soraのsti3400は操作方法が違う!親指シフトって何?

シマノのロードバイク用コンポでは、上から5番目のグレードになるのが「sora(ソラ)」です。

2017年現在、品番はR3000で、リア9速のコンポです。
9速化は2007年、3400番のときになります。

3400のsoraでは、現在のモデルとstiレバーが大きく異なっています。

そこで今回は、3400までのsoraと、それ以降の進化についてお話していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車の速度は何キロ出る!?一般的な速度とは?

自転車といっても、その自転車によって出る速度は大きく変わります。なんと言っても、一番スピード...

ヘルメットは頭にピッタリなサイズを!女性サイクリスト必見

自転車に乗る際にかぶるヘルメットは、命を守ってくれる大切なものです。そのため、自分の頭に...

自転車にスピードメーターを!子供の自転車も本格的になる?

ご両親のいずれかが、ロードバイクを趣味にされている場合、子供も乗りたがりますよね。子供用...

タイヤサイズで26インチや700cってどのくらいの大きさ?

自転車のタイヤサイズは、様々な表記が入り混じっています。単位はインチやmm、小数点表記だ...

クロスバイクを購入する際にgiantの型落ちは期待できるか?

「型落ち」というと何かマイナスなイメージがありそうですが、れっきとした新品で「旧モデル」のことで...

トレックの2017年モデルのロードバイクは何が進化したのか?

トレックはここ数年、続々とロードバイクの主力モデルをリニューアルしていますが、その流れを汲んで201...

自転車でもスピード違反の取り締まりを受ける!罰金は?

近年、街中でスポーツ自転車に乗っている方も多く見られるようになりました。スポーツ自転車は...

高速道路に歩行者、自転車の迷い込みは年々増加している!?

高速道路に自転車で迷い込みの事故が最近、増えてきています。ニュースでお年寄りが、高速道路に迷...

ピナレロに新時代到来を告げたモデル!2019ではGANに注目

今回は、筆者が個人的にピナレロのロードバイクの中でいち押しである、「GAN(ガン)」をご紹介して...

カスタム欲が暴走!ピストバイクはハンドルが短いと良いの?

ピストバイクというと、競輪を思い浮かべる方も多いかもしれません。競輪ではきちんとした規格で統...

レイノルズのホイール『アサルト』チューブラーモデルとは

ロードバイクに乗る人は、誰しも一度は『レイノルズ』というメーカーを耳にしたことがあるのではないでしょ...

自転車の防犯登録って義務化されていた!?防犯登録の意味

誰でも簡単に乗ることができ、たくさんの人が乗っている自転車。あなたの自転車は、防犯登録がきちんと...

mtbでトレイルに挑戦!!トレイルの服装や持ち物は?

登山ブームにより、以前より山に入る人は増えてきました。mtbでトレイルを始めたいけど、何から...

ご家庭でできる自転車修理!子供用もタイヤ交換方法は同じ?

「子供用自転車をタイヤ交換したいけど、交換方法がわからない」こんな時、交換方法がわからず困っ...

トライアスロンのスイム、準備品や泳ぎ方のコツは?

ロードバイクに乗るようになり、レースやトライアスロンに参加する興味が湧いた方はいらっしゃると思います...

