MTBのフロントフォークのオイル漏れを直そう!修理費用は?

フロントフォークがオイル漏れしている事はありませんか?

「故障しているかも」と不安になる事もあると思います。

そこで今回は、オイル漏れの原因や費用について、フロントフォークの話を織り交ぜつつ、ご説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

シマノはホイールのC17ワイドリム化に積極的ではないのか?

近年ロードバイクタイヤの幅は、主流が23C(23mm)から25C(25mm)へ移り、さらには28...

初心者も安心!ロードバイクのブレーキの知識や交換方法

ロードバイクのブレーキ交換をしたくても、何から手を付けて良いかわからないという事はありませんか?...

カーボンステム・カーボンハンドルへの交換!実感できる効果

ロードバイクにはまっていくと、様々なカスタマイズを試してみたくなりますよね。中でも、カー...

アメリカを自転車で横断しよう!長期間の旅での注意点

自転車でアメリカ横断にチャレンジしてみませんか?しかし、アメリカを自転車で横断なんて、スケー...

徐行速度は4km以下!?自転車の速度制限の正しい知識!

自転車は、あらゆる場所で徐行しなければいけないときがあります。そもそも、徐行とは、直ちに停止...

シマノクランクと関連パーツの互換性を把握し正確にカスタム

ロードバイクに慣れてきますと、走りの質を上げたくなるもので、パーツの交換を考えるようになります。...

サドルで変わる!ロングライド向けのサドルとセッティング

ロードバイクでロングライドをすると、お尻が痛くなることってありませんか?もしかしたら、その原...

カーボンとアルミ、それぞれのフレームの特徴や違いとは

自転車のフレームは、色だけでなく素材に違いがあることをご存じですか?実は、自転車のフレームに...

自転車のタイヤに空気をついつい入れすぎちゃう!ダメなの?

自転車のタイヤに空気を入れる時に、『まだ足りていないのかな?』「入れすぎちゃってるかな?」とわからな...

走行中にタイヤが突然バースト!前兆は?対策はあるの?

走行中に突然、タイヤがバーストすると、どうしていいかわからず、とても焦りますよね。せめて何か...

サイクルウェアブランド紹介!カジュアルウェアでお洒落に!

サイクルウェアには、様々なブランドが存在し、それぞれレース指向であったりカジュアル指向であったりと性...

自転車の盗難届は防犯登録が必要!防犯登録には期限がある?

皆さんは、自転車を購入するときに防犯登録を行っていますか?あまり知られていませんが、防犯登録...

ロードバイクのホイールにディスクブレーキモデルの波が…

最近のロードバイクの完成車を見ていると、ディスクブレーキモデルが増えました。2017年よりグ...

ロードバイクにフラットペダルを取り付けるのはダサいのか?

ロードバイクには、もともとペダルが装備されていないものが多く、購入する必要があります。そ...

ストライダーのハンドルをカスタムして快適に乗ってみよう

ストライダーの大会などに出向くとノーマルのものを見るのが珍しいくらい、皆さんカスタムをしています...

スポンサーリンク

フロントフォークを再認識

自転車にとって、必要不可欠なフロントフォーク。

特にMTBでは、フロントフォークはとても重要なパーツと言えるでしょう。

そして、オイル漏れを起こすのがどのフロントフォークなのか、知っていますか。

このような事も含めてフロントフォークを再度確認していきましょう。

フロントフォークとは、自転車の前輪を支えるパーツで、タイヤを両側から挟みこむように固定する二又のパーツを指します。

ステアリングコラムという軸部分と、ブレードと呼ばれる足部分で構成され、ロードバイクではフレームと一体となっており、MTBではサスペンションというショックを吸収する装置が組み込まれています。

また、ロードバイクなどで使用される物を「リジットフォーク」、MTBなどのサスペンションが組み込まれている物は「サスペンションフォーク」と呼ばれ、今回のテーマである「オイル漏れ」は、MTBで使われるサスペンションフォークで起こるトラブルです。

オイル漏れを放っておくと、フロントフォークが劣化し、修理やメンテナンスの費用が高くなる事や、最悪の場合、思わぬ事故に繋がる可能性もあります。

それでは、オイル漏れを起こすサスペンションフォークとはどういった物なのか、ご説明していきます。

サスペンションが付いたフロントフォークはオイル漏れを起こす?

