ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

プジョーの自転車が復活!人気のコリブリを手に入れるには?

2017.10.21

皆さんは、プジョーというメーカーをご存知ですか?

プジョーの自転車は、2004年にライセンスなどの問題で日本から撤退しましたが、2012年に復活しました。

また、以前作られていた「コリブリ」という自転車は、今でも人気があります。

今回は、プジョーの歴史から、人気を博したコリブリの入手方法までをご紹介します。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

ブレーキのディスクは交換時期がある?どの位で交換すべき?

最近では、マウンテンバイクだけでなくロードバイクやクロスバイクにも、ブレーキにディスクを用いたシステ...

サイクルウェアとインナーパンツは必要?それとも不要?

最近では、サイクルウェアを着てカッコよくロードバイクに乗っている人も増えてきています。 しかし...

クロモリのMTBはいかが?アンカーXNC7のインプレ評価を確認

今回ご紹介するアンカーの「XNC7」は、クロモリをフレーム素材に使用したMTBです。 スポーツ...

自転車の後輪ブレーキが原因の音鳴りの改善方法とは!?

アスファルトにすれるタイヤの音はなめらかで、通り過ぎてく風の音は耳に心地よく、順調よく漕ぎだした...

ピストのカスタムはハンドル幅が大事?快適性がアップする?

一時期ほどではありませんが、カスタムの素材として人気なのがピストバイクです。 構造がシンプルで、パ...

ビアンキ・オルトレがオールラウンダーに!インプレ評価は?

創業100年を超えるイタリアのビアンキは、日本ではクロスバイクやミニベロなどの街乗り車のイメージ...

フロントフォークの交換を行う~mtbは自力でできるのか?

フロントフォークは前輪とハンドルを繋ぐ部分で、自転車の舵取りに欠かせない部分です。 特に、...

デローザの原点。鉄フレームのネオプリマートを徹底インプレ

イタリアの名門「デローザ」伝統のクロモリフレームバイク、それが「ネオプリマート」です。 美しい...

自転車の変速機は必要!?正しい変速機の使い方とは

自転車には、変速機付きとそうでないものがあります。 実際、変速機が付いていると、どんなメリット...

アンカーに注目!人気ロードバイクメーカーと比べたサイズ感

アンカーは日本のロードバイクメーカーです。 日本のメーカーであるため、そのロードバイクのジ...

スペシャライズドのクロスバイクに女性専用アリ!何が違う?

クロスバイクは、服装や靴に気を使う必要はないですし、前傾姿勢が深くないので気軽に乗れるスポーツバイク...

スペシャライズドのアレーはハイグレードアルミ「E5」を採用

「Allez(アレー)」は、販売開始から40年以上が経過している、スペシャライズドの中で最も歴史の古...

スペシャライズドのウェアで冬のライドを温かく快適に!

風を切って走ることになる自転車は冬になると、ツーリングなどのロングライドはためらってしまうこともある...

シマノ105・R7000の価格を踏まえてカスタムの仕方を考える

シマノのロードバイク用コンポのミドルグレード「105」が2018年にモデルチェンジされ、型番もR...

放置自転車が邪魔でどうにかしたい!対処法は!?

マンションの駐輪場や駅の駐輪場などで、放置自転車を見かけることがあります。 中には、私有地に放...

スポンサーリンク

プジョーってどんなメーカー?自転車も人気

人気の自転車、コリブリのメーカーであるプジョーは、フランスにあるメーカーです。

フランスと言えば、スポーツ自転車の本場です。
ロードレースの最高峰、ツール・ド・フランスが行われる国として日本でも認知度が上がっています。

プジョーは車のメーカーですが、1882年に大きな前輪と小さな後輪が特徴的な、Grand Bi(グランド・バイ)という自転車を発売し、自転車の開発を重ねてきました。

自転車レースに自社製品を送り込むほどの一流のメーカーで、かつてはプチ・ブルトン、エディ・メルクス、ベルナール・テブネなどがツール・ド・フランス表彰台の頂点を獲ったこともありました。

そのプジョーは、2004年で一度日本から撤退となりましたが、2012年から復活しています。

そのラインナップは幅広く、ブランクがあったのが残念だと感じる仕上がりです。

おしゃれでカジュアルなクロスバイクや、mtb、ツーリング用バイク、シティバイクなどが揃っています。

子供用自転車もかなり可愛いですが、その中にコリブリがないのが残念です。

ですが、どれも秀逸なデザインで個性に溢れ、コンビニに行くにも襟や髪を正したくなる雰囲気があり、アメリカンバイクとは違う、ヨーロッパの美的感覚が伝わってきます。

プジョーの自転車をご紹介①ロードバイク・クロスバイク

プジョーの自転車では、コリブリが人気を博しましたが、他の自転車も高性能です。

まずは、プジョーのロードバイクとクロスバイクからご紹介しましょう。

■ロードバイク「cr61」

これは、ステンレスのラグ(チューブ同士をつなぐ継ぎ手)にクロモリチューブを採用しています。
また、革サドルや泥よけを備えており、変速機は昔ながらのダブルレバーです。

そして、700×28Cの太めのタイヤを履かせているので、走りやすいモデルでもあります。
そのため、昔の「ロードレーサー」に憧れた人の琴線に、間違いなく触れるでしょう。

価格は、24万円ほどです。

■クロスバイク「Paris a Velo 700C」

クロスバイクは、シンプルで価格も6万円台に抑えられています。

中でも「Paris a Velo 700C」は、スタイリッシュで操作がしやすく人気です。
スチールの細いフレームに26Cのベージュタイヤを履いたモデルは洗練されています。

