ツールド沖縄の魅力とは?2016年のレースを振り返ってみた!

皆さんは、沖縄県で毎年開催される「ツールド沖縄」を知っていますか?

沖縄では、沖縄の地形を生かした様々なレースが開催されており、ロードレーサーから注目を集めています。

今回は、私も参加した「ツールド沖縄2016」のレースを振り返りながら、その魅力をお伝えします。

どんな大会なのかを知り、出場レースを決める参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

カンパニョーロのホイール、ゾンダに交換、インプレ!!

ロードバイク初心者は、ホイールを買い替えるときに、カンパニョーロのゾンダを選ぶことが、とても多いです...

トレックのロードバイク「1.5」は販売終了!その代わりは?

トレックにかつて「1.5」という機種名のロードバイクがありました。何ともシンプルな名前ですが...

軽量&エアロ!メリダの「スクルトゥーラ8000-E」紹介

メリダの「スクルトゥーラ8000-E」は、空力性能と軽量性を両立させたオールラウンドロードバイク...

ママチャリについているチェーンカバーの役割とは!?

ママチャリのチェーン、メンテナンスしていますか?ママチャリにいたっては、こまめにメンテナンス...

ロードバイクのホイールでよく聞くアルミクリンチャーとは?

ロードバイクのホイールは、リムの素材によって重量や価格が大きく変わってきます。また、対となっ...

mtbでウィリーを習得しよう!練習法とコツは!?

ウィリーとは、自転車などの二輪車で、前輪を浮かせた状態で走行する技になります。ウィリーができ...

10万円台で購入できる!ピナレロ「プリマ」のインプレ評価

ピナレロには高級なイメージが定着しており、インプレ情報などを見ると、ハードルの高さを感じている方...

ビアンキからカーボンフォークの取り付けに関する注意あり!

2016年12月にイタリアのビアンキが、カーボンフォークのステムへの取り付けに関して、重要なお知...

次のロードバイクはカーボンフレームだ!そのお手入れは?

ロードバイクに乗っている人なら、誰もが憧れるカーボンフレーム。お値段が手頃とは言い難いのです...

自転車にも速度制限はあるの!?自転車の曖昧な交通法

自動車やバイクには、法定速度が存在しますよね。自動車やバイクなどの、自動二輪は最高速度が60...

自転車の虫ゴムの交換時期っていつ?虫ゴムの役割とは

一般的なママチャリなどの自転車タイヤに使われている部品の虫ゴムですが、実はこの虫ゴム、消耗品ってこと...

ママチャリが生まれ変わる!自家塗装とカゴ交換にチャレンジ

見た目は汚れていても、まだまだ乗れるママチャリ、捨ててしまってはもったいないです。少し手間は...

初心者必見!ロードバイクのシフトアップのタイミングは!?

ロードバイクのシフトアップや、シフトチェンジのやり方やタイミングって教わったことありますか??...

スペシャライズドのターマック!インプレからその特徴を探る

「TARMAC(ターマック)」はスペシャライズドのレース仕様のロードバイクの中では、レースの質を問わ...

ロードバイクのサドルにスペシャライズドをすすめる理由

ロードバイクに乗っている方の中で、サドルでお悩みの方は多いかと思います。そんな方にはぜひ...

スポンサーリンク

ツールド沖縄はどんな大会?

ツールド沖縄2016のレースを振り返る前に、ツールド沖縄がどんな大会なのか、お伝えします。

ツールド沖縄(ツール・ド・おきなわ)は、毎年11月の第2土曜・日曜に、沖縄県名護市を中心とした北部地域で開催されるロードレース大会です。

観光地である沖縄の特性を生かして、1989年に初めて開催されました。
それ以来、毎年、純粋なレースと様々なイベントが開催されています。

また、都市部から大自然まで幅広いコースを満喫しながら走れるので、台湾やインドネシアなど海外からの参加者も多いです。

レースイベントは、「やんばる」と呼ばれる地域を中心に、国際ロードレースから市民レース、サイクリングや一輪車大会まで幅広く行われています。

レースイベントの中でも最上級クラスの「チャンピオンレース」は、UCIアジアツアーにも組みこまれており、アジアツアーでのレースグレードは1.2(2級カテゴリーのワンデーレース)となっています。

国際ロードレース部門では、チャンピオンレースの他に、女子国際レース100kmとジュニア国際レース140kmがあります。

市民レース部門では、各種ロードレース(10km~210km)が開催されていますが、210kmクラスは、全国から強豪市民レーサーが集まって行われる厳しいレースとして有名です。

サイクリング部門では、沖縄本島一周サイクリング323km、やんばるセンチュリーライド176kmなどが開催されています。

ツールド沖縄が開催される「やんばる」はどんな地域?

