シマノのセミディープホイールwh-rs30~後継やライバルは?

シマノのロードバイク用ホイール「wh-rs30」は、かなり前のモデルなので、現在、市場にはほとんど出回っていません。

シマノが、まだ11速のコンポを発売していない時期のホイールなので、当然ながら10速までの対応です。

どのメーカーにもラインナップの中に1種類は見られる、30mm以上のリムハイトを持つ「セミディープリム」ホイールです。

今回は、wh-rs30の後継ホイールや、他メーカーのセミディープリムも確認していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

痛い原因はクロスバイクのサドル?柔らかいのが良いのか?

クロスバイクはスポーツバイクの入門編的存在なので、ママチャリからの乗り換えが多くなります。そ...

自転車が盗難された!犯人を見つけるために出来ることは!?

最近では、自転車といってもスポーツバイクに乗る人も増えましたね。そこで気になるのが盗難被害で...

ママチャリのブレーキ・ワイヤーを交換、調整しよう!

長年使っているママチャリのブレーキ、不具合が出ていませんか?ブレーキは、大変重要なパーツです...

筋肉痛で体重が増える理由は?自転車は筋肉痛になりにくい?

筋トレや激しい運動を行った翌日、筋肉痛になることがありますよね。ダイエット目的で筋肉トレーニング...

giosのミニベロの特徴!定番バイクとタイヤ交換のポイントをご紹介

イタリアの老舗自転車メーカー・gios(ジオス)は、車種が豊富なことで有名です。ロードバイクを中...

さいたまクリテリウム2013の赤字の原因と2014年大会

自転車好きな方ならご存知の方も多いクリテリウムですが、さいたま市でも開催されたことがあります。...

自転車のビンディングペダルの効果とは!?

自転車のビンディングペダルをご存知ですか?ビンディングペダルは、スキーのビンディングとほぼ同...

イーストンホイールの評判は!?インプレしてみました!

イーストンは、アメリカの総合スポーツブランドです。イーストンといえば、自転車のホイールもあり...

街乗り自転車のママチャリをオシャレに改造しよう!

街乗り自転車・・・と言えばママチャリですが、クロスバイクとの違いは何でしょう。また、自転車の...

大学の自転車競技はマイナー?歴史や現状、課題を探る!

大学のスポーツ競技としてはまだまだマイナーな存在の自転車競技です。しかし、他のスポーツに比べ...

エンド幅135mmの自転車に、130mmホイールの取り付けは可能?

クロスバイクに乗っていると、走行性能をアップさせる目的で、ロードバイク用のホイールを履かせるといった...

ベアリングのリテーナーの交換!正しいクランクの外し方!

自転車におけるベアリングのリテーナーを使用している箇所は、四箇所あります。どの場所も工具...

コスパ最強!meridaのride800は、初心者向けロードバイク!

merida(メリダ)という自転車メーカーをご存知でしょうか?meridaは、giant...

クリートの位置を見直して、ヒルクライムで上位を狙おう!

ロードバイクなどのスポーツ自転車に慣れ、ある程度乗れるようになってくると、初めは難しそうだと感じ...

自転車のブレーキ調整と何かが当たる音について

自転車を日々使用しているとタイヤの空気圧が減ったり、ネジの緩みなどの不具合が発生しメンテナン...

スポンサーリンク

wh-rs30はセミディープホイール

ロードバイクはママチャリなどに比べ高価ですし、メンテナンスありきの乗り物ですから、1台に長く乗っている方が多いです。

そういった背景もありますし、市販されている完組みホイールは専用設計のため、部分ごとに交換するとバランスが崩れ、本来の性能を失うことが多いです。

そのため、シマノ・wh-rs30のような、ひと昔前のホイールも価値がなくなってしまうわけではないのです。

また、wh-rs30はリムハイト30mmの、いわゆる「セミディープリム」のホイールです。

各メーカー共に、アルミのセミディープリムホイールが、必ず1種類はラインナップされているように、需要があるものです。

ロードレースに使用されるカーボンリムのセミディープやディープリムホイールは、カーボンフレームの完成車が手に入るくらいの値段です。

いわば、レース専用の決戦ホイールで、練習の段階では、おいそれと使用できるものではありません。

そこで、使われるのが安価で重量があって、そこそこの負荷が掛けられる、wh-rs30のようなアルミホイールということになります。

wh-rs30はロードレースの練習用

シマノのwh-rs30も、以前のインプレを確認していると、「自宅のローラー台で使っている」。
「普段使いで足腰を鍛えている」など、練習用として使用していることをうかがわせています。

正式な重量は分かりませんが、wh-rs30は2000gに迫るホイールですから、確かにレースには使えませんが、練習用としては適度な重量と言えます。

ロードバイクの基本コンセプトは、高速域でいかに長い時間走れるかにあります。

高速巡航という言葉で表されることがありますが、高速域を維持するのがカギになります。
その点では、リムハイトが高いホイールが有利になります。

漕ぎ出しは重いですし、横風に弱いので、スピードに乗るまでは時間が掛かります。

しかし、スピードの乗りも遅いですが落ちるのも遅いので、高速域になればスピードの維持に長けていることになります。

リムハイトが高いと、リム自体が荷重を受け止めるため、スポークにストレスが掛からないので、ホイールの剛性は強くなります。

そのため、脚力自慢のプロレーサーなどは、デイープリムを好んで使用します。

しかし、リムを高くするということは、重量がかさみます。

そのため、どうしても軽いカーボンを使わなければならないので、ホビーライダーには手の届かない存在になってしまうのです。

他メーカーのセミディープホイールは?

