ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

バーレーンメリダがツールドフランスで使用したバイク分析!

2018.10.17

2018年のツールドフランスは、7月7日から7月29日までの計21ステージで開催され、数多くの名勝負が繰り広げられました。

ヴィンツェンツォ・ニバリ選手率いるバーレーンメリダは、エースのニバリ選手の不運の落車によるリタイアにより、苦しい展開となりましたが、最後まで奮闘しました。

この記事では、そのバーレーンメリダが使用したロードバイクを紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

他社クランクも取り付けられる!bb30用のアダプターのおすすめ

bb30というのはボトムブラケットの種類の1つで、数年前には多くのフレームに採用されていました。 ...

自転車で目にする700cってなんのこと?どんな意味がある?

自転車のホイールで目にする700cとは、いったいどういう意味なのでしょうか? タイヤ選びは、自...

レースを目指すならこれ!シマノ・RS700のインプレ評価

ロードバイクのコンポと言えば、日本が世界に誇る自転車パーツメーカー「シマノ」であり、世界でもトッ...

ロードバイク『バーテープ』のおすすめランキングTOP10!

ライド中、常に手に触れるパーツであり、ライドフィーリングに大きな影響をもたらすのがバーテープです。 ...

低価格&高性能!2種類のSHIMANOのULTEGRAホイールの用途

SHIMANOのULTEGRAホイール「WH-6800」および「WH-RS500」は、低価格なが...

パナソニックはスポーツ自転車のロードバイクを扱っている?

パナソニックって聞くと一番先に思い浮かぶのは、家電ではないでしょうか。 実はパナソニックは自転車も...

scottのfoil40!エアロロードバイクをリードするfoil

scott(スコット)は、本格的なライダーにとって憧れのメーカーなのではないでしょうか。 弱虫...

メリダの「リアクト5000」は用途のカバー範囲が広い!

今やロードバイクを扱う各自転車メーカーでは、必ずといってよいほどラインナップされているのが、エア...

アンカーの「RL8 EQUIPE」!ヒルクライムの実力はいかに?

アンカーのロングライド向きのロードバイク「RL8 EQUIPE」は、手ごろな価格でありながら優秀な...

ピナレロ・ドグマF10はプロ専用か?インプレ評価を検証

ピナレロの現在のフラッグシップモデルと言えば「ドグマF10」です。 インプレ情報には「スーパー...

スポーツバイク選びの基準!身長180cmの長身の場合は?

スポーツバイクのカタログなどを見ると、ママチャリなどの一般車と違い、細かくサイズが設定されています。...

ロードバイクのホイールの回転が渋い!ハブが原因かも

ロードバイクに乗っていて、ホイールの回転に違和感を覚えることはありませんか? そんなときは、ハ...

ロードバイクのホイールで5万円以下のおすすめを紹介

ロードバイクは、自転車の中でもかなり高価なものです。 名の通ったメーカーのものなら最低でも10...

ピナレロの2019モデルが発表された!気になるトピックスは?

2018年9月時点の情報で、各スポーツバイクメーカーの2019年モデルが明らかとなり、ホームペー...

最近のbianchiのロードバイクの評判はどうなのか?

bianchiは現存する世界最古の自転車ブランドですが、1970年代に倒産をしており現在は一つのブラ...

スポンサーリンク

バーレーンメリダってどんなチーム?

はじめに、バーレーンメリダチームについて簡単にご紹介します。

バーレーンメリダは、2017年に発足した中東籍のUCIワールドツアーチームです。

その名の通り、チームのスポンサーはバーレーン王国の企業による共同出資団体です。

バーレーン王国は、ペルシャ湾に浮かぶバーレーン島を中心とした島々からなる国家です。

国土は非常に小さく、東京23区に伊豆大島を足したほどの面積しかありません。

しかし、石油関連の産業や、中東の金融センターとしての役割により、高い経済水準を誇ります。

そのような、バーレーン王国の経済力により、バーレーンメリダチームは、プロサイクリングチームの中でも指折りのリッチなチームです。

チームのエースは、イタリア人オールラウンダーの、ヴィンツェンツォ・ニバリ選手です。

チームの至上目的は、ツールドフランスに代表されるような、ビッグレースでの勝利です。

それを実現するために、ニバリ選手をバックアップする強力なアシスト選手をチームに迎ています。

そのため、バーレーンメリダは、プロトンの中でも最強格のチームとして君臨しています。

バーレーンメリダがツールドフランスで使用した主力バイク「REACTO TEAM-E」

では、バーレーンメリダが2018年のツールドフランスで使用したバイクをご紹介します。

チームのエースであるニバリ選手や、平坦なステージにおいては「REACTO TEAM-E」を使用しました。

「REACTO TEAM-E」は、メリダがラインナップするエアロロードバイクの、フラッグシップモデルです。

そのバイクに、フルクラムの「Speed 40T」というチューブラーホイールを合わせて使用しています。

メインコンポーネントは、シマノのデュラエースDI2ですが、クランクには「SRM」のパワーメーター付きのクランクが取り付けられています。

ニバリ選手のバイクには、ツールドフランスを含む、3大グランツールを制したことを表す、スペシャルペイントが施されています。

また、ニバリ選手の「REACTO TEAM-E」のサドルは、チームのスポンサーのプロロゴのサドルではなく、フィジークのサドルを、表皮を張り替えて使用しています。

さらに、ペイントの簡略化や、軽量チタン製クイックリリースの使用などにより、軽量化が突き詰められています。

ツールドフランスの石畳ステージ攻略のための「SCULTURA TEAM-E」

次に、石畳のステージや山岳ステージで使用された「SCULTURA TEAM-E」をご紹介します。

「SCULTURA TEAM-E」は、メリダの軽量オールラウンドモデル「SCULTURA」シリーズのフラッグシップモデルです。

コンポーネントやホイールなどのパーツは、先に述べた「REACTO TEAM-E」とほぼ同様です。

しかし、「REACTO TEAM-E」のボトルケージには、フルカーボンのLeggeroボトルケージが使用されているのに対し、「SCULTURA TEAM-E」にはより一般的な、Custom Race PLUSボトルケージが採用されています。

