ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

soraのsti3400は操作方法が違う!親指シフトって何?

2017.12.23

シマノのロードバイク用コンポでは、上から5番目のグレードになるのが「sora(ソラ)」です。

2017年現在、品番はR3000で、リア9速のコンポです。
9速化は2007年、3400番のときになります。

3400のsoraでは、現在のモデルとstiレバーが大きく異なっています。

そこで今回は、3400までのsoraと、それ以降の進化についてお話していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

「落ち着いた」サイクルウェアでスローな街乗りを楽しもう!

サイクルウェアは、ロードバイクなどに乗車する際には最適な服装であり、それは間違いありません。 ...

ヘルメットで絶壁頭でもカッコ良く!正しい選び方って!?

ロードバイクのヘルメットを選ぶ時、頭が絶壁だと、なかなか合うものが見つからず、困ってしまいますよね。...

シマノハブのベアリング構造とグリスアップの重要性と方法

自転車の各パーツの中でホイールはとても重要なパーツです。 楽しく長く自転車ライフを楽しむために...

ロードバイクはアルミ、カーボン、クロモリどれがおすすめ?

ロードバイクのフレームに使用されている素材は、アルミ、カーボン、クロモリの3種類が主になります。...

弱虫ペダルがアツい!登場人物のバイクメーカー名大公開!

大人気の「弱虫ペダル」ですが、みなさん一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 今回...

自転車のトーインとはタイヤの内減りを減らすための調整?

自動車では、一般的な「トーイン」という用語ですが、自転車用語としても使われています。 ただし、...

通勤通学・趣味の自転車にも!便利な速度計の仕組みって?

自転車は健康的で環境にも優しい移動手段ですね。 ママチャリなどに乗って通勤したり、気ままな...

自転車は左側通行?右側通行?どちらを走るのが正しいのか

自転車は、年齢層問わず誰でも乗ることが出来る最も身近な乗り物です。 しかし、身近である自転車の...

レイノルズのホイール「Performance」のインプレ!

レイノルズのホイールといえば、カーボンが有名ですね。 レイノルズは、カーボンホイールの種類が豊...

ピカールの使い方って!?自転車のサビ取りや掃除に大活躍

「ピカール」ってご存知でしょうか? ピカールは、研磨剤の一種になります。 ピカールと呼ばれる...

自転車は歩道を通行したり、駐輪することはできるのか!?

街では、自転車が歩道に駐輪されているのを皆さん見たことがあるでしょう。 実際、自転車は歩道に駐...

アメリカを自転車で横断しよう!長期間の旅での注意点

自転車でアメリカ横断にチャレンジしてみませんか? しかし、アメリカを自転車で横断なんて、スケー...

自転車のスタンドが故障!?バネ交換・スタンド交換方法

自転車のスタンドの調子が悪いと思ったら、バネ交換のみ行えば、問題なく使えることがあります。 ま...

テクトロブレーキの利きは良くない!?おすすめは105以上?

ブレーキは命に関わるほど重要なパーツです。 しかし、安価な完成車に搭載されていることが多いテク...

自転車界に新風を吹き込む!スペシャライズド「セコイア」

ロードバイクは基本的にはレースに使用する自転車というコンセプトなので、フレーム形状も組みわせてあ...

