なぜニバリ選手はリムブレーキにこだわるのでしょうか。

その理由も、パンクした場合に迅速にホイール交換をするためです。

ディスクブレーキのホイールよりも、リムブレーキのホイールは扱い慣れている分、素早く交換ができます。

さらに、ニバリ選手が完全に孤立した状態でパンクした場合、ニュートラルサポートからホイールをもらいますが、その際、ディスクブレーキ対応のホイールが確実に用意されている保証がないからです。

こういった事情があり、プロ選手の間では、リムブレーキが支持されています。

チームのロードバイクに見えるチーム内の裏事情

今回の記事では、バーレーンメリダのロードバイクをご紹介しました。

このように、プロチームのロードバイクを見ると、チーム内の力関係や、場合によってはチームの財政事情などもうかがい知れます。

今後、プロのロードバイクを見る機会があったら、そういった面から見てみると、一層楽しめるかと思います。