ロードバイクのプーリーにはどんな機能が?シマノ製が良い?

【プーリー】という言葉を見て、「何?」と思う人が多いのではないでしょうか。

自転車のパーツには独特の名前が付いているので、ひと目名前を見ただけでは、どこのパーツなのか分からないものも結構あります。

今回は、ロードバイクのプーリーではお馴染みのシマノの製品もご紹介しながら、謎多きプーリーについてお話していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

パナソニックの自転車は丈夫で壊れにくい!オススメする理由

自転車の通勤やお子様の送迎など様々な用途で使われる自転車。せっかく買うなら丈夫で壊れにくく、...

新シマノ・105搭載のロードバイク!アンカー 「RS8 EQUIPE」

2018年シマノのロードバイク用コンポ「105」が、R7000にモデルチェンジされました。...

評価も人気も高いカンパニョーロとシマノのホイール重量一覧

自転車のホイールはたくさんあります。それというのもホイールメーカーがいくつかあって、またそれ...

ロードバイクの運転による消費カロリーって?

ロードバイクは、効率よくカロリーを消費できるスポーツです。効果が出やすいコツは頑張りすぎず、...

アンカーのクロモリロードで「RNC3 EQUIPE」はおすすめか?

今回は、アンカーのクロモリロード「RNC3 EQUIPE」についてお話しします。ロードバイク...

カーボン全盛期にPINARELLO・FP1はなぜ人気だったのか?

PINARELLOは創業60年を超える老舗ブランドでありながら、常に革新を求めバージョンアップを...

ロードバイクのハンドルを交換!選び方とおすすめメーカー

ロードバイクのハンドルは完成車に付属してきますので、フレーム買いをした方でない限り、交換無しで初期の...

キャノンデール「caad9」の重量は破格の軽さだった!

キャノンデールは、かつて「アルミのキャノンデール」の異名があったほど、アルミフレームにこだわりを持っ...

ロードバイクのサドル選びに欠かせないメーカー10選!

ロードバイクのサドル選びは「沼」という表現をされる程、奥が深く難しいものです。メーカーによっ...

ロードバイクのパーツの中でタイヤは安い!さらに高性能!

ロードバイクのパーツは、高価なものが多いです。ホイールを始め、コンポやハンドル、サドルなどは...

チネリのドロップハンドル「ネオモルフェ」の特徴や重量は?

「ネオモルフェ」はイタリアの老舗「チネリ」が販売している、ロードバイク用のドロップハンドルです。...

衝撃を受けたロードバイクのヘルメットは、修理できない!?

自転車の中で、ロードバイクは、時速30kmほどのスピードを出すことができるため、ヘルメットは義務とさ...

やっぱりトレックが好き!マーリン7は高評価って本当?

トレック一流メーカーであり、ロードバイク、マウンテンバイク、など様々なスポーツ自転車を世に送り出して...

ロードバイクのプーリーって何!?注油は必要なの?

ロードバイクに乗ってる人でも「プーリー」を答えられない方もいることでしょう。筆者もロードバイ...

クロモリ・ロードバイクの素晴らしさをブログで紹介しよう

今やロードバイクで多くのメーカーが扱っている素材といったら、アルミ、カーボンでしょうか。しか...

スポンサーリンク

ロードバイクのプーリーとは?

まずは「プーリー」とは何ぞやという話ですが、ロードバイクなどのリアディレイラーに付いている歯車のことです。

リアディレイラーには2つのプーリーがあり、上側に付いているのが変速をするための「ガイドプーリー」。
下に付いているのが、チェーンの張りを調整する「テンションプーリー」です。

リアディレイラーの仕組みは、シフターからのギアチェンジの指示によってワイヤーが巻き取られたり、解除されたりします。

その都度、ガイドプーリーがチェーンを保持しながら左右に動いて、ギアにチェーンを掛け替えていきます。

テンションプーリーは、チェーンのたるみを調整するためにあります。

チェーンは、小さいギアに行くほど長さがいらなくなるので、たるんでしまいます。

しかし、たるんだ状態のまま走っていると、チェーンが外れてしまう可能性があり、危険です。
そのため、たるんだ分のチェーンを巻き取り、常に張った状態にする必要があります。

