自転車のクランクを交換する効果はある?交換方法は?

今回は、自転車のクランクについてお話します。

自転車のクランクが、交換できると知らない方も、少なからずいらっしゃるかと思います。
また、知っていても、実際に交換したことがある方は、少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、主にママチャリのクランクについて、交換方法や効果などをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スペシャライズドのサドルでロングライド向きなのは?

自転車は意外なほど身体に触れる部分が少ないものですが、それだけにそこに比重が集中します。...

ロードバイクのハンドル振動を抑えたい!原因と対策法は?!

ロードバイクに乗っているとハンドルの振動が気になりませんか?ハンドルの振動は長距離走行する場...

グリップシフトとトリガーシフトの違いは!?優秀なのは?

クロスバイクの場合、ギアの変速操作を行うのにシフターで変速を行います。グリップシフトとトリガ...

ママチャリが生まれ変わる!自家塗装とカゴ交換にチャレンジ

見た目は汚れていても、まだまだ乗れるママチャリ、捨ててしまってはもったいないです。少し手間は...

ヒルクライムは自転車での登坂競技!強くなるための練習とは

「ヒルクライム」は自転車競技の一つで、坂の上りに作られたコースを走るロードレースです。ま...

フィジークサドルの選び方「スパインコンセプトEVO」とは?

世界には数多くのサドルブランドがありますが、知名度という点においてトップクラスなのがイタリアの「...

自転車のブレーキシューに寿命を迎えさせてはいけない!

自転車のブレーキは乗り手の命を預ける部分であり、その効き具合に大きな影響を与えるのが「ブレーキシ...

おすすめなマビックホイール!マビックのベアリングについて

マビックホイールといったら、有名メーカーと並ぶ、人気のあるホイールですね。ここでは、おすすめ...

リアディレイラーとプーリーの仕組み!調整を行ってみよう

変速機が付いているスポーツバイクなら、ほとんど装着されている、リアディレイラーとプーリー。こ...

sti・エルゴパワーのシフトワイヤー交換と調整方法!要確認

ロードバイクの手元レバーの中で有名なものの一つにシマノ製のstiが挙げられます。こちらはブレ...

筋肉痛になって体重が増えた!?食事法や自転車ダイエット

運動をして筋肉痛になってしまったという経験が皆さんにもあるかと思います。筋肉痛になるほど運動する...

自転車の防犯登録シールはどんな意味があるの?

自転車の防犯登録、誰もが気にせずやっているのではないでしょうか?防犯登録をした証明になるシー...

eliteのvolanoでトレーニングアプリやzwiftを楽しむ!

elite(エリート) のローラー台、volano(ヴォラーノ)で室内トレーニングするなら、ぜひ...

意外と知らない交通ルール!自転車は停止線を守って走ろう

マンガやアニメの影響で、ロードバイクに乗る人が増えています。しかし、自転車人口が増えた影響か...

カンチブレーキは複雑?セッティングを徹底解説!

カンチブレーキは、ややマイナーなタイプのブレーキです。メンテナンス性や、制動力が特に優れ...

スポンサーリンク

自転車のクランクとBBは一心同体

自転車のクランクはペダルの先に付いている、偏平な形の金属の棒です。

このクランクが回転することによってチェーンが動き、後輪を回す動力になります。

なお、自転車は後輪しか自力で動かすことができず、前輪は惰性で動いているだけなので、チェーンも当然後輪にしか繋がっていません。

また、クランクは自転車の骨組み(本体)である「フレーム」に、直接突き刺さっているわけではありません。

ボトムブラケット(BB)という、小さな部品で本体と繋がっています。

多くのママチャリや古いタイプのスポーツ自転車は、このBBに回転軸がついており、その両端にクランクを装着します。

そのため、後ほど交換方法のところで説明しますが、クランクの交換は、このBB抜きには語れないところもあります。

さらに、右側のクランクには、チェーンを掛ける「チェーンリング」という歯車があります。

これは自転車のギアであり、ママチャリはクランクと一体化しているものが多いです。

また、ママチャリは通常1枚しか歯車が付いていませんが、複数のギアを持つスポーツ自転車は、2~3枚装着されているのが一般的です。

自転車のクランク交換を決断するとき

自転車のクランクを、交換すべきだなと思われる状況を、ご紹介します。

「錆びや傷が酷く、劣化が著しい」

交換しましょう。
走っているときに折れたら、大惨事になりかねません。

「漕ぎ出しが重い、坂の上りがきつい」

ギアが重すぎる可能性があるので、クランクのチェーンリングの歯数が少ないものにします。

「漕いでも、漕いでもスピードが出ない」

こちらはギアが軽すぎる可能性なので、歯数の多いものに交換です。

「漕ぐたびに変な音がしたり、ゴリゴリした感覚がある」

BBの劣化が考えられます。

上記のようなときに、クランクの交換を考えてみましょう。

劣化は、言うまでもないですね。

ギアの重い軽いは、クランクだけの話ではありませんが、チェーンリングの歯数を換えるのは効果的です。

また、交換になる可能性が一番高いのは、異音や違和感です。
クランク自体の劣化も考えられますし、BBが原因かもしれません。

ちなみに、ママチャリ用のクランクには、こういうものがあります。

【ブリヂストン:右クランク ギヤ付き 一般軽快車用】参考価格:¥1,200

【ブリヂストン:左クランク 一般軽快車用】参考価格:¥700

かの有名なブリヂストンで、この価格ですから、身構えるほど高価ではありませんので、思い立ったら交換しましょう。

では、次項から交換方法をご紹介します。

自転車(ママチャリ)のクランク交換方法①~外し方

それでは、自転車(ママチャリ)のクランクも交換方法をお話します。

まずは、古いクランクを外すことから始まりますが、専用の工具が必要です。

【シマノ:コッタレスクランク専用工具 [TL-FC10] BB取り外し Y13009010】参考価格:¥1,600

「クランクより高い!」と言われそうですが、これがないと外せないので、仕方ありません。
もう少し安いものもありますが、やはり、安心・安全のシマノ製をおすすめしておきます。

