自転車のサドルでお尻が痛くないものとは?おすすめは?

自転車において、お尻が痛くないサドルというのはあるのでしょうか?

座面が硬いサドルは痛くなりやすいのは確かですが、柔らかければ痛くならないかと言えばそんなことはありません。

形状やパッドの厚さによって痛みを軽減することはできても、完全に痛くないサドルというのは難しいです。

そのため、今回は痛みを軽減できるおすすめのサドルをできるだけ多くご紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

タイオガのコクーンは他と違う?輪行袋の使い方と注意点

近年、健康ブームと節約志向の流れで自転車に乗っている方も、それを趣味とする方も増えてきています。...

自転車を分解して自分の好きな色に再塗装してみましょう!

自転車は屋外で保管する事が多いので、錆びたり、塗装が剥げたり、自然と劣化してまう物です。見た...

自転車のボルトなどのパーツがサビてしまったら?対処法は?

自転車は主に金属でできています。自転車のパーツでも、むき出しのチェーンやボルトのサビは、外に...

自転車のスプロケットを交換するには?その種類と料金は?

自転車のスプロケットと聞いて「?」となる方も中にはいらっしゃるかもしれません。また、逆に自ら...

フーリガンのチェーンリングを交換する人が多い?多段化もする?

【フーリガン】は、サッカー場で暴徒化してしまう集団のことを指しますが、もちろんその話をするわけではあ...

bbを交換してママチャリの走りをグレードアップさせよう

突然ですが、みなさんは普段乗っているママチャリを、改造しようと思ったことはありますか?ま...

ロードバイクのホイールを考える!ロングライド向きなのは?

ロードバイクはスピードが身上ですが、ドロップハンドルや大口径のホイールは長距離・長時間を走ること...

ママチャリのBBは修理出来る?BBの構造と取り外し方!

日本人にとって、自転車という乗り物は非常に便利であり、老若男女、多くの方に乗られている乗り物です...

自転車通学に!坂道でも速い乗り方とおすすめのママチャリ

ママチャリに乗っていても爽やかさを振りまく学生さんは、眩しく感じるものですね。中には、本当に...

自転車のサドルで穴や溝切りがされているのはなぜ?

自転車、特にスポーツタイプのサドルには、座面がまっさらで平坦なものは少なく、溝切りがされていたり...

何故かグリップシフトが固い!その原因と対処方法を考える

グリップシフトが固いと感じる場合には、どこかのパーツに何かしらの不具合が起こっていると考えられます。...

通勤通学・趣味の自転車にも!便利な速度計の仕組みって?

自転車は健康的で環境にも優しい移動手段ですね。ママチャリなどに乗って通勤したり、気ままな...

ビアンキの小径車のエントリーモデル~ミニベロ7の評判は?

イタリアの老舗自転車メーカーであるビアンキは、ロードバイクからシティサイクルまで、数多くの種類の...

ストライダーにプロテクターは必須!2歳向けのものはある?

ストライダーは決して危険な乗り物ではないですが、自分でバランスを取る必要があるので、慣れるまでは...

ロードバイクに補助ブレーキレバーは必要なのか?

皆さんは補助ブレーキレバーと聞いて、ピンと来ますか?これは、ロードバイクのドロップハンドルに...

スポンサーリンク

お尻が全く痛くないサドルはあり得ない!

例えば、何かに座ってテレビを見るなり時間を過ごす際に、木やパイプいすなど硬い座面に座っているよりは、ソファやクッションのような柔らかい方がお尻が痛くないとは言えます。

