自転車購入後に行う、防犯登録をすることの大きな意味は?

自転車を店頭で購入後、必ずといっていいほど、防犯登録の加入を勧められるでしょう。

この防犯登録をすることには、いったい何の意味があるのでしょうか?

今回は、防犯登録に関する様々な疑問をお答えしていきましょう。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

札幌や旭川…自転車旅行初心者には北海道をおすすめしたい!

広大な北海道。札幌や旭川を、自転車で走ってみたくはありませんか!?実は、北海道は自転車旅...

11速用ホイールのスペーサーは正しい知識で使わないと危険!

自転車のカセットスプロケットは段数によって厚みが違います。11速がもっとも厚く、中くらいが8速や...

女性のハンドル幅は肩幅?平均的な肩幅のサイズが知りたい!

ロードバイクのハンドル幅は肩幅、というのは通説としてありますが、測ってみて、「自分の肩幅は平均と比べ...

道路交通ルール、自転車の道路や交差点での優先順位とは?

安全、円滑な交通は道路利用者が道路交通法を正しく理解する必要があります。そこで、道路や交差点...

自転車で20分の距離なら、サイクルライフを楽しもう!

何の交通手段を利用するにしても、20分の距離がある目的地に行くとしたら、何の交通手段を利用しますか?...

自転車のタイヤは太いとどんなメリットがあるの

自転車のタイヤって太い、細い様々な種類があるのをご存知ですか??タイヤの太さによっていろいろ...

グリップシフトとトリガーシフトの違いは!?優秀なのは?

クロスバイクの場合、ギアの変速操作を行うのにシフターで変速を行います。グリップシフトとトリガ...

自転車通学に!坂道でも速い乗り方とおすすめのママチャリ

ママチャリに乗っていても爽やかさを振りまく学生さんは、眩しく感じるものですね。中には、本当に...

fsaのクランクをシマノ製に交換する必要はあるのか

「fsa」は、台湾の自転車パーツメーカーです。ヘッドパーツやハンドル、ステムなどの評価が...

スクランブル交差点を自転車で通行する時の、交通ルール

スクランブル交差点は、多くの通行人が通る交差点です。中でも有名な渋谷駅前交差点では、多いとき...

ダホンの折りたたみ自転車をブルホーン化してみよう!

「ダホン」と聞いてピンとくる方は、折りたたみ自転車マニアですね。世界中の折りたたみ自転車...

ファブリックのサドルは革新的!そこがどう評価されている?

イギリスの自転車パーツブランドの「ファブリック」は、シンプルなデザインを基調としながらも革新的な...

マビックのホイールはメンテナンスが簡単!?特徴とは?

マビックのホイールと言えば、新しくホイールを買い換える中で、選択肢に入れる人も多い人気のホイールです...

scottのspeedsterは2016年モデルで大きく変わった!

scottのアルミロード【speedster】は、2016年にモデルチェンジしました。ア...

自転車に乗ると身長が伸びるって本当!?自転車の効果とは?

自転車は子供でも簡単に乗れ、移動手段として利用されている人も多いですね。自転車に乗ることで身...

スポンサーリンク

自転車購入後にすることの1つ、防犯登録の意味とは?

自転車を購入後、防犯登録をすることになると思いますが、この防犯登録にはどんな意味があるかご存知でしょうか。

防犯登録制度が誕生したのは、1994年6月20日です。

防犯登録は、自転車を乗る全ての人が、義務とされている制度です。

防犯登録をしないからといって、罰則を受けることはありませんが、義務とされている防犯登録は必ず行っておきましょう。

○防犯登録をすることの意味とは?

この防犯登録は、自転車の盗難を防ぐことや、放置された盗難自転車を持ち主に返すために生まれました。

今、自転車を全体的に見ると、約8割ほどの方が防犯登録をされています。
防犯登録をしていたことで、盗まれた自転車が戻ってきた人も少なくありません。

○登録はどこで行う?

防犯登録を行うとき、必ずしも店頭で購入されるとは限りませんよね。
基本的に、自転車店であれば、どこでも防犯登録をすることが出来ます。

他にも、ホームセンターでも取り扱っている場所もあります。
事前に確認しておくといいでしょう。

自転車購入後の、防犯登録に必要なものは?

防犯登録をすることで、盗難防止や、盗難自転車を見つける確率を上げることが出来ます。

○防犯登録に必要なものって?

自転車購入後、防犯登録を行う際に必要なものは、まず登録料です。
登録料は、県によって多少の誤差がありますが、大体500円~600円程度(非課税)です。

この手数料として支払ったお金は、事務経費の他、自転車盗難被害防止のための、広報啓発及び防犯活動の推進などに使用されます。

防犯登録は先ほどもお話したように、自転車店やホームセンターで登録することが出来ます。

防犯登録をすると、登録年月日・車体番号・防犯登録番号・所有者の住所・氏名・電話番号が登録されます。
登録をした際には、防犯登録ステッカーが貰えるので、目に付きやすい場所に貼っておきましょう。

登録には有効期限があり、5年~10年です。

もし、この有効期限が切れてしまった場合、防犯登録制度は活用できなくなるので、期限が切れてしまったら、再度登録を行う必要があります。

なぜ自転車の防犯登録には、期限があるのか?

