キャノンデールのフーリガンをカスタムで仕上げていこう!

キャノンデールの【フーリガン】は、ミニベロです。

以前は、ドロップハンドルのロードバイクタイプもありましたが、現在は1種類のみの展開です。

非常に個性的な見た目をしており、何もしなくても十分に楽しめる1台ですが、色々とカスタムしがいもあります。

そこで今回は、フーリガンを色々といじってみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スペシャライズド・シラスのメンテナンスはここを重点的に!

クロスバイクはスポーツバイクの入門編であり、普段使いで生活に密着していることが多いです。...

自転車のハンドル調整に欠かせない六角レンチを使いこなそう

自転車ハンドルの形や調整はフィッティングに重要部分であり、調整するのに六角レンチはもっておくといいで...

キャノンデールの自転車はサイズが豊富!選び方のコツは?

アメリカを代表する自転車ブランドのひとつであるキャノンデール。車種の多さもさることながら...

自転車のワイヤー錠は簡単に切断される!?お勧めの施錠方法

自転車の盗難は、あとを絶ちません。前までは、単なる移動手段を目的として盗難されることも多...

メリダのグランスピードはミドルグレードの「200-D」に注目

「グランスピード(GRAN SPEED)」はメリダのクロスバイクのシリーズで、ロードバイク寄りの...

日本人なら日本メーカー!アンカーのロードバイクをおすすめ

ロードバイクを製造・販売するメーカーは世界に多数ありますが、日本メーカーということになりますと、...

マウンテンバイクのハンドルをベストな高さに決める基準とは

自転車に乗るとき、車体と人体は「手」「足」「尻」の三つの箇所でつながっています。特に、地面か...

デュラエース7900系が残した財産を11速化した9000系が引継ぐ

シマノのロードバイク用コンポの頂点と言えば「デュラエース」です。完成車では、50万円以上の高...

mtbを改造してツーリング車にする方法と楽しみ方をご紹介!

自転車でツーリングと言えば、ロードバイクというイメージがある方も多いでしょう。しかし、実はm...

自転車のライトがつかない!そんなときはどうする?

同じ自転車にずっと乗っているときや、古い自転車に久しぶりに乗ったときにライトを確認してますか。そ...

アンカーのロードバイクのモデル毎の評判は?

日本のロードバイクを語るならまずアンカーは外せません。それ程アンカーは、日本で作られているメ...

メリダのクロスバイクは評判が良い?おすすめもご紹介!

クロスバイクを乗っている方で、メリダの名前を聞いたことのある方は多いと思います。台湾のブラン...

自転車の危険な逆走行為!子供も交通ルールを知っておくべき

今でも、自転車で右側通行、つまり逆走している方を街中で目にすることがあります。自転車での逆走...

荷物を身に付ける必要なし!サドルバッグは中型がおすすめ

ロードバイクやMTBは元が競技用なので、物を運ぶという考え方がありません。しかし、全員が...

ルイガノのミニベロ「mv2」のタイヤは適正なサイズなのか?

2017年をもって、ルイガノの人気ミニベロ「mv2」が市場から消えてしまいました。ライセ...

スポンサーリンク

キャノンデール・フーリガンのスペック

今回は、キャノンデールのフーリガンをカスタムしていきますが、まず基本を押さえるということで、スペックを確認しておきます。

まず、最大の特徴と言えるのが「レフティ」です。

フロントフォークのブレードが左側にしか付いていないわけですが、メーカーの謳い文句は、剛性の高さです。

ただ単なる軽量化と見る向きもありますので、「目立ちたがり屋さん」のキャノンデールらしいとでも考えておきましょう。

ダウンチューブが2本ヘッドから伸びる「デルタVフレーム」も、ユーザーさんの購入の決め手のようです。

これは昔の名残で、以前はヘッドショック付きのフレームを、デルタシリーズとして区別していたそうです。

スペックに移りますと、一見、シングルスピードに見えますが、内装式3段変速です。

また、ミニベロにしては珍しい、ディスクブレーキを搭載しています。

今回、フーリガンのカスタムを行うにあたって、一番気になったのが、この変速機とブレーキのアンバランス感です。

ママチャリ然とした内装式変速のミニベロに、なぜディスクブレーキなのか?
この点が、今ひとつ個人的には判然としないので、カスタムしてみようと思い立ったわけです。

キャノンデール・フーリガンのおすすめカスタムはロード化!

フーリガンには2015年まで「フーリガンロード」がラインナップされていました。

文字通りロードバイク風で、ドロップハンドルにロード用コンポを装備した機種です。

販売と同時に売り切れるショップもあったと聞いていますが、残念ながら市場から消えました。

そこで今回は、このフーリガンロードを、現在のフーリガンで再現してしてみましょう。

せっかく奇抜な見た目に、ディスクブレーキを搭載しているのですから、走りがママチャリ級ではもったいないと思います。

正直、カスタムするパーツが多くなりますから、ハードルは高いです。

しかし、キャノンデールの謳い文句は、デルタVフレームは強度と剛性に優れており、レフティはねじれ剛性が強いです。

これだけ「硬い」仕様にしているなら、「速い」ミニベロを目指しても良いはずです。

そこで今回は、フーリガンのロードバイク化に挑んでみます。

キャノンデール・フーリガンのカスタムの要はハブにあり!