ソファがお尻全体を包み込むように支えているのに対して、硬いものは坐骨や股間付近を一点集中で支えています。

そのため、集中している部分が圧迫されて痛みが出やすくなります。

しかし、柔らかいソファでも2、3時間となってくれば痛みは出るもので、いわゆる座面の硬さとお尻の痛みというのはイコールの関係ではなく、程度の問題なのです。

したがって、お尻が痛くないサドルというのは事実上存在せず、サドルを交換しても、痛みを全て除去できるわけではありません。

それでも、自分のお尻にフィットするものに出会えれば、今の悩みからは解放される可能性もありますので、その手助けになりそうなおすすめのサドルをご紹介していきます。

お尻が痛くない方向に最も近づけるおすすめのサドル

それでは、なるべくお尻が痛くないという方向に近づくべく、おすすめのサドルをご紹介していきます。

【ISM(アイエスエム):TOURING】

参考価格:¥8,500

自転車に乗っていて起こるお尻の痛みは、大きく分けて2ヵ所から発生します。

一つはお尻を支えている坐骨、もう一つは特に前傾した時に圧迫される股間付近です。

ISMはトライアスロンやTT(タイムトライアル)用のサドルが得意なメーカーなので、特に股間付近の圧迫を軽減させるのに長けています。

そのため、サドル前方が二つに分かれている先割れ形状になっており、前傾姿勢になった際にもこの先割れ部分に股間が収まり、圧迫させない仕組みになっています。

しかも、このTOURINGは座面幅が195㎜もあり、お尻全体を包み込むようにして支えてくれますので、ロングライドでも坐骨に痛みが出にくくなっています。

ママチャリ並みの座面幅ですし、かなり厚みもあるので見た目のやぼったさは否めませんが、お尻の痛み軽減という観点からは外せないサドルの一つです。

コンフォート系サドルならおすすめはこのメーカー

引き続きお尻が痛くないというテーマに沿って、痛みが軽減されるおすすめのサドルをご紹介します。

【VELO(ベロ):Plush VL3147 (男性用)】

参考価格:¥3,300

VELOは、パッドが厚めで衝撃吸収性に長けた「コンフォート」系サドルの第一人者的なメーカーです。

中でもこちらは座面幅が180㎜あり、座面がこんもり盛り上がっているほど厚いパッドが使用されています。

しかし、VELOの素晴らしいのは、これだけの分厚い座面でありながら、適度な弾力を持たせて、パワーロスを防いでくれているところです。

座面が柔らか過ぎると体が沈み込むので、ペダルに力を込めづらくなりますし、力が逃げてしまうので疲労が溜まる割にはスピードが出ないという、非効率さがあります。

それを改善しているのがこのサドルであり、特にパワーロスが問題になるロードバイクでも愛好者が多いのはうなづけます。

また、座面全体に溝が切ってあり、中央には穴も開いていますので、股間の圧迫対策も万全を期しています。

なお、同じシリーズで女性用もあります。(型番VL4126)

お尻が痛くないという評価が多いおすすめの「ゲル」入りサドル

前項でご紹介したサドルはコンフォート系というジャンルで、長い時間の走行でもお尻が痛くないことをコンセプトにしています。

その中では、座面に弾力を持たせているというお話をしましたが、弾力がないサドルは段々沈んでいきますので、時間が経つとベースにお尻が底つきしてしまい痛みが出ます。

そのため、適度な弾力はとても大切な要素で、手で触った段階では硬いとすら思えるものがおすすめという意見もあります。

【SELLE SMP(セラSMP) :TRK メンズ ゲル サドル】

参考価格:¥10,000

セラSMPのサドルは全体にうねりのある独特な形状をしており、その曲面が骨盤との接地面積をできる限り広くしてくれています。

そのため、坐骨に圧力が一点集中しないようになっており、痛みの軽減が大いに期待できます。

また、衝撃吸収性に長けている上に、弾力もある「ゲルパット」が座面に内蔵されていますので、スポーツ系サドルの理想形とも言えます。

さらに、座面中央から前方にまで、大胆に穴が開けられていますので、かなり深い前傾姿勢でも股間の圧迫は大幅に軽減されます。

独自の理論からお尻が痛くないサドル作りを目指すメーカー

次におすすめするサドルは、多くのプロレーサーも愛用する世界的ブランド「フィジーク」を持つメーカー「セラロイヤル」です。

セラロイヤルは「乗車位置」に重きを置くメーカーで、乗車時の脊髄の角度によってサドルを種類分けしています。

15°、30°、60°、90°の4段階があり、それぞれの角度の際にどこがサドルと接触して圧迫を受けやすいかを考慮して、痛くないサドル作りを目指しています。

最も上体が起きた姿勢になるのが90°で、これはドカッとサドルに腰を落ち着ける、ママチャリスタイルです。

ここから徐々に前傾させて最適な角度を決めていくことになりますが、大まかに60°はクロスバイク、30°はロードバイクのエンデュランスモデル、15°はレーサーモデルというところです。

セラロイヤルでも特におすすめなのが下記のサドルになります。

【LOOK IN】

セラロイヤルこだわりの「ROYALGELパッド」内蔵で、抜群の衝撃吸収性と股間の圧迫を大幅に減少させるサドルに仕上がっています。

90°以外の3段階が用意されており、ライダーのタイプに合わせて選ぶことができます。

サドル以外にもお尻の痛みを軽減させる方法はある

ここまでお尻が痛くないというコンセプトの強いサドルをおすすめしてきましが、乗車姿勢や乗り方、また別のアイテムでも軽減させることができます。

これまでのお話しの中でもお伝えしていますが、特に坐骨の痛みは圧力が長時間掛かり続けることで発生しています。

そのため、坐骨への圧力を極力減らすことを意識して、お尻を休ませてあげることが大切です。

例えば、少しだけ前傾姿勢になるように、サドルを高くしてみるのも一つの方法です。

前傾姿勢が深くなると重心が前掛かりになるので、自然とサドルに掛かっていた体重がペダルやハンドルに分散されます。

それによってお尻への負担が少なくなるので、痛みの軽減に繋がります。

また、腰を浮かせてペダルを漕ぐダンシング(立ち漕ぎ)を適度に挟んだり、信号待ちなど一時停車の際はサドルから降りておくなど、お尻を休息させる意識を持つのも大切です。

さらには、サドルにクッション性のあるカバーを掛けたり、お尻にパッドが入っているパンツやズボンを履くのも割とオーソドックスな方法です。

お尻が痛くならないのは大切だが自分に合うものがもっと大切

今回は、お尻が痛くならないという方向性で作られているサドルをご紹介しました。

共通点としては、座面が広くパッドが厚いものですが、それでいて柔らかすぎず適度に弾力があるものがおすすめです。

ただし、サドルは万人に合うものはまず存在しませんので、自分にフィットするということを最優先に考えてみてください。