ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

機能的でスピードが出るミニベロが欲しい!khsの評価って?

2017.11.17

ミニベロを選んでいると、khsが候補にあがることも多いと思います。

khsは品質のいい折りたたみミニベロ(フォールディングバイク)を造っていますが、評価は難しいです。

ミニベロの王道、birdyとはさまざまな点で違いますし、独自の路線を突き進んでいる印象を受けるブランドだからです。

そんなkhsの成り立ちや、代表的なミニベロなどをご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

自転車のブレーキシューを交換しよう!100均に売っている?

みなさんは自転車のブレーキシューを知っていますか? ブレーキシューはブレーキの要です。 ...

ブルーノはミニベロが有名!おすすめ車種とその評価は?

ブルーノは、ミニベロに力を入れているメーカーです。 ミニベロの種類も豊富なので、どれを選ぶか迷って...

mtbのブレーキの鳴きが気になる!鳴きの解消法と予防法

mtbに乗られている方にとって、気になるのがブレーキのキーキー音(鳴き)ではないでしょうか。 ...

マウンテンバイクで林道を走るときの準備と注意点!

マウンテンバイクは、山、林道を走るための自転車です。 林道は道路と違い、道が舗装されていません...

ピストバイクのタイヤを選ぶなら!?交換方法をご紹介!

自転車で唯一地面と接するパーツがタイヤですね。 ピストバイクは他の自転車に比べ、タイヤの負担が...

ブルックスの革サドルの特徴は?取り付け方法とメンテ方法

ブルックスといったら、革サドルというイメージが強いですよね。 それほど、ブルックスは革サドルの...

ロードバイクで日本一周の旅!ブログにはどんな内容を書く?

ロードバイクで日本一周に挑戦している方って、意外にもたくさんいます。 日本一周の記録をブログに...

ステムを交換して、ママチャリの走行性能を上げよう!

ママチャリの改造の中で、ステムを交換するといったカスタマイズがあります。 このステムを交換する...

ハンドルにバーエンドバーを取り付け!効果はどうだろう?

スポーツ自転車のハンドルは、大まかに分けて3つの形状があります。 中でも、ストレートな形状...

GIANTの画期的なサドルフィッティング!最適なサドル選択を

スポーツ自転車に乗る上でサドルの選択はとても重要になります。 サドルとの相性が悪ければすぐ...

自転車の出せる速度の平均はどのくらい?種類別に解説!

誰もが手軽に乗っている自転車。 自転車は大きく分けて4種類あります。 自転車といっても、種類...

シマノのシューズの特徴!海外ブランドと比べるサイズ感

ロードバイクの登竜門とも言われるビンディングシューズ。 入手のしやすさでは、なんと言っても日本...

自転車の走行距離を知りたい!1日でより長く走るコツは?

自転車を購入し、「1日の走行距離を知りたい!」なんて方もいるのではないでしょうか。 「いずれは...

自転車ロードレースのトイレ事情!おすすめビブショーツは?

ツールドフランスや、他の自転車ロードレースなどを観ていて、ふと、トイレはどうしているのか疑問に思...

シマノチェーンの寿命を延ばすための簡単なメンテナンス

自転車のパーツの中で、動力の源とも言えるのが「チェーン」です。 人間の力を車輪に伝えるため、常...

スポンサーリンク

ミニベロが気になる!khsってどんなブランド?

khsバイシクルは、1974年に、ケミカルエンジニアだったウエン・シェイ博士によって設立されたブランドです。

カリフォルニアで始まり、「自分たちが乗りたいバイク」をテーマに開発が進み、設立の翌年、販売がスタートしました。

もともと、khsグループはkhsバイシクルに先駆けて、1953年に台湾で企業展開し、日本の会社と合併して、モーターバイクや楽器の生産を行って一定の評価を得ていました。

そのため、khsバイシクルでは、モーターバイク生産の技術を自転車生産の分野に取り入れることで、先進的な技術やデザインの自転車を造ることに成功しています。

khsの創業当時は車種も少なく、小さなブランドでした。

しかし、現在はmtb、ロードバイク、フォールディングバイク、BMX、ミニベロなど、ほとんどのカテゴリーのバイクを手掛けています。

また、世界各国に代理店を持つブランドとして、広く愛されています。
日本とも関りが深く、2001年には日本の市場をリサーチした商品を開発し、「KHS JAPAN」を設立しました。

khsはミニベロだけじゃない!世界で評価が高い

引き続き、khsバイシクル(以下khs)について詳しくご紹介します。

khsは、レースサポートを積極的に行ってきた、信頼できるブランドです。

シンディ・ホワイトヘッド、ウエイニイ・クロスデ-ル、ジミー・ディートン、シェリー・エリオット、デイブ・カリナン、カトリナ・ミラー、ジョン・ハワードといった、有名プロ選手をサポートしてきました。

世界チャンピオンも経験した、実力のある選手も、khsを愛用していたこともあり、海外では評価の高いブランドです。

さらに、2012年にはオリンピックのBMXで、金メダルに輝いた選手がkhsのバイクに乗っていました。

khsがしっかりしたメーカーだということが、分かっていただけたでしょうか。

また、品質が高いのに値段が安い、コスパが高い自転車を多く販売している、というのもkhsの魅力です。
このように、khsは自信を持っておすすめできるブランドなのです。

