ビアンキのクロスバイクと似合う便利なアクセサリーは何?

クロスバイクを購入すると、クロスバイク本体以外にも必要な物がいくつかありますよね。

特に、ビアンキのような、独特で、おしゃれなクロスバイクに合うアクセサリーは、選ぶのが難しいと思います。

今回は、そんなおしゃれなビアンキのクロスバイクに合う、必要なアクセサリーをいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

空力と快適性の両立に成功!メリダの「リアクト チームE」!

メリダの「リアクト チームE」は、優れた空力性能を誇る、メリダのフラッグシップエアロロードバイクで...

クロスバイクのハンドルが長すぎる!ハンドルカットのやり方

クロスバイクのハンドルはフラットハンドルと言って、真っ直ぐなハンドルが特徴ですよね。このフラ...

ロードバイク選びの参考に!ピナレロの評価を多角的に検証

ロードバイクを購入する際には、どんな製品なのかを確認するはずですが、その時に多くの方が評価を気に...

ピナレロのおすすめロードバイク!ユーザーブログを参考に

ロードバイクを選ぶ際に、実際のユーザーの使用感や、ショップでの試乗会のレポートはとても参考になり...

スペシャライズドのアレーはa1アルミよりE5アルミが主流に!

マウンテンバイクやロードバイクなど車種に関わらずスペシャライズドの自転車はプロのレースでよく使用され...

シマノのスプロケット取り付けときに必要なスペーサーまとめ

シマノのデュラエースが11速化されて、2017年で5年が経過しようとしています。シマノで...

デュラエース7900系が残した財産を11速化した9000系が引継ぐ

シマノのロードバイク用コンポの頂点と言えば「デュラエース」です。完成車では、50万円以上の高...

スペシャライズド・シラスのメンテナンスはここを重点的に!

クロスバイクはスポーツバイクの入門編であり、普段使いで生活に密着していることが多いです。...

シマノ・デュラエースR9170ホイールとはどんなホイール?

今回はシマノのロードバイク用ホイールで、初のディスクブレーキモデルとなる「R9170シリーズ」を...

青い衝撃?ビアンキ インプルソをインプレからチェック!

チェレステカラーで有名なビアンキ、そのミドルレンジのアルミバイクがインプルソです。アルミフレ...

giantのクロスバイクにもカゴはつけられる!?

giantのクロスバイクに乗っていて、「カゴがあれば便利だな」と思うことがあるかもしれません。...

日本人なら日本メーカー!アンカーのロードバイクをおすすめ

ロードバイクを製造・販売するメーカーは世界に多数ありますが、日本メーカーということになりますと、...

小柄な方におすすめ!メリダの「クロスウェイ110-R」

メリダのクロスバイクは、手ごろな価格ながら高性能であることが知られています。今回は、メリダの...

スペシャライズドのロードバイク、アレーの評価とは!?

スペシャライズドは、トップチームにフレーム提供を行い、多くのライダーの勝利に貢献している知る人ぞ...

SHIMANO・CLARISはロードバイクのコンポとして必要十分か?

SHIMANOのロードバイク用コンポにはグレードがあり、CLARIS(クラリス)は正規グレードで...

スポンサーリンク

クロスバイクに必要なアクセサリーは?

クロスバイクを初めて購入すると、他に何が必要なのか、よくわからないことがありますよね。

そこで、クロスバイク本体以外に、必要なアクセサリーをご紹介していきます。

まず、必ず必要になるものに、ポンプがあります。

クロスバイクは、タイヤにチューブを持つものが多く、チューブに空気が入っていて走行できます。

しかし、チューブの空気は抜けるもの。

時間が経てば、空気は抜けていきます。

空気の少ない状態で乗り続けると、パンクの原因になります。

このため、チューブに空気を入れるためのポンプは、必要不可欠となるのです。

他には、クロスバイクには、「昼間の明るい時間しか乗らない」という人もいるかもしれませんが、ライトは必要ではないでしょうか。

暗い道を走るときには、もちろん必要となりますが、明るい時間帯でも、ライトを点けていれば、存在のアピールにもなります。

安全に走行するためには、あると便利なアクセサリーです。

また、シティーサイクルには、標準装備されているスタンド。

駐輪場に置いたり、ちょっとした買い物などで、店内に入るときに、立てておく足です。

実は、ほとんどのクロスバイクに、スタンドは付いていません。

毎回、地面に寝かせて置くと、傷の原因にもなりますよね。

そこで、このスタンドがあるととても便利です。

最後に、盗難防止に必要な鍵があります。

クロスバイクは、普通のシティーサイクルに比べ、軽量化されています。

鍵を装着していても、クロスバイクごと持っていかれたり、パーツを外されて、一部のみ持っていかれることもあります。

そんなことにならないように、どんな鍵が良いのかも、ご紹介します。

このように、いくつかのアクセサリーがありますが、独特なカラーリングで、インテリアのようなビアンキのクロスバイクに、似合うアクセサリーはあるのでしょうか?

ビアンキ純正のアクセサリーがある

ビアンキのクロスバイクを購入する人の中には、ビアンキ独特なカラーリングに惹かれて、購入する人もいるのではないでしょうか。

チェレステカラーと呼ばれる、この独特な色は、イタリア語で、青い空の色を指しています。

デザイン性に優れ、独特の色合いを持つビアンキのクロスバイクに、全く似合わないアクセサリーは装着したくありませんよね。

そこで、ビアンキのクロスバイクに合うアクセサリーは、ビアンキで揃えれば良いのではないかと考えます。

ビアンキには、クロスバイクやロードバイクの販売はもちろんですが、アクセサリー類も、このチェレスカラーで統一された、純正のアクセサリー販売を行っているのです。

ビアンキのクロスバイクに、ビアンキのアクセサリーを装着すれば、もちろん似合うはずです。

では、先に述べた、クロスバイクに必要なアクセサリーを、ビアンキの純正パーツからご紹介していきます。

クロスバイクに使えるビアンキのポンプ!