それを、後ろに引っ張り上げるのが、テンションプーリーの仕事です。

プーリーはリアディレイラーのひとつの部品ですが、単体としても販売しています。

また、グレードごとの互換性もあります。
例えば、シマノであれば、どのディレイラーでもデュラエースのプーリーが使用できることになります。

シマノ・デュラエースのプーリーはシールドベアリング内蔵

シマノのデュラエースグレードのプーリーには、シールドベアリングが内蔵されています。

105グレード以下のプーリーはべアリング構造ですが、自転車に使用されるボールベアリングではないので、ベアリングなしと認識しておいて良いです。

bbやホイールのハブほど、ベアリングの効果が顕著な部分ではないですが、メンテナンスフリーなのは有り難いですね。

私は実際に、105グレードからデュラエースのプーリーに換装して、比較している動画を見たことがあります。

少しチェーンの動きが滑らかになっているのかという感じでしたが、動画の主も言ってましたが、プラシーボ(思い込み)効果もあるかなと。

ロードバイク乗りなら分かると思いますが、確かにデュラエースをパーツの一部にでも使っているという精神的な満足感はあるでしょう。

しかもプーリーだけなら、デュラでも2個セットで3,000円前後ですからね。

ロードバイクの抵抗軽減にプーリーも貢献している

シマノ・デュラエースのプーリーは、ボールベアリンングになっているので、105以下のプーリーより理論上は
、回転抵抗が減っています。

ロードバイクは、様々な抵抗との戦いです。

もちろん、抵抗で一番大きいのは空気抵抗ですが、その中でも、乗り手に掛かる抵抗が90%と言われています。

しかし、前傾姿勢にも限度があります。
だからといって、60kgの人が30kgに減量できるわけがないので、人間をどうにかするのは、ある程度の所で限界がきます。

だからこそ、少しでも機材の軽量化を図り、空気抵抗を減らす努力が行われるのです。
コンポの軽量化、ホイールの交換によるスピードアップ、タイヤを細くしてみるなど様々です。

その意味で言えば、プーリーだって、わずかかもしれませんが、貢献はしています。

リアディレイラーを良いものにしようと思っても、デュラエースは2万円以上します。
ちょっと良いタイヤが、4~5本買えてしまいます。

だったら、3,000円でプーリーを換えて、チェーンが滑らかに動くようになるなら、素晴らしいことじゃないのかと思います。

シマノのプーリーは耐久性と変速性能に長けている

シマノのプーリーは、樹脂製です。

他のメーカーではアルミ製のものが多いですが、シマノは昔から樹脂にこだわっています。

ロードバイクのプーリーは常にチェーンと接触し回転しているので、アルミのプーリーでは削れてしまうのです。

耐久性にこだわって、樹脂製にしているのだとすれば、嬉しい配慮と言えますね。

また、シマノは回転軸方向に1mm程度のガタがあります。

ガタというと、ベアリングの調整不足などが浮かび、あまり良い印象がないですが、クリアランスと言い替えることもできます。

これがあることで、滑らかな変速ができるということですし、これはシマノの特許ですので、他のメーカーではマネできない変速性能なのです。

他メーカーのプーリーにはセラミック製などもあるので、回転性能は上がるかもしれませんが、変速性能は少し落ちるのが、この理由だと聞きました。

シマノのプーリーから異音がする場合の対処法

プーリーに限ったことではないですが、ロードバイクには「異音」が付きものです。

ブレーキやクランク周り、ホイールからは異音とは言えませんがラチェット音、色々なところから音がします。

シマノ製のプーリーも、いくつかの報告が上がっています。

インプレを見ていると、ある一定の重いギア(軽いギア)に入れると「カタカタ」という音がするというのが多いですね。

これはワイヤーの調整不足や、ディレイラーの位置決めができていない可能性があります。

ただ、そこまでしなくても応急処置が紹介されており、私も行ったことがあります。

クランクを回しながら、アジャスターのつまみを緩めていくことで、異音が直ったという報告がありました。

もちろん、本格的な調整をしなければいけませんし、次項でお話しますがプーリーの分解くらいは簡単なので、上記のことはあくまでも応急処置レベルです。

また、一概には言えませんが、私が見た異音の報告では、ほとんどが105グレード以下のリアディレイラーでした。

そういったことも関係しているのか、某質問サイトでは大体の回答が「デュラエースに換えれば良い、プーリーは安いんだから」となります。

少々強引ですが、分かる気もします。

ロードバイクのプーリーのメンテナンス

確かに、シールドベアリングを使用しているシマノ・デュラエースのプーリーは耐久性にも優れていますし、変速性能も先述通り、良いものです。

だからといって、デュラエース以外のグレードでも異音がしたから、即交換はどうでしょうか?
一度くらい、分解・清掃してからでも良いんじゃないでしょうか。

そこでここでは、ノーメンテであるデュラエース以外のプーリーの分解・清掃方法をご紹介します。

まず、プーリーを外しますが、3mmのアーレンキーを用意してください。

ギアをフロントインナー、リアトップに入れてテンションを緩めます。

2つのプーリーを外したら、パーツクリーナーで、本体をきれいにします。
分解に工具は要りませんので、ボルトを取り外せば、バラバラになります。

アルテグラグレードは、テンションプーリーのみシールドベアリングなので、それだけは分解しないでください。

金属のカップ・ブッシュベアリング・ボルトそれぞれを、パーツクリーナーで洗浄します。
特に、構造上、ボルトが回転軸の役割を果たしているようなので、忘れずにきれいにしてください。

最後にグリスアップですが、ロードバイクのプーリーではしないという人もいますが、私はしました。
回転体なので、しておくのに越したことはないと思います。

適度にグリスを充填したら、ボルトを戻してワッシャーを被せます。

戻すときには、ガイドプーリーとテンションプーリーを、上下逆にしてしまう間違いが多いので、注意してください。

また、テンションプーリーは回転方向を示す矢印が刻印されているので、向きを間違えないようにしてください。

ガイドプーリーは左右対称ですので、指定する向きはありません。

プーリーにも注目して!

プーリーはリアディレイラーの一部分にすぎませんので、ディレイラーが正常に稼働している分には見向きもされないでしょう。

しかし、チェーンをギアまで運び、テンションも調整してくれる、極めて大切な部分です。

そのため、グレードを上げるのもひとつの手ですし、一度メンテナンスをしてみていただきたいですね。