自転車の疑問。ロードバイクに体重制限があるって本当なの?

自転車運動はダイエットに有効な有酸素運動なので、近年ダイエットの目的でロードバイクなどに乗り始める人も増えているようです。

しかし、少し気になるのは、ロードバイクには体重制限があり、取説にもちゃんと記載されていると聞いたことがあります。

そこで今回は、果たして本当にロードバイクに体重制限が存在するのか検証してみたいと思います。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ロードバイクのフレームに歪み?原因や修理について解説!

ロードバイクに乗っていて違和感があれば、フレームに歪みが生じている可能性があります。ロードバ...

人気自転車メーカービアンキのプロジェクト3の今は!?

ビアンキは、イタリアンバイクの老舗メーカーです。以前は高級ロードバイクのイメージが強かったの...

あったら便利!?ロードバイクに補助ブレーキは必要なのか

ロードバイクといったら、ハンドルの先端が下に大きく曲がったドロップハンドルが特徴的なスポーツ自転車で...

シマノ・アルテグラをセカンドグレードとしてどう評価する?

シマノは自転車パーツにグレードがあり、特にコンポに関してはそれぞれに特定の名前が付いており明確化...

クリート位置が悪い?膝痛の原因と対処策・予防策を知ろう!

本格的にロードバイクに乗っている方にありがちなトラブルが、膝痛です。「膝に直結していそう...

ロードバイクを扱うジャイアントの評価は分かれる?

台湾が誇る大手自転車メーカーのジャイアントは、クロスバイクを始めとするスポーツ自転車が低価格帯で、且...

メリダの「スクルトゥーラ700」は価格に見合う価値がある?

ロードバイクを選ぶ際にまず気になるのは、価格ではないでしょうか?100円、200円の買い...

ロードバイクのスポーク調整をしよう!!やり方と注意点

ロードバイクに乗っている皆さん、きちんとホイールバランスを取っていますか??ホイールバランス...

スペシャライズドのターマック・エリートは時代遅れなのか?

スペシャライズドのロードバイクで、まずレースを目指したい人が最初に視野に入れるモデルが「ターマック」...

デローザの原点。鉄フレームのネオプリマートを徹底インプレ

イタリアの名門「デローザ」伝統のクロモリフレームバイク、それが「ネオプリマート」です。美しい...

シマノのコスパNo1アルテグラのグループセットを導入する

シマノのリア11速用のグループセットが2018年の105をもって全てアップグレードされ、型番にR...

ロードバイクのタイヤの取り外しと取り付けを自分で!

ロードバイクはメンテナンスありきとよく言われますが、まず自分で行えるようにしたいのは、タイヤのパンク...

パナソニックの自転車は丈夫で壊れにくい!オススメする理由

自転車の通勤やお子様の送迎など様々な用途で使われる自転車。せっかく買うなら丈夫で壊れにくく、...

スペシャライズドのアレーとシマノ「クラリス」との関係は?

今や世界のロードレースシーンを先頭でけん引していると言っても過言ではないのが、「スペシャライズド」で...

大学に入ったら自転車競技部へ!友達作りや就職にも有利?

近年の自転車ブームの影響で、自転車に興味を持つ方が急増しています。また、移動手段ではなく、本...

スポンサーリンク

ロードバイクは体重何kgまで耐えられる?

近年のスポーツ自転車ブームの要因のひとつに、ダイエット効果が関係していることは、ほぼ間違いないと思います。

自転車運動は全身を使う有酸素運動であり、歩くことや走ることに比べて膝に掛かる負担が少ないので、無理をしなくても、ある程度の負荷が掛けられる手段です。

しかし、ダイエットは一概には言えませんが、体重が重いから行うのが一般的です。

体重が重い人が、特にフレームが細いチューブでできていたり、タイヤが細いロードバイクに乗っていて、大丈夫なのかという疑問は出てきます。

しかし単純に考えてみると、ママチャリの話ですが、大人が2人乗りをしていたとする(違反ですので止めましょう)と、100kgを超える荷重が掛かっていると想定できます。

しかし、2人乗りをしたから自転車が壊れたという話は、聞いたことがありません。

ママチャリのフレームやタイヤがロードバイクより多少太くできているからといって、耐久性が大幅に変わるわけではありませんので、100kgくらいなら問題ないようにも思います。

力士が2人乗りするなど常識を超えれば、その限りではないでしょうが、仮に体重制限が300kgだったとしたらとこんな議題が話題に挙がるはずもないので、考えてみなけばいけません。