これは、石畳のステージ対策のひとつであると考えられます。

おそらく、フルカーボンのLeggeroボトルケージは、軽量な分、ボトルのホールド力や破損のリスクの大きさなどの面で、Custom Race PLUSボトルケージに劣るため、石畳のステージではCustom Race PLUSボトルケージが選ばれたのでしょう。

ちなみに、ツールドフランスを走るプロサイクリングチームが使用するロードバイクのフレームの価格は、それ単体で50万円以上するフレームも、めずらしくありません。

しかし、バーレーンメリダが使用する「REACTO TEAM-E」および「SCULTURA TEAM-E」は、フレーム単体で30万円前後と、フラッグシップモデルの中ではお手ごろな価格です。

バーレーンメリダが使用した新作TTバイク!「WARP TT」

バーレーンメリダが、ツールドフランスのタイムトライアルステージで使用したバイクが「WARP TT」です。

ホイールは、リアホイールにディスクホイールの「Speed 360T」を使用し、フロントホイールはメーカーロゴが廃されたチューブレスのエアロホイールを使用しています。

このロゴなしのホイールは、カンパニョーロの「BORA WTO 77」であるようです。

わざわざサポート外のホイールを使用する理由は、タイムトライアルにおいて負荷の大きいフロントタイヤに、転がり抵抗が少ないチューブレスタイヤを使用するためでしょう。

タイムトライアル用であるため、チェーンホイールのギアは58T-44Tと、非常に大きなギアを使用しています。

なお、クランクは通常のバイクと同じく「SRM」社製のクランクを使用しますが、「WARP TT」には、市販されていないアルミのクランクが取り付けられています。

なお、このTTバイクの日本での発売は、まだアナウンスはありません。

プロ支給品のスペシャルタイヤ!「COMPETITION PRO LTD」

バーレーンメリダがツールドフランスで使用するロードバイクには、コンチネンタルのチューブラータイヤが取り付けられています。

コンチネンタルのタイヤには、ブラックチリコンパウンドというテクノロジーが用いられています。

これにより、タイヤのゴム本来のしなやかさを保ちつつ、高いレベルの対磨耗性能を実現しています。

使用するタイヤは、通常のステージでは、「COMPETITION PRO LTD」というモデルです。

しかし、コンチネンタルから発売されているタイヤのカタログを見ても、「COMPETITION PRO LTD」はラインナップされていません。

これは、「COMPETITION PRO LTD」がプロ支給品であり、レースに合わせてメーカーが特別に生産しているからです。

市販品との大きな違いは、チューブにあります。

市販品に使用されるチューブは、扱いやすいブチルチューブですが、「COMPETITION PRO LTD」には、管理が難しい分、乗り心地に優れるラテックスチューブが使用されています。

今年のツールドフランスでディスクブレーキが「使われなかった」わけ

2018年のツールドフランスでバーレーンメリダが使用したバイクは、全てリムブレーキモデルでした。

制動力に優れるディスクブレーキの使用が認められ、なおかつ、「REACTO TEAM-E」「SCULTURA TEAM-E」の両モデルにディスクブレーキの用意があるにもかかわらず、なぜディスクブレーキを使用しなかったのでしょうか。

これは、チームのエースであるニバリ選手が、リムブレーキのロードバイクを使用するためです。

なぜなら、レース中にニバリ選手がパンクし、なおかつ即座に交換用のホイールが用意できない場合、チームメイトが自分のホイールを渡す必要があるからです。

ディスクブレーキとリムブレーキの間には、ホイールの互換性はないため、エースのニバリ選手のために、チーム全員がリムブレーキを使用する必要があるのです。

では、なぜニバリ選手はリムブレーキにこだわるのでしょうか。

その理由も、パンクした場合に迅速にホイール交換をするためです。

ディスクブレーキのホイールよりも、リムブレーキのホイールは扱い慣れている分、素早く交換ができます。

さらに、ニバリ選手が完全に孤立した状態でパンクした場合、ニュートラルサポートからホイールをもらいますが、その際、ディスクブレーキ対応のホイールが確実に用意されている保証がないからです。

こういった事情があり、プロ選手の間では、リムブレーキが支持されています。

チームのロードバイクに見えるチーム内の裏事情

今回の記事では、バーレーンメリダのロードバイクをご紹介しました。

このように、プロチームのロードバイクを見ると、チーム内の力関係や、場合によってはチームの財政事情などもうかがい知れます。

今後、プロのロードバイクを見る機会があったら、そういった面から見てみると、一層楽しめるかと思います。

 - ロードバイク, ロードバイクレース