また、変速はフロントシングル、リア7段で、プジョーらしい美しさが目を引きます。
高級感もあるので、デザインにこだわりを持つ人でも納得する一台が見つかることでしょう。

プジョーの自転車をご紹介②ツーリング用・子供用の自転車

ここでも引き続き、コリブリ以外のプジョーの自転車(ツーリング用自転車と子供用の自転車)をご紹介します。

■ツーリング用自転車(mtb)「PISTA(CF01)」

この「PISTA(CF01)」は、ステンレスラグを配したクロモリフレームのクラシックな雰囲気が漂うmtb(シングルスピードバイク)です。

素晴らしい仕上がりのフレームを採用していて、他ブランドにはない価値があります。

また、無駄な部分をそぎ落としているので、自転車が持つ本来の美しさが表現され、昔を思い出させる素敵な仕上がりになっています。

■子供用自転車「14” KIDS(LJ11)」

海外ブランドとしては珍しい14インチでの展開なので、身長が90-110cm位の子供にちょうど良いサイズの自転車です。

とても可愛いルックスと爽やかなカラーが特徴的で、もちろん、カゴや鍵を取り付けることも可能です。

ちなみにカラーは、ピンク、ブルー、ホワイトがあります。

プジョーは、このようなおしゃれで実用的な自転車を作れるメーカーなのです。

プジョーのコリブリはどんな自転車?

では、いよいよ、プジョーのコリブリについてお話ししていきます。

コリブリは、「ミニベロ」という種類の自転車です。

ミニベロという自転車は、漕ぎ出す力と止まる力が小さいので、街乗りに最適です。
車輪が8~14インチで車体が小さく、折りたためるタイプが多いので、日本の住宅事情にもマッチしています。

しかし、プジョーは現在、mtb、クロスバイク、ツーリング用自転車、子供用自転車などは製造・販売していますが、ミニベロであるコリブリは製造・販売していません。

それでも、乗りやすくておしゃれなので、現在もミニベロファンの間では根強い人気があります。

そんなコリブリのスペックですが、しっかりとした太いボディーで作られ、強度があります。
そして、フレームの「PEUGEOT」や、ライオンのロゴも目を引きます。

がっしりしているのでボディーは折りたためませんが、ハンドルはレバーを引くと折りたためます。

また、前輪の上にカゴを設置することが出来るので、普段使いに便利です。

そして、変速ギアが7段まであるので、スポーティなスピードを楽しめるのも魅力です。
タイヤは小さいですが、ギアを切り替えれば普通の自転車と変わらない速度も出せますよ。

プジョーのコリブリは「ミニベロ」!その魅力とは?

先ほど、プジョーのコリブリはミニベロという種類の自転車で、街乗りに向いているとお伝えしました。
ここでは、日本でミニべロが人気の理由を深く見ていきましょう。

1.デザインが豊富でおしゃれ

ミニベロは、ロードバイクとまた違って、様々なタイプとデザインがあり、用途に合わせて選べます。

・シティーサイクルタイプ
・ロードバイクタイプ
・折りたたみタイプ
・リカンベントタイプ(背もたれに寄りかかって漕ぐ)

沢山の中からお気に入りの1台を見つける過程も楽しめますし、個性的でカラフルなものが多いので、ファッション感覚で選ぶ人もいます。

小さなタイヤは可愛らしく、部屋の中に置いてもインテリアとして様になります。

2.カスタムしやすい

ミニベロは、カスタムパーツの種類が豊富なので、部品を交換するだけで簡単にカスタムが可能です。
ハンドルやフレーム、サドルなど、比較的簡単に交換出来るパーツは、カスタムをする人が多いようです。

アクセサリーも豊富なので、可愛くしたりレトロにしたりと楽しみ方も様々です。

また、ロードバイクのパーツが使えることもあるので、スピード重視のカスタムも可能です。
自分だけのミニベロを作れるのは魅力的ですね。

3.初心者でも簡単に乗りこなせる

安定した走りなので、快適にサイクリングを楽しめます。

プジョーのコリブリを手に入れるには?

ここまで、魅力あふれるプジョーの自転車をご紹介してきました。

では、コリブリを手に入れるには、どうすればいいのでしょうか。

先ほどもお伝えした通り、現在はコリブリの製造・販売はされていません。
ですので、コリブリが欲しい場合には、ネットオークションなどで中古のものを買うことになるでしょう。

実際、ネットオークションにコリブリが出品されていて、状態が良いものはかなりの値段で取り引きされています。

中古でも、大事に乗っていた方のコリブリを入手できたなら、乗り味を楽しみつつ、大事に乗ってあげて下さい。

ですが、オークションは、顔の見えない相手とのやり取りになるので、詐欺などのリスクもあるということを理解しておく必要があります。

取り引きをする前に、信頼できる相手かしっかり判断しましょう。

また、スポーツ界でも優秀なプジョーのコリブリは、他メーカーのミニベロにも影響を与えています。

ですので、コリブリの性能が気に入っているという方は、スペックが近い他のメーカーのミニベロを探してみるのも良いでしょう。

いずれにせよ、これほどの人気があるコリブリを、プジョーが復活させてくれることを願ってやみません。

プジョーのコリブリは、復活が望まれるほど現在も人気!

今回は、プジョーのコリブリやその他の自転車について、ご紹介しました。

この記事を読んで、コリブリに乗りたくなったという方もいるでしょう。

現在は廃盤となっているコリブリですが、オークションなどを利用すれば手に入れられるかもしれません。

コリブリを通して、プジョーの性能の良さやミニベロの楽しさを味わってみて下さい。

 - メーカー, 自転車全般