ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

フロントのブレーキパッド交換の重要性や交換時期は?

2017.11.24

ロードバイクを構成するために、なくてはならないのが、フロントブレーキパッドです。

ブレーキシューとも言われますが、今回は、ブレーキパッドで統一しております。

すぐに交換する必要はないパーツではありますが、ブレーキする時に重要な部品であり、ロードバイクに乗る上で知っておきたいパーツです。

特に、交換時期などは安全を考える上で重要であり、目安の見方などは、自転車屋さんにも聞いておくべきでしょう!

ここでは、そもそもブレーキのかかり方や、ブレーキパッドの重要性など、簡単なことから少し細かなところまでご説明していきます。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ストライダーに性別は関係ない!ピンクを使う男の子もあり!

ストライダーには様々な色が用意されているので、色で迷われる方が結構多いと聞いています。 そ...

高費用?低費用?パーツによってベアリング交換の値段は違う

ベアリングは機械が回転するための機構ことで自転車には豊富に使われています。 ペダル、BB、ホイ...

ロードバイクのタイヤサイズは700cだけ?太さは?

ママチャリなどの一般的な自転車は、タイヤの大きさが自転車そのもののサイズとして扱われていますので、大...

カンパのホイールをあえて手組みするメリットを考えてみた

ロードバイクの走行性能に大きな影響を与えているのが、ホイールです。 ホイールには「手組み」と呼...

MTBのハンドルバーをカスタムする!おすすめの選び方とは?

MTBのハンドルバーですが、完成車で購入した方は最初に付属していたものをそのまま使用しているケー...

mtbでトレイルライドに挑戦!安全に楽しく京都を走ろう!

mtbで林道を走って峠からの景色を楽しむトレイルライドが、最近人気です。 山道を安全に走行する...

ルイガノのミニベロをご紹介!タイヤのカスタマイズも!

ルイガノは単純に言うと、高価な自転車の取り扱いがないメーカーです。 言い換えれば、安価で質...

自転車のパンク修理(チューブ交換)どうやるの!?

自転車通勤中や週末サイクリングの時に、不幸にも自転車がパンクすることがあります。 そんなとき近くに...

ロードバイクのタイヤはパンクしやすいという話は本当か?

ロードバイクのタイヤは、一般的なママチャリなどと比べて細いですよね。 タイヤが細いとパンクの危...

ホイールやハブってなに?自転車における役割は?

自転車のパーツや用語は本当に多いですよね。 似たようなものもあって、理解が難しい場合もあります。 ...

ロードバイクのホイールのカバーは必要?その効果は?

ロードバイクの後輪のホイールに、カバーを付けている人を見かけたことがありませんか? 見た目がか...

170㎝の平均体重は?筋肉質の人は平均より重いって本当?

日本人男性の平均身長は170㎝です。 同じ170㎝という身長にも関わらず、筋肉質の人は体重...

心拍トレーニング!ガーミンの心拍計は腕時計型で電池いらず

心拍トレーニング、という言葉を聞いたことがあるでしょうか。 長距離を走る時にしばしば利用される...

ルノーの自転車の評判はいかに!おすすめの自転車はある?

ルノーと聞くと、自動車メーカーとして思い浮かべる方が多いかもしれませんね。 実は、自転車も...

自転車のブレーキがスムーズに動かない!様々な原因と対処法

自転車を止める唯一の手段はブレーキであり、ブレーキが動かないということになれば、命の危険もありま...

スポンサーリンク

ロードバイクのフロントとリヤブレーキの効きの違い

ロードバイクのブレーキのかけ方を知っていますか?

筆者はロードバイクに乗り始めた時は、大学時代であったため、先輩が適当に教えてくれました。

しかし、一人でロードバイクを始めた方や、個人主義のサークルなどでは、教えてくれないのではないでしょうか?

