シマノのコンポーネントで9速のロードを11速化する

初めて買ったロードバイクがリア9速(8速)だったけど、慣れてきたから10速・11速にしたい。

誰もが、このような願望を持つのがロードバイクの魔性の魅力と言いますか、ロード乗りの性と言っても良いかもしれません。

ロード用のコンポーネントと言えば、世界のシマノですが、8速~11速までパーツが揃っています。

そこで今回は8速・9速のロードをシマノのコンポを使って、10速・11速にカスタマイズするお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自転車が新品なのに傷ついている!?傷のチェック法と対処法

皆さんは、買ったばかりの新品の自転車にも関わらず傷がついていた、という経験はないでしょうか。...

自転車のタイヤに空気をついつい入れすぎちゃう!ダメなの?

自転車のタイヤに空気を入れる時に、『まだ足りていないのかな?』「入れすぎちゃってるかな?」とわからな...

アルミMTBの概念を覆す!メリダ・ビッグナインリミテッド

メリダと言えば、古くからの自転車ファンの中にはMTBの専業メーカーと思っている人もいるほど、かつ...

シマノのハブダイナモは分解して交換や修理は出来るのか?

ロードバイクでは、あまり聞きなれない名前のパーツ「ハブダイナモ」。このパーツは、一体どんなも...

自転車を目的地に発送するため、より安い方法とは

スポーツバイクに乗り慣れてくると「もっと遠くで走りたい!」「イベントに参加してみたい!」って誰しも思...

独自性の強い「SELLE(セラ)SMP」のサドルの種類と選び方

サドル大国イタリアの中でも、独特な形状で我が道を行くメーカーが「SELLE(セラ) SMP」です...

イーストンのホイールのレベルは?インプレはどうなってる?

イーストンは、金属チューブの加工で有名なメーカーです。自転車部門では、フレームのチューブ...

feltのエアロロードバイクar5をブログで検証してみる

近年は、ブログなどで自分のロードバイクを紹介したり、ツーリングの紀行を書いたりしているものを、よ...

レースを目指すならこれ!シマノ・RS700のインプレ評価

ロードバイクのコンポと言えば、日本が世界に誇る自転車パーツメーカー「シマノ」であり、世界でもトッ...

メリダのライド4000はなぜラインナップから外れたのか?

今回取り上げるメリダの「ライド4000」は、2015年を最後にラインナップから外れたモデルです。...

カンチブレーキは複雑?セッティングを徹底解説!

カンチブレーキは、ややマイナーなタイプのブレーキです。メンテナンス性や、制動力が特に優れ...

自転車で痩せよう!1時間走るとダイエットに効果はある?

自転車はダイエットにもおすすめのスポーツです。ダイエット目的の場合、自転車で1時間走るとどれ...

自転車で日本一周!ブログでみなとみらい線沿線を伝えよう!

春から夏の季節になると、自転車で日本一周の旅をしようと意気込む方もいるのではないでしょうか。特に...

価格だけではない!メリダ・スクルトゥーラ2000を振り返る

メリダのロードバイクには、かつてシマノ・ソラをメインコンポとするカーボンフレーム車、スクルトゥー...

シマノのスプロケットには12-30tは存在しない?

最近の自転車ブームでロードバイク人口も増え、いろいろな場所で乗っている人を見かけます。そして...

スポンサーリンク

シマノの8速や9速のコンポを使用していると11速にしたくなる!

ロードバイクのエントリーモデルに搭載されていることが多いのが、シマノのロード用コンポの中でもリア8速のCLARIS(クラリス)、9速のSORA(ソラ)です。

ともに基本的なロードバイクの性能を引き出すには、何の落ち度もないコンポなのですが、上には上がいるのを知ってしまうと見劣りしてくるので、10速・11速とグレードを上げたくなってしまうのです。

正直、ブレーキだけは少し貧弱さを感じますが、これも上を知ってからの話であり、聞いたこともないようなメーカーのブレーキに比べれば素晴らしいものです。

しかも、コンポはロードの要であるスピードを左右する度合いが、フレームやホイールと比べて低いので、違いが分かりづらいです。

細かく見ていけば、その違いが明らかになってくるのですが、体感からするとホイールやタイヤを変えたときの方が、ガツンと伝わってきます。

もちろん、それですと今回の話がここで終わるので、コンポを換装するメリットも、順を追って説明していきたいと思います。

シマノのコンポの違い

シマノの中で、8速のクラリスや9速のソラは決して悪いコンポではないですが、価格を抑える必要がある車種に搭載されていることも事実です。

では、上位のグレードと、どこが違うのかと言えば、まずは重量です。

シマノのロード用コンポのハイエンドモデルであるデュラエース(11速)は、クラリスに比べ、フルセットで約1kg軽いです。

たかが1kgと思うかもしれませんが、ロードバイクは数十グラム単位で軽量化を図るほど、重量に敏感な乗り物なので、1,000g(1kg)はとてつもなく大きい差なのです。

そして、この1kgの差は、何と約20万円の価格差にもなっています。

余談ですが、デュラエースのフルで組んでいる完成車の値段はGIANT(ジャイアント)で60万円が最低価格ですし、Bianchi(ビアンキ)に至っては100万円以上の車種にしかありません。