では、左側のクランクから外していきます。
表面に付いているキャップを外すと、中にナットが見えます。

このナットを外すときは、上記の専用工具の、丸く空洞になっている側を使用します。

専用工具をナットに当てたら、モンキーレンチで反時計まわりに回すと、ナットが緩んで外れます。
ここで右に回り込み、右側のクランクも、同じ作業をしてください。

ナットが外れたら、左に戻り、今度は専用工具のネジ切りがしてあるほうを、穴にねじ込みます。
手で回らなくなったら、モンキーレンチを使います。

さらに締めていくと、クランクが回転軸から押し出されていき、やがて外れます。

右側のクランクも、同じ方法で外します。

自転車(ママチャリ)のクランク交換方法②~BBも交換

クランクが外れましたら、そこに残っているのが、ボトムブラケットです。

その自転車史上、初めてのクランク交換であれば、一緒にBBも交換するのが賢明です。

ここでクランクだけ交換して、固くネジを締めこんでしまったら、BBは劣化していく一方ですから、交換しましょう。

BBには、いくつか種類があるので、ご紹介します。

古いタイプのママチャリですと、「カップ&コーンBB」が多いと思います。
これは、回転軸の受けになるカップとベアリングが、直接自転車本体にネジこまれているタイプです。

トラブルがあったときに部品の交換ができますし、微妙な調整ができるので、クランクの漕ぎ具合を自分好みのものにできます。

しかし、定期的にメンテナンスが必要となるので、クランク周りをいじることが少ないであろうママチャリには、適さない仕様になっています。

その点では、基本ノーメンテで使える「カードリッジ式」の方が適しています。

カードリッジ式はベアリングがユニットに内蔵されており、雨風にさらされることがないので、耐久性に優れています。

ただ、部品だけの交換ができませんので、何かあったら交換するしかありません。

しかし、高価なものでもありませんし、BBも同じ自転車で1回交換すれば十分だと思いますので、これがデメリットとは言えません。

ということで、次項ではBBの交換方法をご紹介します。

カートリッジ式BB交換時の注意点

自転車のクランクの交換に伴い、ボトムブラケットの交換も推奨させていただきました。

そして、カードリッジ式BBに交換をするときに確認しなければならないのは、BBがはまる場所である、フレームの穴(BBシェル)の幅と軸の長さです。

フレームのシェル幅は規格で決まっていて、ほとんどの自転車(ママチャリ)は68mmです。
しかし、まれに70mmや73mmもあるので、必ず確認してください。

次に、軸の長さですが、これは自分で任意に選ぶことができます。
しかし、今の長さが適正だと思いますので、基本的に変える必要はないです。

ピッタリのものがないかもしれませんが、できるだけ近いサイズにしてください。

10mm・20mmも違うものにすると、チェーンリングがフレームに干渉したり、チェーンが斜め掛けになってしまいますので、注意が必要です。

【シマノ:ボトムブラケット BB-UN55 BBセット】参考価格:¥1,700~¥3,000(サイズにより)

このモデルは、シェル幅68mmに加え、73mmもあります。
ただし、73mmは軸長の選択肢が、ほとんどありません。

では、交換方法をご紹介していきますが、まずはBBの外し方です。

まず、古いBBを外しますが、カップ&コーンの場合は「引掛けスパナ」という工具で、表面のロックリングを外します。

次にカップを外しますが、本来なら、ここにも専用工具が必要ですが、ここは薄型のモンキースパナで代用します。

しかし、長年の使用でさび付いて固着している場合は、自転車屋さんにお願いすることも覚悟しておいてください。

両側のカップを外したら、軸が抜けますので、軸長を測って、新しいBB購入時の参考にしてください。

カードリッジ式BBの交換方法

最後に、カートリッジ式BBの交換方法をご紹介しますが、交換には、専用工具と固着防止のグリスが必要です。

【バイクハンド:YC-26BB-2 カートリッジBB工具】参考価格:¥1,000

【AZ(エーゼット):BGR-003 自転車用グリス マルチパーパス15g】参考価格:¥300

グリスをBB全体に塗りこんでから、上記の工具を使ってBBを取り付けます。

その際ですが、ネジを締める方向に注意してください。
左側は正ネジなので、左に回して締め込んでいきます。

ところが、右側は逆ねじなので、右に回して締めこみます。

今回、ご紹介した自転車(ママチャリ)のクランク交換には、様々な専用工具が必要となります。

持っていない方も多いと思いますので、用意することになりますが、おそらく全部揃えると3,500~4,000円くらいになります。

これなら、もしかすると、自転車屋さんに頼むほうが、安く上がる可能性があります。

ただ、パーツもそのお店で買わなければ、もっと工賃が高くなったりしますので、確認してから行ってください。

クランクは酷使されています!

今回は、自転車のクランクを交換することを考えてみました。

クランクは、自転車の中で最も酷使されるパーツのひとつです。

そのため、交換が必要な場合も当然、出てくるものです。

また、ボトムブラケット抜きでは、クランクは自転車のパーツとして成立しませんので、交換は同時に行うのが賢明です。

あとは、自力で行うかお店に頼むかですが、作業自体はそこまで難しくないので、あとは費用しだいですね。