一般的にタイヤの付いている車両は、リヤブレーキよりも、フロントブレーキの方が、よく効くようになっています。

リヤブレーキは「車速をコントロールするブレーキ」であり、フロントブレーキは「車速を落とすブレーキ」となっています。

フロントブレーキが「車速を落とすブレーキ」であるのは、走っている時はリヤに重荷がかかっていますが、ブレーキをかけると重荷がフロントにかかり、さらにフロントのブレーキがかかるためです。

実際に、筆者は、ロードバイクの速度を落とすとき、リヤブレーキを使い速度を徐々に落としつつ、完全にブレーキをかける時は、フロントブレーキをかけています。

そして、今回はこのブレーキのメンテナンス方法や、ブレーキパッドの交換について書いていきます。
次は、まずこのブレーキパットの役割をご説明していきましょう。

フロントブレーキパッドの役割

一般的に、ロードバイクに使われているブレーキは、「デュアルピボットキャリパーブレーキ」と呼ばれます。

ママチャリに使用されているブレーキよりも、構造が複雑であり、高価なものになります。
高価な分、ブレーキの調整が簡単に、かつ正確にできるため、ロードバイクに幅広く採用されています。

ここで、フロントブレーキパッドの役割をご紹介します。

基本的には、ブレーキシュー(ここではブレーキパッド)がリムをはさみ、ブレーキがかかる仕組みになっています。

さらに、細かく言うと、ブレーキパッドは左右で動き方が違い、片方はリムを押し下げるように動き、もう一方は押し上げるように動いてブレーキを掛けます。

この構造は、1960年代にドイツのAltenburgerが発明しました。

以前はママチャリと同様の「1軸キャリパーブレーキ」を採用していましたが、摩擦係数の変化で芯が狂ってしまう欠点があったため、改良が加わった経緯があります。

現在は、シマノやカンパニューロなどのメーカーも商品化していますが、これはAltenburgerの特許が切れた1990年代からのことです。

さて、このようなブレーキですが、使用していて消耗してしまうのが、ブレーキパッドになります。
消耗してしまうと、ブレーキとしての性能を発揮できず、しっかりと止まることができません。

これは、安全にも寄与してしまうため、日ごろからの交換目安のチェックや、メンテナンスが大変重要になってきます。

フロントブレーキパッドの交換時期

安全のためにも、フロント/リヤに問わず、ブレーキパッドの交換時期は、自分でも分かっておきたいですよね。

車やロードバイクタイヤと同じように、ブレーキパッドにも溝が付いています。

この溝は、交換の目安によって付けられたものなので、この溝がなくなってきたら、交換時期だと思って正解です。

しかし、安全面から見て「半年に一度」、あまり乗らないのであれば「一年に一度」は、交換したほうが良いでしょう。

その他にも、乗っていてブレーキの効きが悪くなったと感じたときなど、不意に不具合を起こす可能性があるため、毎回ロードバイクに乗る前には、ブレーキパッドの確認をしておいたほうが良いでしょう。

また、筆者は、雨の日は乗らないと決めていますが、雨の日に乗る方は、路面は滑りやすくなっていますし、特にブレーキをした時はスリップする恐れが大きくなるため、ブレーキの日々の目視点検は大切になってきます。

ブレーキパッドを交換しよう!

さて、ここではシマノ105以上のカートリッジタイプに関して、交換の仕方を書いていきます。

フロントもリヤも「交換方法」は同じになります。

①まず、ブレーキパッドを取り外しましょう。
必要な道具は「六角レンチ」と「プラスドライバー」になります。

②次に、固定スタンドに固定しましょう。
メンテナンス全般そうですが、ロードバイクはスタンドがないと、お手入れが難しいと思います。

③固定ボルトと固定ねじを外していきます。
カートリッジを固定している固定ボルトと、後ろにある固定ねじを工具を使って外していきます。

ここでは、ワッシャーなどの外した際にでる、小さな部品をなくさないようにして下さい。

③次に、ブレーキパッドをスライドさせて取り外します。
外した際に、ブレーキ周辺をキレイにしておきます。

ブレーキパッドを外していますので、通常メンテナンスでは届かない場所でも、掃除しやすい状態になっているため、ついでにキレイにしておきましょう。

今度は、「取り付け作業」になります。

④外すのとは逆に、スライドさせて取り付けます。

固定ボルトと固定ねじを、まずは仮止めにしておき、リムにちゃんと当たっているかを、実際にブレーキをかけて確認します。

ここで、リムに当たっていることと、リムに平行に、かつ左右均等に当たるように調節していきます。
また、パッドとシューの隙間の目安は1.5m、パッド上端とブレーキ面との隙間は1mm以上を目安にします。

