モンベルの「ストライダーパンツ」が自転車に最適なわけ

アウトド製品全般を取り扱う「モンベル」ですが、独自のスポーツ自転車のブランドを展開するなど、自転車部門の充実も目立ちます。

サイクルウェアも数多く取り揃えている中で、サイクルウェアではない「ストライダーパンツ」が自転車乗りにも人気です。

サイクルウェアというわけではなく、ストレッチ性のあるパンツとしての商品ですが機能性がよく、サイクリングにも使えると噂です。

そして、街中で履いていても全く違和感のないスタイルというのが良いですね。

今回はそんなモンベルのストライダーパンツについてお話しします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車記事をブログに書いてみよう!どんな情報を発信する?

スポーツバイクが流行っている中、自転車の記事をブログに残している方も多いですよね。ブログはと...

mtbのクランクには種類がある!それぞれの外し方をご紹介!

mtbやロードバイクなどのスポーツ自転車では、クランクの外し方が分からないという声をよく聞きます...

道路交通ルール、自転車の道路や交差点での優先順位とは?

安全、円滑な交通は道路利用者が道路交通法を正しく理解する必要があります。そこで、道路や交差点...

必ず持っておきたい!シマノプロチェーンカッターの使い方

自転車のパーツの中でも、一番に酷使されているチェーン。人の力を車輪に伝えるための大切なパーツ...

フロントフォークの交換を行う~mtbは自力でできるのか?

フロントフォークは前輪とハンドルを繋ぐ部分で、自転車の舵取りに欠かせない部分です。特に、...

乱立する規格、混迷極めるホイールの互換性!鍵は「ハブ径」

つい先日、カンパニョーロから12段変速のコンポが発表され、ますますパーツ選択の幅が広がっています。...

ミニベロで通勤できる?ビアンキとブルーノを比較してみた!

近年では、エコブームや健康志向の高まりを受けて、自転車で通勤する方も目立ってきています。...

ストライダーのサドルを高くするのはいつ?XLは必要なのか?

ストライダーは対象年齢が2歳~5歳と幅広いので、お子さんも成長に合わせたカスタムが必要になってき...

シマノのハブをメンテナンスしよう!グリスアップの方法は?

皆さんは、ご自身が乗る自転車のメンテナンスを定期的にしていますか?また、近年の自転車ブームで...

タイヤとホイールの傷は自分で直そう!~修理の基礎知識~

自転車で悪路を走行している際に、タイヤやホイールに傷がついてしまうことが多々あります。傷がつ...

車道を自転車が走るのは邪魔?一体どこを走ればいいの?

「車道を自転車が走っていて邪魔」と感じたことのある車の運転手はいると思います。しかし一方で、「歩...

マウンテンバイクのハンドルをベストな高さに決める基準とは

自転車に乗るとき、車体と人体は「手」「足」「尻」の三つの箇所でつながっています。特に、地面か...

アメリカを自転車で横断しよう!長期間の旅での注意点

自転車でアメリカ横断にチャレンジしてみませんか?しかし、アメリカを自転車で横断なんて、スケー...

ロードバイク通勤して良かったことをブログから考察した!

通勤の移動手段として、あなたは何を使っていますか?徒歩・自転車・バイク・車・公共交通機関のど...

自転車ダイエットはブログの口コミ評価も高い!その方法は?

ダイエットと言えば、様々な方法がありますが、出来れば健康的に痩せたいものですよね。そこでおす...

スポンサーリンク

自転車に乗る際の服装はどうする?

自転車に趣味で乗るようになると距離が伸びますので、生活圏で使用していた時とは色々と勝手が違ってきます。

その中のひとつが服装で、Tシャツとジーンズというわけにはいかなくなってきます。

そうなると、サイクリングウェアを検討するようになりますが、多くの方が最初に思い浮かべるのは、競輪選手が着ているようなピチッと肌に密着したサイクルジャージかと思います。

ロードレースの練習や、趣味だとしてもひたすら走ることが目的ならピチッとウェアが最適です。

早く快適に走るために設計されていますし、荷物を携帯したりする機能性もあるので、走りを追求する方にはもちろんおすすめです。

しかし、自転車に乗って目的地に着いたら街歩きもしたい、途中でお店にも立ち寄りたい、などとなると少し違和感があります。

また、本格的なウェアは単純に見た目を好まない方もいらっしゃいますので、カジュアルなサイクルウェアの需要も高まっています。

今回のテーマであるモンベルのストライダーパンツも、一見すればアウトドア専門店が扱っているウェアには見えず、ユニクロで販売していてもおかしくないようなデザインです。

