ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

フラットバーにバーエンドバーを!取り付け方法をご紹介

2018.1.20

mtbやクロスバイクのフラットバーハンドルは、小回りが利いて操作性には優れています。

しかし、持ち手が常に同じなのと、人間にとって不自然な手首の向きで握っているので、疲労がたまりやすいのが難点です。

そこで考えられたのがバーエンドバーですが、今回はその効果から取り付け方法まで説明していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ビアンキのミニベロ7をカスタマイズ!かごの後付けは?

ビアンキはイタリアのメーカーらしく、洗練されたおしゃれなイメージがあります。 特にミニベロは品...

自転車のフレームで錆びやすいものは!?錆びの影響とは?

自転車のフレームの素材は、いろいろな種類があります。 その中でも錆びやすいものと錆びにくいものがあ...

自転車の虫ゴムの交換時期っていつ?虫ゴムの役割とは

一般的なママチャリなどの自転車タイヤに使われている部品の虫ゴムですが、実はこの虫ゴム、消耗品ってこと...

東京から大阪の距離を自転車で走ろう!達成するコツはある?

みなさんは、ロングライドをしたことがありますか? 普通のロングライドに飽き飽きしてきたという方...

自転車処分時の防犯登録抹消!防犯登録カード紛失の場合は?

自転車の防犯登録は、持ち主を明確にし、盗まれることを防いだり、盗まれてしまった後の早期発見に役立...

少しややこしいカンチブレーキ、その構造と調整方法!

カンチブレーキは他のブレーキに比べ調整方法がやや複雑であると同時に、制動力があまり強くないなど、他の...

mtbのウィリーを習得しよう!!練習法のコツ!!

mtbのウィリーといったら、習得したい技のひとつですね。 しかし、お手本もないのに、どうやって...

自転車のサスペンション!点検のポイントはオイル!?

自転車、特にマウンテンバイクには欠かせないサスペンションですが、細かい性能の違いを意識したことはあり...

ロードバイクのフレームやパーツにサビが!どう対処する?

雨でもロードバイクに乗っている方にとって、パーツのサビは気になることの1つではないでしょうか? ...

ロードバイクタイヤ「700x23c」とは?適正空気圧を知る方法

ロードバイクのタイヤ側面をよく見ると「700x23c」「7.0bar」「100psi」といった表記が...

駐車禁止の標識は自転車にも適用される?禁止となる範囲は?

様々な場所で、駐車禁止の標識を目にすることがあるでしょう。 こういった道路標識って、車だけのも...

シマノ製のハブはカップ&コーン!ベアリングの種類について

普段お使いのロードバイクのハブベアリングは、どのメーカーの物をお使いでしょうか。 始めたばかり...

ストライダーの類似品がトイザらスに?キックバイク選び方

今回は間違って認識している方も多いと思われる、「ストライダー」について詳しくお話していきます。 ...

ボントレガーのサドル「アフィニティ」は自分に合うのか?

「ボントレガー」を知っている人は相当なスポーバイク好きか、「トレック」ユーザーですね。 ボ...

小学生の自転車デビュー!学校・地域の自転車教室の特徴は?

小学生のお子さんを持つ親にとって、「子供が自転車にうまく乗れない」のは悩みの1つではないでしょう...