スポンサーリンク

シマノ【sora(ソラ)】進化の歴史

soraは上から5番目のグレードということもあり、完成車では10万円前後のエントリーグレードに搭載されることが多いコンポです。

2017年で9速化されてから10年になりますが、上位モデルからの技術の継承もあり、着実にグレードアップしてきています。

2000年にsoraの名称が付き、リア8速の3300番としてデビューしています。

7年後の2007年に3400番台となり、リアが9速にアップします。

2012年には3500番台にモデルチェンジ、stiレバーのワイヤーリリースレバーが、現行のブレーキレバーに隣接するスタイルになりました。

2016年にR3000番となり、上位グレード同様にクランクが5アームから4アームとなります。

また、stiレバーのシフトワイヤーがハンドル内蔵型となり、ギアがひと目で何速に入っているか判断できる「オプティカルギアディスプレイ」は廃止となりました。

soraには、フラットバーハンドル用のラピッドファイヤ式のシフターやブレーキレバー、フロント3速用のクランクやstiレバーもあります。

このことから、クロスバイクに換装できるパーツも揃っているコンポとも言えるでしょう。

stiレバーの操作方法

ブレーキ、シフト一体型レバーをデュアルコントロールレバーやstiレバーと呼びますが、これは両方ともシマノの登録商標です。

いわゆる商品名であり、一体型レバーの総称ではありません。
今回はシマノの話をするので問題ないですが、注意しておきたいですね。

stiレバーの構造は、大きいレバーと小さいレバーの2段構造になっています。

大きいレバーはブレーキレバーと、フロント側はシフトアップ、リア側はシフトダウン用。
小さいレバーは、フロント側がシフトダウン、リア側がシフトアップ用です。

レバー(大)を身体に引き寄せるようにして引くのがブレーキ操作、横にスライドさせる操作がシフトチェンジになります。

soraのstiレバーは3400番台まで、「親指シフト」などとも呼ばれていました。

これは、現行の小さいレバーの方がブラケットの内側にあり、親指で操作することができたからです。

ブラケットポジションで変速できるということで人気でしたが、3500番台になり、現行のブレーキレバー隣接型に変更になりました。

sora sti3400が「親指シフト」である理由

soraのstiレバーが3400番台まで「親指シフト」を採用していたのには、開発の歴史が深く関わっています。

シマノのロードバイク用のコンポは当初「フラットバー用」、「ツーリングバイク用」、「ロードレース用」の3種類でスタートしました。

soraは中でも、ツーリングバイク用の位置付けで開発されています。

言い換えれば、ドロップハンドルでも、まったり乗るタイプの自転車に採用されたということです。

このような機種の自転車は、究極のスピードを必要とするわけではないので、下ハンドルを持つことがほとんどありません。

確かに、現行のstiレバーであれば、下ハンからでも変速が可能です。

しかし、下ハンを持たないのであれば、ブラケットポジションの方が、間違いが少なくて済むという判断から開発されたものです。

また、現行のシフトの弱点でもあるのですが、小レバーを操作しようとして大レバーに触れてしまうと、小レバーの操作がキャンセルされます。

つまり、変速に慣れるまでは、間違いが起きる可能性が多くなってしまうのです。

soraのsti3400は今どこで手に入る?

soraのsti 3400番には「親指シフト」の他にも、現在のモデルにはない機能として、ひと目でどのギアに入っているのかが分かるゲージが付いていました。

「オプティカルギアディスプレイ」という名称で、3500番台まで付属されていた機能です。

今どこにギアが入っているのかが分かれば、トップ・ローどちらにしても、残りいくつギアが使えるかが、ひと目で判断できますよね。

個人的には良いシステムと思いますし、現在でもstiレバー以外のシフターには見られる機能です。

sti3400は、さすがに2世代前なので、市場にはもう出回っていませんが、オークションサイトなどには出品されています。

大手オークションサイトを覗いてみたところ、中古で4,000円~5000円程度、未使用の新品が7,500円前後で出品されていました。

最新のsora・R3000番のstiレバーが、新品で17,000円~18,000円しますので、一考の価値ありですね。

soraの3400番台以降の進化

soraの3400番台は、お伝えしているように2世代前のコンポです。

3400番台発表から5年後に3500番台になりますが、ここから新たに加わったのが、フラットバー用のラピットファイヤ式のシフターとブレーキレバーです。

クロスバイクの台頭が著しくなり、完成車にもロード用のコンポを搭載するものが増えてきた時期でした。

3500番台になり、stiレバーが親指シフトではなくなるという、大きなトピックスがありました。

それにも関わらず、当時はフラットバー用のパーツの方がクローズアップされていたと記憶しています。

シマノのコンポはsoraに限らず、まずグレード最上位のデュラエースが、新しい画期的なシステムを搭載して市場に登場します。

それを、セカンドグレードのアルテグラ以下が追いかける形で踏襲していきます。

そういった進化の過程で、soraは2016年にR3000番にモデルチェンジを果たします。

4アームクランクの導入と、stiレバーのワイヤー類をハンドルに内蔵したことが、上位グレードから踏襲された技術です。

sora・R3000はフロントディレイラーに注目!

soraが3400番台でリア9速となってから、2017年で10年になります。

その10年の中で、sora発信で何かが始まったということは少ないのですが、最新のR3000番には見どころがあります。

それは、フロントディレイラーに、上位モデルにも採用されていない技術が使われていることです。

ワイヤーの取り回し方が変更になりましたが、これは、どのモデルにも採用されていないsoraオリジナルです。

上位モデルからの技術踏襲として、アームが長くなったこともあり、変速がとにかくスムーズになっています。

3500番台との比較をした人曰く、変速する際の「ガチャン」という音や「ピキン」という金属音が、ほぼ聞こえないとのことです。

それがスムーズに動いている証拠ですが、これはインプレを見ても、かなり多くのユーザーさんが指摘しています。

シマノ曰く、フロントディレイラーだけが旧モデルとの互換性がないとしていますので、交換はstiレバーを伴うことになります。

stiレバーも、先述のようにワイヤーがハンドル内蔵型になり進化していますので、これを機に、セットで交換するのも良いですね。

soraは進化している

soraは9速化されて10年経過しているので、進化されていないように見られがちですが、決してそんなことはありません。

特に、変速関係の進化は近年、目覚ましいものがあります。

そんな中で、今回確認した3400番台の「親指シフト」に、捨てがたいものを感じました。

私のようなホビーライダーには、むしろ向いているのではと思いました。

今はリア9速ではないので諦めますが、魅力のある仕様であることは間違いないですね。