バーレーンメリダがツールドフランスで使用したバイク分析!

2018年のツールドフランスは、7月7日から7月29日までの計21ステージで開催され、数多くの名勝負が繰り広げられました。

ヴィンツェンツォ・ニバリ選手率いるバーレーンメリダは、エースのニバリ選手の不運の落車によるリタイアにより、苦しい展開となりましたが、最後まで奮闘しました。

この記事では、そのバーレーンメリダが使用したロードバイクを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ピナレロは新時代に突入!そのきっかけは「ドグマF8」の登場

ピナレロのロードバイクと言えば「DOGMA(ドグマ)」と言われるほど、ドグマシリーズはピナレロの...

コルナゴのコンセプトを試乗者のインプレから検証する

今や空力性能に特化した「エアロロードバイク」は、レースでの大活躍もあり、一つのカテゴリーとして確立さ...

ピストのハンドルの高さは低い!高く出来るのか?

ピストはスピードに特化した競技用の自転車ですので、スピードが出る仕様になっています。スポーツ...

【ロードバイクホイール交換】最初のカスタムにおすすめ8選

ロードバイクを最初に購入する際はすぐに走り出せる完成車の状態が多いのですが、一般的には付属パーツを交...

スタイリッシュなロードバイクに!シートポストを白くしよう

ロードバイクの見た目を意識すると、モチベーションも上がりますよね。「オールホワイトカラーにし...

ロードバイクのブログから見る!広島のおすすめロングライド

ロードバイクに乗っている方は、楽しんで走れるロングライドコースなどの情報へのアンテナを張っていること...

シマノのホイールrs20の評価は?後継はどうなっている?

シマノのアルミクリンチャー用のホイールですが、rs20と聞くと少し懐かしい感じがしますね。と...

アルミでカーボンの乗り味?限定モデルアンカー・RL6 EPSE

ブリヂストン・アンカーが、かつて台数限定モデルとして発表したのが「RL6 EPSE」です。フ...

trekのロードバイクを「激安」価格で購入できる?注意点は?

日本人は「激安」「特価」「大売出し」のような謳い文句に弱いところがあり、値引き販売に飛びつく習性のよ...

自転車で移動距離を延ばしたい!有効なトレーニング方法は?

スポーツ自転車に乗り始めたばかりだと、長距離を走ろうと思っても途中で疲れて断念してしまうことがありま...

メリダ・スクルトゥーラ100の2018は上位にも引けを取らない

メリダのエースロードバイクの「スクルトゥーラ」ですが、アルミフレーム車のフレームに関しては、どの...

ルックのロードバイク765はどんなシーンで活躍する?

フランスのLOOK(ルック)といえば、ロードバイク用のビンディングペダルが有名です。また、ロード...

ビアンキのロードバイクでクロモリフレームはどうなのか?

イタリアのスポーツバイクメーカーは、伝統的にクロモリなどのスチールフレームに強いところがあります。...

シェファードシティをカスタムしてどこを目指そうか?

皆さんは「ライトウェイ」というメーカーを、ご存知でしょうか?日本のメーカーで自社ブランド...

ロードバイクを始めたのに体重増加!?その原因を徹底解明!

ダイエットのためにロードバイクを始めたのに、体重が減って痩せるどころか、むしろ体重が増えて太ってしま...

スポンサーリンク

バーレーンメリダってどんなチーム?

