ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

ロードバイクのタイヤ交換をしましょう!後輪は特に注意

2018.4.7

ロードバイクに長い期間乗っていると、タイヤの消耗が気になってきます。

滑りやすくなったとか、ブレーキの効きが悪くなった、スピードが出ないなどは、タイヤ交換のサインかもしれません。

特に、駆動輪である後輪は消耗が早いので、定期的な確認が必要です。

そこで今回は、タイヤ交換の時期や交換方法について説明していきましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

メリダの歴史とロードバイクの評判!低価格・高品質の理由

メリダといえば、ジャイアントと並ぶ、台湾の有名自転車メーカーです。 特に、コストパフォーマンス...

ロードバイクのタイヤの太さを考える~28cは太過ぎる?

近年、ロードバイクのタイヤは、太いほうにシフトしてきています。 25cが主流になり、長距離走行...

初心者のためのロードバイクの乗り方。坂道の登り方・下り方

ロードバイクを買って、ヒルクライムに挑戦していると、坂道を上手に登ったり、下ったりするコツや乗り方は...

存在意義はある!「メリダ・ライド400」が評価されるわけ

メリダは近年レースへの力の入れようがハンパではなく、ことロードバイクにおいてはその傾向が顕著に出...

ボントレガーのサドル、モントローズのメリット・インプレ!

ロードバイクなど、スポーツ自転車はサドルが合わないとお尻が痛くなってしまい、せっかくの楽しいライ...

アンカーのロードバイクはユーザーが多くてブログも多い!

ブリヂストンが製作している自転車であるアンカーは、日本メーカーのロードバイクということもあって日本で...

ワイヤーから解放!シマノの電動コンポーネント「DI2」!

シマノは自転車用コンポーネントのニュースタンダードとなるような革新的な製品を、数多く世に送り出して...

ロードバイクの新品ホイールに「慣らし」走行は必用なのか?

ロードバイクにおいて、新品タイヤの慣らし走行は良く聞きますが、ホイールはどうなんでしょうか? ...

ANCHORのクロモリロードの中で「RNC3 EX」をおすすめするわけ

今回ご紹介するANCHORの「RNC3 EX」は、クロモリフレームの完成車であり、一番下のグレー...

自転車のブレーキ音が気になる!直し方を知りたい

自転車に乗っていると、「異音」に悩まされることがあります。 中でも、ママチャリにありがちな...

自転車のギアチェンジは必要?変速機の仕組みについて解説!

スポーツ用自転車はもちろんのこと、街乗り用の軽快車であっても、変速機が装備されているものがほとんどで...

自転車の虫ゴムの交換時期っていつ?虫ゴムの役割とは

一般的なママチャリなどの自転車タイヤに使われている部品の虫ゴムですが、実はこの虫ゴム、消耗品ってこと...

ロードバイクのヘルメットのお手入れ方法と修理って!?

ロードバイクはスピードが出るので、事故の時の衝撃は、ママチャリとは比べ物になりません。 ヘルメ...

クロモリ、アルミ、カーボンそれぞれのフレームの特徴とは

自転車を買うと決めた時にまず悩むのが、フレームの素材ですよね。 フレームの素材は、代表的なもの...

フィジークサドルの選び方「スパインコンセプトEVO」とは?

世界には数多くのサドルブランドがありますが、知名度という点においてトップクラスなのがイタリアの「...