それでは、キャノンデール・フーリガンのロードバイク化を考えていきます。

まずは、内装式変速から外装式に変えますので、ホイールをカスタムする必要があります。

リアハブを、スプロケが取り付けられるフリーボディ付きのものに交換しますが、ハブの交換は容易ではありません。

ロードバイクなら、ホイールごと新しいものに交換する手もあります。

しかし、ミニベロは市販されている完組みホイールが、極めて少ないです。

ましてフーリガンは、フロントハブがレフティ用なので、さすがにそのハブの完組みホイールは見付かりません。

そのため、ハブだけの交換になりますが、自力で行うには一度スポークを全て外し、新しいハブでもう一度組み直すことになります。

これは正直言って、素人仕事ではありませんので、ショップに依頼するのが賢明です。

今回はリムを活かし、ハブとスポーク、ニップルを新調することにします。

仮に11速にするとして、ハブをシマノ・105で組んだ場合、工賃込で約2万円というところです。

変速段数は個人の判断ですので、8・9速であれば、もう少し価格は抑えられます。

カスタムするコンポはグレードを合わせる

キャノンデール・フーリガンのカスタムを続けます。

ホイールが組み上がりましたら、タイヤもできれば交換したいですね。

最優先ではないですが、ロード化と考えると、現行の1.5インチは太いので、もう少し細くしたいです。
あまり細くし過ぎると、リムに適合しなくなりますので、1.25インチ程度が限度です。

次にコンポですが、ドロップハンドルを搭載しますので、STIレバーを使用します。

あとは、スプロケ・リアディレイラー・チェーンですが、これは変速段数を合わせる必要があります。
できれば、コンポのグレードは統一したいところです。

これは少し余計なお世話かもしれませんが、型落ちしているコンポを狙う手もあります。

例えば、2016年にモデルチェンジしているリア9速のシマノ・ソラは、1世代前の3500系が、まだ市場に十分残っています。

値崩れしてきているので、特にSTIレバーは高価なので、前モデルを使うことも考えましょう。

また、キャノンデール・フーリガンのチェーンリングは48Tですが、以前は42・44Tという時代もありましたので、できればもう少し歯数の多いものに交換したいですね。

フロントはシングルで良いと思いますので、53~56Tくらいがおすすめです。

なお、フロントがシングルなので、STIレバーはリア用のみで、フロントブレーキ用のレバーを別途取り付けます。

ハンドルを選ぶ際は乗車ポジションが最優先

カスタムするコンポが決まったら、あとはハンドルです。

ドロップハンドルの素材は、強度や剛性を考えてもアルミで十分です。
(カーボンを否定するわけではありません)

むしろ注意したいのは、サイズです。
長さは、肩幅を参考にすると良いです。

あとは、水平部分から先端までの「リーチ」や、下ハンの落差を示す「ドロップ」の寸法も大事です。

共に数値が大きくなると、前傾姿勢がキツくなります。

特にキャノンデール・フーリガンはトップチューブが長いですし、ドロハンにすると、さらに位置が遠くなるので、リーチは70mm前後の短めが良いです。

また、現行のステムのクランプ径は31.8mmなので、一般的なドロハンであれば適合します。
あとは、バーテープを巻いて完了です。

これは走行してみてからですが、ハンドルの位置が遠いと感じた場合は、突き出しの短いステムに交換することになります。

その際は、フォークコラムへのクランプ径が1.5インチの特殊サイズなので、MTB用から選ぶと良いです。

カスタムの沼は深い!

ここまで、キャノンデール・フーリガンのカスタムをご紹介してきました。
変速段数によって違ってきますが、予算は3万~4万円程度というところです。

今回は前輪は手を付けず、後輪も現行のリムを活かして、組み直す提案です。

フロントギアをシングルのままとしたので、フロントディレイラーは不要ですし、STIレバーも1本だけです。

さらには、アルミハンドルをおすすめしました。
予算を抑えることを優先したわけではありませんが、最低限のカスタムを考えた結果です。

ただ、これだけでも走行性能は、ガラリと変わります。

もちろん、ロードバイク並みのスピードは難しいですが、ママチャリ然としたところからは、明らかに違ってきます。

今後は、フロントをダブルにすることが想定されますが、そうなると、クランクごと交換したくなるかもしれません。

スポーツ自転車のカスタムは、一度ハマると中々抜け出せない「底なし沼」のようなものです。

その見極めは、今の自分にどこまでのカスタムが必要なのか?そのフレームにそれだけの価値があるか?

こんな基準で、考えてみると良いでしょう。

フーリガンは面白い

今回は、キャノンデール・フーリガンのロードバイク化を考えてみました。

沼にハマるという表現をしましたが、このハマっていく感覚がたまらないので、またカスタムしてしまうのです。

フーリガンなら今回の提案とは真逆ですが、シングルスピード化も面白いんじゃないかと思います。

色々と考えて、やってみるのも良いですよ。