次では、khsのミニベロの特徴についてご紹介していきましょう。

khsは個性派?ミニベロの特徴

khsの、世界での活躍ぶりや評価を知ると、少し意外に思われる方もいるかもしれません。

khsは日本では、あまり宣伝に力をいれていません。

ミニベロやフォールディングバイクを選ぶ時には候補にあがるかもしれませんが、ロードバイクなども造っているということ自体、知らない人もいることでしょう。

ミニベロも含めkhsの自転車は、造りは丁寧ですが、デザインが個性的で、我が道を行くブランドというイメージも大きいです。

日本で売られているモデルはまだ可愛いほうで、海外では、もっと独特な自転車が展開されています。

例えば、khsのミニベロでいうなら、やはりソフトテール、そしてブルホーンバー、さらにはシャープなフレームデザインなどが目を引きます。

シートポストもハンドルポストも細いフレームデザインは、スポーツ自転車に馴染みのない人ほど、一見、頼りなさそうに感じてしまうかもしれませんね。

しかし、分かる人には分かる無駄のないデザインです。

khsのミニベロ・F20RCのスペックと評価

khsについて詳しくなったところで、代表的なkhsのミニベロ(フォールディングバイク)、khsF20RCをご紹介します。

☆khsF20RC

参考価格¥170,000(税抜)
重量:11.1kg

カラー展開:ブラッククローム、キャンディーレッド

フレーム:Reynolds500クロモリ,ソフトテール、コラムセット台座
フォーク:カーボン+アルミステアラー
ディレイラー:シマノ Tiagra (F) FD-4700 (R) RD-4700SS
シフター:Microshift BS-A10B バーエンドコントロール
クランク:シマノ Tiagra FC-4700, 52/36T 170mm
ブレーキ:シマノ Tiagra BR-4700

一見するとアルミに見えるギラギラしたフレームですが、クロモリフレームを採用しています。

しかも、レイノルズ500が使われており、シフターもデュラエースで、性能に妥協していない点が高評価です。

実際に乗ってみると、漕ぎだしが軽く剛性の高いミニベロと感じました。
ペダリングのロスを感じることなく、スムーズな走行はまるでアルミのロードバイクのような乗り味です。

路面の振動は拾いますが、ある程度は、小径車なので仕方がないでしょう。

khsのミニベロ・F20Rのスペックと評価

次に、khs F20RCより一つグレードが落ちるkhsF20Rをご紹介します。
khsF20Rも、khsのなかで評価が高く、khsF20RCとの乗り心地の差は少ないのでコスパがいいミニベロです。

☆khsF20R

参考価格¥140,000(税抜)
重量:11.3kg

カラー展開:クロームシルバー、フラットプルシャンブルー

フレーム:Reynolds500クロモリ,ソフトテール、コラムセット台座
フォーク:アルミ451対応
ディレイラー:シマノ Sora(F)FD-3500(R)RD-3500SS
シフター:シマノ Dura-Ace BS-77 バーエンドコントロール
クランク:シマノ FC-R350,52/39T 170mm
ブレーキ:シマノ BR-3000

こちらも、クロモリのフロントフォークを採用しています。

もちろん、シマノのSoraが悪いわけではありませんが、コンポのグレードにあまりこだわらないという方におすすめです。

乗ってみると、やはり振動は感じます。

漕ぎ出しが軽く、スピードが出るからといって、長距離を走ると想像以上に疲れを感じると思いますので、体力や脚力に自信がない場合は、khs F20RCの方がおすすめです。

khsのミニベロのメリット・デメリット

khsのミニベロのスペックや評価についてご紹介してきました。

最後に、あらためて、khsのミニベロのメリットについてご説明します。

・クロモリフレームなので、ミニベロの中では振動吸収性に優れている
・ブルホーンバーでスポーティな雰囲気
・折りたたみ時のコンパクトさがアップしている
・通勤や街乗りにちょうどいい
・軽いため、登り坂が楽に登れる

逆に、デメリットですが、前述した通り振動を強く感じてしまいます。

これがどうしても気になるという方は、思い切ってステムをShockStop(ショックストップ)に交換するのもいいかもしれません。

ショックストップは、ステムを上下に可動できるようにすることで、ハンドルに伝わる振動を吸収するアイテムです。

メンテナンスフリーで効果も高いですが、値段は高く、2万円程してしまいます。

これが、もったいないと感じてしまう方は、バーテープやグローブを厚手のタイプに交換するだけでも違いますので、お試しください。

ちなみに、khsのミニベロはネットオークションなどで半額程で買える場合があります。
予算が無い方は、ぜひ探してみてください。

khsのミニベロは個性的だけど性能はいい

khsはミニベロ、フォールディングで知られていますが、ほとんどのカテゴリーの自転車を造っている、世界に通用するブランドです。

ミニベロを含め、khsのスポーツ自転車は個性的ですが、好きになるとkhsの魅力を熱く語りたくなるかもしれません。

他人がどう思おうと自分の乗りたい自転車に乗る、そんな方にピッタリですよ。

 - まだまだ知りたい自転車のあれこれ, ミニベロ, 自転車全般