ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

スポーツ自転車のハンドル交換時にはブレーキも交換になる?

2018.7.3

自転車は生活の足=移動手段として捉えている人が多いと思いますが、スポーツ系となると趣味の乗りものという側面が強くなります。

そうなると、色々といじってみたくなるもので、ハンドル交換などもそのひとつです。

しかし、それにともないシフトやブレーキなどの交換もしなければいけない可能性もあり、一筋縄ではいきません。

そこで今回は、スポーツ自転車のハンドル交換とブレーキなどの関係性についてお話していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スペシャライズドのサドルには複数のサドル幅がある

乗車位置や姿勢が大切なスポーツバイクでは、サドル幅がかなり重要な要素となります。 しかし、...

自転車の新品と中古では、どっちを購入する方がいいのか?

みなさんは自転車を購入される際にどういった検討をされるでしょうか? 自転車ショップやホーム...

トライアスロンを始めたい!自転車は安いものでも大丈夫?

トライアスロンを始めようと思って、最初に悩むのが自転車選びという方も多いでしょう。 高い自...

ママチャリタイヤの空気圧はどうやって測ればいいの!?

ママチャリについている英式バルブは、空気圧が測定できない構造になっています。 しかし、ママチャ...

輪行にはタイオガのコクーンがおすすめ!輪行袋は旅の友!

みなさんは、輪行をしたことがありますか? 自転車と一緒に旅をし、旅先でライドをするのはとて...

フィアットの自転車(ミニベロ)の口コミとは!?

フィアットといえば、自動車を思い浮かべる方も多いかと思いますが、自転車(ミニベロ)でも非常に高い評価...

足に合うものがない!?小さい男性向けシューズ探しのコツ

自転車のウェアの中でも、ビンディングシューズは、力をペダルに伝達する大事な役割を持ちます。 し...

ツールド日光で写真を撮ろう!観戦の時に注意することは?

みなさん、ツールド日光はご存知ですか? 日光にサイクリストが集まり行われるイベントです。 ...

ビアンキの小径車のエントリーモデル~ミニベロ7の評判は?

イタリアの老舗自転車メーカーであるビアンキは、ロードバイクからシティサイクルまで、数多くの種類の...

防犯登録をしておけば自転車盗難時に検索が容易になる

自転車の防犯登録は、任意ではなく義務です。 そのため、必ず行わなければなりませんので、通常は自...

bmxでおすすめのハンドルは?幅を狭くする際のカット方法!

bmxをカスタムしませんか!? トリックをしやすくするために、ハンドルをいじってみるのはどうで...

自転車のアルミフレームの寿命はいつ?メリットとデメリット

自転車を乗る人に人気があるアルミフレーム。 アルミは安くて、錆びにくく、丈夫な点がメリットとい...

自転車のハンドルが重いと感じたら?ヘッド部をグリスアップ

自転車のベアリングは、大きく分けて5箇所の回転部分があります。 ベアリング部には、定期的なグリ...

折りたたみ自転車のサドルが硬い!痛いときの対処法って?

折りたたみ自転車に乗っていると、サドルが硬くて痛い...ということが、どうしても気になってきます...

自転車のタイヤやバルブの交換時期って!?劣化の危険性

自転車のタイヤは消耗品です。 自分が乗っているタイヤは、ひび割れていたりしませんか?? ...

スポンサーリンク

なぜ自転車のハンドル交換にはブレーキまで関わってくるのか?

まず最初に、「なぜ自転車のハンドル交換だけなのにブレーキやシフトまで関係してくるの」、という疑問が少なからずあると思います。

この疑問を解決しないと今回の話は前に進みませんので、ここから始めていきます。

スポーツ自転車に採用されているのは、水平な一本棒の「フラットバーハンドル」、グニッと下に曲がっている「ドロップハンドル」が主です。

MTBやクロスバイクにはフラット、ロードバイクにはドロップハンドルが装備されています。

そのため、破損や寿命で同じ形状のものに交換するのでなければ、ハンドル交換は別の機種のハンドルを取り付けるという意味です。

ハンドルそれぞれの装備されている意味や長短所については後述しますが、ハンドル形状がその自転車の特徴を表していると言っても過言ではありません。

それではなぜハンドル交換に伴ってブレーキやシフトの交換が必要になるかと言うと、それぞれの車種で使っているものが違うからです。

別の機種のハンドルを取りつければ、当然それに関連してパーツもその機種のものにする必要があるということです。

シフト(変速機)の大きな違いはレバーくらいですが、ブレーキはレバーも本体も全てが異なります。

スポーツ自転車のブレーキ

続いてお話するのは、スポーツ自転車のブレーキの種類についてです。

これを把握しておくと、ハンドル交換の際にどのブレーキを使用するべきかが分かります。

まず、ブレーキは制動方法の違いから、2種類に大別することができます。

ホイールのリムに、ゴムや樹脂製のブレーキシューを押し当てて制動するものを「リムブレーキ」。

ホイールのハブに取り付けられた円盤型のローターを、ブレーキシューで制動するのが「ディスクブレーキ」です。

スポーツ自転車では長らくリムブレーキが主流ですが、MTBを中心にディスクブレーキのシェアが大きくなってきているのが現状です。

リムブレーキには種類があり、ロードバイクやママチャリの前輪に使用されるのが「キャリパーブレーキ」。

そして、クロスバイクや一部のMTBに使用されるのが「Vブレーキ」です。

また、Vブレーキが全盛になる前の主流であった「カンチブレーキ」は、現在「シクロクロス」や「ランドナー」などややマイナーな機種に使用されています。

ドロップハンドルにハンドル交換する意味は?