まずは、必ず必要になるポンプです。

ポンプには、2種類の使用目的に合わせたものがあります。

1つ目は、メンテナンスや、ロードバイクに乗る前に、タイヤに空気を入れるためのフロアポンプです。

大きさは大きくなりますが、それだけ空気を入れやすい形です。

ビアンキのフロアポンプには、ALUフロアポンプAと、ウッドフロアポンプがあります。

実際は、好みにもなりますが、ウッドフロアポンプは、ポンピングするハンドルの部分が木製です。

見た目の美しさもそうですが、力が入りやすいように考えられています。

高圧で空気を入れなくてはいけない場合、力の入りやすさは、大きな違いになってきます。

両方とも、空気圧のゲージが付いているため、空気圧の管理がし易くなっています。

2つ目のポンプは、携帯用のポンプです。

外出先で、急なトラブルなどに対応するために、持ち歩く必要があります。

携帯用のポンプには、ポンピングして空気を入れるタイプと、CO2のボンベを取り付け、そのガスを、タイヤ内へ充填するタイプがあります。

もちろん、ビアンキの純正品も、両方とも用意されています。

全てにビアンキのロゴが入り、チェレステカラーでカラーリングされた、ビアンキのクロスバイクにぴったりのアクセサリーです。

安全に走行するならライトが必要!ビアンキのライト!

通勤や通学で、ビアンキのクロスバイクを使う人もいるのではないでしょうか。

時間帯によっては、明るい時間だけでなく、夕方や夜に移動しなくてはいけない場合もあると思います。

そんなとき、前方を明るく照らし、後方に、存在をアピールする必要がありますよね。

そのために、必要となるものがライトです。

ライトも、各社から、多くの種類が販売されていますが、ビアンキもライト類を揃えています。

まず、フロントライトですが、ビアンキのライトは、小ぶりなものが多いです。

あまり大きすぎると、ライトが主張しすぎて、クロスバイクのデザインを崩してしまうため、小ぶりなライトにしています。

小ぶりでも、十分な明るさを確保し、安全に走行できるように配慮されています。

USBで充電可能なタイプから、バッテリーを装着するものもあります。

この他、リアライトもあります。

リアライトは、赤色のライトで、後方から来る車などに、存在をアピールするために付けられます。

基本的に、フロントライトと同じデザインのものもありますが、少し大きめのものも販売されています。

カラーは、チェレステカラーはもちろんですが、シルバーや黒の単色のものもあり、ビアンキのロゴが入っています。

ビアンキのクロスバイクのデザインを損ねることなく、確実に周りを照らすアクセサリーになっています。

クロスバイクを置くにも飾るにも便利!ビアンキのスタンド!

クロスバイクで走行している時には、あまり気にならないアクセサリーにスタンドがあります。

スタンドは、走るためではなく、止めるために必要なアクセサリーなので、どんなものでも良いと考える人もいるかもしれませんが、他の人に見られるのは、走っているときよりも、止めているときかもしれません。

そこで、デザイン性に優れたビアンキのクロスバイクを、よりカッコ良く見せるためのスタンドをご紹介します。

スタンドにも2種類あり、1つは、出先でちょっと止めるときに使うキックスタンド。

もう1つは、自宅や、メンテナンスするときに使われる、ディスプレイスタンドです。

クロスバイクに直接取り付けて使用するスタンドは、キックスタンドで、外出先で必要になります。

ビアンキのキックスタンドは、アルミ製で、長さの調節ができるものもあります。

カラーは、チェレステカラーはもちろんですが、他にも、白と黒があり、長さの調節ができるものは、2色入っています。

どのキックスタンドも細身で、クロスバイクのフレームの一部に見えます。

これならば、デザインを損なうこともありません。

一方、ディスプレイスタンドは、メンテナンスしたり、クロスバイクをインテリアのように飾るときに便利ではないでしょうか。

こちらは、比較的大きめで、安定してクロスバイクを置くことができます。

どちらのタイプも、ビアンキのクロスバイクと統一感があり、クロスバイクをより引き立ててくれるのではないでしょうか。

盗難防止には必需品!ビアンキの見せるアクセサリーの鍵!

最後に、鍵です。

鍵は、外出先や自宅で、自分がクロスバイクから離れるときに使います。

そのため、「見るため」と言うよりも、「見せるため」のアクセサリーではないでしょうか。

もちろん、見せるためでも、その機能は、しっかりとしたものを選ぶ必要があります。

ビアンキの鍵は、種類が5種類販売されています。

携帯に便利なミニロックや、それよりも、少し拘束力が向上するコイルロック。

さらに、防犯性を高めたチェーンロックやUロック。

長く、数本繋げることもできるワイヤーのロックがあります。

それぞれ、拘束力は異なりますが、どれも、クロスバイクを守るためには必需品ですね。

全てチェレステカラーとビアンキのロゴが入っていて、お洒落ですし、安心してクロスバイクを離れることができます。

ビアンキのクロスバイクに似合う純正アクセサリーがおすすめ!

クロスバイクを購入して、必要なアクセサリーの購入を考えているとき、製品に迷ったら、ビアンキのアクセサリーをおすすめします。

取り付けも、確実にできますし、何より、デザイン性に統一感が出ます。

同じ性能のもので、迷うことがあったら、ビアンキの純正品を検討してみてはいかがでしょうか。

せっかくのビアンキですから、スタイルにこだわって長く、愛用してあげてください。