ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ

ロードバイク好きによる自転車知識の情報ガレージ│わくわく自転車情報館

ピストバイクのチェーンの張り。調整1つで乗り味が変わる!

2017.8.16

現在、自転車という乗り物は、様々な種類が販売されています。
その中でも、非常に構造がシンプルな自転車が「ピストバイク」です。

前後1枚ずつのギアのみで駆動するピストバイクですが、チェーンの張りで、踏み込んだ際の乗り味が変わってくるのです。

今回は、ピストバイクのチェーンの張り調整や、その他の整備方法等をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

こんな記事もよく読まれています

小学生が乗る自転車は何インチ!?自転車選びの基準

小学生あたりになると、自転車購入を考える人も多いでしょう。 実際、子供の自転車選びといっても、...

スペシャライズドって?2017年版mtbやオススメ商品は?

スペシャライズドって聞いたことあるけど、どんなメーカーなのかは詳しく知らない、という方もいるのではな...

自転車が盗難されてしまったら、盗難サイトを利用しよう!

年々増えてきている自転車の盗難。 以前は「ちょっとそこまで~」と移動目的で盗難されるのが多かっ...

大阪で夜のツーリングをしよう!おすすめのサイクリングコース

東京や大阪などの主要都市では夜の自転車でのツーリングが盛んになっています。 これから夜のツーリ...

自転車で右折レーンを走ることはNG!?複雑な自転車の交通法

自転車に乗る方が増えたと同時に、交通ルールを正しく守っていない方も多いように感じます。 あまり...

ママチャリタイヤの空気圧はどうやって測ればいいの!?

ママチャリについている英式バルブは、空気圧が測定できない構造になっています。 しかし、ママチャ...

小学生の自転車練習方法!都内で自転車練習できる公園は?

小学生になっても、まだ補助付きの自転車に乗っているお子さん。 あせらなくても大丈夫ですよ! ...

自転車を塗装する際のペンキについて、どうしたらいいのか?

最近は自分で補修や改修してしまうD.I.Y.という言葉を耳にするようになってきたと気がしますが、自転...

ツールド沖縄の魅力とは?2016年のレースを振り返ってみた!

皆さんは、沖縄県で毎年開催される「ツールド沖縄」を知っていますか? 沖縄では、沖縄の地形を生か...

高校で自転車競技部に入部したい!費用が高いから諦める?

高校で自転車競技部に入りたいけれど、費用のことを考えてやめてしまう、という学生の方は多いでしょう。 ...

折りたたみ自転車のサドルが硬い!痛いときの対処法って?

折りたたみ自転車に乗っていると、サドルが硬くて痛い...ということが、どうしても気になってきます...

自転車のサドルは角度調整が出来る!サドルの調整をしよう!

自転車のロードバイクで使用されるサドルには、前後に位置調整出来るのはもちろんのこと、角度調整もする...

ステムを交換してロードバイクのポジションを自分好みにする

ロードバイクは個体差もありますが、基本的には前傾姿勢で運転するものです。 これにはフレーム...

トーイン調整は必要??自転車にトーインを付ける理由

自転車のブレーキは、意外に単純な構造なので、自分でブレーキシューを交換したり、調整したりするのは、そ...

シマノの9速用クランクに交換する~注意点をご紹介

スポーツ自転車というのは、とかくカスタマイズをしたくなるものです。 その中で障壁になってくるの...

スポンサーリンク

ピストバイクの構造はシンプル!

ピストバイクのチェーンの張り調整などをご紹介するにあたって、まずは、その構造を知っておきましょう。

ピストバイクは、通常の自転車と同じように、ハンドルやペダル、サドル等がついている点は変わりありません。

一般車との大きな違いは、ホイールとギアが一体となっている「固定ギア」という点でしょう。

固定ギアとは、ホイールが回った分、クランクも同時に回転し、足を止めることができないという構造です。

その他には、標準装備にブレーキは含まれない点も、大きな特徴となります。

最近では、街乗り用ピストバイクも多いため、ブレーキも最初から付けて販売されている物も多くなっていますが、そもそもはトラック用なのでブレーキはありません。

そのため、ピストバイクの構造は、変速機もブレーキもない「非常にシンプルな構造」となっているのです。

シンプルなピストバイクですが、調整可能な部分をご紹介をしていきます。
まずは、調整ができる部分の1つである「チェーン」についてご説明していきましょう。

ピストバイクチェーンの張り具合の基準は?

ピストバイクは、先程もお話しした通り、固定ギアとなっているので変速機が存在しません。
そのため、ギアとチェーンのみのシンプルな構造となっています。

ギアにチェーンを張り、クランクを回転させる構造です。
実は、このチェーンの張りが、乗り味を良くするために重要となるのです。

基本のチェーンの張り具合は、言葉で表すと「やや緩め」となっています。
ですから、自転車競技で本格的にトラック競技をしている選手も同じで、やや緩めの張りにしています。

強くピンと張った場合、足に負担が多くなったりすると言われています。
基本的に、チェーンを指で触って、「上下にやや動く状態」が、通常の状態と言えます。

若干緩めと言っても、緩過ぎてはチェーンが外れる危険性があるため、緩過ぎてはもちろん駄目です。
横から見て、「チェーンの上側がややたるんでいる状態」が、ベターです。

では、この調整はどのような手順で行うのか、ご紹介していきましょう。

チェーンの張り調整をやってみよう!

