ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

メリダのクロスバイクは高品質・低価格!おすすめの3選

2018.9.21

台湾メーカーのメリダは、MTBで有名なブランドですが、実はとてもコストパフォーマンスの高いクロスバイクも製造しています。

また、技術力もあるため、性能も良く、さらには価格が安いと評判です。

そこで今回は、自転車メーカー「メリダ」の歴史や、おすすめクロスバイクと特徴についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

クロスバイクのフレームに傷が付いた!直せるのか?

自立ができない自転車には、常に転倒の危険性があります。 しかもクロスバイクなどのスポーツタ...

シマノのクラリスでも性能は十分!用途に限れば快適走行も可

シマノのコンポーネントには様々なグレードがあります。 グレードが高いと値段が高くなり性能も高く...

ビアンキのクロスバイクの人気に迫る~どの車種が買いなのか

ビアンキはプロのロードレースに機材を提供していますので、ロードバイクのイメージが強いかと思います...

ビアンキのクロスバイクに女性用はあるのか?

イタリアの老舗「ビアンキ」は、「チェレステカラー」に代表されるオシャレなイメージが定着しており、...

メリダのクロスバイク「グランスピード」2018モデルをご紹介

メリダは、ロードバイクでもMTBでも、世界最高峰のワールドツアーを戦うチームに機材を提供していま...

bianchiのクロスバイクを紹介!価格相応のモデルはどれ?

スポーツ自転車の購入を考える際に、まず皆さんが気になるのは価格でしょうか? 例えば入門編的...

トレックの凄いグリップで快適!クロスバイクのグリップ交換

「トレック」のクロスバイクのグレードが「FX3」以上であれば、独自の技術が盛り込まれた振動吸収性...

スペシャライズドのクロスバイク「シラス」2018モデルを紹介

スペシャライズドのクロスバイクは、2018年より「Sirrus(シラス)」シリーズのみの展開にな...

スペシャライズド・シラスのメンテナンスはここを重点的に!

クロスバイクはスポーツバイクの入門編であり、普段使いで生活に密着していることが多いです。 ...

大型クロスバイクの適正身長は?自分に合ったサイズ選びを

長身の人が乗る大型クロスバイクのサイズは、どれを選べばいいでしょうか。 自転車は、サイズが合っ...

trekのクロスバイクはどんな評価を受けているのか?

trekは、世界最大級の規模を誇るスポーツバイクメーカーで、実に90か国以上でバイクが販売されて...

スペシャライズドの2017年版クロスバイク商品を紹介!

スペシャライズドは、スポーツバイクのメーカーとしてとても有名で、クロスバイク乗りなら一度は聞いたこと...

クロスバイクメーカー、ルイガノとビアンキの自転車について

ルイガノ、ビアンキはクロスバイク初心者も選ぶ方が多く、街乗りにも手ごろな価格帯で、人気のあるメーカー...

クロスバイク10速化はカスタマイズの中ではハードルは高い?

お持ちのクロスバイクを10速化したい理由はなんでしょうか。 やはり、一番は走行性能アップに期待...

スペシャライズドの2018年モデル「チゼル」は街乗りにも向く

スペシャライズドは今でこそロードバイクが主流になっていますが、世界にその名を知らしめたのはMTB...

スポンサーリンク

メリダって安いけど実際どうなの?

メリダのクロスバイクは安くて有名ですが、安さゆえに、性能や品質が悪いと疑われがちです。

クロスバイクを始めたばかりの初心者の方は、その安さから、メリダを選びたいという方も多いのではないでしょうか?

しかし、安いのでかえって、少し心配になってしまう方も多いと思います。

それでは実際の所、メリダのクロスバイクは、性能や品質が悪いのでしょうか?

結論から申し上げますと、そんなことはありません。

安いのに性能にも問題が無く、技術力やコストパフォーマンスも良いと、メリダの評判はとても良いのです。

このことから、初心者の方には、メリダはとてもおすすめのメーカーです。

それでは、メリダの技術はどのくらい良いのか、ご説明していきます。

クロスバイクメーカー「メリダ」の安さの理由!

メリダのおすすめ理由の1つが、「安さ」ですが、どうしてそんなに安くクロスバイクを提供できるのでしょうか?

メリダの創業者、アイク・ツェンは海外の旅中に見つけたあることがきっかけで、メリダを立ち上げることになります。

それは、海外の自転車店に貼られたチラシに書かれた「台湾製は品質が悪いので、修理お断り」の文面です。

これを目にしたアイク・ツェンは、1972年にメリダを創業し、品質の高い自転車の製造を目指し始めました。

1988年にメリダブランドの自転車の生産を開始させ、グローバル化にも力を入れました。

ノルウェーから始まり、ドイツ、イギリス、オランダ、スペインとその名を広め、販売拠点を増やしていきます。

そんなメリダがなぜ、高い技術かつ安い自転車が作れるのかというと、自社設計・自社開発した製品を、自社工場で生産できる数少ないブランドだからです。

本来、多くのブランドで設計開発は自社で、生産は他国(台湾など)に任せるという、コストのかかる生産方法を取るのが一般的です。

しかし、メリダでは自社工場で設計した自転車を生産できるため、高品質かつ低価格帯の自転車を提供できるのです。

そして、メリダの良い所は、もちろん安さだけではありません。

2012年に開発拠点をヨーロッパ、ドイツに移し、2014年には開発に関わるスタッフも増え、現在15人の開発スタッフ全員で部署や職種の垣根を超え意見を出し合い、高品質のバイクを作ることができている、と聞きます。

若い開発スタッフが多く、その熱意と情熱、そして「自転車が好き」という思いが開発にも生かされ、良いバイクの生産に繋がっているのでしょう。

「メリダ」のクロスバイクが高品質の理由!

