ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

ロードバイクのブレーキシューは消耗品!交換・微調整方法

2018.6.13

ロードバイクを点検する際、ブレーキシューの点検を行うことは非常に大事なことです。

スピードが出やすい自転車の為、しっかりとブレーキが利かないと大変なことになってしまいます。

しかし、ブレーキシューの交換は少し調整が難しいのも否めません。

ですので、今回は調整の難しいができるように、ロードバイクのブレーキシュー交換について詳しくご説明します。

その他にも、キャリパーの交換方法なども、詳しくご説明させていただきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

スペシャライズドのファットボーイ2018はどんな自転車なのか

スペシャライズドの2018年モデルに「ファットボーイ」という、異色の自転車がラインナップされてい...

ロードバイクを荷物を乗せれるツーリング仕様にカスタム!

ロードバイクでツーリングをしてみたいと思ったことはありませんか? でも、「ロードバイクは荷...

コルナゴのロードバイクをサイズ表から読み解く

コルナゴは、イタリアの老舗スポーツ自転車メーカーです。 ラグ製法を用いたロードバイクが多く、サ...

ロードバイクのホイールを交換するならこれ!人気ランキング

ロードバイクに乗り始めて、最初に性能アップをするためのパーツ交換をする場合、どのパーツから交換するで...

ロードバイクのカーボンフレームは修理値段も高い!?

高価ではありますが、高い衝撃吸収性を持ちながら軽量なため、カーボンフレームのロードバイクは人気があり...

トレックの2017年モデルのロードバイクは何が進化したのか?

トレックはここ数年、続々とロードバイクの主力モデルをリニューアルしていますが、その流れを汲んで201...

ロードバイクのホイールをリム研磨してピカピカにする

このタイトルを見てまず思うことは、ロードバイクのホイールのリムを「研磨」するとはどういうこと?ですか...

ロードバイクのタイヤはパンクしやすいという話は本当か?

ロードバイクのタイヤは、一般的なママチャリなどと比べて細いですよね。 タイヤが細いとパンク...

ロードバイクのホイールをamazonで購入する際の注意点とは

ロードバイクのホイールは軽量で高性能ですが、高額なのがネックですね。 もちろん、それだけの...

ロードバイクのタイヤは700c!インチに換算してはダメ

いきなりですが、ロードバイクのタイヤサイズは「700c」と覚えてしまってください。 これか...

giantのロードバイクはなぜ激安?世界最大自転車会社を解説

giantは、1972年に創業された台湾の自転車メーカーです。 その規模は世界最大の自転車メー...

ロードバイクホイールの交換方法~どこで買う?効果は?

ロードバイクの性能を上げたいと思って世間の意見を参考にしようとすると、多くのロード乗りがホイール...

性能もUP!ワイヤー交換でロードバイクを快適に!

ワイヤー交換はロードバイクに乗っている上で、避けては通れないメンテナンスの1つです。 しかし、...

ロードバイクのホイールバランスを調整!どんな効果がある?

ロードバイクのメンテナンスの中で、「ホイールバランス」の調整があります。 円形のリムは、必...

ロードバイクが転倒した!どこに影響が出る?修理できる?

ロードバイクを始めたばかりですと、ママチャリなどの一般的な自転車よりも扱いが難しいので、転倒した...

スポンサーリンク

ロードバイクのブレーキシュー交換はいつ行う?