はじめに、バーレーンメリダチームについて簡単にご紹介します。

バーレーンメリダは、2017年に発足した中東籍のUCIワールドツアーチームです。

その名の通り、チームのスポンサーはバーレーン王国の企業による共同出資団体です。

バーレーン王国は、ペルシャ湾に浮かぶバーレーン島を中心とした島々からなる国家です。

国土は非常に小さく、東京23区に伊豆大島を足したほどの面積しかありません。

しかし、石油関連の産業や、中東の金融センターとしての役割により、高い経済水準を誇ります。

そのような、バーレーン王国の経済力により、バーレーンメリダチームは、プロサイクリングチームの中でも指折りのリッチなチームです。

チームのエースは、イタリア人オールラウンダーの、ヴィンツェンツォ・ニバリ選手です。

チームの至上目的は、ツールドフランスに代表されるような、ビッグレースでの勝利です。

それを実現するために、ニバリ選手をバックアップする強力なアシスト選手をチームに迎ています。

そのため、バーレーンメリダは、プロトンの中でも最強格のチームとして君臨しています。

バーレーンメリダがツールドフランスで使用した主力バイク「REACTO TEAM-E」

では、バーレーンメリダが2018年のツールドフランスで使用したバイクをご紹介します。

チームのエースであるニバリ選手や、平坦なステージにおいては「REACTO TEAM-E」を使用しました。

「REACTO TEAM-E」は、メリダがラインナップするエアロロードバイクの、フラッグシップモデルです。

そのバイクに、フルクラムの「Speed 40T」というチューブラーホイールを合わせて使用しています。

メインコンポーネントは、シマノのデュラエースDI2ですが、クランクには「SRM」のパワーメーター付きのクランクが取り付けられています。

ニバリ選手のバイクには、ツールドフランスを含む、3大グランツールを制したことを表す、スペシャルペイントが施されています。

また、ニバリ選手の「REACTO TEAM-E」のサドルは、チームのスポンサーのプロロゴのサドルではなく、フィジークのサドルを、表皮を張り替えて使用しています。

さらに、ペイントの簡略化や、軽量チタン製クイックリリースの使用などにより、軽量化が突き詰められています。

ツールドフランスの石畳ステージ攻略のための「SCULTURA TEAM-E」

次に、石畳のステージや山岳ステージで使用された「SCULTURA TEAM-E」をご紹介します。

「SCULTURA TEAM-E」は、メリダの軽量オールラウンドモデル「SCULTURA」シリーズのフラッグシップモデルです。

コンポーネントやホイールなどのパーツは、先に述べた「REACTO TEAM-E」とほぼ同様です。

しかし、「REACTO TEAM-E」のボトルケージには、フルカーボンのLeggeroボトルケージが使用されているのに対し、「SCULTURA TEAM-E」にはより一般的な、Custom Race PLUSボトルケージが採用されています。

これは、石畳のステージ対策のひとつであると考えられます。

おそらく、フルカーボンのLeggeroボトルケージは、軽量な分、ボトルのホールド力や破損のリスクの大きさなどの面で、Custom Race PLUSボトルケージに劣るため、石畳のステージではCustom Race PLUSボトルケージが選ばれたのでしょう。

ちなみに、ツールドフランスを走るプロサイクリングチームが使用するロードバイクのフレームの価格は、それ単体で50万円以上するフレームも、めずらしくありません。

しかし、バーレーンメリダが使用する「REACTO TEAM-E」および「SCULTURA TEAM-E」は、フレーム単体で30万円前後と、フラッグシップモデルの中ではお手ごろな価格です。

バーレーンメリダが使用した新作TTバイク!「WARP TT」

バーレーンメリダが、ツールドフランスのタイムトライアルステージで使用したバイクが「WARP TT」です。

ホイールは、リアホイールにディスクホイールの「Speed 360T」を使用し、フロントホイールはメーカーロゴが廃されたチューブレスのエアロホイールを使用しています。

このロゴなしのホイールは、カンパニョーロの「BORA WTO 77」であるようです。

わざわざサポート外のホイールを使用する理由は、タイムトライアルにおいて負荷の大きいフロントタイヤに、転がり抵抗が少ないチューブレスタイヤを使用するためでしょう。

タイムトライアル用であるため、チェーンホイールのギアは58T-44Tと、非常に大きなギアを使用しています。

なお、クランクは通常のバイクと同じく「SRM」社製のクランクを使用しますが、「WARP TT」には、市販されていないアルミのクランクが取り付けられています。

なお、このTTバイクの日本での発売は、まだアナウンスはありません。

プロ支給品のスペシャルタイヤ!「COMPETITION PRO LTD」

バーレーンメリダがツールドフランスで使用するロードバイクには、コンチネンタルのチューブラータイヤが取り付けられています。

コンチネンタルのタイヤには、ブラックチリコンパウンドというテクノロジーが用いられています。

これにより、タイヤのゴム本来のしなやかさを保ちつつ、高いレベルの対磨耗性能を実現しています。

使用するタイヤは、通常のステージでは、「COMPETITION PRO LTD」というモデルです。

しかし、コンチネンタルから発売されているタイヤのカタログを見ても、「COMPETITION PRO LTD」はラインナップされていません。

これは、「COMPETITION PRO LTD」がプロ支給品であり、レースに合わせてメーカーが特別に生産しているからです。

市販品との大きな違いは、チューブにあります。

市販品に使用されるチューブは、扱いやすいブチルチューブですが、「COMPETITION PRO LTD」には、管理が難しい分、乗り心地に優れるラテックスチューブが使用されています。

今年のツールドフランスでディスクブレーキが「使われなかった」わけ

2018年のツールドフランスでバーレーンメリダが使用したバイクは、全てリムブレーキモデルでした。

制動力に優れるディスクブレーキの使用が認められ、なおかつ、「REACTO TEAM-E」「SCULTURA TEAM-E」の両モデルにディスクブレーキの用意があるにもかかわらず、なぜディスクブレーキを使用しなかったのでしょうか。

これは、チームのエースであるニバリ選手が、リムブレーキのロードバイクを使用するためです。

なぜなら、レース中にニバリ選手がパンクし、なおかつ即座に交換用のホイールが用意できない場合、チームメイトが自分のホイールを渡す必要があるからです。

ディスクブレーキとリムブレーキの間には、ホイールの互換性はないため、エースのニバリ選手のために、チーム全員がリムブレーキを使用する必要があるのです。

では、なぜニバリ選手はリムブレーキにこだわるのでしょうか。

その理由も、パンクした場合に迅速にホイール交換をするためです。

ディスクブレーキのホイールよりも、リムブレーキのホイールは扱い慣れている分、素早く交換ができます。

さらに、ニバリ選手が完全に孤立した状態でパンクした場合、ニュートラルサポートからホイールをもらいますが、その際、ディスクブレーキ対応のホイールが確実に用意されている保証がないからです。

こういった事情があり、プロ選手の間では、リムブレーキが支持されています。

チームのロードバイクに見えるチーム内の裏事情

今回の記事では、バーレーンメリダのロードバイクをご紹介しました。

このように、プロチームのロードバイクを見ると、チーム内の力関係や、場合によってはチームの財政事情などもうかがい知れます。

今後、プロのロードバイクを見る機会があったら、そういった面から見てみると、一層楽しめるかと思います。