前項ではスポーツ自転車のブレーキに、様々な種類があることを把握していただけたかと思います。

さて、ここから核心であるハンドル交換の話になりますが、今回はクロスバイクやMTBのフラットバーをドロップハンドル(ドロハン)にすることを考えていきます。

現在フラットバーハンドルのMTBやクロスバイクで「スピードが欲しい」、「もっと長距離を走りたい」という要望があれば交換する意味が大きいです。

理由は、ドロハンはスピードと長距離走行に特化した、ロードバイク用のハンドルだからです。

ドロハンは前に突き出ている「ブラケット」部分や、下に落ちている「ドロップ」を握るので、乗車姿勢が前傾になります。

それによって乗り手が受ける空気抵抗が低減されて、スピードが出る仕組みです。

また、持ち手が一定だと、長時間では手に疲労がたまり痛くなってきたりもします。

しかし、ドロハンはブラケットやドロップに加え、フラットな部分もあるので、持ち手が多く疲労が分散できます。

こういった側面があるので、ドロハンはロードバイクに採用されているのです。

ドロップハンドルの自転車にはシフト・ブレーキ一体型レバーが最適

ハンドルには、シフト(変速機)を操作するレバーとブレーキのレバーが装着されています。

これはどの自転車のハンドルでも変わりませんが、フラットバー用のレバーはハンドルの太さ(径)が違うので、ドロップハンドルには装着することができません。

そのため、ハンドル交換を行うと、必然的に各レバーの交換も必要になります。

ドロハンには、シフト・ブレーキ一体型の「デュアルコントロールレバー」を使用するのが一般的です。

ブラケット部分に装着し、ハンドルを握ったまま変速とブレーキングが行える利便性があり、誕生から20年以上これに代わるものは開発されていません。

ただし、この一体型レバーをクロスバイクやMTBで使用することになると、レバーだけではなく本体の交換も必要になります。

変速機はフロントの変速を行う「フロントディレイラー」の互換性がないので、ロードバイク用に交換が必要です。

そして、もっと厄介なのがブレーキですが、詳しくは次項でお話します。

ドロップハンドルへのハンドル交換時に使えるブレーキ

前項に引き続き、自転車のドロップハンドルへのハンドル交換を考えていきます。

前提として、クロスバイクのVブレーキやMTBのディスクブレーキは、一体型レバーでは操作できません。

ワイヤーの引き量がキャリパーブレーキに合わせられている一体型レバーでは、Vブレーキなどでは引き量が足りません。

そのため、ハンドル交換にはブレーキ本体の交換も必要になります。

クロスバイクであればタイヤがそれほど太くないので、キャリパーブレーキで大抵は対応出来ます。

しかし、MTBのタイヤの太さでは、キャリパーブレーキはまず無理なので、他のブレーキを考えます。

となると、選択肢はロードバイク用のディスクブレーキか、カンチブレーキになります。

しかし、ディスクブレーキ用の一体型レバーは極端に種類が少ないので、カンチブレーキの方が現実的です。

ディスクブレーキに比べると少し制動力は落ちますが、ドロハンにする目的がロードバイク仕様であるなら全く支障はありません。

ハンドル交換時に考えたいカスタム

今回ご提案した、フラットバーからドロップハンドルへのハンドル交換は、費用がそれなりに掛かります。

変速段数にもよりますが、シフト・ブレーキ一体型レバーはリア8~10速で1~1.5万円、11速になると2万円以上になります。

これにハンドル本体、ブレーキ、フロントディレイラー、ワイヤー類、バーテープなどを加えて、ざっと3万円前後というところです。

ここまでお話してきて本末転倒になってしまうかもしれませんが、ロードバイク化するのであれば、正直ハンドル交換だけでは不十分です。

恐らくすぐにもう少し別の箇所をいじりたくなるはずで、それはホイール+タイヤ=車輪である可能性が高いです。

自転車のスピードを司るのは車輪であり、ここの性能を上げることで劇的な効果が得られます。

ただし、ホイールはブレーキなどのパーツとは比べものにならないほど高額ですし、交換するならある程度の価格のものでないと意味がありません。

また、高性能なのはロードバイク用のホイールですが、クロスバイクやMTBには、不可能ではありませんが、装着が難しいです。

そのため、ハンドル交換と共に考えていただきたいのは、タイヤの見直しです。

タイヤはホイールほど高価ではありませんし、大きさや規格に制約はありますが、選択肢が多いので適合させやすいです。

ハンドル交換の予算にプラス5,000円~1万円というところなので、検討してみる価値があります。

ブレーキは互換性を間違えると致命的!

今回は自転車のハンドル交換に伴うカスタマイズを、ブレーキ中心に確認しました。

ハンドル形状は自転車の車種によって特徴があり、交換時にはそれに合ったブレーキなどのパーツが必要になります。

特にブレーキはライダーの命を委ねるものですから、適切な組み合わせを把握しておかなければなりません。

 - 自転車全般