モンベルのストライダーパンツは自転車運動を助ける

自転車を乗る際にパンツに求められるのは、まず動きやすさと耐久性です。

ジーンズやスラックスのような伸縮性のないパンツでペダルを漕いでみると分かりますが、膝や太ももの突っ張りが気になりますし、生地と肌が擦れて痛くなったりもします。

また、お尻や股間部分がすり切れて破れたり、穴が開いてしまうことが割と短期間の間に起こります。

そのため、サイクル用のパンツには伸縮性と耐久性が求められますが、モンベルのストライダーパンツはその点をクリアしています。

ストライダーパンツは横方向へのストレッチ性を持たせて、フィット感と動きやすさを高めています。

生地の横糸にポリウレタンの芯を持つ丈夫な繊維を使用して耐久性も高めていますし、独自の「メカニカルストレッチ」が抜群の伸縮性をもたらしています。

また、膝が立体裁断されているので、屈伸運動に追従してくれます。

ペダルを漕ぐのは膝の曲げ伸ばしの繰り返しなので、この仕様はサイクリングに最適と言っても過言ではないでしょう。

モンベルのストライダーパンツは機能面も自転車向き

モンベルのストライダーパンツが自転車も意識していると思われるのは、全面よりも背面の腰丈が長くなっていることです。

スポーツタイプの自転車は基本が前傾姿勢なので、腰丈が短いと走行中に背中がめくれ上がってしまいます。

気にならない人にとっては関心が薄いかもしれませんが、特に女性などは見逃せない要素です。

また、中厚手の生地を使用しており、夏場でも山などでは急激に気温が下がったりもしますので、オールシーズン使用できます。

そして、自転車に乗っていると意外と困るのが小物の携帯です。

スマホや財布などは、ジッパーのないポケットに入れておくと飛び出してしまう危険性もあります。

その点でもストライダーパンツは前面の腰に2か所、左側の太もも、そしてバックポケットの4か所にジッパー付きポケットが配されています。

ちょっとした移動で、リュックやサドルバッグを付ける必要がない時にとても重宝します。

モンベルのストライダーパンツはサイズが豊富

モンベルのストライダーパンツは男女別で、男性用は15サイズ、女性用は12サイズあります。

身長からウエスト、股下の長さが数センチ刻みで設定されていますので、自分に最適なサイズが見付けられることと思います。

また、ウエストはバックル付きのナイロンベルトなので、サイズの微調整も可能になっています。

色は男性用がブラック、ブラウンサンド(ベージュ)、グレイン(キャメル)、女性がダークネイビー、ライトカーキ、オリーブになります。

価格はオンラインショップの参考で、男性用が9,462円(税込)、女性用が9,051円(税込)です。

そして、モンベルにはストライダーパンツよりもさらに厚手の生地を使用した、「マウンテンストライダーパンツ」もあります。

機能性はあまり変わらないですが、裏面が起毛加工で保温性が高いので、こちらは冬場向きのパンツと言えます。

そして、生地が厚くクッション性があるので、座面が硬い自転車のサドルではパッドの役目も果たしてくれるでしょう。

モンベルのサイクリングパンツ

ここまでモンベルのストライダーパンツが、自転車に乗る際にいかに向いているのかをご説明させて頂きました。

さて、ここからはモンベルのサイクルウェアを確認していきます。

まずはストライダーパンツと比較してみたいので、サイクリングパンツをご紹介します。

【サイクルライニングパンツ 】

参考価格:[男性用]¥13,824 [女性用]¥12,744

ストライダーパンツとの違いは、こちらはお尻の部分にパッドが入ります。

しかも、こちらのパッドはモンベルが特許を取得している、履いたままで取り外しが可能なので、街歩きなどの普段使いにもすぐに対応できます。

また、裾にばたつき防止のベルクロが付いており、絞り込むことができます。

さらに、股間にガセット(小袋)を設けることで縫い目を集中させず、股間の圧迫軽減を図っています。

そして、夜間の視認性を高めるために、反射して光るテープやロゴマークを採用しています。

これらが主にストライダーパンツとの違いであり、細かい部分にまで自転車走行のための仕様になっているということです。

モンベルのサイクルウェア

最後にモンベルのストライダーパンツに合わせたい、トップスをご紹介します。

【リフレック ウインドバイカー】

参考価格:¥9,720

オールシーズンタイプの、男女兼用ウインドブレーカーです。

脇と背面がメッシュになっており、通気性が抜群で蒸れない仕様になっています。

ライトで反射して光るリフレクターのプリントが全面に施されていますので、夜間でも安心して自転車を走行できます。

そして、コンパクトに折り畳めるタイプで、右脇のポケットにそのまま収納できますので、収納袋を持ち運ぶ必要がありません。

【サイクール ショートスリーブジップシャツ】

参考価格:¥6,696

汗をかく時期でも快適に着れるように、通気性と吸水拡散性に優れています。

大きなバックポケットと、右脇にジッパーポケットが付いていますので、結構多くのものを収納できます。

体に程よくフィットするタイト目なシルエットなので、走行中にばたつくのを防止してくれます。

ただし、カジュアル感は薄いので、本格的にツーリングやレースに参戦を考えている方向きではあります。

モンベルのストライダーパンツはカジュアル感がよい!

今回は、アウトドア製品の有名ブランド「モンベル」のストライダーパンツをご紹介しました。

サイクルウェアではありませんが、自転車を漕ぐのに向いているのは間違いないところです。

見た目にもカジュアルでジャージのようなスポーツウェア感がないので、自転車を降りてからも違和感がありません。

普段使いをしていながらサッと自転車で遠出するという気楽な感じを求めるのであれば、ぜひ試して頂きたい一品です。