都道府県によって変わりますが、防犯登録には5年~10年と有効期限が存在します。

基本的に、有効期限が切れてしまったら、自転車を探す手はなくなってしまうのでしょうか。
この期限はなぜ、存在するのでしょうか。

それは、増え続ける自転車のデータの管理が関係しています。

放置自転車など、登録されたまま廃棄される自転車のことを考えると、なかなか期限を無期限にすることは難しいようです。

ですが、防犯登録の有効期限なんて、見ていない人の方が多いですよね。
購入後から5年、10年と経っていれば、いつの間にか切れていた、なんて人もいるはずです。

実際、有効期限が切れてしまったことに気づかず、盗難されてしまった場合、自転車を諦めるしか無いのでしょうか。

しかし、有効期限が切れてしまったとしても、防犯登録のデータを保管しているといったケースがあります。

これは、万引きや引ったくりなど、犯罪に盗難自転車を使用されるケースも多いという理由から、処分されず残されているようです。

あくまで、こういったケースもあるというだけなので、有効期限が切れてしまったら、再度防犯登録を行っておきましょう。

自転車購入後、防犯登録をすることで愛車が戻ってくる

自転車購入後、防犯登録をすることの目的は、やはり、愛車が戻ってくる確立を上げることです。

逆にいうと、防犯登録を行っていない自転車は、見つかる確率もかなり低くなるでしょう。

そもそも、防犯登録をしていない自転車は、警察に盗難届けを提出しても、受理されないケースも多いです。

警察が動いてくれないとなると、自力で探すことしか見つける方法はありません。
そうなると、盗難自転車を見つける確率はかなり低くなると言えます。

○盗難車が見つかる確率はどのくらい?

盗難自転車が戻ってくる確率はどのくらいなのでしょう。

ある調査では、盗難されてしまった自転車が、見つかる確率は4割という調査結果が出ています。
盗難自転車が見つかる確率は、半分にも満たないという驚くべき結果が出ました。

その中には、自力で探したという人もいます。
大半の人は、警察から連絡があって見つかったというものです。

やはり、自転車の防犯登録は重要なものなのですね。

もし自転車が盗難された場合、真っ先にすることは盗難届けを出すこと

自転車購入後、多くの方は防犯登録をされていると思います。
防犯登録は、盗難届けを提出するときにも、必要なものになります。

しかし、自転車が盗難されてしまっても、盗難届けを提出せず、そのまま放置してしまう人もいるかもしれません。

たとえいらない自転車であっても、盗難届けは出しておいた方がいいでしょう。

なぜなら、盗難自転車が放置自転車として、処理され保管所に保管されている場合は、自転車を引きとる際に、撤去処理手数料として3000円程度の料金が発生します。

放置自転車として処理された自転車の、防犯登録シールから身元が分かれば、警察から連絡が来るはずです。
その際、撤去処理手数料を支払わなくてはなりません。

しかし、すぐに盗難届けを提出しておけば、こういった手数料が免除されることになります。

そのため、盗難されてしまったら、真っ先にすることは、盗難届けを提出することです。
忘れずに行いましょう。

手数料が免除になるには、自転車を受け取る際、警察署に、届け出年月日・管轄警察署・受理番号を確認する必要がありますので、確認をしておきましょう。

○盗難届けの注意点!必ず撤去前に行うこと

盗難届を出すのが撤去日よりも後になってしまうと、撤去料などの免除は受けられません。

そのため、自転車は盗難されてしまったら、どんなに安物でも、すぐさま盗難届けを出すことを覚えておきましょう。

自転車の盗難届けの出し方は?

先ほどもいったように、自転車が盗難されてしまったら、まずは、盗難届を提出することが重要になります。
盗難届の提出は、自転車の保険請求など、補償を受ける際にも必要になります。

○自転車の盗難届けはどこで出す?

自転車の盗難届は、住居の最寄りの交番か、警察署に提出することになるでしょう。

その際、警察に聞かれることは、「いつ(何時頃)に盗まれたのか」「盗まれた場所」などです。

また、盗難届けを提出する時は、自転車の防犯登録番号・車体番号も必要になりますので、確認をしておくといいでしょう。

時間は、20~30分程度で済みます。

盗難届けには、防犯登録をする時にもらえる「防犯登録カード」が必要になります。
仮に無くしてしまったとしても、登録さえ行っていれば、名前や住所から、防犯登録番号を調べてくれます。

防犯登録をしていないと、盗難届けを受理してもらえない場合も多いので、自転車の購入後、防犯届けは必ず行っておきましょう。

自転車の防犯登録は必ず行おう

自転車の防犯登録をすることの意味がお分かり頂けたでしょうか。

自転車の防犯登録には、様々なメリットがあります。

防犯登録をすることで、盗難防止になり、盗難自転車が見つかりやすくなります。

自転車の防犯登録は義務化されていますので、行っていない人は、この機会にぜひ登録を行いましょう。