これは極端すぎる例ですし、もちろん重量だけが価格の差ではありませんが、ロードバイクってそんな世界なんです。

そのため、コンポは一式の換装というよりは、徐々にパーツをカスタマイズしていくのが、現実的だと思います。

9速からの11速化のカギはハブにあり

今回の本題である8速・9速のロードを11速化する話になりますが、できるかどうかのカギは、後輪のハブにあります。

ハブのフリーボディーと言われる部分に、リアのギアであるカセットスプロケットを取り付けますが、8速・9速用のフリーボディに、11速のカセットスプロケットは取り付けられません。

現在、流通しているホイールは、原則8速~11速まで全てに対応できます。

しかし以前のものであれば、対応していない可能性もありますので、そうなると11速化には、まずホイールの交換が必要になります。

ホイールはロードバイクのスピードに大きく関わる部分なので、真っ先にカスタマイズしたいパーツのひとつです。

しかし、ホイールは高価なものもあるので、交換して11速化を図るとなると、その他のパーツも含めて完成車の価格にかなり近付いてしまいます。

そうなると、いっそのこと完成車を買い替えた方が良いということになります。

そのため、今回、ホイールはシマノの11速に対応している前提で、話を進めたいと思います。

9速と11速のカセットスプロケットの違い

まず、上記の条件をクリアしていれば、カセットスプロケット(以下カセット)を選ぶことになります。

カセットのポイントは歯数で、8速・9速から11速にする場合は、軽いギアを多く持つか中間のギアを充実させるかによって、選ぶカセットが違ってきます。

あくまでも一般的にですが、ロードバイクで最も多く使われるのは、15T~18Tくらいまでの中間のギアです。

中間のギアをなるべく歯抜けにならないように連続にして、細かいギアチェンジに対応するようにしたければ、おすすめは11(12)-25T辺りになります。

しかし、これは個人的な用途によっても違いはあります。

本格的なヒルクライムに挑戦することになれば、もっと軽いギアが必要ですから、28T、32Tにしていかなければいけません。

そうなると、重いギアを捨てて14-28T(32)辺りにするか、中間のギアがとびとびで良ければ、11-28T(32)ということになります。

現在、シマノのコンポで11速対応は105・アルテグラ・デュラエースの3種類です。

通販サイトなどでは、新旧モデルが混在しているので分かりづらいですが、品番が5800・6800・8000・9000・9100であれば、間違いなく11速のカセットになります。

シマノの11速コンポパーツ

カセットが決まったら、あとは流れで、次々と交換することになります。

まず、変速機を操作するシフター、シマノの場合はSTIレバーが交換になります。
これも、上記の品番で11速対応のものを選んでください。

次はクランクセットです。

厳密に言えば、クランクの先に付いているフロントギアであるチェーンリングを交換すれば良いのですが、互換性が分からないので、クランクごと交換してしまった方が良いです。

ロードバイクの場合、フロントは2速ですから、2枚しか歯車がありません。

そのため、リアほど選択肢はなく、ノーマルクランクで53-39T、コンパクトクランクで50-34T、大体はこのどちらかを選ぶことになります。

フロントはリアと反対で、歯数の多い方が重いギアになります。

よりギアを重くしてスピードが出したければ、ノーマルクランクになりますが、市街地などを走るぶんには、どちらもそれほど変わりません。

ちなみに、今のロードの主流は、コンパクトクランクになりつつあります。

また、チェーンリングを操作するフロントディレイラーは9速も11速も理論上は同じですが、やはり正常に作動するか微妙ですので、交換した方が賢明です。

9速から11速化への費用~シマノコンポのグレード別比較

さて、あとは後ろ側のギアを操作するリアディレイラーですが、11速対応は上記の型番なら大丈夫です。

ただリアディレイラーには2種類あって、カセットの最軽ギアが28TまでならSS(ショートゲージ)、それ以上ならGS(ロングゲージ)のものを選択してください。

そして、最後にチェーンを変えなければいけません。

8・9速用と11速用では幅が違うので、必ず交換が必要です。
これで11速化は図れるわけですが、気になるのは費用ですよね。

シマノのコンポ105(5800)とアルテグラ(6800)で、それぞれ比べてみたいと思います。
(価格は2017年8月アマゾン調べ)

        105       アルテグラ

STIレバー   ¥17,000      ¥27,000
Fディレイラー ¥3,000    ¥3,500
Rディレイラー     ¥4,000       ¥6,500
カセットスプロケット ¥4,000 ¥6,500
クランクセット ¥12,000      ¥20,000
チェーン ¥2,500       ¥3,500

計         ¥42,500¥67,000

あくまでも目安ですが、このようになります。

アルテグラに関しては2017年にモデルチェンジされ、6800系がひと昔前のモデルになったので、今後もう少し価格が下がってくる可能性はあります。

11速化する意味

今回は、リア8速・9速のロードバイクを11速化するカスタマイズについてお話しました。

費用対効果まで検証できなかったのが残念でしたが、ギアが増えるというのは、それだけ微妙なスピードの変化が付けられるということなので、ますますロードの楽しさを体感できると思います。

また最軽ギアを増やせば、きつくなったときにもう1、2枚軽くできるという安心感にも繋がりますので、頻繁に坂を登るなんて人は、11速化する意味が大きいです。