ロードバイクのブレーキシュー交換をするより前に、まずブレーキシューをいつ交換するのか、という点を確認しておきましょう。

まず、ブレーキシューは、日々のロードバイク点検する際に、その都度、確認してください。

ブレーキシューは速度を落とすことや、止まる為に絶対に必要な部品ですので、より頻繁に見てあげる必要があります。

その際、ブレーキシューの溝がなくなっていたら、交換を行います。

一般的には、そのタイミングで問題はないです。

ただ、雨天時などにブレーキシューは摩耗しやすく、溝がなくなり止まりにくくなります。

急に擦り減ってしまうこともありますので、半年に一度など、ある程度交換期間を定めて交換するようにしましょう。

それから、ブレーキシューがリムに沿っておらずズレがあるときは、ブレーキシューの位置を調整するようにしましょう。

滅多にないですが、何かにぶつかったときなどに衝撃でズレる可能性があります。

もちろん、ぶつかったときにその場で確認するのが一番です。

他には、レバーを握り込んで引きしろが多い場合などは、ブレーキシューを交換したほうが良い場合もあります。

これは、ブレーキ調整自体が悪い場合もあります。

シューの摩耗具合を確認して、シューを交換するのか、ブレーキ調整をするのかを判断してください。

では、次よりブレーキシュー交換についてご説明します。

ロードバイクのブレーキシュー交換!シューのみの交換方法

ロードバイクのブレーキシュー交換をする際の交換方法は三つあります。

一つ目は、ブレーキシューのシューだけを交換する方法です。

二つ目は、ブレーキシューを丸ごと交換する方法です。

そして三つ目は、キャリパーごと交換する方法です。

ただ、後述しますが、キャリパーごと交換するのは、いくつかの条件が重なった時のみで、少し例外と考えてもらっても大丈夫です。

では、まずブレーキシューのシューの交換についてご説明します。

必要な工具は、プラスドライバーと、六角レンチです。

二つとも携帯工具に付属しているような簡易な物でも構いません。

ただ、若干、作業がしにくくなるかもしれません。

道具を揃えたところで、手順をご説明していきます。

まず、ブレーキワイヤー止めネジを外してください。

ブレーキシューが新しくなる際には、以前の調整の状態ではブレーキシューが入らないケースがあります。

あらかじめ、ブレーキワイヤー止めネジは外しておきましょう。

次に、シューの横側に付いている小さいボルトを六角レンチで外します。

このボルトはシューが外れないように固定している部分になります。

シューの交換のみをしたい場合は、ここを緩めて外してください。

そして、小さなボルトを外した後、シューを抜いていきます。

シューが抜けましたら、新しいシューを入れていく必要があります。

シューには左右がありますので、裏側のlとrの表記を確認した後、差し込んでいってください。

ゴムを差し込み、小さなボルトで止めて、交換終了になります。

以上が、シューの部分を交換する方法になります。

この後、ブレーキシューとリムの間がだいたい1.5~2㎜になるように調整します。

調整した後、ブレーキレバーを握り込んで引きしろを確認してください。

あまりにレバーの引きしろが多いと、ロードバイクは危ないので、レバーを引いて直ぐにブレーキが掛けられるくらいに、調整して確認してください。

次は、ブレーキシュー全てを交換する方法をご説明します。

ロードバイクのブレーキシュー交換方法

ブレーキシュー交換をする前に、まずブレーキシューの位置を確認する必要があります。

リムに対して、ブレーキシューはどんな向きなのか、あらかじめ確認しておいてください。

そして、ある程度は覚えておいてください。

必要であれば、携帯等で写真を撮るのも良いです。

次に、ブレーキシュー全てを交換する時は、キャリパーとブレーキシューを挟んでいる、大きなボルトを4mmの六角レンチで外してください。

取り外すと、新しいブレーキシューをつけていく必要があります。

ただ、まだしっかり固定する必要はありません。

仮止めとして、緩い状態で止めておいてください。

そして、仮止めをして、ブレーキレバーをギュッと握ってください。

仮止めをする理由としては、ブレーキシューがリムにしっかりと当たるのかを確認する為です。

レバーを引いて、リムにしっかりと当たるのなら、ブレーキシューのボルトをきつく締めてください。

逆に、上手く当たっていないようなら、確実に当たるように調整しましょう。

撮った写真を見てみても、確認してもいいかもしれません。

これを何度も繰り返して、ブレーキシューの位置を調整していってください。

また、ロードバイクの場合、ブレーキシューとリムの間隔は2mmが適切です。

それから、タイヤとブレーキシューは1mm以上離すようにしてください。

この二つを心掛けて、それで調整はある程度完成になります。

ボルトをきつく締めて大丈夫です。

次に、キャリパーごと交換する場合についてご説明します。

ロードバイクのブレーキシュー交換!キャリパーごと交換

ロードバイクのブレーキシューを交換しようと思ったとき、キャリパーごと交換する場合というのが、いくつかあります。

まず、どういったときにキャリパーごと交換するのか、その事例をご紹介します。

一つはキャリパー自体に損傷が見られたときです。

当たり前の話ですが、壊れたら即交換の部品です。