その点で、シマノのwh-rs30は後継のホイールの価格を参考にすると2~3万円程度ですので、練習用にするには、手ごろな存在と言えるでしょう。

セミディープホイールは先述した通り、アルミリムでは各メーカー共に、ほぼ1種類しかありません。

その中でも、シマノのホイールがリーズナブルなので、特に練習用として使用される頻度が高いのです。

そこで、ここからは、参考のために、シマノ以外のメーカーのセミディープリムホイールをご紹介します。

まず、カンパニョーロですが、アルミリムにリムハイト35mmの「シロッコ」があります。
重量は約1,800gと、シマノよりも200g程軽量になっていますが、その分価格も4.5~5万円です。

スポークがエアロ形状になっているので、より高速域でのエアロ効果が堪能できます。

次にフルクラムですが、「レーシング・クアトロ」がリムハイト35mmになります。

フルクラムはカンパニョーロの子会社で、ホイール構成が似ているので、特徴はシロッコと似ています。

インプレを見ると、フルクラムのほうが少しが剛性が高く、硬めの乗り心地という評価です。

ただ、重量がレーシング・クアトロは1,700g台前半と公表されているので、価格が5万円台後半になります。

wh-rs30の後継ホイール①

上記の2メーカーのセミディープリムは、価格的にはメーカーの中での中級レベル程度なので、練習用にするには、少しもったいないというところです。

そうなると、シマノのwh-rs30のリーズナブルさが、俄然クローズアップされます。

後継ホイールのwh-rs31は、重量こそ1,960g(実測値)ですが、定価が2万円台前半なので、ショップによっては1万円台で購入できます。

練習用でガンガン使い倒すなら、このくらいのリーズナブルさでないというのが本音ですかね。

また、リムハイト30mm程度であれば、普段使いでも不満のない、ギリギリの線かなと思います。

レース志向のない人が、わざわざ選ぶには少し疑問ですが、完成車に付属してきても、それほど気にならないということです。

wh-rs30の後継ホイール②

シマノのアルミリムのセミディープホイールには、「wh-rs330」もあります。

wh-rs30の後継ホイールのひとつと言えますが、こちらはよりレース仕様を強く意識しています。

と言うのも、330は下位グレードですが、上位グレードにしか採用されていないスポークの組み方を採用しています。

シマノでは「オプトバルテクノロジー」と呼んでいますが、スポークをフリーボディ側2:1反フリー側で組む方法です。

スポークテンションが偏らないので、振れが出にくくなりますし、伝達力が良くなるのがメリットです。

どちらかというと、レース色の強いカンパやフルクラムは、全モデルで採用されている(フルクラムは一部を除く)技術です。

シマノは上位モデルのセミディープやディープリムには採用されていますが、ノーマルハイトのホイールには採用されていません。

それが全体的に剛性が低めで、柔らかい乗り心地という評価に繋がっている部分でもあります。

いずれにしても、wh-rs330は上位グレードの技術を搭載しているにも関わらず、2万円台で手に入るお得なホイールなのです。

アルミ素材でセミディープホイールのおすすめ

wh-rs30のようなセミディープなホイールを使用していると、グレードアップになったときに、どのホイールを選ぶかで悩む方も少なくありません。

先述通り、ディープリムはカーボン素材が多いので、10万円台後半からのスタートになってしまいます。

さすがに、導入部分がこの価格では厳しいとなりますので、もう少し手ごろなものを探します。

先ほどもご紹介した、シロッコやレーシング・クアトロも候補ではありますが、もう少し頑張ってシマノの【wh-rs81 c35】まで考えてみたいところです。

アルミリムですが、カーボンラミネートのため、1,600g台となっています。

リムハイト35mmながら1,600g台であれば、平地の高速巡航はもちろん、ヒルクライムにも挑戦したくなるようなホイールです。

リムは上位グレードのデュラエースと、同じものを使っているという話もありますし、先ほどのオプトバルテクノロジーも、もちろん採用されています。

メーカー価格で10万円前後しますので、少しハードルは高めですが、コスパを考えれば、おすすめできるものです。

セミディープという選択

今回は、シマノのホイールwh-rs30を取り上げました。

後継ホイールにはなりますが、ロードレースの練習用におすすめしますが、普段使いでも、それほどストレスなく使用できるものと思います。

また、同じシマノで「wh-rs81 c35」も、おすすめのセミディープホイールですので、ぜひ検討してみてください。