自転車のチェーン清掃にブレーキクリーナーを使っていいの?

当たり前ですが、自転車は屋外で使用しますからよく汚れます。

特に地面に近い足回りは汚れが避けられませんし、チェーンなどは定期的に注油しますので汚れがこびり付きやすいです。

そうなると清掃が必要なわけですが、慣れない内は何を使って清掃するのか迷うと思います。

かなり強力といわれている「ブレーキクリーナー」などは、チェーンに使っても大丈夫なんでしょうか?

検証してみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

フルクラムレーシング5のベアリングボールの交換は難しい?

スポーツバイクで、駆動系のグレードアップを考えた時、最初に思いつくのがホイールの交換でしょう。...

ロードバイクのタイヤサイズは700cだけ?太さは?

ママチャリなどの一般的な自転車は、タイヤの大きさが自転車そのもののサイズとして扱われていますので、大...

自転車のギアチェンジは必要?変速機の仕組みについて解説!

スポーツ用自転車はもちろんのこと、街乗り用の軽快車であっても、変速機が装備されているものがほとんどで...

防犯登録された自転車に貼ってあるシール、必要なの?

自転車置き場や、街で走っている自転車・・・よく見ると、どの自転車にも防犯登録のシールが貼ってあるよう...

自転車の防犯登録は県外で登録しても大丈夫?

自転車を購入すると、必ず勧められるのは防犯登録でしょう。盗難等にあった時、自転車が見つかりやすく...

mtbのブレーキの鳴きが気になる!鳴きの解消法と予防法

mtbに乗られている方にとって、気になるのがブレーキのキーキー音(鳴き)ではないでしょうか。...

ロードバイクタイヤの使用目的別おすすめランキング!

ロードバイクに乗っていると、「その性能をもっと生かしたい」、「より性能が良いロードバイクにしたい」な...

歩道を自転車で走ることや逆走は違反!ルール違反の危険性

近頃、自転車に乗っている方を多く見られるようになりました。自転車が増えた一方、マナーをきちんと守...

自転車と徒歩のスピードの差。ダイエットに向いているのは?

通学によく使用される自転車。徒歩との速度の差はどれくらいなのか?そんな疑問を解決すべく調...

学生が自転車を買うなら!?通学用自転車を選ぶポイント

春先になると、通学するために自転車の購入を考えている学生さんも多いでしょう。しかし、通学用の...

スペシャライズドのウェアで冬のライドを温かく快適に!

風を切って走ることになる自転車は冬になると、ツーリングなどのロングライドはためらってしまうこともある...

bb30でもアダプターがあればシマノのクランクが使用可能?

bb30というのはボトムブラケットの規格の1種になります。数年前には、多くのフレームに採用されて...

ロードバイクのホイールを比較する~用途別ホイール選び

ロードバイク用のホイールは、軽量で高性能のため、ユーザー需用も非常に高くなります。そのため、...

ヤマト便のサービスを知ろう!着払いで営業所止めは可能?

自転車関連の配送で、ヤマト便を利用する事はあると思いますが、荷物を受け取る際に、仕事や用事で受け取れ...

道路交通ルール、自転車の道路や交差点での優先順位とは?

安全、円滑な交通は道路利用者が道路交通法を正しく理解する必要があります。そこで、道路や交差点...

スポンサーリンク

自転車のブレーキクリーナーはパーツクリーナーとも呼ばれる

まず、「ブレーキクリーナー」はあまり聞き慣れない名前かもしれませんが、「パーツクリーナー」といわれればピンと来る方もいらっしゃるでしょう。

通販サイトで「ブレーキクリーナー」を検索すると、ほとんどは「パーツ&ブレーキクリーナー」という名称の製品がヒットします。

したがって、同じ物と考えて良いでしょう。

こういったことにかなり詳しい筆者の友人に確認したところ、昔はブレーキクリーナーという名称しかなかったそうです。

そもそもは「アスベスト」を落とすために使われていた物らしく、非常に強力な洗浄力があるクリーナーだったといいます。

今のブレーキクリーナー(パーツクリーナー)は、油汚れが落ちるという謳い文句のものが多いです。

そのため、自転車はもとより、家庭でも油汚れが付きやすいコンロ周りなどの清掃にも使われていたりします。

そして、自転車で油汚れといえば真っ先に思い付くのはチェーンです。

チェーンには定期的に潤滑油を差す必要があり、油には汚れが付きやすくなりますから、ブレーキクリーナーが使用されるケースが多いです。

ブレーキクリーナーは自転車チェーンの汚れ落としに効果的!注意点も?

油汚れに強いブレーキクリーナーですが、自転車での使用には細心の注意が必要です。

製品の注意書きには、「ゴムやプラスチック、塗装面に使用しないでください」とあります。

自転車にはゴムやプラスチック素材のパーツはたくさんありますし、何より怖いのは塗装が剥げることです。

例えば、スプレータイプのブレーキクリーナーを勢いよくチェーンに吹き付ければ、飛び散って塗装面に付いてしまうことも十分に考えられます。

また、ブレーキの本体を清掃していて、そのままゴム製のブレーキシューまで拭いてしまったら、シューが溶けるのか、という話にもなります。

これは今となっては笑い話ですが、筆者は初めて購入したロードバイクのフレームをブレーキクリーナーで擦ってしまい、見事に塗装がボロボロになった経験があります。

後述しますが、今はそんな攻撃性の高いブレーキクリーナー(パーツクリーナー)ばかりではありませんが、細心の注意を払う必要があります。

ブレーキクリーナー使用時は火気厳禁!