調節が終わったら、本締めを行い、作業は終了になります。

道具さえあれば、自分でできる作業ばかりですので、挑戦してみるのも可能だと思います。

交換する時に気をつけたいことは!?

上記では、交換方法について書きましたが、上記は「カートリッジタイプの交換方法」であることに注意してください。

シマノの場合、105以上は、フロントもリヤもブレーキパッドがカートリッジ式になっているため、取り外すことができ、交換後の調整も楽になります。

105以下のティアグラやソラでは、ブレーキパッドも一体になっているブレーキですので、ブレーキ全体を交換しなければならない上に、交換後の様々な調整も必要になってきます。

筆者としては、コンポーネントは105以上を選択するのをオススメしています。

しかし、金銭的な理由でロードバイクに乗り始めたとき、コンポーネントをソラなどにしてしまった場合でも、ブレーキ部だけでも、105以上のものに変更することもできます。

変更することによって、個人で交換や調整も行えるようになりますし、105のブレーキでも10,000円以下で、Amazonだと7,000円強で買うことができますので、試してみてはいかがでしょうか。

他に注意することは、個人で交換した直後は、慎重にロードバイクに乗るということです。
素人が調節していることになりますので、何が起こるか分かりません。

違和感を感じたら、すぐに自転車屋さんに向かい、調節を行ってもらうことも大事です。

ロードバイク全般において言えることですが、個人でメンテナンスできる箇所が多々ある分、すべて個人で行うと、微妙な調整誤差が重なり、全体として乗り心地が悪いロードバイクになってしまうかもしれません。

定期的に自転車屋さんに行き、調整等のメンテナンスは、行ってもらうのが無難だと筆者は考えています。

ブレーキパッドの種類で性能は変わる?

交換するときに少し気になるのが、ブレーキパッドの種類で、性能が変わるのかどうかだと思います。

結論から言うと、パッドによって性能変わるのではなく、ブレーキのコンポーネントのランクに応じて性能が変わっていきます。

前の見出しでも書いていますが、ブレーキはシマノの場合、クラリス、ソラ、ティアグラ、105、アルテグラ、デュラエースの順に上がっていきます。

もちろん、上に行くほど性能・耐久性が上がっていくことは必然です。
では、「性能では何が変わっているのか」ということになりますよね。

値段の明確の理由は、高価になるについて「軽量」で「剛性が高い」ということが言えます。

軽量であることが良いということは当たり前であり、力のロスを少なくし、力を加えるためには剛性が高いといけません。

フロントブレーキもリヤブレーキもそうですが、ロードバイクが走行している時にブレーキをかけると、ブレーキにかかる負荷はかなり大きくなります。

この際にブレーキが歪んでしまうことになるのですが、剛性が高い場合は、この負荷を軽減しブレーキが歪むのを最小限にしてくれます。

ブレーキが歪むことで、ホイールをしっかりと挟むことができなくなり、ブレーキがかかりにくくなる原因の1つになってしまいます。

上記のことからも、できる限りブレーキは高価なものをオススメします。

すべてのコンポーネントを交換するのは無理かもしれませんが、ブレーキだけでも交換するのはいかがでしょうか?

ブレーキは大切なパーツの1つ!

今回は、ロードバイクのブレーキとブレーキパッド交換についてまとめてみました。

日ごろロードバイクを走行するときに、なくてはならないのはブレーキになります。

安全のためにも、ブレーキの交換時期や、交換方法など、理解しておきたい事柄の1つではないでしょうか。

 - ブレーキ, 自転車のパーツ, 自転車全般