スポンサーリンク

フラットバーからドロップハンドルへ

mtbは長距離を走ることを想定されていませんし、そこまで高速で走行しませんので、強い前傾姿勢を取るシーンもありません。

そのため、操作性やグリップ力重視で、フラットバーハンドルが採用されています。

主に、街中での使用を想定されているクロスバイクも、操作性重視といって良いでしょう。
しかし、ロードバイクは高速巡航が基本コンセプトの自転車です。

そのため、少しでも空気抵抗軽減のために深い前傾姿勢も必要ですし、長時間走行での疲労軽減も考えなくてはいけません。

そこで、考えられたのが、あの独特な形状のドロップハンドルです。

疲労を分散させるために持ち手が多いですし、先端のブラケットやドロップ部分を握れば、かなりの前傾姿勢になります。

そのドロップハンドルの効果を、近年は用途が多様化しているので、mtbやクロスバイクにも欲しいという要望が多くなっています。

そうなると、まずはドロップハンドル化を考えるわけですが、これはかなりハードルが高くなります。

コンポやホイールまで交換する、大掛かりなカスタマイズになる可能性が高いので、簡単に決断するわけにもいきません。

そこで考えられたのが、バーエンドバーです。

取り付け方法はあとで説明しますが、至って簡単ですし、コストもそれほど掛かりませんので、手軽なカスタマイズと言えます。

バーエンドバーとは

バーエンドバーは言葉は悪いですが、フラットバーハンドルを「なんちゃって」ドロップハンドルにするものです。

拳を縦にして握れる場所を作ることで持ち手を増やして、疲労を分散させる効果もありますし、ハンドルを握る場所が遠くなることで、前傾姿勢を深くすることができます。

このように、一応ドロップハンドルのメリットは享受できるのです。

しかし、あくまでも簡易的なものですから、デメリットもあります。

フラットバーは乗り手の肩幅に合わせて、ハンドル幅が調整されているので、バーエンドバーを取り付けることで、わずかに狂いが生じます。

また、バーを握っているときはブレーキに手が掛けられませんので、とっさの急ブレーキに後れを取ることがあります。

そのために、後ほど取り付け方法の項目でもご紹介しますが、ハンドル中央に、センターバーとして取り付けている人も少なくありません。

バーエンドバーの種類

バーエンドバーの取り付け方法を説明する前に、製品をいくつかご紹介します。

①【FOGLIA(フォグリア):バーエンドバー】参考価格:¥1,800

②【BBB:バーエンド クラシック ベンド BBE-07 150MM】参考価格:¥3,000

両方とも、オーソドックスなタイプです。

①は、少し突き出しが短く(サイズ不明)ストレートな形状です。

②は、突き出しが150mmとかなり長く、バーエンドが少しせり上がった形状になっていますので、握りやすいです。

突き出しが長ければ、それだけ前傾姿勢が深くなりますので、どの程度まで前傾したいかで決まってきます。

【ERGON【エルゴン】:GP3 グリップ】参考価格:¥6,200

価格がグンと上がりましたが、こちらはグリップ一体型です。
グリップの先に、バーエンドバーが付属しているタイプです。

バーエンドバー部分は角度が自由に調整できますし、グリップ部分は幅広い上に滑り止めが付いているので、握りやすさでは群を抜いています。

代表的な製品をご紹介しましたが、もし今のグリップが気に入っているようであれば、バーだけで良いです。

また、グリップごと交換するなら、上記のような幅広のコンフォートモデルがおすすめです。

バーエンドバー取り付け方法①グリップをずらす

それでは、バーエンドバーの取り付け方法をご紹介します。

まずは、単体のバーエンドバーの場合です。
簡単に言えば、グリップを内側にずらして、バーを取り付けるスペースを確保すれば良いということです。

グリップには、ボルトで固定してあるロックオンタイプと、そのままねじ込んであるタイプがあります。

ロックオンならば、ボルトを緩めて、バーエンドバーの幅分だけズラします。

ねじ込んであるタイプは、再利用しないのであれば、カッターで切り裂いて外すのが一般的です。

ただ、再利用する場合は、丁寧にズラす必要があります。

グリップに細い棒状のものを突っ込み、隙間を作り、そこに水で薄めた中性洗剤を流し込んで、少し待つと動くようになります。

棒状のグリップは、ゴムやシリコンでできているので、長年使っているとベタベタします。
こうなったら、アルコールや重曹などを使わないと落ちません。

しかし、それだけのために薬品類を用意するのであれば、新しいグリップを購入したほうが安く済みます。

気分も一新されるので、あまりにも劣化しているようなら、この際に交換してしまいましょう。

バーエンドバー取り付け方法②角度に注意

前項に引き続き、バーエンドバーの取り付け方法をご紹介していきます。

先端にスペースが確保できたので、バーエンドバーを取り付けます。

取り付け作業自体は、六角レンチで固定用のボルトを締めるだけなので簡単ですが、問題は角度です。

実際に自転車にまたがって、バーエンドバーを握ってみてください。

自分が、どのポジションで乗りたいかを考えながら、左右の角度も合わせないと、変な体勢になりますので注意してください。

最初は地面と水平か、多少上向きに取り付けると、無理のない姿勢で乗ることができます。

バーの位置が決まったら固定ボルトを締めますが、特にカーボンハンドルの場合は、トルクレンチを使ったほうが良いでしょう。

あまりきつく締めすぎると、破損の原因になるので、トルクレンチで推奨トルクを守って固定しましょう。

あとは、グリップをバーエンドバー側に詰めて再固定します。

この際、グリップとシフターやブレーキレバーの間に、妙な隙間ができると思いますので、順番に外側にズラしていきます。

これで完了ですが、実際に走ってみると角度が気に入らなかったり、左右が微妙にズレていたりするものです。

当面は、小まめな調整が続くものと思っていてください。

バーエンドバー取り付け方法~番外編~

バーエンドバーはその名の通り、ハンドルのエンド部分に取り付けるものです。

しかし、それをグリップの内側に取り付けている人が多いです。

トライアスロンやTTバイクに見られる、DHバーのような効果があります。

握って運転する効果は外側に付けていることと変わりませんが、高速で走っているときの肘置きにもなりますので、楽な姿勢で乗ることができます。

また、ブレーキングが遅れる心配もないので、メリットは多いです。

内側への取り付け方法を説明しますが、グリップ・ブレーキレバー・シフターを外さなくてはいけませんので、少々手間が掛かります。

外す場合は、片方ずつ行うのが賢明です。

全てを外してしまうと、位置が分からなくなってしまうので、片側を残しておいて、その位置を参考にして取り付けます。

ハンドル中央にサイコンやライトを取り付けていると、少しごちゃごちゃしますが、スペースがあるようならチャレンジしてみてください。

気軽に試せるカスタマイズ

今回はフラットバーハンドルに、バーエンドバーを取り付けることを考えてみました。

ハンドル自体の交換はハードルが高いですが、安価で作業も簡単でメリットが享受できる、かなりお得なカスタマイズといえます。

その名の通り、バーエンドに取り付けても良いですし、センターバーとしても活用できます。

気に入らなければ、すぐに外せますので、気軽な気持ちで試してみるのも良いでしょう。

 - 自転車全般