ブレーキクリーナー使用時の注意点についてお話していますが、「火気厳禁」と明記されているものもあります。

ブレーキクリーナーは揮発性の高い物があります。

揮発というのは水分の蒸発と同じような現象で、成分が浸透せずに早い段階から空気中に拡散されてしまうことです。

一般的に揮発性の高い物は火との相性が良いので、消防法では危険物に認定されており、使用する場合は「火気厳禁」となります。

ですから、ブレーキクリーナーを使用して自転車のチェーンを清掃している時に、タバコを吸いながら行うのは持ってのほかの自殺行為です。

また、揮発性が高いということはすぐに気体となって充満しますので、窓を閉め切った室内などで作業するのも危険です。

今は少なくなりましたが、閉め切った部屋で石油ストーブなんか使っていようものなら、「火に油を注ぐ」とは正にこのことです。

そのため、ブレーキクリーナーを使用する場合はできれば屋外、室内の場合はとにかく換気を小まめにしてください。

ブレーキクリーナーは「グリス」を流してしまう危険性あり

ブレーキクリーナーは自転車の塗装を剥がす危険性があったり、揮発性が高く火気厳禁であったりと、攻撃性が高いのが難点です。

その分、チェーンなどの頑固な油汚れが落ちるわけですから、いうなれば「美味しい物は太りやすい」といったところです。

しかし、もう一つ注意事項としてお伝えしておかなくてはならないことがあります。

油汚れに強いということは、必要な油も同時に流してしまうということです。

自転車には至る所に、「グリス」という粘度の高い潤滑油が使用されています。

回転をスムーズにさせたり、摩耗を防いだり、ネジが固着しないように使われることもあります。

そのグリスにブレーキクリーナがかかってしまえば、瞬く間に溶けて流れ出てしまいます。

チェーンの清掃で注意しなければいけないのは、周辺にあるクランクとフレームを繋ぐボトムブラケットやペダルです。

回転する場所にグリスが使われていますので、吹き付けてはいけません。

また、車輪の中心にある「ハブ」にもグリスが使われていますので要注意です。

自転車のチェーン清掃向きブレーキクリーナーのタイプ

ここまで、ブレーキクリーナーを自転車のチェーン清掃に使う際の注意点をお話してきました。

ブレーキクリーナーには種類がありますが、まず速乾性のものはチェーンには向かない、と考えてください。

速乾性では文字通りすぐ乾いてしまい、拭き取りがいらないくらいです。

そのため、軽い汚れや、溶剤が浸透してしまうことを避けたいゴムやプラスチックに向くタイプです。

また、速乾性は汚れを拭き取るというよりも、吹き飛ばすという概念が強いです。

そうなると、速乾性のブレーキクリーナーはパーツに直接吹き付けることになるので、周辺に塗装面や、グリスを使用している箇所があるチェーンにはふさわしくありません。

おすすめなのは、「中乾性」です。

中乾性は溶剤がしばらくの間とどまって、徐々に汚れを浮き上がらせてくれます。

チェーンにべっとりとこびり付いた油を浮かせてくれますので、ゴシゴシしなくてもサッと拭き取るだけできれいになります。

ただし、ゴムや樹脂には溶剤が浸透して悪い影響を与えかねませんので、使用前に周辺にそのようなパーツがないかどうかを確認してください。

また、速乾性もあるくらいですから、「遅乾性」というタイプも存在します。

これも文字通りの意味ですが、中には「一生乾かないのか?」と思わせるものまであります。

浸透力が強く固着してしまったような汚れを分解して落とすイメージですので、洗浄力が強力過ぎて自転車への使用はやや不安です。

チェーンを外して漬け置きにしておくような溶剤としては良いかもしれませんが、吹き付けるスプレーは危険でしょう。

チェーンを外す清掃方法は手間がかかる!要点のまとめ

自転車のチェーンの清掃ですが、昔から「灯油」が使われてきた歴史があります。

揮発性が高いのは言うまでもありませんので、油汚れに効くのは納得ですね。

ただし、灯油を吹きかけるわけにはいきませんので、清掃にはチェーンを外して、漬け置きにするなり、容器に入れてシェイクしたりします。

しかし、チェーンを外すのはまだしも、元に戻す作業は中々ハードルが高いですし、灯油は後始末が大変です。

そのため、チェーンを外さなくても清掃できる、ブレーキクリーナーの出番、ということになるわけです。

今回はその話をしてきましたが、注意事項が多く話がバラつきましたので、最後にもう一度まとめておきましょう。

★ブレーキクリーナーは強力である

フレームなどの塗装面、ゴムやプラスチック製のパーツには、くれぐれも吹き掛からないようにしてください。

★火気厳禁

火のそばで作業しては絶対にダメです。

換気にも注意です。

★グリスを流してはいけない

クランク、ペダル、ハブ、その周辺でブレーキクリーナーを使用する際は、特に要注意です。

★中乾性が最適

速乾性は汚れ落ちが望めませんし、使い勝手が悪い、かといって遅乾性は強力過ぎてやや危険です。

最適なのは、その中間の性格である「中乾性」ということになります。

ブレーキクリーナーは注意事項を守れば強力な味方に!

今回は、自転車のチェーン清掃において、「ブレーキクリーナー」を使用する際の注意事項をお話しました。

しっかりと注意事項を守って使用すれば、ブレーキクリーナーはチェーン清掃には最適なもの、というお話でした。

最後に大事な点を付け加えますが、汎用性の物よりは、やはり自転車用に調合された専用品がおすすめです。