ロードバイクの体重制限はメーカーによってまちまち

この記事を書くにあたり、色々と調べてみましたが、体重制限を明記しているメーカーはいくつか存在します。

まず、アメリカの超メジャー自転車メーカー・トレックのロードバイクは車体・装備・運転者の体重を合わせた重量制限として125kgとしています。

また、同じくアメリカのキャノンデールはカーボンフレームは126kg、その他のロードに至っては261kgを重量制限としています。

他にも台湾のジャイアントで129kg、スペシャライズドで125kgとなっています。

そのため、車体と装備の重量を引きますとキャノンデールの261kgは別として、おおむね110kg~120kgが制限体重と考えられます。

また、体重が重い人はロードよりもMTBが良いと言われたりしますが、それも各メーカーの制限を見るとロード+10kg前後なので、さほど変わらない思って良いでしょう。

ただ、体重制限を明記していないメーカーの方が多いくらいですし、そのようなメーカーは元々規定すらないのかもしれません。

上記のメーカーでも、耐荷重テストなどを行っているかどうかは不明なので、何とも言えませんね。

JIS規格から考える体重制限

そして調べている内に、もうひとつ興味深い資料を見付けました。

それはJIS規格で有名なJIS(日本工業規格)が出している自転車に対する規格の中に「自転車-分類,用語及び諸元」というものがあります。

その中に、JISが規定している制限重量がありました。

それによると、スポーツ自転車は車重が8~18kgのものが該当し、乗員体重65kg、装備品上限が10kgという規定になっています。

日本人の男性の平均体重は66kgということなので、そこに合わせているのかとも思いますが、自転車メーカーとの相違が、あまりにも大きすぎますね。

いくらなんでも体重制限が65kgでは、単純に日本人の半数の男性はロードバイクに乗れないことになりますので、乗員体重の想定が低すぎる気はしますが。

そのため、自転車メーカーとJIS規格を尊重するのであれば、少し乱暴な見解かもしれませんが、乗員体重は65kg前後が最適だが100kgまでは許容範囲。

それを10kg~20kgと超える体重の人は、注意が必要になってくるということでしょうか。

体重制限に敏感になる必要があるロードバイク

ロードバイクは各メーカー共に代表的なフラッグシップモデルが存在し、レースで使用できるような設定になっています。

それこそレース1回で乗り潰れても良いような仕様になっているものもあり、厳しい体重制限を設けて造られています。

そういった高額モデルを選ぶのであれば、メーカーないし販売店に確認は必須だと思います。

また、対照的にホームセンターなどで売られている2~3万円のロードバイクは、同じロードバイクとして扱ってもらいたくないので、皮肉を込めて見た目がロード風という意味のルック車と呼ばれたりします。

当然ながら、使用されているパーツは安価なので品質が悪く、耐久性の低いパーツを使用していますので、パンクや故障のリスクは高いです。

そのため、どうしてもホイールやタイヤに強めの負荷をかけることになる、体重の重い人には、余計にルック車はおすすめできません。

体重がある人におすすめのロードバイク

では、体重制限は別として、体重の重い人がどんなロードバイクを選ぶのが良いのか考えてみましょう。

まずフレームですが、体重の重い人が気にすべきは剛性です。

どうしてもフレームに強い負荷が掛かるので、剛性が低いとたわんでしまいますし、変形して力が上手く伝わらなくなります。

その点では、アルミかクロモリがおすすめで、カーボンは剛性不足で、少し物足りなく感じるかもしれません。

次にホイールですが、できれば重い方が良いです。
重いホイールはリムが頑丈ということですし、スポークの本数も多くなります。

現在のロードバイクのホイールは、どんどん軽量化されており、2kgを超えるような重量のものは「鉄下駄」などと揶揄されて、攻撃の的になったりしますが気にしないでください。

シマノのスタンダードクラスのホイール(WH-501やWH-RS21)なら、そういった点をクリアしていますので、おすすめですよ。

後は、最も負荷が掛かる部分であるタイヤです。

タイヤはゴムですから、ホイールのスポークに比べれば、ぽっきり折れる心配などはないので、よほど細いタイヤでなければ大丈夫でしょう。

体重のある人は25Cを使用している人が多いようですが、今のロードの主流ですから、取り立てて特別なものでもありません。

体重制限が気になるのなら乗り方を変えてみよう

それでも「自分は体重が重いからロードバイクは不安」という人も、まだいらっしゃると思います。

確かに私が身を持って体験したことがないので、大丈夫と断言はできません。

しかし少し考えてみれば、体重制限を明記していないメーカーだって多くあるわけですから、制限自体が存在しないと考えることもできるのです。

もちろん、最後は自己判断になりますが、簡単にあきらめる必要はないです。

また、乗り方を少し工夫することで、不安の解消になることもあります。

例えば、普段より余計に荷重してしまう段差や坂道を、なるべく避けるようにすることです。
坂道は避けようがないかもしれませんが、少なくとも段差は回避できると思います。

また、無理なポジションにして、深めの前傾姿勢を取るのもやめた方が良いです。

いわゆる一点に体重が掛かるような走り方や乗車姿勢は、平均的な体重の人でもあまり良いことではないので、避けるべきです。

体重制限は気にし過ぎないことが大切!

今回は、ロードバイクの体重制限について考えてみました。

一応の目安を100kgとさせていただきましたので、まずはこの範囲に収まるようにしてからロードバイクに挑戦するのが良いと思います。

また、パーツや乗り方にも注意して、ロードバイクを楽しんでいただけたら幸いです。