先ほどのご説明で、ツールド沖縄がどんなロードレース大会なのかは、ご理解いただけたと思います。

ここでは、そのツールド沖縄が開催される「やんばる」がどんな地域なのかをご紹介しましょう。

「やんばる」とは、「山原」と書き、沖縄本島北部の「山や森林など自然が多く残っている地域」のことを言い表す言葉です。

また、沖縄本島において、名護市より北の地域をさすこともあり、明確な区分はありませんが、恩納村と金武町より北の地域がおおよその範囲と言われています。

ですので、「やんばる地域」の中心都市は、名護市になります。 

その名護市は、古くから山紫水明の地(自然の風景が美しい場所)と言われており、現在でも豊かな自然環境が残っています。

名護湾、羽地内海、太平洋の紺碧の海に面し、緑深い山々に抱かれた観光名所でもある名護市は、沖縄県民の心の古里として親しまれています。

そして、恵まれた自然を生かして、観光、農業、漁業などの充実を図り、市民参加型の人的交流や情報の発信を積極的に行う、魅力あふれるまちづくりを進めています。

こうした豊かな自然を感じながら自転車レースができるというのは、とても貴重なことですね。

ではいよいよ、ツールド沖縄2016のレースについて振り返っていきます。

ツールド沖縄2016のレースレポート!市民レース140km①

ではここから、ツールド沖縄2016で大会2日目(日曜日)に行われた「市民レース140km」のレポートをお届けします。

市民レース140kmのコースは、市民210kmと同様、山岳横断が2回設定されています。

体力や経験、駆け引きなども含めた実力が試されるハードなコースですが、本格的なレースができるため人気があります。

スタート・国頭村(くにがみそん)
 ↓
普久川1回目
 ↓
奥の登り前
 ↓
普久川2回目
 ↓
羽地ダム前まで
 ↓
ゴール(名護市)

スタート直後にトンネルがあり、5km程で与那(よな)から普久川(ふんがわ)ダムに向かう登りが始まります。

普久川ダムは頂上まで6.6kmあり、斜度は5.0%です。
中盤で一回斜度が落ち着きますが、そこ以外は基本的に7%ほどあり、きついところは9〜10%もの登りです。

そして、そこから少しアップダウンを抜けると山岳ポイントがあり、中腹まで下って、また少し登ったところに補給所があります。

登りが終わってからも休み所があまり無いので、難しいコースだと感じました。

普久川1回目〜奥の登り前(約18km)の区間は、ずっとアップダウンを繰り返し、下り基調で海岸線を進んで行きます。

アウターローで行くか、インナーに落とすかを悩む登りもいくつか出てきました。

そして、奥関門を通過し、奥の登り(4.3km、斜度4.3%と普久川ほどキツくない)を走っていきます。

ツールド沖縄2016のレースレポート!市民レース140km②

引き続き、ツールド沖縄2016「市民レース140km」のレポートをお届けします。

普久川2回目〜羽地ダム前までは、アップダウンが激しく、1~2kmを登っては下るというのが延々と繰り返されます。

たまに平坦な道も現れますが、海からの向かい風が強く、楽はできません。

そして、最後の勝負所、羽地ダムに突入しました。
羽地ダムの登りは2kmで、斜度が7.0%あります。

ですが、路面に応援のペイントがあったのでテンションが上がりました。
この辺りになると、集団も崩壊していたので、自分のペースで登ります。

橋を越えると下り始め、ここも自分のペースで走ることができ、川上の関門を通過しました。

そして、イオン坂を越え、残り1kmの看板を過ぎて、落車することもなく、無事に名護市へゴールすることが出来ました。

市民レース140kmを走るポイントですが、レース中は固形物を食べる余裕がないと思われる方は、いかにスタート前に計画的にエネルギーを貯めておけるかが大事になってくるでしょう。