サスペンションが組み込まれたフロントフォークは、MTBなどのオフロード用自転車を想定した作りになっているため、不整地での走行や、急激な上り下りの激しい路面を走るためのクッションになる役割を持っています。

また、空気圧を使ってショックを吸収するエアーサスペンションタイプや、オイルとスプリングでショックを吸収するオイル&コイルタイプなどがあります。

オイルを使ったサスペンションはインナーチューブ内部にオイルが注入されているため、定期的なオイル交換やパーツ交換が必要になります。

そして、オイル漏れは、オイルを使ったサスペンションが組み込まれたフロントフォークに起きるトラブルです。

もしも、オイル漏れが原因でオイルが枯渇すると、性能が落ち、トラブルを起こす原因にもなりますので、注意が必要です。

では、オイル漏れはどのようにして起こり、修理するにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

オイル漏れの原因と修理費用 その1

フロントフォークのオイル漏れの原因の1つで、寒い時期や乾燥する時期になるとオイルが漏れやすくなるという事があります。

寒さや乾燥の影響で、シール類の密着度が下がってしまう事が原因だと言われています。

わずかに漏れる程度でしたら拭き取る程度で解決できますが、あまりにも大量にオイルが漏れている場合は修理や点検が必要です。

また、自転車に乗る前に、固まっているオイルを全体になじませるため、温かい空間で自転車を逆さにし、サスペンションを10〜20回程ストロークさせる事で改善する場合があります。

できる事なら、屋内で自転車を保存する事も大切です。

シールの劣化が原因の場合はシール交換が必要ですので、オイル漏れなどの兆候が見られたら、お近くの自転車専門店で点検を行い、必要であればオーバーホールをお願いしましょう。

状態にもよりますが、7000円〜25000円程度の費用がかかります。

オイル漏れの原因と修理費用 その2

寒さや乾燥の他にも、フロントフォークのオイル漏れの原因があります。

MTBはオフロードなどで走行するため、水や泥が跳ね上がり、サスペンション内部に水分が溜まる事により、オイル漏れを起こす原因になります。

水が侵入したサスペンションは、オイルと水分が混ざった乳白色の液体が漏れ出てしまうのです。

また、インナーチューブに傷が入ると、水分やゴミの影響でサスペンション内部のパーツに支障をきたし、水分やゴミが入りやすくなります。

その時に入った水分が、オイル漏れの原因となる事が多いです。

サスペンション内部に異常がある場合、ロック機能を外してサスペンションを沈み込ませた時に、途中で引っ掛かる感覚があるはずです。

その場合、サスペンション内部に異常がある可能性が高いので、お近くの自転車専門店で点検を行いましょう。

費用は前項のオーバーホールと同様に、7000円〜25000円程度と考えてください。

オーバーホールとフロントフォーク交換にかかる費用

オイル漏れを修理する場合、点検を行った後、修理が必要な場合はオーバーホールもしくは、フロントフォークごと交換になります。

お店によって、オーバーホールや修理にかかる費用も変わります。

・オーバーホール ¥7000〜

・フロントフォーク交換 ¥6500〜

あくまでも相場ですが、料金は最低でも上記程度はかかるでしょう。

また、こちらの料金は工賃のみとなっており、この他に部品代が上乗せされます。

フロントフォークのオーバーホールをする場合、オイル交換に使用するサスペンション用のオイルはもちろん、シール類もヒビ割れをしていたりと劣化している場合は交換になります。

点検をした後に、あまりにもオーバーホールにかかる費用が高い場合は、新品のフロントフォークの値段や工賃と比較しながら交換する事をお勧めします。

また、修理の必要がなく、フロントフォークの点検と洗浄程度で済む場合は、比較的安価で済む場合もあります。

その場合、大体の相場で5000円程度と考えて頂ければ良いと思います。

オイル漏れを防ぐ方法

修理費用についてご説明しましたが、できる事ならなるべく安価で済ませたいですよね。

日頃のメンテナンスや予防を行う事で、不具合を起こす可能性がとても低くなります。

そこで、フロントフォークをオイル漏れなどから守るために、予防法についてご紹介していきます。

・マッドガードを取り付ける

マッドガードを取り付ける事によって、オイル漏れのリスクを軽減できます。

ダックフラップというメーカーから出されているマッドガードは、フロントフォークを泥や水から守り、侵入を防ぐ効果があります。

・スタンションの点検

MTBに乗った後、定期的にスタンション(フォークの内筒)の点検を行いましょう。

もしも、傷などがあった場合、内部に水や泥などが侵入しやすくなります。

また、フロントフォークは定期的にメンテナンスを行った方が良いとされています。

大体の目安としては、200時間毎にオイルやシール交換など全てのパーツを交換し、25時間毎にオイルの補充と洗浄を行うと、フロントフォークを不具合から守る事ができます。

また、乗り終わった後に、フロントフォークが泥などで汚れていたら、必ず洗車するようにしましょう。

日頃から、フロントフォークの不具合を起こさないように、上記のような対策を取る事も大切です。

定期的なメンテナンスでオイル漏れを防ごう

今回はフロントフォークのオイル漏れについてご説明しました。

フロントフォークの修理は決して安いとは言えませんので、日頃からメンテナンスに気を配り、トラブルが起きないように心掛けましょう。

そして安全、快適に自転車ライフを楽しみましょう。