ストライダーとへんしんバイクの比較!2歳児にはどちら?

お子さんが補助輪なしで自転車に乗れるようになるのをサポートするのは、親御さんも苦労することと思います。

補助輪付きから、自分でバランスを取らないと転んでしまう二輪に慣れるには、相当の時間を要するかもしれません。

しかし、今はストライダーやへんしんバイクが2歳から乗れるので、自転車への移行がスムーズに行くとも聞いています。

今回は、それぞれの特徴をご紹介して、比較をしてみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スペシャライズドのステム交換の注意点と交換方法

ステムはロードバイクにおいて、ハンドルポジションを決める大きな要素のひとつです。そのため...

思い出に残る昭和記念公園トライアスロン!ブログを書こう

国営昭和記念公園トライアスロン大会に参加しようとお考えでしょうか?初心者でもトライしやす...

中国・ドイツの自転車事情と自転車性能の違いを比較!

皆さんは、自転車を選ぶとき、何を基準に選びますか?やはり公道を走るものなので、安全性は重視し...

自転車のブレーキを交換するなら台座の種類をチェックしよう

スポーツ自転車の楽しみは、走るだけではありません。自転車はさまざまなパーツで構成されていますが...

mtbのタイヤ交換時期はいつ?見極め方と交換方法をご紹介!

自転車のタイヤ交換は、事故防止の意味でも大事です。ですが、どのくらい傷んだら交換するべき...

fsaのクランクを考える。bb30と言って敬遠すべきなのか?

fsaのクランクは、安価な完成車に装備されていることが多いためか、酷評されたり、低評価が目立ちま...

プジョーの自転車のタイヤの交換!さて、どのタイヤを使う?

フランスの人気ブランドであるプジョーの自転車は、日本では一時期、姿を消していたのですが、2012年く...

ストライダーのベアリングは交換しかメンテの方法がない?

ストライダーに乗っているお子さんを見ていて、「進みが悪くなった」「タイヤの回転が鈍い」と感じるこ...

ママチャリのチェーンカバーを取り外すメリット・デメリット

ママチャリに、ほとんど付いているチェーンカバーは、どんな役割があるかご存知ですか?また、なぜ...

自転車につける走行距離計って?その機能や選び方を知ろう!

スポーツ自転車のハンドル部分などについている走行距離計とは、どんなものでしょうか。また、...

シマノのビンディングシューズのサイズ選びのコツを知ろう!

初心者の方もスポーツ自転車に慣れてくると、ビンディングペダルで快適に、かっこよく漕いでみたくなる...

エンド幅の測り方を覚えてホイールのカスタマイズを行う

スポーツバイクには「エンド幅」と呼ばれる部位があり、これが合わないと車輪を取り付ける事が出来ませ...

幅広甲高の子供靴の選び方!ピッタリの靴で子供と遊ぼう

子供靴はいろいろなデザインのものがあり、目移りしてしまいますよね。ですが、子供の足が幅広甲高...

自転車ブレーキがキーキーうるさい!鳴きの原因を解明しよう

自転車のブレーキをかけたと同時に、物凄いブレーキ音が鳴った経験はありませんか?自転車のブレー...

mtbのディスクブレーキ!ブレーキパッドはメタル?レジン?

mtbに搭載されているブレーキは時代とともに移り変わってきましたが、現在はほぼディスクブレーキに...