ですが、完全に公道を封鎖し、周回コースでないラインレースをするのはすごく楽しいので、おすすめです。

特に、慶佐次や大浦湾沿いの正面に海を見ながら下っていく所や、川上まで下って名護市街を走る残り5kmは印象的でした。

ツールド沖縄2016「やんばるセンチュリーライド176km」レポート!

先ほど、市民レース140kmのレポートをお届けしましたが、ツールド沖縄はサイクリング部門も熱いです。

ここでは、ツールド沖縄2016「やんばるセンチュリーライド176km」のレポートをお届けします。

このイベントでは、名護市を起点に、やんばる(沖縄県北部)の自然あふれる海岸線を回ります。
サイクリングではありますが、コース後半の東海岸ではアップダウンが続き、走りがいがあります。

また、大会初日(土曜日)の開催なので、日曜日に別の種目に参加できるのも魅力です。

名護市民会館前をスタートして序盤に登場するのが、今帰仁村(なきじんむら)から名護市へ繋がる「ワルミ大橋」です。

この橋は沖縄でも有数の絶景ポイントとなっていて、坂を登り切ってから少し下って橋に入ると、一気に視界が広がります。

筆者を含めた多くの参加者が、美しい景色に感激し、足を止めてバイクを降り、写真撮影を楽しんでいました。

また、エイドステーションでは、バナナ、黒糖やシークヮーサーが入ったサーターアンダギー、シークヮーサージュースなどが振る舞われ、美味しく頂きました。

そして、沖縄本島西側の海沿いを走って北端に近づくと、コースはアップダウンの増える山間部へと入ります。それまで約80kmの距離を走りましたが、ここからが本番とばかりに懸命にペダルを漕ぎました。

峠を一つ越えて、国頭村での昼食をはさみ、再び起伏の激しいコースを走ります。

さらに険しいコースを経て、ゴール(名護市のメイン会場)へ無事にたどり着くことができました。

ツールド沖縄2017に参加したい!申し込み方法は?

ここまでツールド沖縄2016のレースレポートを読まれた方の中には、今年のツールド沖縄に参加したいと感じた方もいることでしょう。

最後に、ツールド沖縄2017への申し込み方法をお伝えします。

公式ホームページを見ると、受付期間は、2017年の8月1日(火)~9月30日(土)の17時までとなっています。

ですが、定員に達した時点で締め切られるので、間に合わないこともあるかもしれませんのでお気を付けください。

また、インターネットから申し込む場合、「スポーツエントリー」という受付代行サイトでの受付になります。
スポーツエントリーの会員登録画面へは、公式ホームページからアクセスできます。

●受付代行サイトを利用する際は、会員登録(無料)が必要です。
 ログインに必要なIDやパスワードも事前に確認し、用意してください。

●インターネット利用での参加申込には、手数料が必要となります。
 また、振込手数料等は参加者負担となります。

●支払い方法は、コンビニでの支払い、またはクレジットカード決済となっています。
 なお、エントリー完了後には申し込み完了画面及びメールが配信されるので、内容を確認しましょう。

●また、70歳以上の参加者は、健康診断書または、ご自身の健康を自己申告する健康調査書(公式サイトからダウンロード)を、事務局に提出する必用があります。

●申込時の年齢が18歳未満の参加者は、保護者の同意が必要です。

参加費なども必ず公式サイトで確認し、自分に合いそうなレースを選んで参加してみてください。

ツールド沖縄は、走りがいのあるレース!

今回は、ツールド沖縄の魅力について、私が参加した2016年のレースを振り返りながらお伝えしました。

開催されるレースの数が多いだけでなく、コースの形状も多岐に渡ります。

これほどバラエティーに富んだロードレースは、なかなかありません。

興味を持たれた方は、ぜひ、ツールド沖縄に参加して、走りと景色を楽しんでみてはいかがでしょうか。