さて、ピストバイクはチェーンの張りが重要ということをご紹介しましたが、一体チェーンの張りはどのような方法で調整するのでしょうか。

基本的にピストバイクのホイールは、15mmのハブナットを使い、フレームに取り付けています。

まずは、ハブナットを回すための、15mmレンチを用意してください。
そのナットを緩めてみると、エンド部分で前後に動くようになります。

そして、ホイールを後ろへ引きながら、左右のセンターも確認しながら調整します。
ホイールは、フレームの中心に来るよう、センターを出す必要があります。

センターは、チェーンステーの内側と、タイヤの隙間を左右揃えることで行っています。

ここで、ホイールを引っ張り過ぎて固定すると、チェーンの「張り過ぎ」となります。
その反対で、チェーンを横に動かして、ギアから外れそうになったりする場合は、「緩み過ぎ」となります。

なかなか慣れが必要な作業ですが、会得してしまえば案外すんなりできるようになるでしょう。

次は、チェーン調整に便利なパーツがあるのでご紹介します。

チェーンを張る際はチェーン引きが有効

チェーン引きとは簡単に言うと、ピストバイクのリアエンドの爪に付けて使用する「金属のパーツ」になります。

左右のエンド部分に取り付けるのですが、このパーツが無いと、絶対にいけない訳ではありません。
しかし、このチェーン引きがあると、調整が非常に簡単になるのです。

では、取り付け方をご紹介します。

まずは、15mmスパナで、タイヤを固定しているナットを外します。
そして、外したナットの所にチェーン引きを取り付け、その上から外したナットを付けます。

これを左右ともに取り付けます。
この時、ナットは完全に固定するのではなく、「仮止め」にしましょう。

チェーン引きに付いているナットを回すと、タイヤが後ろに下がり、チェーンが引っ張られます。
これがチェーン引きの特徴です。

手でホイールを引きながらだと、難しい微調整が容易になります。
ここで注意する点ですが、「左右の張りが均等」でないと、タイヤは真っ直ぐ固定されません。

この調整は、左を緩めるか、右側を張って真ん中に持ってきます。

ここで気を付けるのが、この時点でチェーンは完全に張った状態ではなく、「7~8割くらいの張り」にすることです。

再度ナットを閉めて固定するときに、ここでもチェーンは引っ張られます。

そのため、チェーン引きでは完全に固定せず、ナットで締める分は残しておくので、7~8割の張りにするということです。

後は、ハブナットをきちんと締め込み完了です。

チェーンは伸びる?張り調整ではなく交換を

ショップなどで「チェーンが伸びている」と、たまに耳にしますが、チェーンの伸びって実際どんな現象なんでしょうか。

チェーンの金属部分が引っ張られて延びる、というイメージですが、自転車のチェーンの素材は、人間の力で伸びるほど柔らかい金属ではありません。

伸びの原因は、チェーンのプレートと、プレートを繋いでる丸いリンクの周りが削れていくことです。

チェーンが伸びると、チェーンのリンクに小さな隙間ができて、チェーンの長さが伸び、横方向の硬さが柔らかくなります。

そうすると、チェーンを張っても緩くなったりして危険です。

チェーンが伸びた際に「コマ詰め」といって、伸びた分のリンクを切り離し、チェーン全長を再び合わせたらいい、と思いがちですがこれは無意味です。

チェーンの全長が同じになったところで、リンク間の距離は変わったままなので、一時的にチェーンの張りが戻ってもすぐに緩みができます。

そのため、ピストバイクのチェーンは、メンテナンスと「適度な交換」が必要なのです。
シンプルが故に、きちんとした整備が重要なのです。

次は、チェーンを外す作業をご紹介していきます。

ピストバイクのチェーンの取り外し方

ピストバイクのチェーンの張り調整についてはお話してきましたが、チェーンが伸びたり寿命が来た時に備えて外し方も知っておきましょう。

過去には、チェーンのつなぎ目をネジで止めていたチェーンが多かったのですが、今は金具で引っ掛けるタイプの「クリップコネクタ式」になっています。

今回は、この最近主流のクリップコネクタ式のチェーンの取り外し方をご紹介します。

チェーンの着脱のみなら、ラジオペンチがあれば作業が可能です。

まず、チェーンに1ヵ所、クリップコネクターが付いている場所があるので、ラジオペンチを使って取り外します。

ラジオペンチで片方はピンを、もう片方はクリップの開いている側を挟みます。
力はいりませんが、少々細かい作業となります。

引っかけ部分をうまく外すことができれば、チェーンのつなぎ目が取り外せます。
これでチェーンは外せます。

取り付けの際には、まず、クリップピン・プレート・クリップをセットします。
ラジオペンチで片方はクリップの背中を、もう片方はピンを矢印の方向に挟み込めば、カチッと装着できます。

クリップの向きは、開いている口が進行方向と逆になるように付けます。
これでチェーンの着脱ができます。

ここもやはり、シンプルな構造ですね。

ピストバイクのチェーンをしっかり調整して安全に乗ろう!

ピストバイクは今や、競技のみならずストリートでも多く乗られています。
しかし、見た目を優先してしまい、しっかりと調整がされていない方も多く見受けられます。

今回は、チェーンの張りについてご紹介しましたが、それ以外にもブレーキをきちんとつけたり、部品が外れないようにしたりと、しっかりした整備が必要です。

シンプル故の危険性もしっかり把握して、快適にピストバイクを楽しみましょう。

 - 自転車全般