スポンサーリンク

ストライダーとへんしんバイクは「ペダルなし自転車」

ストライダーやへんしんバイクは固有名詞(製品名)であり、基本的にはペダルなし自転車というカテゴリーの中の製品です。

ペダルなしと言っても、へんしんバイクは後からペダルを取り付けることが出来ますので、ストライダーと普通の自転車を兼用出来るものと考えてください。

ただし、へんしんバイクも最初はペダルなしで使用する場合が多いので、まずはペダルなし自転車の扱い方からお話します。

ペダルなし自転車は自力で進んで自力で止まるのが動かし方の基本ですから、足で地面を蹴って前に進み、地面に足を着けて止まります。

ストライダーはペダルに加えてブレーキもありませんので、全て自力で行うことになります。

へんしんバイクはブレーキ付きですが、2歳のお子さんでは握力がないので、最初はブレーキに頼らない方がよいでしょう。

ペダルなし自転車の最終目標は、足を地面から浮かせ自分でバランスを取って前に進むことです。

これを乗りこなせるようになると、補助輪なしで自転車に乗るのが早いという統計も出ています。

ストライダーの対象年齢は2歳から

それではここから、ストライダーとへんしんバイクの特徴をお話していきます。

まずはストライダーですが、大きな特徴は軽くてコンパクトなことです。

対象年齢が2歳からということもあり、他のペダルなし自転車と比べてもハンドルやサドルの伸縮幅が大きく、特にサドルは一番低くすることが出来ます。

また、軽量なので非力なお子さんでも扱いやすいのもポイントです。

ストライダーは、公道を走れないので親御さんが持ち歩くことになるので、片手でも持てる重量はありがたいです。

さらに、転倒した際にハンドルが顔面に直撃するのを避ける「ハンドルバーパット」や、サドルを高く出来る「ロングシートポスト」などのオプション品が充実しています。

世界に150万人の愛用者がいると言われ、定期的にレース大会なども行われるように、コミュニティが出来上がっているのも心強いです。

購入は正規販売店に限られており、価格は一括で管理されているため、どこで購入しても変わりません。

「日本正規品」であれば2年間の保証制度がありますし、大会への参加も可能なので、購入は正規品がおすすめです。

ネットでの購入もアマゾンと楽天なら可能ですが、並行輸入品は日本正規品ではないので注意してください。

へんしんバイクは3歳からだが2歳から対応しているモデルもある

次にへんしんバイクですが、最大の特徴はペダルあり・なしで使用出来る「一石二鳥」のお得感です。

最初からブレーキも付いていますので、頃合いを見てペダルを取り付ければ普通の子供用自転車と何ら変わりはありません。

へんしんバイクは自転車の側面があるので、ペダルなしでもストライダーより2㎏以上重くなります。

ただし、ペダルを付けて自転車にした場合は、一般的な子供用自転車の約半分の重量ではあります。

したがって、重量はペダル有無のどちらをメインにするかで考え方が変わってきます。

へんしんバイクの対象年齢は3歳からですが、一回りタイヤを小さくして、5㎝程車高を低くした「へんしんバイクS」は2歳から対応しています。

取扱い店舗はスーパーから自転車屋さんまで幅広く、こちらも定価販売が基本です。

さらに、ネットでは公式サイトでしか扱っていないので、正規品以外を購入するリスクもありません。

へんしんバイクもコミュニティは素晴らしく、全国で定期的に練習イベントが開催されています。

ストライダーとへんしんバイクの比較【2歳児ならストライダー有利】

ここまで、ストライダーとへんしんバイクの特徴についてお話してきましたが、ここからは両者を比較をしてみたいと思います。

まずは、ペダルなし自転車として考えた場合、大きな違いは重量です。

へんしんバイクはペダルなしでも5㎏以上ありますが、ストライダーは約3㎏、車体がアルミのものなら2.5㎏です。(ストライダー・プロ)

先述しましたが、2歳のお子さんの力を考えるとこれはかなり大きな差で、実際に両方とも所有している方の体験談ではへんしんバイクの方が疲れやすいという報告もあります。

また、へんしんバイクは「S」でもストライダーよりサドルが高いので、お子さんの成長を待つ必要があります。

ましてSにしてしまうと、成長して自転車として使用する段階になった時に、今度は小さいので使用期限が短いということがあります。

したがって、あくまでもペダルなし自転車として考えた場合、2歳の早い時期から始めたいのであれば、ストライダーの方が適していると言えます。

へんしんバイクは軽量な「自転車」と捉えることも出来る

前項ではペダルなし自転車として捉えた場合の比較でしたが、当然ながらへんしんバイクは自転車としての用途があります。

ペダルなし自転車は車上でのバランス感覚が養えるもので、自転車を補助輪なしで乗る最大の試練もバランスをどう取るかにあります。

ですから、それをクリア出来る意味ではストライダーからの移行でも問題ないですが、自転車への移行にはペダルを漕ぐことを覚えさせる必要があります。

ペダルを漕ぐ練習には、明らかに車体が軽い方が適しており、先述しましたが一般的な子供用自転車は10㎏以上ありますので、その点でへんしんバイクの重量は魅力です。

しかも、へんしんバイクなら買い替えなしでそのまま移行出来るので、慣れたもので練習出来るというメリットは大きいです。

さらに、へんしんバイクにはブレーキも付いていますので、新たにブレーキの掛け方を覚える必要もありません。

したがって、2歳はいくらなんでも無理としても、3歳の早い時期から自転車に乗ってもらいたいのであれば、へんしんバイクをおすすめしたいところです。

早めに始めるなら「ストライダー」長く使うなら「へんしんバイク」

ストライダーとへんしんバイクの比較をしてみましたが、始める年齢・時期によってもおすすめが変わってくるかと思います。

例えば、2歳の誕生日プレゼントで購入するというケースが多いのは、ストライダーです。

へんしんバイクは2歳ですとSになりますが、重量があるので2歳児には少し厳しいですし、サイズが小さいので将来自転車としての活躍期間が短くなるのが気になります。

よって、早めから始めるのであればストライダーで、自転車への移行を遅めに考えているのであれば活躍期間も長いのでコスパ的にもこちらでしょう。

一方へんしんバイクは大きさ的に3歳からになりますが、一気に自転車まで考えているのであればよい選択です。

一般的な子供用自転車よりは半分くらいの重量ですから、3~4歳のお子さんに扱いやすいのも魅力です。

本格的な自転車は小学生になってからと考えれば、活躍期間も3年はありますので、長期的な目で見ることも出来ます。

このように、見た目は同じようでも、両者の性格はかなり違っていますので、お子さんの体格や性格、成長度合いなどに合わせて、最適と思える方を選んで頂きたいですね。

どちらも将来的には本格的な自転車を見据えなくてはならない

今回は、ストライダーとへんしんバイクの比較をしてみました。

お話してきた通り、似て非なるものであり、優劣は付けられないです。

将来的に自転車を見据えているのは同じですが、ストライダーは自転車に移行したあとも、継続して遊ぶお子さんが多いとも聞きます。

その辺も考慮に入れてみると、選択肢が絞りやすくなるかもしれませんね。