メリダが高品質で低価格の自転車を作れる理由の1つは、自社設計と自社生産にある、とご説明しましたが、他にも理由があります。

メリダは、1996年に世界初となるロボット溶接技術を取り入れたブランドであり、アルミフレームの大量生産を可能にしました。

他にも、「必要な物を、必要な時に、必要なだけ作る」という、日本のトヨタと同じ「かんばん方式」を取り入れることで、低コスト高効率を実現させています。

また、最新の設備と高効率のシステムの導入、そして熟練の職人が生産力と品質を支えています。

驚くことに、組み立てラインで1台が組み上がる時間が、わずか30〜40秒で組み上がってしまうと聞きます。

また、台湾の生産部門にはエンジニアが10人程おり、ドイツのアイデアが実現可能か、検証や考察も行なっています。

その他にも様々な努力を重ね、現在では世界各国で販売されるメリダの自転車は400車種に上り、現在では高品質かつ低価格で世界でも信頼できるメーカーになったのです。

ここからは、そんなメリダのおすすめクロスバイクを3台、ご紹介していきます。

メリダのおすすめクロスバイク「CROSSWAY BREEZE TFS 110-R」

メリダのおすすめクロスバイク1台目は「CROSSWAY」です。

本格的な自転車ではなく街乗りに、けれど少しスポーティーな自転車が欲しい、という方におすすめです。

そして、「CROSSWAY」の中でも、ご紹介する「CROSSWAY BREEZE TFS 110-R」は、日本人や小柄な体型の方向けに設計されており、日本国内では「サイズ感が合う」と評判の高い1台です。

また、街乗りを目的に作られているため、重さは11.8キロ(38センチサイズ)に抑えられており、少し勾配のきつい場所でも登りやすいように設計されています。

他にも、日本国内で使いやすいように、英国式バルブや、サイドスタンドが標準装備で用意されています。

カラーはモカブラウン、レッド、ジェルドホワイト、ランプブラックの4種類から選ぶことができます。

その他、基本内容は以下の通りです。

・フレーム:CROSSWAY TFS

・フロントフォーク:STEEL O.S.

・クランクセット:SR Suntour CW13-XR178 48-38-28

・Fディレーラー:Shimano FD-M191

・Rディレーラー:Shimano Altus RD-M280

・ホイール:ALEX ID-19

参考価格は¥54,900(税抜き)になります。

ぜひ、購入を検討されている方は、CROSSWAYを候補に考えてみてはいかがでしょうか?

メリダのおすすめクロスバイク「Scultura 400」

次におすすめのメリダのクロスバイクは「Scultura 400」です。

こちらのクロスバイクは、レーシングエントリーモデルにもかかわらず、他社メーカーと比較して圧倒的に安い、という特徴を持ちます。

また、加速性も良く、コーナーリングで発揮される性能もとても良いです。

こちらもまた、街乗りで少しスポーティーなクロスバイクに乗りたい方におすすめです。

外観もスポーティで、シンプルでおしゃれな印象もあります。

また、トリプルバテッド・ハイドロフォーミング製法という特殊な加工が施された製法による「Sculturaliteアルミフレーム」に、リアディレイラーに11速のShimano105を組み合わせました。

それにより、ツーリング耐久性を実現させたクロスバイクでもあります。

さらに、UCI承認フレームで、レースでも問題なく使用可能です。

軽い走りはヒルクライムなどでも、実力を発揮してくれるでしょう。

基本内容はこちらです。

・フレーム:Scultura lite-single BSA

・フロントフォーク;Road carbon Race

・クランクセット:Shimano RS510 50-34

・Fディレーラー:Shimano 105 DF

・Rディレーラー:Shimano 105 SS

・ホイール:Merida comp SL 24 pair

カラーは、シルクブラックとブルーの2色から選べます。

参考価格は¥139,900(税抜き)になります。

メリダのおすすめクロスバイク「RIDE210」

最後におすすめするメリダのクロスバイクは、「RIDE210」です。

こちらのクロスバイクは、子供や女性にも乗れる小型仕様になっていて、こちらもまた日本人向けに設計された1台になります。

また、「RIDE210」の他に「RIDE200」があり、そちらは一回り大きなサイズ感となっています。

小柄な体格に合わせた、スペシャルフレームを採用しており、ハンドル、ステム、クランク長などにも、39cm、42cmといったスモールサイズを採用しています。

また、初の巻き取り式のシフトレバーを装備した、Shimanoの新型SORAが搭載されています。

基本内容はこちらです。

・フレーム:Ride Lite-single

・フロントフォーク:Road carbon comp

・クランクセット:FSA Tempo 50-34T

・Fディレーラー:Shimano Sora D

・Rディレーラー:Shimano Sora SS

・ホイール:MERIDA comp SL 20 pair

カラーはマットアントラシート(黒を基調にオレンジのライン)とシルクペトロブルー(緑に近い青を基調に黒のロゴやライン)の2色があります。

参考価格は、¥99,900(税抜き)になります。

メリダのクロスバイクは安心して選べる!

今回は、メリダの歴史や、低価格・高品質の理由、おすすめクロスバイクについてご紹介しました。

メリダは信頼できるメーカー、ということがご理解頂けたかと思います。

低価格、高品質の自転車を追求し続けるメリダに今後も期待ですね。

また、今回ご紹介したクロスバイクの他にも、メリダには良いクロスバイクがあります。

ぜひメリダからお気に入りの1台を見つけてみてください。

 - クロスバイク