スポンサーリンク

シマノ【sora(ソラ)】進化の歴史

soraは上から5番目のグレードということもあり、完成車では10万円前後のエントリーグレードに搭載されることが多いコンポです。

2017年で9速化されてから10年になりますが、上位モデルからの技術の継承もあり、着実にグレードアップしてきています。

2000年にsoraの名称が付き、リア8速の3300番としてデビューしています。

7年後の2007年に3400番台となり、リアが9速にアップします。

2012年には3500番台にモデルチェンジ、stiレバーのワイヤーリリースレバーが、現行のブレーキレバーに隣接するスタイルになりました。

2016年にR3000番となり、上位グレード同様にクランクが5アームから4アームとなります。

また、stiレバーのシフトワイヤーがハンドル内蔵型となり、ギアがひと目で何速に入っているか判断できる「オプティカルギアディスプレイ」は廃止となりました。

soraには、フラットバーハンドル用のラピッドファイヤ式のシフターやブレーキレバー、フロント3速用のクランクやstiレバーもあります。

このことから、クロスバイクに換装できるパーツも揃っているコンポとも言えるでしょう。

stiレバーの操作方法

ブレーキ、シフト一体型レバーをデュアルコントロールレバーやstiレバーと呼びますが、これは両方ともシマノの登録商標です。

いわゆる商品名であり、一体型レバーの総称ではありません。
今回はシマノの話をするので問題ないですが、注意しておきたいですね。

stiレバーの構造は、大きいレバーと小さいレバーの2段構造になっています。

大きいレバーはブレーキレバーと、フロント側はシフトアップ、リア側はシフトダウン用。
小さいレバーは、フロント側がシフトダウン、リア側がシフトアップ用です。

レバー(大)を身体に引き寄せるようにして引くのがブレーキ操作、横にスライドさせる操作がシフトチェンジになります。

soraのstiレバーは3400番台まで、「親指シフト」などとも呼ばれていました。

これは、現行の小さいレバーの方がブラケットの内側にあり、親指で操作することができたからです。

ブラケットポジションで変速できるということで人気でしたが、3500番台になり、現行のブレーキレバー隣接型に変更になりました。

sora sti3400が「親指シフト」である理由

soraのstiレバーが3400番台まで「親指シフト」を採用していたのには、開発の歴史が深く関わっています。

シマノのロードバイク用のコンポは当初「フラットバー用」、「ツーリングバイク用」、「ロードレース用」の3種類でスタートしました。

soraは中でも、ツーリングバイク用の位置付けで開発されています。

言い換えれば、ドロップハンドルでも、まったり乗るタイプの自転車に採用されたということです。

このような機種の自転車は、究極のスピードを必要とするわけではないので、下ハンドルを持つことがほとんどありません。

確かに、現行のstiレバーであれば、下ハンからでも変速が可能です。

しかし、下ハンを持たないのであれば、ブラケットポジションの方が、間違いが少なくて済むという判断から開発されたものです。

また、現行のシフトの弱点でもあるのですが、小レバーを操作しようとして大レバーに触れてしまうと、小レバーの操作がキャンセルされます。

つまり、変速に慣れるまでは、間違いが起きる可能性が多くなってしまうのです。

soraのsti3400は今どこで手に入る?

soraのsti 3400番には「親指シフト」の他にも、現在のモデルにはない機能として、ひと目でどのギアに入っているのかが分かるゲージが付いていました。

「オプティカルギアディスプレイ」という名称で、3500番台まで付属されていた機能です。

今どこにギアが入っているのかが分かれば、トップ・ローどちらにしても、残りいくつギアが使えるかが、ひと目で判断できますよね。

個人的には良いシステムと思いますし、現在でもstiレバー以外のシフターには見られる機能です。

sti3400は、さすがに2世代前なので、市場にはもう出回っていませんが、オークションサイトなどには出品されています。

大手オークションサイトを覗いてみたところ、中古で4,000円~5000円程度、未使用の新品が7,500円前後で出品されていました。

最新のsora・R3000番のstiレバーが、新品で17,000円~18,000円しますので、一考の価値ありですね。

soraの3400番台以降の進化

soraの3400番台は、お伝えしているように2世代前のコンポです。

3400番台発表から5年後に3500番台になりますが、ここから新たに加わったのが、フラットバー用のラピットファイヤ式のシフターとブレーキレバーです。

クロスバイクの台頭が著しくなり、完成車にもロード用のコンポを搭載するものが増えてきた時期でした。

3500番台になり、stiレバーが親指シフトではなくなるという、大きなトピックスがありました。

それにも関わらず、当時はフラットバー用のパーツの方がクローズアップされていたと記憶しています。

シマノのコンポはsoraに限らず、まずグレード最上位のデュラエースが、新しい画期的なシステムを搭載して市場に登場します。

それを、セカンドグレードのアルテグラ以下が追いかける形で踏襲していきます。

そういった進化の過程で、soraは2016年にR3000番にモデルチェンジを果たします。

4アームクランクの導入と、stiレバーのワイヤー類をハンドルに内蔵したことが、上位グレードから踏襲された技術です。

sora・R3000はフロントディレイラーに注目!

soraが3400番台でリア9速となってから、2017年で10年になります。

その10年の中で、sora発信で何かが始まったということは少ないのですが、最新のR3000番には見どころがあります。

それは、フロントディレイラーに、上位モデルにも採用されていない技術が使われていることです。

ワイヤーの取り回し方が変更になりましたが、これは、どのモデルにも採用されていないsoraオリジナルです。

上位モデルからの技術踏襲として、アームが長くなったこともあり、変速がとにかくスムーズになっています。

3500番台との比較をした人曰く、変速する際の「ガチャン」という音や「ピキン」という金属音が、ほぼ聞こえないとのことです。

それがスムーズに動いている証拠ですが、これはインプレを見ても、かなり多くのユーザーさんが指摘しています。

シマノ曰く、フロントディレイラーだけが旧モデルとの互換性がないとしていますので、交換はstiレバーを伴うことになります。

stiレバーも、先述のようにワイヤーがハンドル内蔵型になり進化していますので、これを機に、セットで交換するのも良いですね。

soraは進化している

soraは9速化されて10年経過しているので、進化されていないように見られがちですが、決してそんなことはありません。

特に、変速関係の進化は近年、目覚ましいものがあります。

そんな中で、今回確認した3400番台の「親指シフト」に、捨てがたいものを感じました。

私のようなホビーライダーには、むしろ向いているのではと思いました。

今はリア9速ではないので諦めますが、魅力のある仕様であることは間違いないですね。

 - 自転車全般