それから、新しいロードバイクを購入したときに、ブレーキの利きが弱いと感じたときです。

安価なコンポーネントが使用されていて、ブレーキの利きが弱く感じられる人は考えるべき事柄ではあります。

特に、ブレーキ周りは、非常に大切な箇所でもあるので気にされる方も多いでしょう。

そういうときに、キャリパーごとブレーキを交換する必要があります。

「ブレーキの利きが弱いなら、ブレーキシューのみ変更すればいいでは?」と考えるかもしれません。

確かに、ブレーキシューを交換するだけでも効果は見られますが、オススメはできません。

何故なら、購入したときのブレーキに剛性が不足していて、新しいブレーキシューをつけても、本来の効果が発揮できないからです。

もっと簡単に表現するなら、ブレーキをかけたとき、全体を交換しないとブレーキの力が逃げてしまうということです。

これは、高価なコンポーネントを使用するのですから、もったいない話ですよね。

本来の性能を発揮させたいなら、確実に同じグレードのものを使用するようにしましょう。

シマノを使用していると、ソラやティアグラ、105などキャリパーの上部に製品名が記載されておりますので、そこで確認してください。

ただ、このキャリパーの交換は、少々値が張ります。

良い部品だと1万円を超えることもあります。

現状のブレーキでも問題があるかどうかは、乗る目的によって変えることが一番良いです。

街乗り、運動用、レース用など、目的に応じて変えてみてください。

次は、キャリパーの交換の仕方についてご説明します。

キャリパーの交換方法

キャリパーの交換のうち、外し方は非常に単純です。

キャリパーはそれぞれ、車体にボルトと止められていますので、そこを5mmの六角レンチで緩めるだけで簡単に外れます。

ですが、注意しないといけないのは、キャリパーの取り付けです。

キャリパーを取り付ける際に、まずブレーキアームの部分を手で挟み、ブレーキシューをリムに押し付けないといけません。

これを行わないと、上手くセンタリング調整ができません。

センタリングの調整を行わないと、片方のブレーキはリムに当たっているが、もう片方は当たっていないという状態になってしまいます。

ここは、まず確認しないといけない点です。

センターではないと気づいたら、確実にセンターになるように調整してください。

次に、キャリパーを付け終わった段階で、ハンドルを左右に曲げる必要があります。

ハンドルをどちらかに曲げたときに、キャリパーのアームの部分が、フレームに当たることがあります。

この場合は、フレーム用保護シールをフレームに貼る必要があります。

キャリパーを購入したときに、付属の保護シールでも構いません。

もし付属していなかければ、2,000円いかないくらいで、ロードバイク用のフレーム保護シールが販売されておりますので、ご購入ください。

ブレーキシュー交換、と少し異なりますが、キャリパーを交換すべきときもありますので、覚えておいてください。

最後に、キャリパー自体の微調整について、ご説明します。

ロードバイクで最も気を使うべきブレーキの微調整の行い方

ブレーキシュー交換を行い、ブレーキシューをどれだけ調整しても上手くいかない場合があります。

片方は2mm以内に調整できているのに、片方はできていないという場合です。

これは、センタリングの調整をする必要があります。

しかし、先ほどのように、キャリパー自身を少し緩めて、という訳にはいきません。

必要なのは、微調整だからです。

微調整をする為には、自転車を前からみてキャリパーの右上辺りに、センタリング調整ネジという部品があります。

そこを回して、キャリパーを真ん中に調整してあげる必要があります。

これは回す方向によって、どちらに寄るかが変わってきますので、ブレーキシューを見ながら、どちらに回すのかを判断していきましょう。

次に、シュークリアランスの再調整をする必要があります。

基本的に、ブレーキワイヤーを引っ張ってブレーキを調整するのですが、ブレーキとリムの間隔が2mmというのが、上手くいかないこともあります。

その際、使用するのがワイヤー調整ボルトです。

クイックレバーの上側についているボルトで、時計回りでブレーキシューはリムから離れます。

逆に、反時計回りでリムに近付いていくようになっております。

しっかりと調整する為にも、このワイヤー調整ボルトを使用して、間隔の微調整を行ってください。

ただ、ここは本当に微調整以外では使用しないでください。

何故なら、ここには締めしろがあり、あまりに大きい幅の変化ができないようになっているからです。

普段から目一杯締めしろを使ってしまうと、何かトラブルがあったときに対応できなくなります。

特に、ロードバイクは微調整を念入りにしたほうが良い自転車です。

ですので、基本的な調整はブレーキワイヤーで行い、微調整をワイヤー調整ボルトで、という風にしてください。

ブレーキシュー交換・調整は非常に大切なメンテナンス!

ブレーキシューの交換・調整は、ロードバイクを乗る上でとても大切なメンテナンスです。

特に、スピードがでるロードバイクでは、下手をすると大きな事故に繋がる可能性もある為、乗る前の確認は絶対に必要なことになってきます。

また、最後の最後で微調整・再調整を行うことが、ロードバイクのメンテナンスで必要不可欠になります。

交換・調整・微調整・再調整。

この四つを意識してブレーキシューをメンテナンスしてみてください。

 -  ロードバイク