スポンサーリンク

ロードバイクのタイヤ交換に先駆けて寿命を考える

ロードバイクのタイヤ交換にあたって、まずは寿命についてお話しておきましょう。

私がロードバイクを購入して、最初にタイヤを交換したのは2年後でした。

ある日、何となく気になってタイヤの寿命を調べてみたところ、諸説ありましたが、2~3年という説が多かったので交換してみました。

特に決定的な傷もなく、数ヶ所に小さなひび割れがある程度でしたが、知人からも交換を勧められたので決断しました。

それから、色々と経験をして知識も得たので、現在では走行距離にして、3,500~4,000kmを目安にしています。

タイヤは走行すれば、当たり前のように摩耗していきます。

また、ゴムは水や熱に弱いので、走らなくても自然に劣化します。

走行による摩耗と自然劣化が重なるので、タイヤは消耗要因が多いんですね。

自然劣化が避けられないので、何年と寿命を決めるのも間違いではありません。

走行距離を大体の目処にしておくのも、悪くありません。

また、駆動輪である後輪の方が明らかに摩耗が早いので、前後のタイヤをローテーションすることも考えたいところです。

タイヤ交換の時期を判別するには

ロードバイクのタイヤ交換は、時期や距離を決めて行うのも良いですが、やはり使用感や見た目に頼るところが大きいです。

濡れた路面を走る際に、以前より滑りやすくなっていれば、ウエットグリップが弱まっている証拠です。

また、ブレーキの効きが悪くなっている場合も、タイヤのグリップ力の低下が原因かもしれません。

見た目なら、もっと単純で溝が彫ってあるタイヤなら、消えかけていれば寿命です。

また、小さく浅い穴が開いていて、これがふさがったら交換、という目印を付けてくれているタイヤもあります。

さらには、表面のゴムが切れたり破れたりして、中のケーシングがほつれてしまっているような状態も寿命でしょう。

すぐに破断して、バーストするようなことはないですが、限界なのは確かです。

さらに、タイヤは新品のときは真円ですが、摩耗してすり減ってくると中央が平たくなり、台形状になってきます。

こうなると、転がり抵抗が増え、スピードが出ません。
また、本来のグリップ力も発揮されなくなるので、滑りやすくなったりします。

特に後輪は気が付くと、かなり摩耗していることがあるので、注意が必要です。

ロードバイクのタイヤは後輪の方が摩耗が早い

ロードバイクに限らず自転車は、後輪が駆動輪になります。

当たり前の話で恐縮ですが、チェーンは後輪にしか繋がっていませんよね。

駆動輪はペダルを漕いでいる最中は、常に強い負荷が掛かっているので、タイヤもその分、摩耗しやすくなります。

また、サドルが中心よりも後ろの位置にあるので、体重が後輪に掛かりやすいのも摩耗が早い原因のひとつです。

さらに、ブレーキを頻繁に掛けるような乗り方をしている場合も、後輪が早く摩耗します。

ブレーキを掛けると、強い荷重が前輪に掛かる分、後輪は軽いロック状態になります。

いわゆる、自転車が完全に止まるまで後輪はスリップするので、タイヤがすり減ってしまうのです。

そのため、普通に乗っていてもタイヤ交換は、後輪が先になるということです。

私の知人に体重90kgのロードバイク乗りがいますが、彼は前輪タイヤを1回交換する間に、後輪タイヤを3回交換したと嘆いていました。

ロードバイクのタイヤ交換で前後輪ローテーションはあり?

ロードバイクのタイヤの摩耗は、後輪の方が早いとお伝えしました。

自動車でも同じようなことが言えますが、自動車では前後のタイヤを定期的に入れ替えるローテーションが一般的に行われます。

前後輪でタイヤの摩耗する部分が違うので、減りを均等にするために行うものです。

自動車のタイヤは高価ですし、中々自力で交換するのも難しいですから、長持ちさせる意味でもローテーションは必須でしょう。

では、ロードバイクはどうかというと、賛否両論分かれるところです。

肯定派の意見は、自動車と同じ理由で、前後輪の摩耗を均等にするということです。

均等に摩耗させていけば、タイヤ交換を前後同時に行えるので、リフレッシュ効果が高いですね。

否定派の意見は、摩耗の違いは微々たるものなので、特に均等になることは気にせず、減ったら交換すればいいというものです。

どちらも一理あると思うのですが、ロードバイクのタイヤ交換は、さほど難しい作業ではありません。

初心者の方でも十分に自分で行えるレベルですから、個人的にはローテーションはアリかと思います。

摩耗した後輪を前輪に持ってくるのは危険

ロードバイクのタイヤのローテーションのお話をしましたが、タイヤを1本だけ新品にして、前後輪を入れ替えるという方法もあります。

普通のローテーションですと、摩耗の大きい後輪を前輪に持ってくることになります。

場合によっては、タイヤ交換を考えなくてはいけないレベルのタイヤを、前輪に履かせることになります。

走行中にタイヤにトラブルが起こった場合、ハンドルが制御不能になる前輪のトラブルの方が、より深刻な事態になります。

自転車は車道を走るのが原則ですから、車がビュンビュン走る公道で、タイヤがバーストでもしたら、と考えると怖いですね。

そのため、摩耗が大きいタイヤを前輪に履かせるのは危険であり、単純なローテーションが推奨されません。

そこで、新しいタイヤを1本購入して前輪に履かせ、既存の前輪を後輪に持ってくるという、ローテーション方法があります。

前後輪同時に交換をしたいという人には不向きですが、安全面を考えると理にかなった方法かと思います。

タイヤ交換のやり方

それでは最後に、ロードバイクのタイヤ交換のやり方を説明します。

パンクの修理にも役立ちますので、ぜひ覚えてください。

まず、車体を安定させるためにひっくり返します。

ホイールを外しますが、外しやすくするために、ブレーキのクイックレバーを開放します。

前輪は、そのあと車輪の方のレバーを倒して反対側のボルトを緩めれば、ホイールが外れます。

後輪は、ブレーキのレバーを解放したら、チェーンをフロントはロー側、リアはトップ側に移動します。(小さい方の歯車)

あとは、車輪のレバーを緩めて、リアディレイラーを後ろに引きながら、車体を持ち上げると楽に外せます。

タイヤは「タイヤレバー」があると、外しやすいです。

1本100円くらいで購入できますので、2~3本持っていると重宝します。

バルブのキャップを外し、チューブから空気を抜き、バルブのナットを外します。

タイヤレバーを2本、間隔を離して、リムとタイヤの間に差し込みます。

どちらか1本をスライドさせながら一周すると、片側のビードが外れます。

この時点で、チューブを中から引き抜きます。

もう片側のビードは手で外せますので、外してしまいます。

新しいタイヤをはめるときは、外すときと逆の手順で行います。
その際、チューブをタイヤに戻すとき、真っ直ぐ入れるように注意してください。

タイヤをはめる際は、タイヤレバーは必要ありません。
最後の数センチがキツいので、そこだけレバーを使ってビードを上げると入りやすいです。

タイヤ交換は自力行う

今回は、ロードバイクのタイヤ交換について考えてみました。

駆動輪である後輪が早く摩耗しますので、同時に交換したい場合は、ローテーションを上手く活用しましょう。

また、摩耗したタイヤを前輪に持ってくるのは危険ですので、前輪はなるべくフレッシュな状態にしておくことが重要です。

ロードバイクは車輪が簡単に外せますので、タイヤ交換は自力でできるようにしておきましょう。

 - タイヤ, ロードバイク, 自転車のパーツ